<< 800円の名残サクラ | main | 10年目で65周年のフラワードリーム >>
Un Poco Loco
0

    ピクサー社制作の19本目の長編映画「リメンバーミー(原題:COCO)」をレートショーで見てきましたぁ!! もう素晴らしい驚きと感動で大泣きしてしまったのですが...

     

    この映画は過去アニメ映画として「アナと雪の女王」以前では世界最高の興行収入をつくった8年前の作品「トイストーリー3」のスタッフたちが再結集してつくった作品なのです

    そのストーリーもまさにメキシコ人(ラテン系)の人々ならではの死生観で、ストーリーはとにかく見てのお楽しみなのですが...

     

    まずこのラテン人らしい「死」自体をまったく忌み嫌うことのない天国の人々の俗人間的な描き方とその先、現世の人の誰一人としてその思い出に残らなくなった時点で「2度目の死」がやってくる、というこの死生観(ちなみにメキシコは人口の76%ほどがローマカソリックです)...実に解りやすくて納得できちゃったりして

     

    この映画、実はメキシコでは昨年の10月に公開されメキシコではアニメとして史上最高の興行収入をマークしたのです

     

    そして何といっても素晴らしいのが、随所ででてくる「メキシカンミュージック」の素晴らしい事!!

    映画の中でも天才音楽少年ミゲルが初めての大観衆の前での演奏の「ウンポコロコ」スペイン語のこの曲の題名の意味は「ちょっとだけかわっている」(...だけど君に夢中だからそれにもいちいち感動して、ますます惹かれてしまう)みたいな意味合いなのだそうです

     

    見終わった後すぐになぜか解りもしないはずなのに原語版が見たいなぁと思って調べたのですが、やっぱり英語の字幕版までしか日本での上映はありませんでした悲しい涙涙

    でもこの12歳の主人公「ミゲル」と「ヘクター」の「ウンポコロコ」にしても100歳近くになって大好きだった父親の事を忘れかかっている「ママココ」の声も、そしてマリアッチの演奏にしてもやっぱりエスパニョール(スペイン語)のまま聞きたいなぁ、と思ってしまうのは僕ちゃんだけなのでしょうか?!

    とにかくストーリーもその映像も素晴らしい感動のアニメ、さすがスティーヴジョブズが育んだピクサー社の作品なのです

    カテゴリ:映画・芸能 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3682
    トラックバック