<< 100年目の第九 | main | 10年ぶりのニンハオ >>
なんでだろうぉ・なんでだろう♩
0

    ずっと前から気になっていて今回初めて見学できた「話題の」武雄市図書館

    つい先日の佐賀市での会議の後そのままちょっと西に30分ほど車で走り、やっと行って自分の目で見れたのでした...んが!

    一歩この「素敵な?」スポットに足を踏み入れた瞬間に、まず直感的に「これって絶対なんかが間違ってる?!」みたいな違和感がムラムラっと湧いてきてしまったのです...「この施設って誰が一番得して、誰が一番損しちゃってるんだろう」的な

     

    自分の故郷でもないのにどーにも納得できない「だまされた感(表現の言葉悪くてすんまへん...)」でも少なくとも何億かの初期費用と何億かの市民の税金を使って運営していて、この「文字の電子化」の時代に代官山とおなじスペースをすんごい無理して作ってしまってみたいな感じかなぁ...

    でもこれって一般市民的な感覚で普通に考えればそうなりますよね?

    単にデザインのよさとか、その施設の立派さとか書物の多さとか、学生さん達が沢山利用している風景とか、そんな目に見えることではなく、ここの場所だからこそのオリジナリティを関係なく何も考えずに代官山をここにコピペしちゃったってことかなぁ...

     

    ここの監視員みたいなオジちゃんもメッチャ怖そうな感じでまさに「監視」してて、リラックスして本を読んだりスタバのコーヒーを楽しんだりする姿とは完全にミスマッチしちゃってるしなぁ

     

    多分一番ソンする可能性が高いのは結果的には武雄市民、そして得したのは、とりあえず古本の在庫一掃とその「田舎にあり得ない」という話題性の到達率の利を得たTSUTAYAさんかなぁ?

     

    とにかく大切なことはこれからの時代、地方行政が市民の血税を使う時というのはフィージビリティスタディ(黒字実現可能性)をちゃんとして常に黒字経営の努力するのは当たり前で、「そもそも誰の何のために」という哲学を一貫してもち続けることと、最後は自分たちが保証人だというくらいの胆力を持ってやらなきゃいけないということではないでしょうか

     

    武雄市図書館すぐ横のこの「武雄神社」...天平3年(西暦735年)からの1300年近い歴史をもつこのスポットは、まさにほんまもんですね?!もちろんお参りもさせていただきました

     

    そして生き馬の目を抜くような早さで大きな資本をボールパスするように動かし、そこで瞬間の利益を創りだす大都会のビジネスモデルとコラボする時は「丸投げ」でリスクを背負わされるのは地元の住民になるのだということをちゃんと住民と共有して取り掛からなければいけないのかもしれません

     

    そう、人は「人のカネを集めて人のために使う」という時にとても無責任になるという法則を心に刻まないといけないと思うのです

    カテゴリ:社会・政治 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3784
    トラックバック