<< こんどはボタニカルってなん? | main | 「ボタニカル」でも有り難うございました!! >>

この宝の一枚で「リマインド」

0

    本当だったら、今ごろもう東京オリンピック2020は開会してたはずですよね?! 1年前の今頃は、これからワールドカップラグビーが秋にはやってきて、その次はオリンピックもやってきて...そして愛娘のご主人で「ファミリーの英雄」桑水流裕策(くわずるゆうさく)選手も、リオデジャネイロ大会に続いてまたオリンピアンとして日の丸を背負ってた...かもしれないのです

     

    ところで、僕ちゃんがラグビー界で一番好きな選手はもちろん「桑水流 裕策」選手ですが、その次に大好きでたまらない選手...

    裕策選手の肩に手をかけてタックルしているオールブラックスのセンターバック「ソニービルウィリアムス」選手、もともとラグビーリーグと呼ばれる13人制から15人制に移籍し、前回のリオデジャネイロオリンピックの7人制でもオールブラックスセブンズ(7人制のニュージーランド代表)として、そして昨秋のワールドカップでもオールブラックスとして出場しましたね

     

    そしてソニービルはこの写真の裕策キャプテンにタックルの直後にこの試合中にアキレス腱を痛めて途中欠場...つまり裕策キャプテンとこのリオオリンピックでの「2ショット」で写っているシーンのは、僕ちゃんにとってものすごいレアな価値があるということなのです

    前回のオリンピックは日本からいうと地球の真うら側で開催、実況がほぼすべて日本では真夜中だったので、ほとんどの方々はライブでは観ておられなかったと思うのですが...

     

    裕策キャプテン率いる「瀬川セブンズジャパン」は、15人制も未体験ゾーンの世界第4位でメダルまであと1歩でした...しかもこのソニービルを有する「無敵のオールブラックス」を初戦で破って

    去年のワールドカップでアイルランドやスコットランドのティアワンと呼ばれる国々に勝利を収めたのもラグビー史上、本当に信じられないほど凄いことなのです

     

    でも当たり前ですが、あのオールブラックスに勝利したことのある日本チームはリオオリンピックの時のセブンズジャパン以外に存在しないのです

     

    なぁんて4年前の夜中にライブでリオオリンピックでの快挙を天文館のパブリックビューで観てて、気が遠くなるような感動の涙を流してたことを昨日のことのように思い出しつつ、まだまだ来年のオリンピックのセブンズはじめジャパンラグビーの進化には期待をしているのです

    ということで、裕策選手はもちろん15人制のプロ選手としてコカコーラ所属での試合も続くのですが「ミスターセブンズ」(日本のマスメディアの皆さんが裕策選手のことをそう呼んで下さってます)は、1年後に延期になった「東京オリンピック2020+1」の開幕の日に合わせて、こんなプロジェクトも立ち上げてくれました!!

     

    ぜひよかったら、YouTubeで検索して登録して、若いラガーマンたちにも声をかけてあげてくださいね!!

    裕策さんが、とても解りやすくこのプロジェクトの3つの趣旨をとても解りやすく説明してくれてます、そして今度の月曜日27日は「ライブクワズル」もぜひご覧になってみて下さいね!!

    もともと僕ちゃんは7人制ラグビー「セブンズ」からラグビーファンとなり、ジャパンの瀬川ヘッドコーチの人としてのすごさや裕策選手の日本代表としての誇りに満ちたプレーからラグビーファンになった人間(いや、家畜だったかも...)です

     

    15人制とはまた違う全速力で走りながらの14分間のプレーでスピード感やリズム感がまた違ってて展開が早くて、スタジアムに行くとまるでお祭りレベルで超楽しいのが「セブンズ」です

    「この世で最も過酷なフットボール」と言われる7's(セブンズラグビー)、ぜひ皆さんも東京オリンピック前に予備知識を持ってみてはいかがでしょうか? また15人制とちがった競技として本当にマジ超面白いですよぉ!!

     

    そうそう原始的な情報ですが、ラグビーのワールドカップは15人制ですが、オリンピック競技としてのラグビーは15人制ではなく7s(Sevens「セブンズ」☜このルール解説、解りやすいですよ!7人制ラグビー)ですからね!!



    コメント
    コメントする









    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    まからずや本店花ラビリンス
    天文館の山之口本通りからもそれほど遠くない鹿児島市内堀江町..「こんなとこに花屋があったの?!」っていう場所に位置する「まからずや本店ビル」💐💐💐なんとここには月に約5万本以上の、それも今まで鹿児島ではみたことのない、そのボリューム、種類の数のお花があるのです。年間400件ほどを飾らせていただくMstyleのブライダルフラワーも実はここでデザインされていて、各支店のお花もすべてここから出荷されるのです。つまりここの正面の「おもーい」鉄の扉の入り口を開けたなら、そんな花々たちにであえるということなのです。ぜひ観たことのないお花畑のようなスタイリッシュな店内に遊びにこられませんか?! もちろん写真の撮影だってSNSだってO.K.ですよ!! 車も止められます。
    「植物デザインラボ mon」OPEN
    2020年5月、鹿児島市金生町の鹿児島銀行本店ビル「よかど鹿児島」1階入り口に、「植物デザインラボ mon hinoyouran+makarazuya」がオープンしました。お花をテーマにして全く新しい生活スタイルの中の価値を提案するショップです、いづろ天文館のエリアでお買い物の際にはぜひ気軽におたち寄りください。
    Original Wedding by Mstyle Flower
    ご結婚を控えていたり、あるいはそろそろ結婚を考えなきゃなぁ..と思っている皆様に、絶対に一度観ていただきたい「Mstyle.com」のブライダルフラワーのページ。 Mstyleでは毎年400件からのさまざまな雰囲気の会場装飾を一つひとつデザイナーたちがデッサンを起こし、それぞれのオリジナルのデザインでお花を飾らせていただいております。 ウェブサイト「Mstyle-shop.com」トップページの「ブライダル」から入ってそれぞれの会場のサムネイルをクリックすると超ビックリの数のこれまでのMstyleの素敵な会場装飾例データが観れますよ!! 必ずお好みの会場装飾、ブーケその他のフラワーアイテムが見つかります!! ぜひとも目の保養にでも「Mstyle.com」のブライダルページをご覧になって観てくださいね(^o^)丿
    山形屋店メルカート MERCE(メルチェ)
    山形屋の1号館1階(2号館側)にフローリストメルチェが移転し、「メルカートメルチェ」としてオープン営業しております。街の真ん中で色とりどりの珍しいお花達を取り揃えて皆様のご利用をお待ちしております、1本のお花のご利用でもどうぞお気軽にお声かけくださいませ。
    Mstyle「Stylish Modern」
    Mstyleマルヤガーデンズ店では、鹿児島のオシャレな方々のライフスタイルの一つのアイテムとしてお花やグリーンを提案できたらと考えております。インテリアの一つとして「生きた」お花をスタイリッシュに飾っていただきたい、またもちろん記念日やプレゼントにもMstyleのスタイリッシュモダンなお花のプレゼントをぜひご利用ください。
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座