<< もしもピアノが弾けたなら | main | トップリーグの逆襲 >>
ヤングでナウいグローバルトリオ !!
0

    今日で小中高生の皆さんは今年の夏休みも終わりですねぇ💦 夏休みは思い出づくりとスイッチ切り替えですべてを忘れて遊ぶべきバケーションなのですから、まさか宿題全部すませちゃってるなぁんて不真面目な子はいないでしょうねぇ?!(...って僕ちゃんの基準はちとヘンかなぁ)

     

    ところで学生といえば、まからずやのアルバイトでここ3年間ほどずーっと頑張ってくれていた鹿児島大学大学院生の「シバちゃん」この8月で大学院生活も終わり、いよいよ来月初めには留学のために日本を離れスロバキアに向かうのです

     

    そもそものシバちゃんとのご縁は、2015年の7月まからずやのスピンオフ事業として地元学生さんとのコラボで起業する予定だったビジネスへの株式会社マチトビラさん主催の長期インターンシップの募集会場でした、そしてさらに鹿児島の学生さんたちとのブレーンストーミングイベント「アイデアソンの夜」の時にもシバちゃんは大活躍

     

    それがきっかけで大学在校中そして院生になっても農業化学を勉強しながら、まからずやの週末スタッフとして本当に頑張ってくれたのでした

    おととし暮れのまからずやスタッフ「いずみちゃん」の送別会ではシバちゃんは「ドレスコード オレンジ」のコンテストできーちゃんから表彰をされたのです、つまりそのくらいオサレでもあり、またいつも気が利いていて動きが適確でみんなからも頼りにされた人気者なのです

     

    そしてまたシバちゃんが紹介してくれた鹿児島大学の同僚の男子たち、弘也くんとケントくんもこれまた頭脳明晰でいつも素晴らしい動きでいつも手伝ってくれ大学卒業後、今現在ではそれぞれアメリカとオーストラリアに留学中なのです(サプライズでサトちゃんが創作ってくれた花束)

     

    そして本当に嬉しいことに彼ら3人は北アメリカ、オーストラリア、スロバキアと拠点を分ちながらも自らを「まからずやグローバルスタッフ」と命名してそう呼び、はばからないのです

      

     

    これからの時代は「みたいな感じ..」のマネゴトではなく、一人ひとりが自分の目で見て体感したコトで形成される自分の世界観のフィルターを通してデザインしアウトプット(具現化)することによって世に新しい付加価値を創りだすべき時代

     

    感性の豊かなうちに一人で異なる価値観にどれだけ飛び込み、独自の目でどんな「世界」を体感したかがその人の「大きく普遍的な世界観」を形成する要素になると思うのです(知ったような口をきくでしょう?!)

     

    ということでこの夜は鹿児島イタリアンのマエストロの一人「米満シェフ」ご夫妻の「カンパーニャ」で御台所様と一緒に「しばちゃんスロバキアへの送別会」として一席持たせていただきました

    シバちゃん本当にありがとう、これまでも諸外国をさんざん一人旅してきたその独立心とチャレンジャーシップ、インテリジェンスを持ち、スラブ社会はじめ色々な人種の人々と出会い、さらに大きな人になって帰ってきてください、またスロバキアでの色々な体験談を心から楽しみにしています、気をつけて多いに楽しんでいってらっしゃい!!

     

    それにしても「ヤングな」「ナウい」...という表現はどうして、いつからこんなに「Out of date(時代遅れ)ワード」になっちゃったんでしょう?! そうなるとこのタイトルもなんだかディすった感じでも聞こえちゃったりなんかしますよねぇ...そんなつもりないからねぇまからずやグローバルスタッフトリオのみんな!!

    カテゴリ:モブログ | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3758
    トラックバック