語り継ぐのは難しいから...
0

    また今年も鹿児島市内にとっても忘れられない、忘れてはならない6月18日が巡ってきました

    今から72年前、もう終戦が近かった昭和20年の6月17日の夜...

     

    23時過ぎから鹿児島市街地上空に現れた百数十機のボーイングB29爆撃機、そしてそれから投下された13万発ともいわれるまるで雨のような焼夷弾(ナパーム)が鹿児島市内中心部を火の海とし18日未明迄に焼き尽くしたのでした

    今から72年前6月17日の鹿児島市街地へのこの大空襲の中でも集中的に爆撃されて多くの方々が無念のうちに、この広場場通りでその命を終えた多くの御霊(みたま)にその慰霊の誠を捧げ楽しいの安らかならなことを願い、春成幸男さまが自費でこの地に建立された慰霊の碑、この場所で毎年6月18日に慰霊祭を行い、その戦争犠牲者のご家族や、今のこの地の在住の皆さまと一緒になおらい会を行うようになってすでに13年が過ぎました

     

    そして戦争体験者として13年前の第1回目から毎回このなおらい会にご出席いただいた方々も毎年数名ずつご逝去されています

     

    この会を開催させていただいて、自分なりに痛切に感じたこと...「戦争体験を語り継ぐべき」と戦争「未」体験者たちがいくら訴えても、当時を経験された方々にとっては、実は思い出したくもない悲痛な「トラウマ」でそんなに単純で簡単なことではないということです

     

    でももう一つわかったこと...それはそんなトラウマを抱えていた皆さんが唯一「語る」気持ちになれるのが、同じ悲痛な体験をされた人々と一緒な集まり、それを共有する場、そんな場だけがそんな場に成り得たんだなぁということでした

    つまりそんな語れる場は刻一刻となくなりつつあるということですよね?!

     

    もう戦後すでに72年が過ぎて、愛する家族7人を一夜一瞬にして失った20歳だった青年も92歳となられました

    春成幸男さん、もし僕自身がこの方と同じ体験をしていたならば絶対に人生をあきらめ失望のどん底から絶対に這い上がれなかったと確信するのです

     

    でも春成さんとこの人生で知り合うことができて、この方の言葉を聞ける機会を頂けたことは僕の人生においては間違いなく宝だと断言できるし、逆にいつも生きる勇気を頂いているのです

    すべてを達観されたとすら感じてしまう春成さんがいつも語られる「人の命は尊いのです」というこの言葉、僕のようなものにもものすごい言霊として体の芯に響き続けているし、この慰霊の会で出会えた方々の貴重な体験談も、どんな時代が来ようとも絶対に戦争は肯定できないという当たり前のことを、この6月18日の慰霊祭は毎回強く再確認させてくれます

     

    この6月18日が来ると72年前のその時と変わらず同じように、また灼熱の夏がすぐやってくるのです

    広場場通りでの最後の戦争体験者が1人もいなくなられる時代が来ても、生涯にこの春成さんとのご縁を頂いたことを心から感謝しながら自分が生きている限り、永遠の平和を胸に誓いつつこの「広場場通り戦災鎮魂慰霊の会」はライフワークとしてどんな形でも続けていきたいと心に誓うのです

    カテゴリ:社会・政治 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    「なんちゃら」じゃ議事録はムリやっどな?!
    0

      実は昨日は東京ステイで今日これからまた一度鹿児島に戻りまた明日は福岡に向かうところなのですが...

      一昨日、月曜日のお昼はまた「KAGOSHIMA Visitors' GUIDE」を運営するKIC鹿児島国際化推進協議会の理事会の日で、鹿児島市内のジェイドガーデンパレスで「割り勘昼食」をかねての理事会の日でした

       

      理事会の主たる議題は今年の10月3日火曜日の夜に開催予定の「かごしま語っ場ー(Katabbar)2017」の企画がメインで、食事後にかなり具体的な話で真剣な討議が順調に進んでいったのですが...

      新会員企業募集の案件に移ったとたんツルチェンコフ事務局長がこのポーズで「あんよ、こいに出たしの名簿であたっみらんか!(日本語:これに出席した人たちの名簿であたってみなさいよ!)」といつものデカくてデリカシーのない声で言いだしたのです

       

      ところがこのポーズが何を意味しているのかだれも理解出来る訳がなく、もうちょっと時間を取って話を聞いてみると

       

      このポーズはどうやら蝶ネクタイの事らしくて、要するに3年ほど前まで数年にわたって開催していたプロトコール(国際儀礼)トレーニングのためのドレスコード「フォーマル」のパーティの事を意味していたのですが、そのことがやっと伝わって、僕ちゃんが「そのポーズだけで皆に伝えるのは無理でしょ!?」って突っ込んで全員で大爆笑なのでした

      自慢の禿頭を光らせて、結局自分でも大爆笑してしまっているツルチェンコフY元事務総長

       

      そしてさらに報告事項の案件は進み...毎年ツルチェンコフ担当の「鹿児島中央警察署管内国際化対策連絡協議会」の総会報告となったら今度はツルちゃんは「警察なんちゃらかんちゃらの報告は別になかとよ!!」とほざいたのでした

       

      すかさず僕ちゃんが「なんちゃらかんちゃら..って報告事項のタイトルからしてフォーブスさんが議事録に何と書けばいいのかわからんでしょうが、まったく配慮も思慮もたりなぁーい!」とツッ込んだら会議録を記録していたフォーブスさんが机に頭を伏せて大爆笑...

