<< セブンズ アゲイン!! | main | それなりのチャレンジ >>
61歳の65年
0

    今回の東京ステイはちょっと長めの4泊5日で、さまざまな目的があったのでしたが、とりあえず初日は空港から直行で世田谷区での打合わせで始まったのでした

     

    美味しいお料理までごちそうになって帰りの千歳船橋の駅で、なんだかとても懐かしい気分がするなぁ..と感じていて思い出したのですが、今から約40年前の大学生のころ彼女をうちまで送って帰るのにこの近辺によく来ていたからだったのです

     

    あの頃はこんなに立派な駅じゃなかったかもなぁ、とか小田急線といえば夏にはよく車両内のクーラーがきいてたよなぁとか他愛もないことはよーく覚えているのですが...ってなこと思ったりしながら千歳船橋から2回乗り換えて半蔵門まで直行なのでした

    そして翌日はグランドアーク半蔵門ホテルで宮家のご来臨を賜りながらの花キューピットの65周年記念式典で駆けずり回り、またこの式典に際してはアジア各国からの花業界方々をお迎えしつつーの、そのまた翌日は早起きをして僕ちゃんが担当のアジアフローリスト協会の理事会を開催させていただきーの

     

    中国も習近平氏の磐石体制となったからか、また中国花き協会の要人の皆さまも一段と若返り雰囲気が変わったりして、特に今回のアジアフローリスト協会の理事を含めてのバックアップメンバーも関係企業家も5名とも全員女性なのでした

      

    フラワードリーム2018の期間中2日間、とにかく今回もとてつもなく広いビッグサイトの中の会場内外とよーく歩き回りまわって、僕ちゃんのパターンだと考えられない3日間連続ランチ食べられないパターンで少しはやせるのかっ?! 

     

    と思いきやこれはモスリムの皆さんの「ラマダン」と同じパターンで、昼間食べられなかった分を夜遅くなってすごい量を食べてしまうという食生活で完全にデブの上塗り更新をしてしまった気がするのです(;^ω^)

    東京のこの週末は心配されたお天気もそれほど悪くもなく、またまたこの10回目のフラワードリーム@東京ビッグサイトも会場の中はあふれんばかりのたくさんのご来場をいただき、大成功のうちに幕を閉じたのですが...

     

    僕ちゃんが東京にいて彼女の気をひくのにうつつを抜かしていた21歳の頃(今からほぼ40年前)よりもまだまだずっと昔、さらにその24年も前にこの業界に夢をはせた22人の大先輩たちが、こんな素晴らしい組織を作り始めたのです

     

    日本の花業界のこの65年の歴史は先輩方の気の遠くなるような親和と誠実の心と純粋な夢で築きあげられてきたんだなぁと改めて感じさせていただいたこの3日間なのでした、本当にすべてに心より感謝しつつ今日はやっと大好きな鹿児島に帰るのです

    カテゴリ:モブログ | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3685
    トラックバック