<< 花で飾る今回のジャパンウィメンズオープンテニス2018 | main | レトロフトの5周年なのッテ >>
今年も「思い出すべき日」
0

    今日、8月15日は日本にとって73周年目の「終戦の日」ですね

    毎年この日はお盆中ということで、それぞれのご家庭にとってはご先祖様がお家の仏壇に帰ってこられる日として家族で集まったりして多くの日本人にとっては「終戦の日」はテレビで式典を観ることだったりニュースとして知ることだったりの場合が多いかもしれませんね

    今年もまからずやで事務局をさせていただいている「広馬場通り戦災鎮魂慰霊の会」の今年の会報発送作業がやっとのことでお盆前ぎりぎりの10日に終了させていただいたのでした(例年より1週間ほど遅れてしまいました)

     

    今年の慰霊祭とそのなおらい会の様子は、今年も6月20日のこのブログ記事「わずか73年前」でも書かせていただいたのですが...

     

    今年の会報内で春成幸男代表が書かれたとおり、今年の6月のこの慰霊祭には昨年の7月と12月にNHK全国放送で大変な反響を呼んだ企画「祖父が遺した戦争、米軍カメラマンのよみがえる記録」のその米軍カメラマンのお孫さんにあたられるハインリッヒ・スコットさんご一家がわざわざ駆けつけてくださったのです

    スコットさんも人の命は戦勝国も敗戦国も関係なく一つひとつ同じに尊いものだと解っているからこそ、こうして春成代表にも敬意をはらい、おじいさまからの縁を大切にしておられるのだと思うのです

     

    そして今回の会報送付の中には、全国の慰霊の会会員の皆様に加えて、このNHKの番組をみられて春成氏に直接お問い合わせをいただいた皆様10名ほども含まれていました

    「戦争」は過去の悲惨な事実としても、こうして時代が変わっていってもその事実から学んだ大切なことを時代を超えてもずーっとリレーをしていくことがどれだけ大切なのかは、戦争の勝利国でも敗戦国でも同じ貴重であることには違いないのかも知れません

     

    今年は自分の忙しさにかまけての会報の制作と発送遅れをお盆前にどうにか今年も終了することが出来て一息つきながら、また終戦の日を迎えてそんなことを改めて心の中で再確認をするのです

    カテゴリ:社会・政治 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3750
    トラックバック