3ヶ月ぶりの鹿児島のチェっ!
0

    僕ちゃんが有り難くもここ10年ほど幹事をさせていただいている、大好きな大先輩たちとの月イチゴルフの会「一木会」

    11月の例会日、第一週の木曜日は皆様の都合が合わずに11月末の木曜日に延期となり、つい先日29日に開催されたのでした

    この日は最高の秋晴れ!! でも僕ちゃんは最近痛みを感じつつランニングしてきた反動での座骨神経痛か何かのせいで、ケツから足のスジの痛みが激しくて、どうにも普通にスイングフィニッシュが出来ないのです

     

    ということで先週末家でテレビを見ていて僕ちゃんが一人で勝手に大感動してしまった「苦労人」韓国人プロゴルファーの「崔虎星(チェホソン)」選手の優勝シーンを自分に重ねてしまっていました

     

    「韓国の虎さん」とも呼ばれる彼は水産高校を卒業後、水産加工会社に就職するも指の大けがで退社をやむなくされ、その後ゴルフ場のアルバイトを経てプロゴルファーになった遅咲きのアスリートなのです

     

    この不思議なフィニッシュは解説者泣かせだということらしいですが、プロなのでインパクトが素晴らしいのは当たり前、チェホソン選手はパットがめちゃくちゃ上手いらしいですね!!

    ところでこの日、ラウンド中に突然キャディさんが手を叩いて「中尾さぁ〜ん、これすんごいおかしいんですけど!!」って笑ったのですが...僕ちゃん愛用のヘッドカバーのバカボンパパとイヤミが偶然こんなふうに歯でカートにぶら下がっていたのです!!

     

    僕ちゃんがやった訳じゃないのですが、偶然とはいえ確かにオモシロいですよね?!

    てなことでこの日はそんな鹿児島のチェホソンは3ヶ月ぶりにゴルフをしたにも関わらず意外にティーショットは調子よくて(9月6日以来、この朝のアサイチのティーショットまで素振りすらなにもしてません)42パットしながらも90台でラウンドできたのでした(プチ自慢的な?!)

     

    そんな自分を褒めてやりたいと思って調子にのってたら、次のこの大会でのハンデが自動的にたったの「9」になってるし(チェっ!!)

    カテゴリ:趣味のスポーツ | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    diplomacy「かけひき」
    0

      今日からなんと、いよいよ師走なんですねぇ?! 今年もあと一ヶ月しかないと気づいてビックリですが...

       

      先般26日月曜日の夕方、珍しく御台所さまから「今夜の夕食は、私のおごりで山形屋の七階食堂にヤキソバを食べにいこう」とメニュー限定で声をかけられたのでした、ちなみにこの日の5時で終了した山形屋さんの日本一の売上げを誇る「北海道物産展」は今年もまたその日本一記録の売上げを更新されての素晴らしい盛況でしたね?!

       

      大好きな山形屋ヤキソバを食べられるし、うまくするとチャーハン&ヤキソバのセットにアップグレードなんか出来ちゃったらラッキーだけど、なんて密かに思いつつ冷たい雨の中、傘をさして喜んで御台所さまの後をついていったのでした

      ご気分を損ねないようにうまくお願いをして、ちゃんと御台所さまの山形屋ヤキソバより300円以上高価な「カニあんかけチャーハンとヤキソバのセット」にスイッチさせていただき、してやったり的に幸せな気分になった僕ちゃんなのでした

       

      そして御台所さまの本来の目的であった、まからずやや御台所さま名義の「七草会」満会および継続入会のお手続きにも、ちゃんとお伴させていただいたのでした

       

      その窓口でいただいた山形屋オリジナルのティッシュや記念品などものすごい沢山入った、指がちぎれるほど重たい袋を雨の中傘をさしながら家まで持たされて...

      歩いて7〜8分ほどの堀江町の自宅まで、片手には傘をさしながらもう片方の手は重い荷物に血の流れが止まりそうな指先を気にしながら、「どーもうまくしてやられた感」をぬぐいされないままの気持ちで御台所さまのうしろを歩いて帰った僕ちゃんなのでした

      カテゴリ:モブログ | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      花文化進化中
      0

        明日からいよいよ12月ですが、今月11月もお花のお仕事や花業界の公的な行事が目白押しだったのです

        11月21日水曜日は午前中から佐賀市内の「ガーデンテラス佐賀 ホテル&マリトピア」で花キューピットグループ主催で毎年の花デザイナー日本一を決めるジャパンカップの九州代表を選出する選手権などを核イベントとする「九州ブロック大会」が開催されました

         

        ということで僕ちゃんは前日は東京でその同じ花キューピットグループの理事会があり、20日の夜最終便で佐賀市内入りしたのでした

        知らなかったのですが、羽田〜鹿児島間は1時間40分なのに羽田〜佐賀空港間は2時間10分かかるんですね?! 距離的にはそれほど違わない気もするのですが、飛行機の大きさの違いのせいでしょうか? 

