<< WC2019へジャパンラグビー始動 | main | 「なんちゃら」じゃ議事録はムリやっどな?! >>
オッサン飛び越える日本伝統文化
0

    ちょうど今から2年前の6月7日にこのブログ記事「情報醤油、っじゃなくてソースの違いがもたらすもの」でも書きましたが、多くのオッサン世代が知らない間に多くの日本の若者たちのコミュニケーションツールになっている「ニコニコ動画」(ええぇーっまさか知らない?!)

     

    2012年4月に第1回目が千葉の幕張メッセで開催され、この会場に集まったいわゆるリアル参加者だけでも13万人を超え、ニコニコ動画でのライブ参加者まで入れると40万人の参加者を超え、これに驚いた日本の政治屋さんたちも慌てて翌年から政党のPRブースをこの会場に作ったり、経済産業省をつうじて後援に割り込んだりと...(えっ、知らなかった?)

    今年も4月の末に2日間開催されたのですが、この「超会議」さらに進化し幕張メッセの1〜11とイベントホールを会場にリアル参加者は152,561人そしてネット参加者に至っては、な・なんと554万8583人の参加者...しかなかったと主催者の株式会社ドゥワンゴ側は発表しているのです

     

    つまりこの参加者たちにとっても情報トラフィック(情報をとる手段)はテレビとかラジオではなくなっている、僕ちゃんたちオッサンが「テレビや新聞に出てただろうが、ちゃんと社会勉強せい?!」とその口が言ってることが彼らから見るとどれだけ「情報弱者」に見えるんだろうなぁ...ちゅうことなのです

     

    ちなみに「今どきの若者は相撲なんかも見らんだろうなぁ〜」なんて言ってると、この「超会議」では大相撲もちゃんとこのニコニコ動画とはコラボしちゃってて、「ニコ動」ジェネレーションにとってはまた新機軸テイストでこの日本国技もすんごい親しまれているのです

    そしてNTTの協力で「歌舞伎」ともコラボしてここでは「中村獅童」さんとヴォーカロイドのアイドル「初音ミク」さん(この世には実在しないアイドルですからねぇ〜?!)との共演で「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」もこの会場で披露されたのです

      

    これはまさに日本の伝統文化をプロジェクションマッピングや音声技術はじめ、最新の映像技術やIOT技術、そしてインタラクティヴ(双方向)メディアを使ってかけ合わせてデザインすると、また新しい世代や、今までまったく歌舞伎に興味もなかった人々に対して新しい価値が生まれてくるという「イノベーティヴカルチャー」のお手本ですよね?!

    当然この歌舞伎のクライマックスになるとニコニコ動画でシェアして楽しんでいるとこんな風になる...

    これはこれで大勢でのシェア感バリバリで「超」面白くて楽しいのです!!

     

    こういうことでができるというのもその「シェア」する一つの形、それをできていない僕ちゃんらオッサン世代の方が取り残されていくとも言えると思うのです

     

    ニコ動が新機軸なのはくだらない意見や今流行の言葉で言うと「ディスる」(悪態をつく)意見が目立ちがちな中で、ちゃんと本質をついたコメントが意外とある、つまりこの画像の中でそのライブをシェアしているその瞬間にさまざまな視点を垣間みれるという意味で新しいメディアだといえるかも知れませんね?!

    ついでにこの「ニコニコ超会議」主催の株式会社ドゥワンゴさんは採算を度外視していることがこのイベントのコンセプトの一つにもなっており、昨年も4億近い赤字をだしつつ、でもそのこともちゃんと公式サイトでも公表されウリにされているのです、つまり今の時代はいろいろな新機軸の訴求の表現方もあるということですよね...

     

    違う視点からいうと、ニコニコ超会議はそれぐらいクオリティ高く盛りだくさんでイベントとしてはイノベーティヴだというのみならず従来の基準では考えられないくらい「超」おねうちだということなのです

     

    自分の常識を変える、一度壊してみる...オッサンにとっては難しいけど、実は新しい楽しみがそこに眠っているかもしれないといつも「ニコ動」&「ニコ生」を日々チェックする還暦僕ちゃんなのです

     

    カテゴリ:映画・芸能 | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://makarazuya.jugem.jp/trackback/3531
    トラックバック