Yes! We're proud of you!!

0

    ちょうど30年前から、鹿児島青年会議所での出会いをキッカケに本当に楽しくそして色々な亊を教えていただいたりとお付き合いをさせていただいている「しのちゃん」が、今年の春の叙勲受賞で黄綬褒章を受賞されました

     

    「インフラ整備が使命」まさに彼のコミニケーション、いやノミニケーション力なくては絶対になし得ないことなのだと確信します

     

    数十年経って今でも最初の出会いをハッキリと覚えている友人ってそういないはずですよね...

    でもしのちゃんとの初めての出会いの日はよーく覚えているのです、そしてその時にはこんなに長ぁーくて面白い付き合いになるなんて考えてもみませんでした

    最初にしのちゃんと出会ったのは1990年の秋でした、そして3学年下とは思えないこの男の「日本のだんなっぷり」にいつしか自分の父親の若い頃を重ねて見るようになり、その果てしない人間的な魅力にもひかれ、なぜかものすごい酒豪のしのちゃんと全く酒を飲めない僕ちゃんがこうして30年間、面白おかしく付き合うこととなったのです(腕は組んでも僕らはアヤシい関係ではありません、一応) 

     

    僕らが在籍した鹿児島青年会議所時代では一時、若いメンバーを相手に「しのちゃんの説教部屋」なんてぇのも有名になったりしましたが、それくらい夢や理想への思いが熱くて強くて仲間を大切に思うからこその彼の大切な役割なのでした

    しのちゃんの僕ちゃんから見た魅力、それは自分の損得や利害を超えて「青臭い話が出来てしまう」そのいつまでも青春・青年そのままの姿がたまらないのです

     

    人って大人になって気がついたら「正しいか正しくないか」より、「自分にとって得かソンか」「自分の敵か味方か」で相手を位置づけてしまうことが多かったりすると思うのですが、しのちゃんのすごいのは、とても固い業界にありつつも、若い頃からのその気骨に満ちた正義感の強い「旦那イズム」だと思うのです

     

    ひとに惚れ込むっていうのは損得や理屈ではなく、そんな姿に共感したり応援しつづけたいなぁと感じる直感から始まる相性みたいなものだったりしますものね?!

    今でも語りぐさ、のんかたの席で必ず話にでてしまう1993年の2月終わりの屋久島視察旅行...しのちゃんが女装するとなぜかそっくりな幸子奥さまにはうちの子供達の面倒まで一緒に面倒みていただきながらの探検旅行でした

     

    マリちゃんユキくん、たっくんも舞ちゃんもまだ本当に小っちゃい! ちなみにいらん情報ですが、僕ちゃんはこの屋久島から帰った翌日1993年の3月1日から、35歳でまからず屋の代表取締役社長になりました

    しのちゃんの業界人として(表舞台側)のお祝いは同じ業界の皆様にやってていただき、僕ちゃんらはコロナが収束したら、しのちゃんのもう一つの魅力、酒豪だんなとして男としての素敵な生き様を見て、そのパワーと思いやりに今までずっと力をいただいてきている友人たちでの裏表彰をやりたいと思うのです

    幸子さんも本当によかったですね?! でもご主人を青年会議所の世界にズッポリはまり込ませた原因は僕ちゃんだったかも知れません、いまさらですが本当に🙇ごめんなさい...ってか、これ誠子さんだし!!

     

    でも僕らが卒業の後にはものすごいリーダーシップで理事長まで立派に務められて、身を粉にしてすごい活躍でした、まさに僕らにとっても彼は誇り、まさに「ラストエンペラー」なのです

     

    しのちゃん本当にこの暗い新型コロナ戦争一色の世の中に、明るいニュースを有難う!!

    あたいたっは、まこて薩摩の男らしいおまんさぁがすっじゃっ!



    戦後も語れない戦中状態

    0

      今日から5月が始まりました!! 世は季節の移り変わりを楽しむ余裕もなく、さながら「コロナ戦争」で疎開中の様相を呈しておりますが...

