<< 疎水溝のリコーダー | main | 花文化進化中 >>
被疑者M
0

    先般、関西に住んでおられる御台所様の兄上(あにうえ)が鹿児島で開催の同窓会に出席されるために帰ってこられたのですが、その際にわざわざもってきていただいた美味しいお土産の「心斎橋 ポテト」というお菓子、僕ちゃんが調子に乗って2個たて続けに食べてしまい、そのままそのカラ袋をテーブルに「ポイッと」おいていたのです

     

    そして夜外食を終えて家に帰ると、そのテーブルの上が何者かに荒らされて心斎橋ポテトの袋が無惨に破られ歯形がついていたのです

    一番怪しいと思われた「M」に「これはお前の仕業かぁ〜っ?!」と詰問すると、ついそれまで帰ってきたばかりの僕ちゃんに大喜びで戯れついていた彼女は最近の定位置の箱の中にすーっと戻り、すっと目をそらしたのでした

     

    僕ちゃんは優しく被疑者の肩を抱きかかえ...「すんなりはいた方が楽になるぞ」と諭しつつ何気に口を開かせたのでした

     

    しかし百戦錬磨の被疑者Mもさすがなのです...口の中に何も証拠は見つけ出されず、不敵な笑みで僕ちゃんのことをバカにして結局無罪放免となったのでした

     

    そして僕ちゃんが腰を延ばすためにソファで腹這いになっていると、ネズミ男のように調子のいいネコ(多分共犯者と思われる)のア太郎ちゃんが、すぐ背中に乗ってきて僕ちゃんの腰を揉みながら(よくネコは前足で「フミフミ」しますよね?!)

    僕ちゃんに向かって「旦那あいつだけは信用しちゃならねえぜ、あいつが何かやらかしたときニャア旦那にちゃんと知らせますんで...」みたいにご機嫌をとるのでした

    こんな理不尽な事件を通じて感じるのは、やっぱり世の中調子のいいやつが勝ち残るんだなぁってこと、そしてうちのカースト制度でまた僕ちゃんの身分はア太郎にもうまくしてやられて、結局ミニーちゃんとどっこいランキングくらいに下がっている感が否(いな)めない今日この頃なのです

    カテゴリ:ペット | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3804
    トラックバック