<< 瞬間移動再開! | main | 滑り込みセーフ >>
そして愛媛
0

    7月11日はその前夜の花キューピット高知支部の皆さまの素晴らしいホスピタリティの余韻に浸りつつ、今度は朝7時にはホテルを後にして高知選出の梅原理事のお車での山越えでの愛媛支部セミナーへの移動となったのです

     

    3時間半ほどの道中、梅原理事の楽しい話と四国の山越えは高知県側の登りはスロープが緩やかだけど分水嶺を超えて愛媛県側に入ったとたんに急な下り坂となる地形であることやエリアによる普段の生活のあり方や食べ物のことなど、地元の方からでないと聞けない本当に興味深い情報をたくさん教えていただくことができたのでした

     

    というのもこの数日前からの西日本豪雨で愛媛県内だけでも26人の尊い命が犠牲となっており、そんなさなかの県内各所からご参加いただくセミナー強行となってしまったからなのです

     

    甚大な被害を被られた支部長ご自身自ら「みんなの予定に迷惑をかけられん」という言葉もいただき開催をさせていただいたのですが、そんな大変な状況下にも関わらず、本当に前向きで貴重な視点からの意見やアドバイスをいただき、またしてもこちらが元気とパワーをいただいてしまうのでした...

     

    やっぱりこの業界ナンバーワンの地域を越えた人材ネットワークを誇るこのパワーと英知はすごいと感じるのです

    そして懇親会、この会場は愛媛の今治市から広島尾道市へとつながる「しまなみ海道(西瀬戸内自動車道)」の9つの橋のうち最初の橋を渡ってすぐの「千年松(せんねんまつ)」さん、冒頭の挨拶をされる徳永支部長さん

       

    それにしても始まりのハタの刺身からオコゼの煮込み、アワビの瓦焼きから鳴門のタイの伯方の塩焼きと、僕ちゃんの人生における「

    美味しい海の宝」史上最高の逸品ばかりのラインアップでした

     

    そして横を見るとこの「近辺の主」ニイダ大先輩が「どうよ?!」的に僕ちゃんの食べる表情を観ておられるし...

    とにかく愛媛の皆さんもハートがあって、こんなに豪雨被害直後の大変な状況下にも関わらずものすごいホスピタリティで接してくださったのでした

    今回の移動この四国地図の高知平野から愛媛の松山の上、高縄半島の先っぽまでの移動だったということですね?!

     

    その四国の会員のみなさまが教えてくださった強さと優しさに報いるべく、自分自身のこの時間を支えてくれているうちのスタッフたちにも、そしてもちろん業界のためにも「しっかりと頑張らなきゃならない」と、また当たり前のことを心に誓い直すのです

    カテゴリ:モブログ | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3736
    トラックバック