<< カバン持ちさんたちの報告会 | main | 人をもって国となす >>
お騒がせバカヤロー
0

    2月10日の日曜日の午前に福岡国際空港から出国して、シンガポール航空にてシンガポール経由で、計10時間かかってインドネシアのバリ島まで到着した、鹿児島生まれだけど「自分の数代祖先は間違いなくインドネシア人」だと言い張る徳田くんご夫婦に連れられてやってきた御台所さまと僕ちゃんの4人...

    くたくたになりながらバリ島南部のデンパサール空港に到着したのは現地時間11日月曜日の午後7時半くらいでした

     

    ちなみにこの「大人の修学旅行」の写真用プレートはちょうど福岡空港を飛び立つところで、ボーディングブリッヂの途中にこんな趣向がこらしてありました!!(ということでみんな薄手の冬着のままでの撮影!!)

     

    ブロイラー状態の僕ちゃんにとってはまあまあ十分ラベルの機内食ではありましたが、さすがに英語圏を飛ぶ機とは違いその映画のラインアップが圧倒的にマレー人用のコンテンツが多くいまいち選べませんでした

     

    ということでいつも愛読の「佐伯泰英さん」の時代小説を読みながらほぼ無睡眠状態で、夜の8時前に日本とは1時間だけ時差のあるバリ島デンパサール空港に到着したのです

     

    そして手荷物もちゃんと受け取って、スムーズに全員入国出来て、徳田君が手配してくれていた地元の送迎の方にもあえて、そのままホテルに向かって大型車で向かうこと約30分...

     

    ホテルのチェックインカウンターで「ぼ・ぼ・僕ちゃんのパスポートが...」ないのです!!

    この後、インドネシア語が話せる徳田くんにアテンドをお願いしてそのまま、その車でまた30分間ドライブしてデンパサール空港まですぐとんぼ返りをしたのでした(・_・;)

    結局、徳田君に連れられて空港内のセキュリティに尋ね回ること約20分間、最後は再度パスポートコントロールの関門の内側に入りなおさねばならないということで、セキュリティ担当のインドネシア人男性と2人で再度税関を入りなおして出口そば関門担当のマレー人系の女性の方に名前を伝えると、彼女はにこっと笑って「ヨール・パスポルト(なまるとそう聞こえますよね?!)」と僕ちゃんの「落とし物」パスポートを手渡ししてくださいました(;^ω^)

     

    この待合所のところでこの次の日には「領事館に再発行に行かんといかんね?!」とまで覚悟していた徳田くんと送迎付き添いのインドネシア人の男性とが僕ちゃんが赤いパスポートを手にして出てきた瞬間に抱き合って喜んでくれてました

    まるで夕日のようなバリ島サヌールビーチの美しい朝焼け!!

     

    「夜明けの来ない朝はない」といいつつも、僕ちゃんのこんなお粗末行動で迷惑をかけてしまった徳田君ご夫妻、御台所様には当分の間、頭が上がらない...図らずも、こんな迷惑をおかけする形でスタートしてしまったこのバリ島ステイなのでした

    カテゴリ:モブログ | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3655
    トラックバック