それでよかとよ?!
0

    ひと月に3回、下手すると毎週鹿児島から上京することも少なからずあるのですが、鹿児島と東京間はJALもANAもそして共同運航便なども便数が充実しており、便利でとても助かっているのです

    ただ、羽田空港に着陸するときのゲートそして羽田空港で「鹿児島行に」搭乗するのもターミナル内を歩く距離が超ながーいケースが多いのです

     

    ひょっとするとこれはやはり新幹線などの陸路の交通手段との競争がある近隣都市へのフライトの搭乗のストレスを少しでも減らして競争力を高めるためなのかもしれまんが...

     

    先日もまた羽田空港第2ターミナル内を歩きに歩いて51番ゲートからの鹿児島行きでした、羽田空港内でアフリカで言えば「セネガル」中国から言うと「キルギスタン」の辺りの遠隔地でしょうか...

     

    現在はANA派(スターアライアンスグループ)での利用が多い僕ちゃんですが、その理由は現在のANAホールディングス代表取締役は同世代の片野坂真哉氏で鹿児島ご出身ということもあり勝手にこれを応援したいという思いがあるからなのです(もちろん全く本人は存じ上げませんが...(^^;)

    そして鹿児島出身の片野坂氏がそんな立場だからこそ、鹿児島の発着搭乗口は「すんくじら(はじっこ)」の方がいいと思ってしまう僕ちゃんなのです

     

    世の中、力のあるポスト、高い地位にあればあるほど自我をださず権利を主張しない...つまり同じ鹿児島の方が社長として頑張っておられるからこそ、お膝元のユーザーがそんなつまらないクレームや文句を言わないほうが丸く治まると思うからなのですが(なんの関係もない僕ちゃんが勝手に思いこんでるだけですが...)

     

    あの再建不能と思われたJALを完全に立ち直らたのも鹿児島ご出身の「武士の魂」と「宗教心」を持っておられる稲盛和夫氏でしたよね?! 偶然にも両社とも日本の航空業界のトップ2でそれぞれ1兆円を軽く超える売上規模の大企業です

    そんな稲盛さんの講演を聴かせていただいた折にも、稲盛さんのそんな精神と姿勢に圧倒された事を今でも良ーく覚えています

     

    小さい事かもしれませんが、勝手に身内気分で誇りを持たせていただき気持ちよく羽田空港の「すんくじら」のゲートを使わせていただく...

     

    そんな普通に慎ましやかで当たり前の謙虚な精神がいまの日本にはもっと必要なのかもなぁと自己満足してる今日もこれから東京行きの僕ちゃんなのです

    カテゴリ:社会・政治 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    ルーキーレッスン
    0

      6月5日月曜日はまからずやのルーキーレッスンの夜でした

      実はお花屋さんの業界にはプロフローリストっていうはっきりした定義はなく、業界では国家検定資格やフラワーデザイン協会の資格は存在するものの、それは商売をする上で必須のものではないのです

      ということでこの夜は「基本中の基本から」の内容として現場ではほとんど戦力にはなっていないけど「昔取った杵柄(きねづか)」的にこのルーキーレッスンの講師となったのは社長さん自身なのでした

       

      うちのスタッフはもう誰も覚えてもいないと思うのですが、ゲシュテック(お花飾り)の本場ドイツ論理だけは一応ちゃんと時間かけて勉強もしたし、国家資格「フラワー装飾技能士」検定も1級、日本フラワーデザイナー協会の講師免許もとったことのある、そしてフラワーデザインでは鹿児島県知事杯でも3位までですが恥をかきつつ入賞したこともある僕ちゃん...

       

      さらにその昔、10年前にはこうして中国本土では山東省の済南(チーナン)で日本人として最初に中国政府(国家林業局)に公式に招かれて200人ほどの前でデモンストレーションをやったこともあるし(でも絶対にこれは中国人フローリストの皆さんを束ねてだましたとしか思えない状況でしたが...)

