<< 海底ケーブルの威力 | main | 温泉トライアル Vol.27 >>
平成の鹿女短オゴジョたち
0

    12月5日は、ここ10年ほど毎年恒例となっている鹿児島女子短期大学の生徒さんとの「コサージュ」制作の授業の日でした

    僕ちゃん的には今年も「コサージュ制作」ということで毎年同じような授業をしてしまってて申し訳ないなぁ、的な感じもしつつ出来るだけ単なるフラワー教室になってしまわないように内容情報は常にアップデイトして、今年の2年生のインテリゲンチャ薩摩オゴジョたちにお会いしにいきました

    生徒さんたちはもちろん毎年変わっていくので、ワンパターンの「コサージュ作成」で許してもらいつつ、でも制作指導するのは僕ちゃんではなく、うちのベテランスタッフでこの鹿女短大OGの麻衣ちゃんなのです

     

    直の先輩で既に12年のキャリアを持つバリバリの現役社会人先生として麻衣ちゃんは実にプロとしての力もありスピーチも上手く、生徒達はリアリティを持ってその言葉を噛み締めて聴いてくださっているようです

    生徒さんたちは90名弱、毎年本当に感じるのはここの学生の皆さんの集中力と社会性の高さなのですが、さらにこの日の授業で驚いたのは、僕ちゃんのコール&レスポンス系?授業の結構切り込んだオタク系質問にすべて答えられる凄すぎる生徒さんがおられることでした(なんと鹿児島検定資格を持っておられるのだそうです)

     

    さすが若干20歳にして郷土の歴史や時事問題にも精通する鹿女短女子! 素晴らしいですね!!

     

    まからずや入社2年のムラちゃんも素晴らしい動きで指導を手伝ってくれました!!

     

    当たり前ですが、「コサージュ」制作をするということは紛れもなくその発祥地であるフランスの歴史に基づく「花文化」やフランス人の死生観から見る花の価値などを伝えるということでもあり、ここだけ僕ちゃんがえらそーにマイクでペラペラ喋るのです

    クラスには台湾やベトナムからの生徒さんもおられ、そのうちに英語での授業なんかも出来たら、お花をデザインする日本の美感なども味付けに加えて出来ちゃったりして素敵だよなぁ...なんて思ったりして

     

    でも忘れてはならないのは「薩摩オゴジョ」の魂とその胆力がどれだけ世界的に見ても凄いのかということを自ら再認識してもらうこと...そのために海外の文化や価値観を学ぶのだ、ということなのかもしれませんね?!

    今年もまたこんな楽しいチャンスをいただき、またまた鹿児島女子短期大学のインディペンデントで突き抜けた薩摩オゴジョたちのこれからのますますの活躍を心から期待しているのです!!

     

    ということで僕ちゃんは今日からまた今年最後の日本フラワー会館での会議で上京でっす!!

    カテゴリ:モブログ | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3813
    トラックバック