Un Poco Loco
0

    ピクサー社制作の19本目の長編映画「リメンバーミー(原題:COCO)」をレートショーで見てきましたぁ!! もう素晴らしい驚きと感動で大泣きしてしまったのですが...

     

    この映画は過去アニメ映画として「アナと雪の女王」以前では世界最高の興行収入をつくった8年前の作品「トイストーリー3」のスタッフたちが再結集してつくった作品なのです

    そのストーリーもまさにメキシコ人(ラテン系)の人々ならではの死生観で、ストーリーはとにかく見てのお楽しみなのですが...

     

    まずこのラテン人らしい「死」自体をまったく忌み嫌うことのない天国の人々の俗人間的な描き方とその先、現世の人の誰一人としてその思い出に残らなくなった時点で「2度目の死」がやってくる、というこの死生観(ちなみにメキシコは人口の76%ほどがローマカソリックです)...実に解りやすくて納得できちゃったりして

     

    この映画、実はメキシコでは昨年の10月に公開されメキシコではアニメとして史上最高の興行収入をマークしたのです

     

    そして何といっても素晴らしいのが、随所ででてくる「メキシカンミュージック」の素晴らしい事!!

    映画の中でも天才音楽少年ミゲルが初めての大観衆の前での演奏の「ウンポコロコ」スペイン語のこの曲の題名の意味は「ちょっとだけかわっている」(...だけど君に夢中だからそれにもいちいち感動して、ますます惹かれてしまう)みたいな意味合いなのだそうです

     

    見終わった後すぐになぜか解りもしないはずなのに原語版が見たいなぁと思って調べたのですが、やっぱり英語の字幕版までしか日本での上映はありませんでした悲しい涙涙

    でもこの12歳の主人公「ミゲル」と「ヘクター」の「ウンポコロコ」にしても100歳近くになって大好きだった父親の事を忘れかかっている「ママココ」の声も、そしてマリアッチの演奏にしてもやっぱりエスパニョール(スペイン語)のまま聞きたいなぁ、と思ってしまうのは僕ちゃんだけなのでしょうか?!

    とにかくストーリーもその映像も素晴らしい感動のアニメ、さすがスティーヴジョブズが育んだピクサー社の作品なのです

    カテゴリ:映画・芸能 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    800円の名残サクラ
    0

      4月1日エイプリルフールの日曜日はあまりにもいい天気だったので、たまにはワンコのミニーちゃんを連れ出して散歩代わりにお外でランチでも出来たらということで、とりあえず天文館公園方面に出かけたのでした

      ところが当てにしていた角のハンバーガーやさんは人だかりですごいことになっていて、ちょっと待ってみたものの根性のない僕ちゃんはあきらめて、すぐ方針転向で知る人ぞ知る天文館のディープスポットのお弁当屋さんを覗いてみたのです(今まで何回も行ってるのですが、どこにも看板がでてないので店名すら知りませんが...)

       

      天文館公園に面した小金太ラーメンの数件よこのおじいちゃんと元気なおばちゃんがやってるとこです

      というこで桜吹雪がとっても美しい中、買わせていただいたお惣菜とお弁当を広げてーの

      この唐揚げ焼き魚弁当を含めて、ヤキソバ、ゴーヤサラダ、スパゲティサラダ、お稲荷さんにカボチャの煮付け、うちのミニーちゃんの話題で盛り上がった末におばちゃんがホウレンソウの胡麻和えをサービスしてくださり...

       

      結局これ全部合わせてなんとたったの800円(もう1日じゃないのでウソじゃあーりませんよ?!)、おまけに作り立てで保存料などは全く使用していないまさに「家庭料理」なので、これがまた美味しいのです

      たしか鹿児島は今のところ9日間くらい晴天続きで、桜は散り始めてはいるもののまだ花見出来る程度に咲いているところもまだまだありますよね!!

       

      ちなみにこの日はうちの娘達ファミリーが帰ってきており、みんなで一緒に夕方からはまたまた「せごどん 大河ドラマ館」に行って遊んできました、みんなで夕ご飯を食べた後は、今度はそのまま甲突川ぞいの夜桜を見に行ってみました

       

      この前日もこの日曜日のお昼間もものすごい人出だったそうですが、この夜8時過ぎの時間帯でもまだまだものすごい方々がバーベキューしたりして夜桜を楽しんでおられましたよぉ!

      ひょっとして、この甲突川ぞいが鹿児島市内では今でも一番キレイかな?! 今年は長く楽しめてとてもいい感じですね!! 

      それにしてもこの日の僕ちゃんと御台所さまのお昼の天文館公園での花見はアンビリーバボーな食事ボリュームで食べきれないほど美味しくいただいて、税込み800円のお値段はやっぱりあり得ないと思うのです...

       

      明治維新150周年の今年は鹿児島の桜は素晴らしかったなぁ...と思い返しつつ実は昨日は東京におり、来週末に開催されるJFTD(花キューピット)の65周年記念式典の準備の打合せなどをすませて最終便でひょっとしてまだ桜を観れる鹿児島に帰ってきたの僕ちゃんなのでした

      カテゴリ:モブログ | 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      4月4日の性くらべ
      0

        今年も4月4日、またこの日がやってきましたね?!

        3月3日は「おひな祭り」そして5月5日は「端午の節句」とそれぞれ女の子、男の子の日、ということで4月4日はそのちょうど中間ということで「オカマの日」となるらしいのですが

        マツコデラックスさんもイッコーさんも頭の回転が良くて本当に視点が鋭くて面白いし、なんといっても言葉に「愛」があり素晴らしいタレントですよね?!

