<< チコちゃん叱って! | main | トリプルスリーより上の >>
267年...ハンパない!
0

    鹿児島が世界に誇る地元百貨店「山形屋」さん、その歴史は今年で創業268年目を迎え、さらに昨年は株式会社化されて100年ということで、作年末に有り難くも素晴らしい記念誌をいただいたのです

     

    山形屋さんは実は50年前と20年前、つまり株式会社化50周年と80周年の際にも記念誌を出版されており、うちの実家にもこの両冊とも保存されているのですが...

    鹿児島市内中央地区商店街の今に至る歴史や山形屋さんの歴史に関して詳細にわたり貴重な写真などもありまた具体的に記録されており、この冊子をお届け頂いた日には、あまりにも興味深くて朝から夕方までずーっと読みふけってしまいました

     

    日本の百貨店で初めて、大正14年に百貨店友の会である「七草会」をスタートしたことは有名なのですが、実はその創業の歴史「267年」は九州ではブッチギリで一番長く、また日本の百貨店としてもトップクラスですごいのです

    この山形屋さんの写真では懸垂幕に「明治維新70年」とあるので、今からほぼ80年前(昭和14年)の頃の風景ですよね?! つまり第二次世界大戦の直前の風景だと思うのです

     

    それにしてもこの一冊に記録されているデータや鹿児島市内の歴史は微に入り細に入り貴重で、この編纂に関わられた皆様や岩元家の方々に心から敬意を表せずにおられません、本当に素晴らしいのです

     

    本当に純粋の「鹿児島DNAの街」鹿児島市中央地区商店街はまさにこの「山形屋城」の城下町として形成され繁栄してきたと言っても過言ではないと思うのです

     

    つまり実は今はどこでも見ることが出来る同じような風景の全国チェーンのショッピングモールなどとは全く違い、鹿児島の人々ならではの愚直なまでに正直なお客様と取引先との両方を重視・大切にする哲学はこの山形屋さんがそのスタンダードを創り上げたとも言えると思うのです

     

    商売で267年間その「のれん」を守り続けている真の商売人魂がこうして鹿児島で育まれたということに対しても、そしてその恩恵にあずかりながら中央地区で商売をさせていただいている者として心から感謝をしつつ、山形屋グループそして岩元家の益々のご発展をお祈りするのです!!

    カテゴリ:社会・政治 | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3826
    トラックバック