<< 背番号25の肉食系 | main | なんでそんなちがうん? >>
会いたかった人々
0

    今月初め11月1日と2日は鹿児島市内の城山ホテル鹿児島などを中心に鹿児島で生まれたりご縁を持たれて世界中で活躍する方々を今年明治維新150年を迎える鹿児島に帰ってきていただくという「鹿児島県人世界大会」が開催されました

     

    僕ちゃんも一応、鹿児島人ということで鹿児島経済同友会と鹿児島国際化推進協議会の窓口で関係もあるということで、ご招待をいただき出向かせていただいたのですが...

    全国鹿児島県人会は「せごどん」西郷隆盛氏の命日の9月23日には毎年、鹿児島市の南洲神社で集まられ式典を開催され続けておられるのですが、維新150周年の今年は世界中で活躍される鹿児島ご出身の皆様が鹿児島市に集結されるということで、さまざまなイベントも企画されたのです

     

    でも実は僕ちゃんがこの設定で一番会いたかった春成幸男さんが直前で来られるのが叶わずに本当に残念なのでした

     

    式典の後の懇親会はこの鹿児島市内浜町の大空間での御神輿や花火大会、そして鹿児島を代表する食材や焼酎などでの素晴らしいおもてなしでした

    さらにこの翌日は鹿児島市恒例の「おはらまつり」ということで、天候にも恵まれ世界中から帰郷された鹿児島県ご出身の皆様も明治維新150周年をこうして故郷で共有することができたのです

     

    おはらまつりには今年のNHK大河ドラマのせごどん役の鈴木亮平さんも大久保利通役の瑛太さん、永田熊吉役ドランクドラゴンの塚地さん、そして原作者の林真理子さんも来られてましたね?!

    薩摩(鹿児島)は南蛮へのゲートウェイとして700年以上もの間、日本国内で唯一「本領安堵」で島津家だけの英知の薫陶を受けてきたたった一つのエリア...そんな誇りや先見の明、そしてグローバルな精神をオール鹿児島のみんなで思い出せた鹿児島県人世界大会2018でした

     

    これからも世界中の鹿児島出身者の皆様がますますお元気で活躍されますことをお祈りしておいもす!!

    カテゴリ:モブログ | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3798
    トラックバック