<< 7月だけどワンポイント六月燈(ろくがつどう)からの・・ | main | 尿酸値クライシスナイト >>
東北シリーズ前半戦
0

    週末とハッピーマンデーまで鹿児島で過ごした後は、今度は17日火曜日の朝一便で東京経由での秋田へと飛んだ僕ちゃん...もうここまで来ると完全に旧式シナプスで構成される僕ちゃんの脳みそのGPS(位置探査機能)は完全に機能不全に陥っていました

     

    鹿児島からの羽田便が到着遅延して、秋田行への乗り継ぎ便の出発時刻まで15分しかなかったのですが、同じANA便ということで結局秋田行も10分遅れながらも、ちゃんと乗り継いで秋田へ向かえたのです

     

    秋田空港着陸前に見えたこの冠雪している美しい山はたしか「鳥海山(ちょうかいざん)」ですよね?!

     

    そして滑り込みで秋田支部の役員さんたちと昼食をはさんでのミーティングに引き続いて、そのまま秋田の会員店さん全店参加での3時間以上の超真剣勝負のセミナー、さらにとても大事なコミュニケーションタイムとなる2次会そして3次会とメリハリ効いた有意義で楽しい夜は更けて...

     

    朝は目覚ましでまた飛び起きて、夢遊病者状態で埼玉からの青木理事と事務局スタッフ、そして関連会社職員たちとゾロゾロとまた秋田駅からの岩手への移動

    でもなぜか連続セミナーで緊張はしているせいなのか、岩手(盛岡)までの1時間半ほどの時間はまんじりともせず、美しい自然であふれている車窓を眺めつづけながら、日本地図の中での自分の位置関係を確認していた僕ちゃんなのでした

      

    それにしても、この辺の清流は多分釣り好きの方々がみているとたまらんのかもしれませんねぇ(◎_◎;)

    そして盛岡駅につくとわれわれゾンビ軍団はそのまま岩手セミナーの会場である旅館、盛岡つなぎ温泉/御所湖畔「紫苑(しおん)」さんの専用バスで約20分間ほど乗りこれまた美しい湖畔の旅館へ到着しました

     

    岩手支部の皆さまもまた心が温かく優しく、そして前向きでいらっしゃること!!(T_T)もう感激でした

    この花キューピットグループの現役理事の中では「結果的に」一番任期のながいベテランの域に入ってしまった僕ちゃんですが、この岩手にも僕ちゃんがペーペーだったころからずーっとお世話になっている大先輩も数人おられたりして

     

    がらにもなくちと緊張しちゃったりなんかして、でも先輩たちも本当に温かく見守って背中を押してくださるのです、そしてやっぱり当然のことのように懇親会は、ビンゴ大会などもありつつーの超ウルトラ級の盛り上がりとなるのです(*'▽')

     

    2次会のカラオケバーでも老若男女一緒になって大声で昭和歌謡から平成Popsそしてイタリア語の歌まで、その主役であるみなさんの多彩で突き抜けていて面白くて楽しいこと...

     

    やっぱりどんな生活でもどこに暮らしていても「メリハリ」はとても大切で、メリとハリがしっかりできているからこそみんな耐えたり、頑張り続けたりできるわけですものね?!

     

    ということで、僕ちゃんもこの2次会の後夜中に、この東北3連戦の2戦目が終わったこの岩手(盛岡)の夜のつなぎ温泉では、いつもメリとメリしかないそんなノリの身体をこの露天風呂につかりつつ、再度GPSもリセットしなおしたのでした

     

    そしてこの翌日の朝19日はいよいよ僕ちゃんにとっての支部セミナーツアーの最後を飾る「宮城(仙台市)」と移動し続いていくのでした

    カテゴリ:モブログ | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3739
    トラックバック