2018ノイヤースコンツァルト
0

    元旦の夜は今年もオーストリアのウィーンからの生中継での「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート(Das Neujahrskonzert) 」がNHKのEテレで生中継されましたね、なんと今では世界90カ国で中継され約4億人の方々がこれを毎年楽しまれるそうです

    今年タクトを振ったのはイタリア人の「リッカルド・ムーティ」氏、指揮者として今回が5回目のノイヤースコンツァルトになるのだそうですが、彼のこのウィーンフィルでの指揮は500回を数えるほどで、楽団メンバーとは一番気の知れたマエストロなのだそうです

     

    そして今年はやはりイタリア人のオペラ作曲家のロッシーニの没後150年でもあるのだそうで、同じイタリア人でもある彼に捧げる意味であの誰もが聴いた事のある「ウィリアムテル ギャロップ」(あの運動会かけっこの定番テーマソングです)も選曲の中に入ったのではということでした

    ところで今年もこのウィーンフィルの楽曲のほとんどを占めるシュトラウス家の人々の作品ですが、この2018年はこのファミリーとコンツァルト運営自体をもパトロンとしてサポートしてきていたハプスブルグ家の帝国が崩壊して100年になるのです

     

    ジノちゃんと2人で行った初めての海外旅行のウィーンでドナウ河で歌う(フリ)の19歳の僕ちゃん、関係ない話だけんどちなみにダウンジャケットは当時のお小遣いを全部はたいて買ったロジャーエガー(スイス製)...懐かしいっすねぇ〜、そんで右は同じウィーンにあるシュタインホーフ教会

     

    さらにウィーンを象徴する70もの様々な建造物(シュタインホーフ教会・ドナウ橋・郵便貯金局など)をデザイン建築したオットーワーグナー氏も1918年に逝去している、つまり今年はオーストリア(ウィーン)にとってはやはり特別な年で、そんな中で開催された今年のノイヤースコンツァルトだったのだそうです

    もちろん会場はウィーン学友協会(Wiener Musikverein :ヴィーナー・ムジークフェライン)大ホールの「グローサーザール」英語にするとGolden Hall ということですね?!

     

    それにしても美しいし、今回初めて知ったのですがこのグローサーザールは床下と天井裏には大きく空間がとってあり、これによって楽器の奏でる音を反響させているのだそうです

     

    今回は全16曲とそしてアンコール2曲はいつもの「美しき青きドナウ」とヨハンシュトラウス(父)の「ラデツキー行進曲」ですが、前半6曲が終わり休憩時間の最中になんとウィンフィル楽団長の「ダニエル・フロシャウワー」氏がこのグローサーザールを抜け出してNHK中継隊がいたすぐ隣のインペリアルホテルに駆けつけて中継で出演されていました!!

     

    今年のこのコンツァルトで飾られていたお花のテーマは「イタリアとの架け橋」だったそうですがこれも素晴らしかったですねぇ!!

    そしてまたまた素晴らしかった「南国のバラ」でのウィーン国立バレエ団のバレエダンス

     

    今回のバレエダンスがスタートしたスポットは、かのハプスブルグ家の最後の皇帝カール1世が1918年11月13日に皇帝退位の書面に署名することとなった「エッカルツアウ城」、もともとはハプスブルグ家の御狩り場だったそうです、そしてこのダンスの振り付けは今回はイタリア人の「ダビデ・ボンバナ」という方でした

    途中、コタツに入りながら御台所様とミニーちゃんの「イビキの即興合いの手」も入れられたりしながらすべての素晴らしすぎる演奏を聞き終わって感じたのは、やはり世界一のオーケストラメンバーたちのその血の中にはシュトラウス一家とウィンフィルの歴史に培われた「ウィンナワルツ」のDNAがしっかりと刻まれているということです

     

    このコンツァルトで聴かせてもらうワルツは少なくとも僕ちゃんがその昔、父から習ってふざけてたまーに歌ったりする昭和歌謡の「芸者ワルツ」とはまったく違う次元の音楽なんだなぁと、アホなくらい当たり前のコトを改めて痛感する、この新しい一年の始まりを告げるブンダバー(ワンダフル)なコンツァルトの夜なのでした