       

      でもその後、根掘り葉掘り聴いてみたら色々報告内容もちゃんとあって、今度は真面目な窪田理事から「それをはじめからちゃんと普通に報告すればいいんでしょうが?!」とツッ込んでまた全員大爆笑だったのでした

      (一応会員企業さまが不安になるといけないので、断っておきますが会議はちゃんとメリハリ利かせて真面目に運営しておりますので...)

       

      そして、いつものダッチアカウント(割り勘)タァーイム!! 今回は僕ちゃんは先に千円だけ吉留社長に先に払ったらレジ前の攻防はここジェイドガーデンの吉留社長とツルチェンコフ常務の(義兄弟)二人の試合となったのです

       

      すると勘定が終わった後で、ツルちゃんがこの手を広げたポーズで真剣な顔をして吉留社長に向かって「おい! おいは60円よけいに払わされちょらせんけ?!(日本語:俺は60円多く払わされたんじゃないか?!)」と因縁を付けたのでした

      すると吉留社長がすぐさま説明をして、それが根も葉もない言いがかりだとすぐナットクさせられて、また大爆笑なのでした

       

      多分相手が僕ちゃんだったら絶対に上から目線で、ねじ伏せていたはずのツルチェンコフ四M氏...でもこの日は不得意なお金勘定の直接対決を避けて、会議中にツルちゃんのアバウトさを横からつつく作戦が大成功してちょっとだけ「してやったり」と優越感に浸った僕ちゃんなのでした

      カテゴリ:社会・政治 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      それでよかとよ?!
      0

        ひと月に3回、下手すると毎週鹿児島から上京することも少なからずあるのですが、鹿児島と東京間はJALもANAもそして共同運航便なども便数が充実しており、便利でとても助かっているのです

        ただ、羽田空港に着陸するときのゲートそして羽田空港で「鹿児島行に」搭乗するのもターミナル内を歩く距離が超ながーいケースが多いのです

         

        ひょっとするとこれはやはり新幹線などの陸路の交通手段との競争がある近隣都市へのフライトの搭乗のストレスを少しでも減らして競争力を高めるためなのかもしれまんが...

         

        先日もまた羽田空港第2ターミナル内を歩きに歩いて51番ゲートからの鹿児島行きでした、羽田空港内でアフリカで言えば「セネガル」中国から言うと「キルギスタン」の辺りの遠隔地でしょうか...

         

        現在はANA派(スターアライアンスグループ)での利用が多い僕ちゃんですが、その理由は現在のANAホールディングス代表取締役は同世代の片野坂真哉氏で鹿児島ご出身ということもあり勝手にこれを応援したいという思いがあるからなのです(もちろん全く本人は存じ上げませんが...(^^;)

        そして鹿児島出身の片野坂氏がそんな立場だからこそ、鹿児島の発着搭乗口は「すんくじら(はじっこ)」の方がいいと思ってしまう僕ちゃんなのです

         

        世の中、力のあるポスト、高い地位にあればあるほど自我をださず権利を主張しない...つまり同じ鹿児島の方が社長として頑張っておられるからこそ、お膝元のユーザーがそんなつまらないクレームや文句を言わないほうが丸く治まると思うからなのですが(なんの関係もない僕ちゃんが勝手に思いこんでるだけですが...)

         

        あの再建不能と思われたJALを完全に立ち直らたのも鹿児島ご出身の「武士の魂」と「宗教心」を持っておられる稲盛和夫氏でしたよね?! 偶然にも両社とも日本の航空業界のトップ2でそれぞれ1兆円を軽く超える売上規模の大企業です

        そんな稲盛さんの講演を聴かせていただいた折にも、稲盛さんのそんな精神と姿勢に圧倒された事を今でも良ーく覚えています

         

        小さい事かもしれませんが、勝手に身内気分で誇りを持たせていただき気持ちよく羽田空港の「すんくじら」のゲートを使わせていただく...