       

      今年もそろそろ5月を迎える前に、今年から75年前の昭和20年6月18日の鹿児島市内大空襲により無念のうちに亡くなられた方々に慰霊の誠をつくす「広馬場通り戦災鎮魂慰霊の会」の準備の時期となっていました

      まからずや本店で事務局をさせて頂いている「広馬場通り戦災鎮魂慰霊の会」、そしてこの石碑も堀江町のこの山形屋パーキング前に建立されて満16年が経とうとしております

       

      毎年、この時期になると春成代表が故郷鹿児島に帰ってこられて、必ずまからずやで「広馬場通り戦災鎮魂慰霊の会」の慰霊祭と懇親会の直前打合せをするのが恒例だったのですが、今年はこの新型コロナウィルスの感染拡大防止を考慮して、4月後半に中止を決定したのです

      そして4月30日付けで、全国におられる慰霊の会の会員さん107名の皆様に今年の慰霊祭中止のご案内を郵送させていただきました

       

      この会の会員さんの中でも第二次世界大戦を知る皆さまが、年々お年をとっていかれる中、この1年間のブランクはとても大きいのですが、とにかく語るにも悲惨な戦争の体験、そして恒久平和への誓いはどんな時代や事態がこようと、僕ちゃんたちの世代が責任を持って次の世代へと英知のバトンをリレーしていかないとならないと勝手に心に誓っています

       

      また来年は6月18日に元気でこの「広馬場通り戦災鎮魂慰霊の会」で春成代表はじめ、会員の皆さまがまた笑顔で再会できることを心から楽しみにして、コロナ戦争の収束を心から祈念しつつ、しなやかに粘り強く迎える5月スタートの日なのです

       

      1日も早く「あん時ゃ大変だったよねぇ」と語れる戦後になってほしいなぁと切に思うのです



      フリーズプリーズ!!

      0

        ごく最近になって、鹿児島市内で練馬ナンバーや品川ナンバーの東京勢はじめ、県外ナンバーの車を本当によーくみかけるのですが...

        自宅待機が長引く都会の方々は特に気分転換をしたくて家を出たかったり、田舎に帰りたかったりする気持ちもよーくわかるのですが、とにかく今は我慢の時!!(てか、僕ちゃんは「我慢」という言葉がこの世でいちばん似合わんタイプの人間かもしれませんが...)

         

        たった今は県境や地域間を移動すること自体が本人が認識しないままに、大切な人はじめ他人の人生、そしてひいてはその地域まで破壊する行為になると認識して「せーの」で自宅待機をする時なのですよね?!

        そう、とりあえずゴールデンウィークが終了するまで今はフリーズして「移動をやめて」この目に見えない敵を相手の「コロナ戦争」の第1ラウンドの逆襲をしなければならないのです!! まさに「動物」とはちがうはずの「人の英知」が試されているそんな大切な時期なのかもしれません

        (なーんか、僕ちゃんは超似合わん「カッコチケ」になっちょらんけ?!)

         

        もし5月6日まで「フリーズ」せず、県境またいで薩摩に入ってくる人間がいたら...

         

        えーっと、えっと、とりあえず中学校時代に得意だった「ドロップキック」と「炎のおなら」を各一発ずつ僕ちゃんが、もれなくもれないようにかましてあげます!!

         

        知恵を働かせてみんなでしなやかに「我慢」も頑張りましょうね!!

         

         



        僕の好きな先生

        0

          いつも少しヒマがあったりすると(実はヒマがなくても)美味しいコーヒーを飲みにいく、堀江町のなぜか面白い方々が集まる「珈琲なぎさ」

           

          そこで1ヶ月に1回か2回くらいの頻度でお会いするたびに、僕ちゃんにとっては毎回、心から楽しく勉強をさせていただけるお医者さん草野 健 先生、ラサール高校時代はラグビーをされながら鹿児島大学医学に進まれ、医学の道でも独自の視点から様々な研究もされものすごいキャリアを積み上げて現在も公職をいくつもこなされる方なのです

          初めてこの珈琲なぎさでお会いしたときから、ラグビーの話で奥様をそっちのけにしてしまい2人でウルトラ級に盛り上がってしまい、しかも草野先生のそのインテリジェンスの虜になってしまったのです、そしていっつも一緒にここに来られる奥様とのその素敵な雰囲気もほれぼれしてしまうのです

           

          そして僕ちゃんが草野先生を一番尊敬してしまう所、医師としてのみならず「グローバル薩摩人」として真の心あるエリート精神と使命感をしっかりぶれずに持ち続けていらっしゃるということなのです!! 