       

      キャリアだけは文字にすると意外と立派にみえる講師なのです( `ー´)ノ...超自慢してるし

        

      この夜は初回ということで、4名のルーキーたちにとってはとりあえず超おもろくなくてもプロとしては必須知識の原点ともいえるドイッチェ(ドイツ)ゲシュテック理論を一通り通ってから、一気に実践的に値段設定をして花材から選んでシュトラウス(結束花束)を作ってもらったのでした

      お勉強が大嫌いで、難しいことになるとすぐ眠くなる僕ちゃんだからこそ受ける立場の人間の側の感覚で「飽きずに集中できる」レッスンをしなきゃと工夫してしまうのですが...

       

      でもいかんせん「超を超える」凡人ラベルの才能しか持ち合わせていない僕ちゃん、悲しいかなレッスン終わった後で自分自身どうしてこんなに伝えることもへたくそなんだろうと落ち込んでしまうのです

      そう思うとうちのベテランスタッフたちはただ単に上手という域を超えて、さらに季節のバリエーションや植生も多彩でなおかつすごい本数のお花たちを活かして手際よくスピード感を持ちつつ実践としてお客様に喜んでいただけるお仕事をし続けてくれているということに改めて心から尊敬し、感謝しそして喜びを感じるのです

      当たり前ですが、その道で食べている「プロ」ってやっぱすごいのです

      カテゴリ:モブログ | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      えっ、あのマトリックスの?!
      0

        鹿児島市内中心市街地にはまだまだ僕ちゃんの行ったことのないオサレなカフェが沢山あるのですが...

         

        先日ランチ場所を探していると鹿児島市内のうちの支店「メルチェ」がある山形屋さんから中町ベルグ通りを抜けて左に曲がるとこんな素敵な店がありました(ピンポイントローカルな話ですんもはん(^^;)

        実はメキシカンフードが、一番好きな僕ちゃん、表に置いてあったメニュー票を観ていて「タコス」があるのに気づいてすぐ入ろうと決めたのでした

         

        タコスセットをオーダーして食べたら、糖質が低くいのに栄養価が高くて今話題の「キヌア」がたっぷり入っていました!!

         

        そして男女2人のスタッフさんはガイコツ人だったので、飲み物を持ってきてくれた男性スタッフの方に「Esta rico!(おいしいよ)」と言ってみたら、すぐさま「スペイン語ジョウズデスネェ」と日本語で返されました(^^;

        ちなみにこのスタッフのイケメン男性の方、プエルトリコご出身だそうで、僕ちゃんが英語で「プエルトリコって野球が盛んでメジャーリーグにすごい人たちを送り込んでるよね?」と話してみると、めっちゃ嬉しそうにいろいろ話してくれました

         

        お店構えもオサレだし、こんな店内の絵とかもさすがラテン系のセンスがちりばめてあったりと、さすがこの鹿児島市内の中町エリア、こんなお店があってうれしいなぁとまたまた勝手にテンション上がっちまったラテン系キャラの僕ちゃんなのでした

        カテゴリ:食べること | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        寄らば大先輩の影
        0

          今日はこれから今月最初の東京出張から鹿児島に帰るところなのですが、昨夜は思いのほか会議が早く終わり、夕食は山形、大分の大先輩にお誘いをうけて恵比寿に向かったのでした

           

          恵比寿駅から先輩たちのオシリにひっついて歩いて約5分...それにしても、この山形のO内先輩は無類のお酒好きで、したがって食べ物に関してはもちろん様々な文化に関してもお話が面白くて超勉強になるのです、つまりは絶対に美味しいところを教えていただけることは間違いなく、それがまた楽しみなのです

          連れてきていただいたのは御年66歳のO内先輩にしては超ヤングでナウイ洋風居酒屋さんでした(結局店名もチェックせずに覚えていないのですが...(^^ゞ)

          ちなみに、このオサレなスポットはこのビルの若いオーナーご自身が経営されているのだそうです

           

          この時期の旬のものをはじめ「初ガツオ」「タコ」の刺身も、「新玉ねぎ」のかき揚げ、そして山形牛のハラミステーキも超おいすいーのです!!さすが「お酒大好き」パイセンでした