         

        そんな普通に慎ましやかで当たり前の謙虚な精神がいまの日本にはもっと必要なのかもなぁと自己満足してる今日もこれから東京行きの僕ちゃんなのです

        カテゴリ:社会・政治 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        鹿児島人のレジリエンス
        0

          昨日から黄砂が降っていてお天気はいいのに少し霞がかかっている鹿児島市内ですが、5月になってすぐ2日の火曜日は久しぶりに夜明け前から鹿児島市内側に桜島の火山灰、いわゆる一つの「ドカ灰」が降ったのです

           

          結局2日は未明の午前3時20分頃に最初の噴火が4千メートルくらいまで上がりその後、同日の正午までに合計5回噴火したそうです

          それにしてもよく覚えているのは、自分が高校生時代の夏(今から45年前くらい...)はとにかく「ドカ灰」が毎日本当によく降っていて、高校に自転車通学するのに暑い上に灰にまみれていっつも往生していた覚えがあります

          「鹿児島も灰がなかったらねぇ〜」って口癖のように言う人々も沢山おられますが、それでも鹿児島の人々はみーんな桜島のある風景を愛していますものね?! もちろん僕ちゃんもそうです!

           

          またこれも見慣れた風景なのですが、この黄色い火山灰収集用のビニール袋が大集結!! 天文館を歩いてて突然灰模様になると、それはそれで当たり前のように手持ちのハンカチで対応したり

           

          でもよくよく考えると鹿児島に来られてこの桜島の噴火をする風景を初めて観る方々にとっては、多分巨大なゴジラかなにかが実際に動いているようなリアルな「恐怖」さえ感じるのは無理もないことですよね

          それだけに鹿児島の人々はずーっとそんな環境、そしてそんな風景と一緒に暮らしてきているので、間違いなく「胆力」とか「覚悟」とかいうもの平均値は日本国内ではナンバー1であるとも感じるのです

          また一晩にして車もフロントウィンドウまで塗装がマットな感じのグレーに変わっていました

           

          そして季節の黄砂だけどころか信じられないようなドカ灰もいつの時代にも常に付き合わされ...

          それでもそれほど泣き言を言うでもなく当たり前の生活をし続けている、だから「辛抱強さ」もさらに今流行の言葉で表現するとまさに「レジリエンス」(精神的回復力)も比較的高い県民性だと感じるのです

          そしてもう一つはそういう災害と一緒に暮らす術を学びつつ、また最近ではそんなやっかいな時もあれば、その恩恵にあずかっているという両面をちゃんと理解してこの桜島を愛している人々もとても多いとも感じるのです

           

          活火山とともに平然と暮らす鹿児島人であること...意外とカッケーくないっすか?!

          カテゴリ:社会・政治 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          28回目の総会
          0

            今年もまたKIC鹿児島国際化推進協議会(KAGOSHIMA Visitors' GUIDE)の新しい年度が始まりました

             

            青年会議所が主体となり、1990年4月に当時湾岸危機から湾岸戦争へ、そしてベルリンの壁の崩壊と世界情勢が大きく激変する中、鹿児島にいてもそんな世界情勢と自分自身との関わりをリアルタイムで持つべきだという発想のもとこの組織は設立されました

            もちろん単なる交流としての国際化ではなく、鹿児島に県外・海外からの流動人口を引き込み、それを経済の活性化につなげるべく地元を国際化していくというミッション(使命)を持ちながらの27年間の事業として日本語と英語での鹿児島と日本(日本と鹿児島ではなく...)の今の情報発信を続けているのです

            でも本当に感謝してもし足りないのは、こんな地元の情報インフラとしてのその存在の意味とこの活動に深いご理解をいただいて、この組織を支えてくださっている鹿児島県内の各会員企業のみなさまのサポートなのです

             

            このKICがその主たる事業として運営するウェブサイト「KAGOSHIMA Vistors' GUIDE」は今では年間を通じて75カ国、そして鹿児島を通して情報にアクセスする方々が約20万件となり多くの外国人を含むユーザーから有り難い「感謝」のコメントも頂いたりして、とてもやりがいも感じているのです

             

            でもスマホの常識化やそれによるビッグデータによりさらに細かいマーケティングも出来るようになり、これからのやるべき課題も沢山露見しつつのこの地域間競争の時代...

            ウカウカしているとアッという間に人がいなくなったり、逆に今まで注目すらされなかったコトやモノが新しい視点で価値を生んだりして、でも間違いないのはこんな時こそ今まで大都市にどうしても勝てなかった地方にもチャンスが来るのだということですよね

             

            KICの事業も通り一遍の消化試合的な組織やイベントではなく、誰のために、そして何が誰にとって価値があるのか、今あるものをどうデザインすること価値が出るのかをよーく考えて実践しながら超少子高齢化社会を追い風として生きていかなければならないんだよなぁとそう思うのです

             

            その一助となれるよう気を引き締めて、鹿児島のためにもそしてKICの会員の皆様にもマンネリ化することなく常に必要とされる協議会として進化をし続けなければならないと改めて思う今日この頃なのです(なんだか真面目すぎると僕ちゃんらしくない、自分でそう感じてますが...)

            カテゴリ:社会・政治 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/81PAGES | >>