           

          そして、そもそもの日本国の起こりから日本人のアイデンティティや神道の本質のこと世界の歴史、民族のこと、比較文化...僕ちゃんにしてみると毎回お会いできると時間を忘れてしまうほど興奮し質問をしてしまうし楽しく話し込んでしまい、毎回一緒におられるとっても素敵な奥様に寂しい想いをさせてしまっちゃってるようで、いつも奥様にもお詫びを申し上げるのですが...

          でもよーく考えてみると鹿児島市内にはラサール学園という全国から多くの「地頭(じあたま)」のいい中学生・高校生を集め、その精神からエリート教育を受けて、その方々が青春時代を共有する素晴らしい私学の「場」があるのだとつくづく感じるのです、つまり草野先生はじめ日本の様々な分野の真のエリートの一部には間違いなく鹿児島の亊を共有できる人材たちが点在するというということですよね...これって鹿児島にとってもすごい「財産」ってことじゃありませんか

           

          先日も、このコロナ台風後の政治・経済・そして世界の勢力図など多面的なジャンルで世界のスタンダードがどう変わるだろうかという話で色々盛り上がった後に、そのシミュレーションの一つの裏付けでもある世界の歴史に関して...

          僕ちゃんが「大学入試は世界史で受験してちょっとは世界の歴史のことも学んだつもりだったのですが、先生の話をお聞きしてて初めてすべての不思議の塊が溶けて合点がいきます」と話すと...

           

          草野先生が言われたのは「僕のラサール高校時代の世界史の先生は、年代がどうだったなんて別にどうでもいいことでその出来事が真にどんな意味があったのかを通して、世界の人種や宗教の有り様そして歴史にもとづく異なる価値観を学び知ることが世界史を学ぶ意味と本質とを教えてくれたよ」ということなのです

          そういえば、忌野清志郎さんのデビューのころのこんな名曲がありましたよね?!

           

          このエピソード一つ聞いても、やっぱり鹿児島のラサール学園って日本国内でも唯一無二の10代にしてエリート教育と独立自尊の精神を育成できるすごい存在だなぁと感じますよね...

           

          今更ながら、草野先生とお話していると医学に関することは当たり前ですが世界史ももちろん、鹿児島人とは何が本質で、日本の歴史とどう関わってきて、日本人はその中で何を忘れ去ってしまっているのか、日本人の優位性は何なのかを心底考えさせていただける貴重な「マンツーマン授業」を受けている最高の「学生気分」になれてしまえるということなのです(勝手に図々しく😅)...どうです、実は僕ちゃんはコーヒー飲んでただサボってるだけじゃないんですよねぇ😋

           

          そうそう食育や食文化の権威でもあられる草野先生に教えていただいたトリビアなのですが、鹿児島のキビナゴとサツマイモは「これだけあれば充分」というくらい健康にとって最高のコンビ食材だそうですよ!!



          よか加減で普通に

          0

            それにしてもこのKIC(鹿児島国際化推進協議会)の理事メンバーはへたれないというか、明るいというか...

             

            この日はそろそろ年度末を控えて、KICの総会を4月末にと考えながら今の状況を鑑みつつ組織としてのリスクマネジメントも考える理事会だったのです...んが💦

            この日は堀江町の「珈琲なぎさ」での開催だったのですが、ここでたまたまカウンターに居合わせた大社長将軍さまもツルチェンコフ事務総長に「どうせヒマやったっどがぁ、こっちにこんかぁ!!」と無理矢理こっち側のテーブルに呼ばれてしまいました

            前迫理事に「中尾に代わって私をKIC会長にさせてもらえませんかねぇ〜」と忖度したかもしれない大社長将軍さま

             

            会議を終えて、食事まで終わってふと横を見ると、ママさんに僕ちゃんと1本ずつお願いしたはずの「ツマヨウジ」を勝手に独りつかいしてしまっている70歳前のツルチェンコフもいて...