         

        飛行機も離陸が遅れたりして、結局佐賀駅前のホテルに到着したのは夜11時前でした、んがそこは一人メシも大好きな僕ちゃん、すぐに駅前の食事できそうな所をチェックして腹一杯「孤独のグルメ時間」を満喫したのでした

         

        「旨唐揚げと居酒屋メシ ミライザカ」さん、一人で入ってしかもお酒も飲まないでも全然気安くて平気なお店で...食べ終わってから客観的にみると多分2人分でも余るくらいの量を食べきってしまったような...

        そしてあけて翌日21日、午前中は沖縄を含む九州ブロック内各県の代表の花店代表の皆さんとこれまたイのベーティヴで前向きな会議が行われ、午後一番で地元佐賀県の山田支部長の開会宣言で九州ブロック大会の開幕

         

        レベルが超高くて、出場される皆さんたちの真剣度もハンパない「ジャパンカップ」九州代表選出の決勝風景

         

        昨年はこのブロック大会開催地だった福岡は北九州のリヨ子ねえさんと再会できて感激!そしてねえさんが「いつもなりブーログよんどるけんねぇ」と言われてまた感激!! この九州代表8名を選出するコンテストでもずーっと、デザイナーとして内閣総理大臣賞もとられた経験もあるリヨ子ねえさんからコンテストのポイントなども教えていただいて見学させていただきました

          

        そしてオール九州の親和と誠実に溢れる花店の仲間たちとの楽しい懇親会!!

         

        佐賀の花店仲間のみなさんはずーっと前からこの日のための準備をされておられ、我々お花の業界ならではの本当に優しさ溢れつつまた思わず笑ってしまう余興の数々なのでした

        この日の九州のナンバー1デザイナーになられたのは僕ちゃんがまだペーペーの理事なりたての17年ほど頃からお世話になっていた地元佐賀の「フラワーアクロス」さんの権藤さんの息子さん!!

         

        午前中からの真剣な時間、選手権(ジャパンカップ九州代表選出)の集中した時間、そしてセミナーやらの後だけにその楽しいこと...っでもって実はこの夜は最終の九州新幹線で佐賀の新鳥栖から鹿児島に帰るつもりでいた僕ちゃんだったのですが、澤田会長に「まさか1次会で帰るなんてことないですよねぇ?!」と言われてフリーズした僕ちゃん

        結局、その場で地元佐賀支部長のお力で前日も止まらせていただいた駅前のホテルを予約していただき、会長の最後の締めの「夜中の」ラーメンまでちゃんと付き合わせていただきーの翌日の朝に新幹線で鹿児島中央まで帰ってきたのでした

         

        この中小企業、零細企業の経営環境が恐ろしく大変なおりにも関わらず、こうして九州の仲間たちで集まりお互いを励まし合い、同時に「プロフェッショナルとしてお花のデザインをもちゃんと追求していこうよ」というその探究心も絶やすことのないこの花キューピットの仲間たちにはいっつも力と愛をいただくのです、佐賀支部のみなさま、本当にあいがともさげもす!

        そうそう、そんな花キューピットグループとしてこの春から新機軸にチャレンジを始めた「花キューピット株式会社」のインターネット花キューピット、なんとこの11月14日から僕ちゃんも大ファンの「ももいろクローバーZ×花キューピット」でコラボした花束「ももクロコラボブーケ」(☜クリックして動画を見てくださいね!!)も販売を始めたりして、ますます親和と誠実に加えて新機軸の「3S」をオサレにそしてエキサイティングに花業界を進化させつつあります

         

        どうぞお花をご利用の機会があられましたらぜひ「花キューピット」のマークを付けたお花やさんの店頭でご用命くださいね!

        従来の最高の「花愛」と「親和と誠実」をベースに、まだまだこれからもどんどん面白いお花のイノベーション企画を続けていきます!!(乞うご期待!)