    カテゴリ:音楽 | 05:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    60s'股関節可動域
    0

      今年のお正月の2日の午後には、またまた会えるのを超楽しみにしていた娘達の家族が福岡から帰ってきてくれたのでした

       

      ご主人の裕策選手は今年も全員奮闘しながらも苦戦を強いられているコカコーラレッドスパークスのトップリーグ順位決定戦が6日にあるということで、元旦も2日の日も練習がありつつ、そんな忙しい中をぬって鹿児島のうちの実家の仏壇にも手を合わせてくださったりとたった一泊のとんぼ返りだったものの、久しぶりにちょっとだけお話も出来たりして本当に感謝なのでした

      ということで最近「にゃんこスター」のアンゴラ村長のモノマネがバッチリのグランチャと一緒に、正月には毎年必ずといっていいくらいきている南洲神社のこのフォトジェニックスポットでジャーンプ!!

      (どうでもいいけど、この写真撮った娘の腕、スゴくないですか?!)

       

      移動の途中にちょこっとだけ寄ったのですが、鹿児島の「西郷どん」たち西南戦争薩軍の猛者達2023名のお墓と西郷どんを祭った南洲神社も併設されているこの鹿児島人なら心静まるこの場所

      今年はこの場所にも間違いなく県外からの多くの方々が来てくださると確信するのですが、でもここに足を運ばれたら絶対にちょっとだけ足を止めて、この勝海舟のこの石碑の句を必ず読んでほしいと心からそう思うのです

       

      わずか齢49歳で亡くなった「西郷どん(せごどん)」がどんな信念を持ち続けた薩摩藩士だったのかすぐに理解出来ますよね...幕臣であった勝海舟が第三者としてそれをこの一句にしたためてくれているのです

       

      その碑に刻まれた言葉を噛みしめ毎回感動の涙するのですが、今回も60歳になっても不甲斐ない自分を反省しつつも、娘が撮影してくれたこの自らのジャンプ開脚(桜島のすそとほぼ同じ角度です)を見て「おいにはまだこんジャンプ力があったっど」ち自らを鼓舞するおいどんじゃっとです

      カテゴリ:趣味のスポーツ | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      ニューイヤー僕ちゃん
      0

        みなさま2018年平成30年の新春はいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

        鹿児島市内は元旦の日は空気は冷たいものの、とてもいいお天気でまさに新しい一年の始まりにはぴったりの一日でしたね?!

         

        僕ちゃんにとっても365日の内で唯一朝からお店もまったく稼働しないこの元旦の日、前日の大晦日の夜から「何をしよう」と楽しみにしつつ、結局毎年何もしないままアッと言う間に過ぎてしまうのです

        朝には玉龍高校裏の常安山の本寿院さまの御殿にお邪魔をし、おいちい鶴家さんのおせちのご相伴に預かろう...とこの写真右下の伊勢エビにいきなり素手をかけたら「あんたぁ手を洗ったのねぇ?!」と本寿院さまに一括され、その横では御台所が「やぁ〜い、やられたぁ」みたくバケしてニヤニヤ笑ってるし...でも死ぬほど腹一杯におせちとおぞうに餅を食べてしまいました

         

        でもって午後からもずーっとテレビをみたりウェブサーフィン(インターネット)で時間がつぶれて、横で退屈していたミニーちゃんの散歩をかねて近所の松原神社まで参拝に出かけたのでした

         

        するとここ松原神社も今年のインバウンドやら観光客の到来を見込んでさまざまにデザインされて、駐車場もキレイに整備されていて(まだ一部工事中ですが)その歴史ある由来などもとっても解りやすく表示されていました

        ということで手水(ちょうず)からすべてのルーティンに気を配り、この日だけはお賽銭もちゃんとお札のお金を投げ込んで、スタッフそして親族みんなの心身ともの健康と活躍、そして商売繁盛を祈念してまいりました

        その後、つい先日「温泉 錦湯」さんに行ったときにゲットした情報で、元旦と2日はお湯の中にたぁーっくさんの文旦(ボンタン)を入れた文旦湯が楽しめるという事で、一人で車を飛ばしていってみたのですがあまりにもの車の多さに心が折れてすぐ引き返してきたのです

