<< 僕ちゃんの11月ゴールデンウィーク後半編 | main | 平成の鹿女短オゴジョたち >>
海底ケーブルの威力
0

    12月に入って4日の火曜日は前から楽しみにしていた、鹿児島県農政部の鹿児島地域農政推進会議さんの企画で三島村教育委員会と鹿児島大学、そして鹿児島県フラワー協会のコラボワークで実現した「大容量ケーブルネットワークを用いた鹿児島県三島村の小学生のためのフラワーアレンジメント教室」が鹿児島市内の鹿児島大学と三島村との中継で開催されたのでした

    ところで鹿児島県人でもあまり詳しくは知らないかも知れませんが、鹿児島県の離島数は605島(都道府県別で2位、1位は長崎県で971です)あり、その内の有人離島数は28島あるのです

     

    そんな中、三島(みしま)村は鹿児島市内からの距離でいうと約100キロ弱くらいに位置するこの地図の赤文字の3島(竹島・硫黄島・竹島)で形成される人口約380人くらいのエリアなのです

     

    ということで平成の初めの頃、約30年くらい前に僕ちゃんらと一緒に苦労して全国でも奇跡の組織といわれる「花業界のオール鹿児島組織」の鹿児島県フラワー協会の設立を成し遂げた鹿児島県農政部の関係者の皆さんの企画で、最近鹿児島大学に設置された大容量のインタラクティヴ(双方向)ビジョンシステムを利用して、普段なかなか珍しいお花に触れる機会がない三島村の小学生達にフラワーデザインを楽しんでもらおうということになったのです

     

    つまり鹿児島県、三島村教育委員会、鹿児島大学そして鹿児島県フラワー協会でのコラボワークで実現できたこのイベントだったのです

    実は、周りの方々も数人しか知らなかったと思うのですが、三島村の室之園教育長は僕ちゃんの玉龍同級生仲間なのです、但し室之園君は僕ちゃんとは違い、ものすごく学業も優秀でイケメンでしたが😅

     

    ちなみにこの日の「先生」を任されちまった僕ちゃん、クリスマスの素敵なアレンジを一緒に同時進行で創りながら、好き勝手に子供達との対話を楽しんでしまったのでした!!

    元気な男の子がすこぶる手際が良かったので「うちの花屋さんにスカウトしたいんだけど!」って言ったら、すかさず「僕は考古学者になりたいんです」と返されました

     

    そのままその隣の男の子に、僕ちゃんが「君は将来何になるのぉ?」と仕掛けたら、周りの2人の子供達がすかさずその子に耳打ちをして出たたセリフが「こうむい〜ん」でした(これって鹿児島県内の方々なら誰でも絶対に解るコマーシャルの鹿児島県民あるあるのやり取りなのですが...)

    そしてテレビジョンの向うとこっち側の両方でみんな大爆笑!!

    とにかく最近のテクノロジーを利用すると、海を隔てた場所にいる子供たちや先生たちとも、いとも簡単にこんなに楽しい時間を同時に共有出来てしまうということを体感させていただいたと同時に、またしても三島村の子供達のその果てしないクリエイティビティと明るさに元気と夢をもらってしまったこの日の僕ちゃんなのでした

      

    全国の皆さん「三島村(みしまむら)」ウェブで調べてみた方がいいですよぉ?!

    なぜかって? 鹿児島の人々は自分自身が、本当に好きな場所やコト、そして食べ物やお酒などに関してはほとんど僕ちゃんみたいにペラペラ自慢したり人に教えたりしないからなのです

     

    自分勝手なことを言うとイカンと思いつつも、あまり沢山の人々にいっぺんには押し寄せていただきたくないみたいなこのパラドックス(自己矛盾)...

    要するに鹿児島の「まだ見ぬ宝」が離島には沢山あるのです、大容量ケーブルの映像でバレなきゃいいけど...

    カテゴリ:社会・政治 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3812
    トラックバック