          そして「炭水化物がなければご飯じゃない」的な僕ちゃん、締めにはお店のスタッフの方から何度も「本当に辛いですよ?!」と何度も念を押されたこの「汁無しタンタン混ぜ麺」を一人でいただいたのでした(超ウンマかったです!!でも食べてる途中、口の中の感覚は完全になくなりました(^^;)

           

          さすがお酒が大好きな方は本当に美味しいものをよーく知っていらっしゃいますよね?!そんな方の後についていくのが間違いがない的法則だっちゅうことですね

           

          カテゴリ:食べること | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          忖度じゃない「反則」的圧勝!
          0

            今年も無事4月26日には年度総会を終えて、また新たな気持ちと会員企業の皆様に感謝の気持ちいっぱいにリスタートしたKIC(鹿児島国際化推進協議会)

            昨年は9月下旬に開催された「鹿児島語っ場ー(Kagoshima Katabbar)2016」の様子、とにかく役員の皆様からの暖かいバックアップのおかげさまでこの会はワインとお食事が豪華だと評判なのですが...

             

            先般5月31日に今年の秋の「鹿児島語っ場ー(カタッバー)」の企画と「KAGOSHIMA Visitors' GUIDE」のコンテンツ構築に向けての打合せのための理事会、そして引き続きウェブコンテンツ会議がジェイドガーデンパレスで開催されました

            この日もまたそれぞれに好きなランチメニューを頂いたのですが、その前に段取りとしきりだけは素晴らしいツルチェンコフY元事務局長の進行でコンパクトながら大きく年代をまたぐ様々な世代や立場からの視点での本質的な意見交換がなされ...

             

            そして僕ちゃんはココでのルーティン化(条件反射化?)しているスーパイコをいただきその後の会議の時間は順調に流れ、宴もたけなわの途中でツルチェンコフ四M氏が突然「おいは約束があっで先に帰っでよ! (日本語:私は約束があるので、先に帰るからね)」と言い、2千円を僕ちゃんに渡し、それにここの吉留社長からも千円を徴収し、そのお金を僕ちゃんに渡したのでした

            「残りはあんたが払っちょけよ(日本語:残りの分は君が払っといてね)」と言い残し、計算の不得意な僕ちゃんが自ら2千円をだし「これで足りるの?」と不安顔をしているとなぜか、ツルチェンコフY元事務総長はこの表情...

             

            再度この内訳を尋ねてみると、ここジェイドガーデンの吉留社長に向かって「あんたが食べたとがいっばんたけとよ(日本語:君が食べたメニューが一番高価なんだよね)」と言いがかり的な一言を人に向かって吐いていたのでこの瞬間、僕ちゃんは「またツルちゃんに完全にやられたようだなぁ...」と感じていたのです

            ところがどっこい庄一(横井さんですよね?!)、会議がすべて終わり僕ちゃんが集めたお金を持って覚悟してレジにいっててお勘定をお願いしたらレジの綺麗なオネエさんが「社長・常務とご一緒だったので、社員割引にさせていただきます」と言ってくださり、なんと結局3,264円しかとられなかったのです!! でもレジとかで絶対「忖度」はしてませんからねぇ?!

             

            ということは僕ちゃんこの日のお食事は264円ですませちゃったということで、一方で吉留社長はこの場で支払った千円の他にまたさらに社割とはいえもう一度あとで払わされるハメになるんじゃないかと思うのです(文章表現が稚拙ですが、意味解りますか?)

             

            なんとなく勝手にお詫びとお礼の意味も込めてこの2日後にはまたランチでジェイドガーデンの翠園でスーパイコ(酢豚)を食べに行ってきました!!(単に自分が食べたかっただけかも〜)

             

            でもまずは吉留社長にはちゃんとお話しして清算をさせていただいて、でも絶対にツルチェンコフにはこの話はしばらく経って時効になってから「勝ち誇って」話そうと思ってるちゃんとイジワルな側面も「人」らしく持っている僕ちゃんなのです

            カテゴリ:モブログ | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            << | 2/687PAGES | >>