<< 今年も「思い出すべき日」 | main | ハカボンノ >>
レトロフトの5周年なのッテ
0

    今から2週間ほど前、8月4日の夜は鹿児島市内名山町のイケてるスポットで最高の美味しさの有機野菜料理を提供し続けているカフェレストラン「森のかぞく」さんの5周年ということで、レトロフトノッテ(ノッテはイタリア語で「夜」のことだそうです)イベントにバタバタと駆けつけたのでした

    この日もこの前に約束があり、それを済ませてから駆けつけたら午後8時前だったのですが、もうこのレトロフトビルはその前もビル中もまさに大人も子供もまざっての「宴たけなわ状態」😳

     

    とにかくこのレトロフトチトセビルのオーナー永井さんご夫婦の世界観も素敵で素晴らしいし、ここのテナントさんたちも実に「百花繚乱」というか、それぞれが独自性も発信力もありつつそんなレトロフトのスペースをオサレに共有し、なおかつシナジー(相乗効果)の出し方を実に良く知る人材たちが集まっているなぁ...といっつも感動させられるのです

     

    そしてそんなオサレマインドの方々がされるイベントって絶対に子供も大人も男女関係なく心からその空間を楽しんでいるし、絶対にその場を支配・管理するような偉ぶった存在がないのに、すべての面でお互いを完全にフォローし合っている...それでいてさりげなくさまざまのディテール(細部)にオサレ心が散らばらしてあるし

     

    ちなみにこの夜このレトロフトビルの永井オーナーから教えられてすんごい感動したというか、なぁーるほどザ・ワールドだなぁと考えさせられたのは、こんな素敵なイベントを完成させるのにも「いまどきの若い人々はわざわざ集まって会議はしない」ということ...

     

    これってなんだか「ガッテン!」って感じですよね?! つまり我々の時代のオッサンたちが盛んに口にする「今の若者達はコミュニケーションがヘタで会話も少ないんだよ!」っていうのは実は間違いで、彼らこそ我々の時代のオッサンが持ち得ない「SNSを用いても上手に大人のコミュニケーションが出来る」術(すべ)を持っているということだと思うのです

     

    あれれ! 僕ちゃんも5月には似顔絵描いていただいたイラストレーターの江夏(こうか)潤一さんも「途中でギョウザ食べてビール飲まなきゃならない不思議なマラソン」で走ってるし?!

    ええっ! MCやってるのは浴衣に身を包んだデザイナーの砂田光紀さんだし...なんでやねん?!

     

    「若者達のSNSを媒体としてのコミュニケーション能力の高さ」...だって結果出来上がったこの目の前のイベントを観ると一目瞭然で、オジさんたちがよくやる「自分がやりたい形」のよくある今までの一方通行イベントではなく「みんなが楽しく関われて全員が楽しめる」本物の双方向コミュニケーション型イベントを完成させちゃってるからなのです

     

    僕ちゃんもここのキッサコミツタさんで超美味しい「そのやま農園特製のブルーベリーソースかけのカキ氷」もいただいてこの楽しい雰囲気のお裾分けをいただいて帰ってきました

    マラソン賞品も「森のかぞく」さんのお野菜、贈呈式でもそれを観ている周りのみんなは「いいなぁ〜羨ましい」の合唱でした

     

    「だからぁ、豊かさって絶対にお金だけではなくて本当の笑顔の数なノッテ!! と、またしてもどこからともなく言い聞かされたこの暑い夏の森のかぞくさんの5周年の夜なのでした

    カテゴリ:モブログ | 01:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    素敵な記事、誠にありがとうございます。忙しい中を駆け付けて頂いて、感謝感謝です。
    まことにレトロフトの面々は不思議な人たちで、打ち合わせもなく立ち話しだけでトントントン、と。森のかぞくさんから投げかけられた《直球》を、スタジオペケペケのお二人と砂田光紀さんが《むちゃくちゃ変化球》にしてお返し申し上げた、そんな図式でしょうか。
    でも今回はレトロフトのお客様にはない、オーガニック系の素晴らしいゲストの方々の存在が私にとりましても新鮮でした。
    人って、ホント素晴らしいですね。
    | ご隠居 | 2018/08/17 5:45 PM |
    本当になんともいえない暖かいハートがいっぱいの素敵な空間でした!
    | なりブー | 2018/08/18 12:41 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3752
    トラックバック