         

        そんこんなもありながら、そして夜はまた今度は我が家のおせちを「かんげもなしに(日本語:程度を考える事もせずに)」死ぬほど沢山食べてしまったのでした、しかも大晦日に僕ちゃんがハルタさんで買ってきたおでんと6人分のソバをたらふくいただきながら、そしてこの後はもちろん「毎年この元旦恒例のあれ...」

         

        そうウィーン学友協会大ホールからライブ中継のウィーンフィルのニューイヤーコンサート鑑賞となってまからずや本店の年間唯一のお休みは終わり新たな一年、僕ちゃんの平成30年はスタートしたのです

        カテゴリ:モブログ | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        クロージング僕ちゃん
        0

          2107年(平成29年)の締めくくりは、まからずやも忙しい中それがとても気になりながらも、とにかくあわただしかったのでした

           

          山形屋メルチェ店の様子を見に行ってたら、後ろから「中尾さん」と呼ばれて、一瞬自分がどこにいるのかわからなくなるくらいあり得ない設定(場所もタイミングも)での横浜からの素敵なご夫婦にお会いしたりして

          理事長先生!! 思いがけずお会いできて超嬉しかったです、今度はぜひ3人で東京でまたお会いしましょうネ!! そして隈研吾先生デザインの園も自分の目でぜひ見てみたいです

           

          そして今年還暦同窓会で一緒に頑張った高校の同級生たちとの同窓会にもちゃんとでで、ぎりぎり年内だったけどちゃんと「墓マイラー」としてご先祖様へのご挨拶にも行ってお花も活けてきて

           

          他のお仕事をすこし片付てから本店に帰ると宇野さんがいろんな門松を作り続けていた締めくくりのトールスタイル正月飾りを制作していて、そのあとまた天文館に出てみたらここ25年間くらい見たことのない人出になってたりして

           

          それにしても今年2018年は明治維新150年もありーの、NHK大河ドラマ「せごどん」もありーのということで、まさに天文館はじめとして加治屋町など本当の鹿児島オリジナルDNAの街は間違いなく県外からの方々が来られるし注目もされると思うのです

          こんカッコちけの写真は天文館にできた超美味しいハンバーガーショップ「オンザコーナー」さんの壁で撮ったんすよ!! 被写体は別としてこのスポット、意外とインスタ映えするっしょ?!

           

          まさに鹿児島は今この新しい年と一緒に迎えたこの流れを、自らの始まりのタイミングとするために、今までと全く違う視点と誰の借り物でもない世界観でイノベーティヴな行動に変えるべき時が来ているということですものね

           

          今までと同じパターンにこだわったり、逆に考えることなくして「みんなで烏合の衆」にならないように、まず一人ひとりが自分のリテラシーでちゃんと考えて物事の本質をゼロベースから考え直して時代の風向きを利用して楽しく生きていく道を知る

           

          そのためには未知のことや新しいパターンにチャレンジするそのために過ぎた2017年を終わりの年にして、曲がり角で向きを変えて2018年を始まりの年にする、それがちっちゃいけど60歳を通過した僕ちゃん自身の今年当初のテーマなのです

          カテゴリ:モブログ | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          明けましておめでとうございます!「いんのとっ」
          0

            新年あけましておめでとうございます!! 

             みなさま2108年の新春をいかがお過ごしでしょうか?

            旧年中も生活のさまざまなシーンでお花をご利用頂き、誠に有り難うございました

            また本年も変わらず、まからず屋をのお花たちをどうぞよろしくお願いいたします

            伏してよろしくお願いしているシーンです(我が家に来た頃の1歳のミニーちゃん)でも彼女(ミニーちゃん)は2012年の辰年生まれで戌(いぬ)年ではないのです...「辰年生まれの犬」うぅ〜ん💦なんだか解りづらくてピンとこないですね

             

            でも今年も大変な事も嬉しい事も楽しい事もあるかもしれませんが、明るく前向きに行きましょうネ!!

            どうぞ今年もよろしくお願いいたします!!

            カテゴリ:モブログ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            << | 2/708PAGES | >>