            とにもかくにも、雰囲気パラバラのように見えても意外としっかりしているこの体制なのです、来年度の事業方針と事業内容、そして総会日程などを決定して、今後のコロナ対応の仮日程もすべて決めて、理事会は終了となり、いよいよワリカン駆け引きタイムに突入しようというところで...

             

            まずは大社長将軍さまが、「あたしは先に帰りますから」と口火を切りそれに続いて、僕ちゃんは一人先にスマートにキャッシュレス決済で抜け駆けしたのです

             

            すると戦意喪失したかのように、ツルチェンコフ事務局長は自分の分ちょうどを現金で支払い、窪田理事はいつものようにツルチェンコフが言う通りの金額を、疑うことなく素直に支払われて、問題の時間は今回は意外とピースフル(平和的)に終了

            それにしても、気のめいるようなコロナ関係ニュースだらけの中、この理事のみなさんのズブとさというか鈍感力というか、これには思わず「明日(あした)」は明るい日と書くんだったよなぁとそう感じてしまうのです

             

            ところで今日はホワイトデーだったので、山形屋の地下に行ってチョコのお買い物をさせていただき、まからずやの女性スタッフのみなさんに心を込めて一人ずつバレンタインズデーのお返しをさせていただきました😊こんな時だからこそ忘れずに普段の感謝の気持ちをちやんとお伝えしなきゃいかんですもんね💝



            calendar
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>
            まからずや本店花ラビリンス
            天文館の山之口本通りからもそれほど遠くない鹿児島市内堀江町..「こんなとこに花屋があったの?!」っていう場所に位置する「まからずや本店ビル」💐💐💐なんとここには月に約5万本以上の、それも今まで鹿児島ではみたことのない、そのボリューム、種類の数のお花があるのです。年間400件ほどを飾らせていただくMstyleのブライダルフラワーも実はここでデザインされていて、各支店のお花もすべてここから出荷されるのです。つまりここの正面の「おもーい」鉄の扉の入り口を開けたなら、そんな花々たちにであえるということなのです。ぜひ観たことのないお花畑のようなスタイリッシュな店内に遊びにこられませんか?! もちろん写真の撮影だってSNSだってO.K.ですよ!! 車も止められます。
            「植物デザインラボ mon」OPEN
            2020年5月、鹿児島市金生町の鹿児島銀行本店ビル「よかど鹿児島」1階入り口に、「植物デザインラボ mon hinoyouran+makarazuya」がオープンしました。お花をテーマにして全く新しい生活スタイルの中の価値を提案するショップです、いづろ天文館のエリアでお買い物の際にはぜひ気軽におたち寄りください。
            Original Wedding by Mstyle Flower
            ご結婚を控えていたり、あるいはそろそろ結婚を考えなきゃなぁ..と思っている皆様に、絶対に一度観ていただきたい「Mstyle.com」のブライダルフラワーのページ。 Mstyleでは毎年400件からのさまざまな雰囲気の会場装飾を一つひとつデザイナーたちがデッサンを起こし、それぞれのオリジナルのデザインでお花を飾らせていただいております。 ウェブサイト「Mstyle-shop.com」トップページの「ブライダル」から入ってそれぞれの会場のサムネイルをクリックすると超ビックリの数のこれまでのMstyleの素敵な会場装飾例データが観れますよ!! 必ずお好みの会場装飾、ブーケその他のフラワーアイテムが見つかります!! ぜひとも目の保養にでも「Mstyle.com」のブライダルページをご覧になって観てくださいね(^o^)丿
            山形屋店メルカート MERCE(メルチェ)
            山形屋の1号館1階(2号館側)にフローリストメルチェが移転し、「メルカートメルチェ」としてオープン営業しております。街の真ん中で色とりどりの珍しいお花達を取り揃えて皆様のご利用をお待ちしております、1本のお花のご利用でもどうぞお気軽にお声かけくださいませ。
            Mstyle「Stylish Modern」
            Mstyleマルヤガーデンズ店では、鹿児島のオシャレな方々のライフスタイルの一つのアイテムとしてお花やグリーンを提案できたらと考えております。インテリアの一つとして「生きた」お花をスタイリッシュに飾っていただきたい、またもちろん記念日やプレゼントにもMstyleのスタイリッシュモダンなお花のプレゼントをぜひご利用ください。
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座