<< ピーターパンシンドローム | main | 2017年末商戦 >>
早慶明中奇跡のエースリレー
0

    実は2年以上前まで不定期ながら毎年開催されていた早稲田大学、慶応大学、明治大学、中央大学の4校の鹿児島在住のOBによるゴルフの対抗戦

     

    実は2年以上前(2015年7月26日)に最下位の屈辱を背負ったまま、主催をしなければならないはずの我がチーム慶応はその対抗戦開催からすこーしフェイドアウトしていたのです...

    なのにそーっとしておいてほしいのに、なぜか僕ちゃんがホールインワンをしたということをたまたま会ったときに早稲田の米盛キャプテンに伝えたら、その場でそのホールインワン記念として対抗戦をやろう! という訳の解らない流れとなり、信じられない事に今回は12月24日(日)クリスマスイヴの日に鹿児島市内の南国カンツリーでゴルフと夜にはその懇親会を開催するということになったのです

    この日も4校チーム各6名ずつ、それも「あまり上手くない人」だけが選ばれて出場する対抗戦なのです(よく意味がわからんでしょぅ?!)つまり露骨に勝ちにくるようなメンバー構成のチームには他のチームから一斉にクレームがつくのです

     

    この日は前半は風もなく、いつもの通り僕ちゃんは半袖ポロシャツでプレーしたのですが、後半はこの前後一週間のなかで唯一の土砂降りの日となったのです、どれだけこのメンバー普段の行いが悪いのでしょう...でもクリスマスイヴということなのかキャディーさんは赤いサンタウアのようなカッパを着ておられました

     

    この日のプレー中の合い言葉は自分でミスショットするたびに「ち・が・う・だろぉ!!」と大声で叫び、また全員で大笑い!!なんといっても今年の流行語大賞ですものね

     

    そしてクタクタよれよれになりながらも、みんなプレー後はここ南国カンツリーの温泉風呂でゆっくりとあったまって、夜は場所を移して中央駅そばのタイセイアネックスさんに集合

    そして夜は明治大学OBの正(まさ)さんの経営するタイセイアネックスでの成績発表会を兼ねた懇親会、まあそれにしてもこの懇親会ほど全員一人ひとりが大声張り上げて、大笑いをする懇親会はないのです

     

    途中サプライズで法政大学OBの飯山くんがサンタクロースコスチュームで「早慶明の次は(中央ではなくて)法(法政大学)だし」と書かれたプラカードを背負って乱入してきたりして、そして各チーム舞台上でエクスキュースやら自慢話やら開き直りコメントがありーの

    素敵だったのは、このクリスマスイブの24日は大安吉日で明治OBの貴島さんがこの日の夜中(ゴルフの前の夜中)12時過ぎに入籍されたばかりということで奥様まで呼び出されてこの場で皆様にご披露されたのでした!!

     

    そして結果発表なのですが、この対抗戦では誰が優勝したとか全く関係なく(誰も興味がなく)、とにかくチームとして最下位にだけはなりたくない、というのが全員の気持ちなのです、その理由は二つあり、まず1位のチームは懇親会費がたったの2千円、2位が4千円、3位は6千円でビリの4位は8千円払わされる

    そしてもう一つはなんといっても「アレ」をさせられるのです、まあ「それ」は一番最後に写真でお見せするとして...

    最後の最後まで結果が分からないポイント制の対抗戦...結局、前々回大会で最下位だった中央大学がブッチギリの優勝で、本当に僅差で明治大学のビリが確定したのですが、そのビリ校判明の瞬間のみなの大歓声ったらもう大人げないというかえげつないというか(もちろん僕ちゃんもそのえげつない一人ですが)

    そしてみんながチームとして絶対に最下位にだけはなりたくないもう一つの理由...屈辱の恒例の儀式

    「土下座」タァーイム!!

     

    この日の懇親会だけ参加されたここの正社長も明治大学応援団OBの栫井さんもプレーには参加していないのに明治大学選手団と一緒に土下座させられちゃってるし(*_*)でも、この日結納を済ませたばかりのチーム明治の貴島さんだけはご夫婦で特別に土下座は免除され、主賓席に座っていただき記念写真なのでした

    この写真撮影の時が実に屈辱なのです...(明治大学OBチームのみなさん悲しい涙大変でしたねぇ〜っ)

    でももう一つの「ビックリ大事件」!!実はこの日の大会ですごかったのは、中央大学OBの今富さん(2列目左から2番目)がホールインワンを達成したのです(15番打ち上げのショートホール)!! その今富さんの貢献もあって中央大学はぶっちぎりの優勝だったのかもしれません

     

    ということでこの大会は次は最下位の明治大学の皆さんが企画をしつつ「なりブーホールインワン記念杯」からそのまま「今富さんホールインワン記念杯」として受け継がれてまた南国カントリーで開催を約束されているということで、ホールインワン記念杯でまたホールインワンが出て、エンドレスになりそうな勢いで奇跡のリレーになったということなのです

     

    でももう一つ不思議というか、最下位の明治大学チームの不運というか、なんとベストグロス(ハンデなしの一番いいスコアで回った人)を2人出しながらのビリということで...まあこの対抗戦は、努力してもやっぱり「人生楽ありゃ苦もあるさぁ♪」みたいなことをみんなして学ぶ場所でもあるっちゅうことなのかもしれません...あぁ、それにしても今回はビリでなくてよかったぁ

    カテゴリ:趣味のスポーツ | 05:06 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    い、飯山です。せ、先輩・・・・・
    か、過日は、温かく迎えていただきありがとうございました。
    こ・・・・
    これからもよろしくお願い申し上げます・・・・
    きょ、恐縮です・・・・
    | IIYAMA EIICHI | 2018/01/01 3:02 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3622
    トラックバック