        カテゴリ:モブログ | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        被疑者M
        0

          先般、関西に住んでおられる御台所様の兄上(あにうえ)が鹿児島で開催の同窓会に出席されるために帰ってこられたのですが、その際にわざわざもってきていただいた美味しいお土産の「心斎橋 ポテト」というお菓子、僕ちゃんが調子に乗って2個たて続けに食べてしまい、そのままそのカラ袋をテーブルに「ポイッと」おいていたのです

           

          そして夜外食を終えて家に帰ると、そのテーブルの上が何者かに荒らされて心斎橋ポテトの袋が無惨に破られ歯形がついていたのです

          一番怪しいと思われた「M」に「これはお前の仕業かぁ〜っ?!」と詰問すると、ついそれまで帰ってきたばかりの僕ちゃんに大喜びで戯れついていた彼女は最近の定位置の箱の中にすーっと戻り、すっと目をそらしたのでした

           

          僕ちゃんは優しく被疑者の肩を抱きかかえ...「すんなりはいた方が楽になるぞ」と諭しつつ何気に口を開かせたのでした

           

          しかし百戦錬磨の被疑者Mもさすがなのです...口の中に何も証拠は見つけ出されず、不敵な笑みで僕ちゃんのことをバカにして結局無罪放免となったのでした

           

          そして僕ちゃんが腰を延ばすためにソファで腹這いになっていると、ネズミ男のように調子のいいネコ(多分共犯者と思われる)のア太郎ちゃんが、すぐ背中に乗ってきて僕ちゃんの腰を揉みながら(よくネコは前足で「フミフミ」しますよね?!)

          僕ちゃんに向かって「旦那あいつだけは信用しちゃならねえぜ、あいつが何かやらかしたときニャア旦那にちゃんと知らせますんで...」みたいにご機嫌をとるのでした

          こんな理不尽な事件を通じて感じるのは、やっぱり世の中調子のいいやつが勝ち残るんだなぁってこと、そしてうちのカースト制度でまた僕ちゃんの身分はア太郎にもうまくしてやられて、結局ミニーちゃんとどっこいランキングくらいに下がっている感が否(いな)めない今日この頃なのです

          カテゴリ:ペット | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          疎水溝のリコーダー
          0

            先々週末は玉龍高校同級生の徳田くんから誘われていた、参加費たった500円の「ランチ付きリコーダーライブ@世界文化遺産」で御台所様の御駕籠之者(おかごのもの:早い話が運転手もしくはアッシー)としてお伴をさせていただいたのでした

             

            この日の「演奏者」徳田くんは冬も半袖しか着用しない季節感とセンスながら(失礼!でも同級生だから笑(はら)って許してっ)、こういった実にオサレでロマンチックで超素敵なライブ空間をプロデュースしちゃうのです

            この日の会場「関吉の疎水溝」ここは鹿児島市内中心部からでも車だと15分くらいでしょうか?

             

            「関吉の疎水溝(せきよしのそすいこう)」は島津斉彬公がその集成館事業(日本の産業革命)の動力源として1852年に築いた鹿児島市内下田町に位置する用水路の一部なのですが、これがまた苔むす岩々とその水の流れもとても美しいスポットなのです

            そんな秋の素敵な水辺での徳田くんのリコーダーライブ...自然の鳥たちのさえずりや揺れる木々の音そして水の音も、それをちゃんと想定して選曲もされており僕ちゃんにも徳田くんにも似合わず、すんごくロマンチックなのでした

             

            徳田くんはもともと音楽の先生だし、リコーダーは谷川賢作さんや日吉一行さんはじめプロミュージシャンともライブもやり慣れているしその音には(目をつむりさえすれば..)とことん浸ることができるのです

            僕ちゃん的には素晴らしい音楽に酔いしれつつも、目を開けると小枝のせいでたまーにリコーダーを演奏する徳田くんがなぜか「サザエさんとこの波平さん」に見えてしまったりするのですが...

             

            でもみなさん本当にいい気分で童謡「七つの子」を徳田くんが演奏すると、ちゃんと空を飛ぶカラスくんたちがカァカァと間の手を入れてくれたりして、またみんなそれで微笑みながらも感動したりして...

             

            演奏が終わるとそのまままたすぐ近くのオサレなカフェ「稲音館(とうおんかん)」さんでランチなのでした

            秋の澄みきった美味しい空気の中、広々とした収穫後の田畑を眺めながらおいしいごはんをいただき最高に幸せで豊かな気持ちに浸ることができました!!

             

            帰りはまたまたこのカフェの横にある「せきよしの物産館」で新鮮なお野菜やこの辺の自然の中で採れたものを素材として作られたお菓子など、いろいろと買って帰りそれをアッという間に胃袋の中に収納してしまった「食欲の秋(てか四季?)」の僕ちゃんなのです

            カテゴリ:音楽 | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            << | 2/741PAGES | >>