          

        僕ちゃん自身はその才能もそんな視点も持ち合わせていませんが、かつて約35年前に僕ちゃんが住んでいたサンフランシスコという街は人口が約70万人で5人に1人がゲイの街として有名でしたが、それだけに街がお洒落でしかも多様性に満ちていて斬新でした

        今日は東京なのですが、どっかでこんなセットがあれば僕ちゃんは絶対に食べてみようと思うのです

        昨日も今日も東京はとても暑いくらいですが、羽釜で炊いたご飯のおこげも、釜の水炊きもやっぱまちがいなく美味しいですもんねぇ?!

         

        どう考えても4月4日って、そのために昔からわざわざとってあったのではないかと思えてしまうのです

        カテゴリ:モブログ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        いかがなものだ
        0

          桜の時期に生まれたせいか、ものの風流は理解できないくせに桜の花だけは大好きな僕ちゃん

          この日曜日はランチに鹿児島市内の昔からの桜の名所でもある人気居住区高台の「紫原(むらさきばる)」の「イタリ庵 イル・フィオーレ」さんまで足を伸ばしたのです

           

          というのもこの「イル・フィオーレ」さんは紫原の桜の名所の一つである一本桜公園に面したビルの3階にお店を構えていらっしゃるからなのです

           

          ということですこし早めにきて大正解!! もんのすごいサクラパノラマの店内に僕ちゃんらが入店後はすぐに全席満員となったのでした

           

          いつもの通り美味しい自家農園サラダと「海老」のクリームパスタの大盛りとコーヒーをいただいたその後は今度は名山堀に「イカ」の絵を見に行こうと思ったのです

           

          鹿児島ではかなり有名になった「イカ画家」こと宮内裕賀(みやうち ゆか)さん、彼女を知る多くの人々が彼女を「ゆかちゃん」ではなく「イカちゃん」と呼ぶイカしか描かない彼女の個展が市役所前名山町のレトロフトビル2階のギャラリー「レトロフトムゼオ」で開催中だったのです

           

          ということで一度そのまま車で鹿児島市役所前の名山町まで行ったのですが、駐車場がまったく空いていなくて結局一度家まで帰ってから再度一人で歩いて出かけたのでした

           

          日曜日なので名山堀周辺はお休みのお店が多いので駐車場は大丈夫かなと思ったら甘かったのでした

          入場者も多く、イカに関わる小物やアクセサリーなども販売しており普段はほとんど喋らないイカちゃんもお客様の対応に追われておられました

          でもやっぱり多様性の時代、こうした独特の世界観とか本当に面白くて素晴らしいと感じるのです、そして実際そんな作品を指示される方々が沢山いるのにもビックリしてしまうのです

          こんな独特で素敵な世界観と視点を持つアーティストたちが沢山その表現の機会を持ち、それを楽しみ評価する多様な方々が存在する鹿児島、海老も美味しいしイカの美味しさのみならず、その美しさにも宇宙をイメージできるアーティスト「イカちゃん」も住む街「鹿児島市名山町」

           

          さて、鹿児島県外にお住みのおまんさあたち、鹿児島への移住はどげんですか? でも人で混むのはイヤだから沢山はこないでね...みたいなわかりにくいセールスをしてしまう僕ちゃんってイカ画なものか?!ってなもんですよねぇ

          カテゴリ:モブログ | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          サグラダ スピンオフトレイル
          0

            今日からもう4月、まだ鹿児島市内の桜は雨にならない限り満開の桜を楽しめるスポットも結構あるようですね

            この直前の記事で書いた鹿児島市と姶良市の間の蒲生町に位置する「渓谷園」、実はここを訪れた日、最大の驚きはこの表通りからは全く見えないプチ素敵なスポットを発見したことなのでした

             

            おおよそ30年くらい前に僕ちゃんはここに食事を食べにきた事がありながら、その際には全く気づかずその後も何度もこの横を通っていたのにほぼ興味も持たずに見過ごしていたのですが

              

            ところで、そのスポット紹介の前に、この写真ちょっとミステリースポット的にすこし変じゃないですか? 実はこの写真は結構傾斜のある道路斜面を平行に合わせて撮影しているのですべてが右に倒れて写ってしまっているのですびっくり

             

            この桜ももちろん綺麗だし、この桜の木の周りには椿も咲いてるしツツジも咲いていたりするのです、しかもその名前「渓谷園」から考えるとすぐ解る事だったはずなのですが、さすが鈍感な僕ちゃん...御台所様との約束の時刻より20分ほどはやくお風呂からあがり一人でこのへんを散策してみると、な・な・なんと神々しい雰囲気の「滝」があーるじゃあーりませんか?!

              

            周りを見回してもこんな素敵なスポットにだーれもいないし...こうなったら、もうここは僕ちゃんの独壇場

             

            つい2日前にお誕生日すぎて61歳になった僕ちゃんですが、この日はそんな若き60歳の思い出にとも思いつつ(もんのすごい「こじつけ」もいいとこですよねしょんぼり)

              

            iphoneのセルフタイマー自撮りで、たまによたってあやうく水にはまりそうになりながらも一人で時間を忘れてあれやこれややりたい放題なのです

            どっちにしても首の関節もかたいし、マトリックス弾丸よけポーズもイマイチそり角度不足ですよね?!

            ということで、この後は実に自慢げに「どうよ、知らんかったどが?」的な感じでこの場に後から風呂から上がってきた御台所様をお連れして、ここの滝壺が意外と浅いことやこの手前にはニジマスの釣り堀があることなどをさも昔から知っていたかのように説明したりしたのでした

            まだまだ鹿児島の中にも桜の名所という意味も含めて意外と知られてない「聖地のような小さな秘境」も沢山あるということですね...

            カテゴリ:モブログ | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            << | 2/718PAGES | >>