<< Don't Walk Run | main | 今年の「社長の3日間のカバン持ち」さん初日 >>
Queen Of Soul
0

    ローリングストーン誌が「史上最高に偉大なシンガーのトップ」に選び、1987年には女性歌手として初めて「The Rock and Roll Hall of Fame(ロックの殿堂)」入りを果たしたまさに「ソウルの女王」アレサ・フランクリンが8月16日(アメリカ現地時間)午前に76歳で亡くなりました

    でも僕ちゃん的に完全にアレサフランクリンにハマってしまったのは、やっぱり1980年にリリースされたジョンランディス監督の映画「BLUES BROTHERS(ブルーズブラザーズ)」がきっかけでした

     

    アメリカに遊学中にこのベータマックスのビデオを手に入れて、その後DVDも買って、もう何百回観たか解んないくらい観たのですが...この中でアレサフランクリンが元ブルーズブラザーズのギタリストだった自分の旦那(なんとアレサの旦那さんがまたマット・ギター・マーフィーなんですよねぇ?!)がまたバンド復帰しようとするのにむかって歌いながら説教をする!!このシーンがどれだけトリハダものだったことでしょうか( `ー´)ノ

     

    ところでこの映画にはもんのすごいスターたちがキャスティングされていて、「ジョンリーフッカー」は普通にガチで出てましたがブルーズブラザーズのステージからの逃亡を手伝っているステージ上のMCは「Sir.キャブキャロウェイ」だし「チャカカーン」も「ジョーウォルシュ」もついでに「スピルバーグ」も出ちゃってるし...

     

    まさにブルーズとソウルのスターたちをさりげなく集結させたもんのスゴい映画でした、でもその中でもこのアレサが歌って踊る自分と旦那のマットと経営するカフェの中での説得シーンの歌「Think」のパフォーマンスは何回観てももんのすごいですよね?!

     

    2回と同じ歌い方はしない(出来ない?)と言われてきたこのアレサが旦那を「大人になりなさい」と言わんばかりに説得するド迫力のこの歌とダンスシーン、なぜだかとっても「超コワイけど包容力のある優しいかあちゃん」に感じるのは僕ちゃんだけでしょうか?

    このキャブとBBのシーンでもバックにはさりげなく「マーティンルーサーキングJr.」の写真がかけてありますが、今の時代こそ活動家の数が増えましたが、アレサはデビュー当時から人種やジェンダーでの差別とはずーっと戦ってきたいわゆるレジスタンスシンガーですものね?!

     

    アレサのお父さんは超有名な牧師でゴスペルシンガーそして実はキング氏とは親友でやはり公民権運動家だったそうです、そしてなんとSir.デュークエリントンも彼のもとに歌を聴きにきていたそうです

    アレサの「soul」が永遠に安らかならんことを願いつつ、最近観ていなかった映画ブルーズブラザーズの「ソウルの女王」アレサの「かあちゃんソウル」パフォーマンスをまたあらためてじっくり味わって観て聴きなおしてみようと思うのです

    カテゴリ:ロックミュージック | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3755
    トラックバック