<< わいたっもばけしおっどが?! | main | 瞬間移動再開! >>
しのちゃん半世紀
0

    もうひと月前の話なのかなぁ..と思い出しつつ、先月6月9日の御台所様の実家のそばの雄川の滝を訪れた夜は、ずーっと前から楽しみにしていた鹿児島青年会議所(JC)の大後輩「しのちゃん」の会社の創立50周年のパーティが鹿児島市内の城山ホテル鹿児島で開催されたのでした

     

    これは今から27年くらい前、しのちゃんと知り合った1年後くらいかなぁ? 鹿児島JCで初めての委員長をしてた僕ちゃんの委員会に入ってきてくれたしのちゃん...人間ってなんでか「あの人とウマが合うのが不思議だなぁ..」って組み合わせはたまーにありますよねぇ?!

     

    まさにしのちゃんと僕ちゃんは「大酒豪と下戸」「すごい胆力と闘争心を持つ体育会系と文科系でもない無気力系」と本当にまったく対極キャラだと思うのですが、30年近く前に知り合ったその瞬間「僕ちゃんはこの男らしい人のワガママさと優しさが同居する旦那さんキャラは大好きだなぁ」と感じたのです

      

    この夜のパーティも豪華絢爛でスゴかったのですが、いい意味で業界らしさよりも「しのちゃんらしく」オシャレだったりその多彩さが実に良く出ている友だちネットワークの方々も出席されていて感動でした

     

    来賓挨拶は経済同友会代表幹事の津曲社長も自らが学園長を務める大学の総会とレセプション当日だというのにしのちゃんらしい強引さとしぶとい説得に押し切られ、2つの会場を走られながら出席!

     

    お料理の素材の一つひとつのこだわりレベルの高さにまた感動し、お土産もなんと15代 沈壽官制作の最高の逸品、そしてまた15代の同級生としての愛情溢れる挨拶も素晴らしいし...さすがしのちゃん!!

    オープニングでは僕ちゃんも大ファンのジャズピアニスト「松本圭史」さんのミニライブがありまた感動!

     

    業界のイメージに染まりきらない発想の人間の存在とか、世界観がその業界だけにとどまらない人というのは、その業界と関係のない人と業界を繋ぐことや理解者を増やすというものすごい役割を意識せずに果たしている気がするのです、そしてそんな人こそが新機軸の価値観を創りだしたりする媒体となることもある...

    鹿児島の名門高校甲南高校の同級生3羽ガラス「大社長」と「しのちゃん」と「トシちゃん」、3人ともやっぱりとても魅力的で味があるというか、僕ちゃんにとっては逆にワガママをきいてもらったり何でも話せる魅力的な男達だなぁと感じるのです

     

    それは間違いなく他人からどう見えようが言われようが、自分の中にある哲学を持ち続けて半世紀でも100年でも迷い苦しみながらでも自分らしくあるために、たとえかっこわるくても抗(あらが)う姿勢があり続けるからだと思うのです

    そして僕ちゃん的にはトドメを刺されたのがこの鹿児島の殿御用達の明石屋菓子店さんの紅白饅頭!!

    御台所様に不在のうちに半分食べられて思わず独り言で文句をこぼしたら「どうせ一人じゃ食べきらんでしょうがぁ」と一括でした、いやおっしゃる通りです

     

    えーっとちと3羽ガラスを褒めすぎたかもしれんなぁ?! でも理屈ではなく、そんな「人臭い人たち」がやっぱり大好きなのです

    しのちゃん、いつも有難う!「これからも飲んすぎんご、きばっていこね!!」

    カテゴリ:モブログ | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3734
    トラックバック