日本の終戦記念日に
0

    アメリカと北朝鮮の間が大変な事になっているようですが、そんなおりに迎える今日の日本の終戦記念日

     

    とっても鈍感な僕がこのたったの15〜6年ほどの間ですが、心から尊敬し敬愛申し上げる「春成幸男」さんと知り合いその春成さんから、その背中で教えていただいていること、それはあまりにも想像を絶しており言葉でだれかに伝えるにはあまりにも重たく大きすぎるのですが...

    未来に残す戦争の記憶 県全域が標的になった〜鹿児島空襲〜」☜この動画で大戦体験者のお話を聞くと、鹿児島市内が終戦前にアメリカ軍が行った爆撃で鹿児島市内の地上がどんな断末魔の風景だったかがよーく理解出来るのです

     

    そしてそんな言葉にするのも恐ろしくてトラウマになっている状況をこうして語るみなさまに共通しているのが、けっして大げさでもなく淡々と達観されてそのままを語られているということなのです

     

    例えば戦争体験で焼夷弾(ナパーム)から逃げ回って九死に一生を得られた方々の体験で皆さんがおっしゃるのが「道の上を火が走る」という表現...数人の方々から僕らがまったく見た事もない地獄をそれぞれの言葉で語られたときにはじめて、そんな事が起きたのだとイメージできたのでした

     

    つまりは人間の経験は言葉や感覚的にもその表現やキャパシティを超えた経験は思い出したくもないし、めったなことでは言葉にもしたくないという思いがあるように思えてしょうがないのです

    戦争体験者のみなさまからすると「言葉」で表現してもその悲惨さ、驚がく、失望は決して伝わらないでしょう...と感じるのだと思えてならないのです

     

    実際、鹿児島市内はじめ日本中の街はすべて焼き尽くされ、まさに道ばたや川には人の死体が山となり、これを表現したのが「死屍累々(ししるいるい)」という表現ですよね

     

    春成さんがいつも言われる事は「人の命は尊い」という一言なのです...いつも春成さんの言葉だからこそものすごい重みを感じてしまうのです

     

    人間の歴史はいつも違うものたちとの戦いと小競り合いの歴史と言えるのかもしれませんが、「命は尊い」という言葉はすごい戦争がいいとか悪いとかを超えて、普遍的なことかもしれませんよね

    どんな人にも愛し、愛される家族や親族がいて、そして生まれてくるべき命を奪う権利はだれにもないということです

    日本の終戦記念日、それはアメリカにとっては勝利記念日でもある、そしてそれから92年経った今はそんな記憶を言葉としてでも伝えられる人々はどんどんいなくなってきている、そうして人それぞれの「命の尊さ」をいとも簡単に置き去りにしてしまう

     

    この日は必ずそんなことを一瞬でも思い返して、一言でも話してみたりするそんな貴重な日でもあるのだと思うのです

    どうです、たまには知ったような口をきくでしょう?! でもこんな事をちゃんと口にするのが平和のバトンリレーにおける僕らの世代の役割だと確信するからなのです

    カテゴリ:社会・政治 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    あっぱれバトンリレー
    0

      今年の4月に大きく若返りをした鹿児島経済同友会、僕ちゃんもロートル(老頭児☜中国語的な意味合いではなく日本語的な意味合いです)スタッフとして3年ほど前に有難くも声掛けをいただき「市街地活性化委員会」を担当させていただいたのですが、この夜はその声掛けをしてくださった玉川前代表幹事とその後を引き継いだ津曲新代表幹事との慰労会と激励会を兼ねての食事会でした

       

      会場は天文館のグルメ通り、ミシュランスターシェフのイタリアンのお店「イル・チプレッソ」!!

      久しぶりの古畑シェフ夫妻のミシュランの星の今日のメニューはどんなんかなぁ〜的なワクワク感...

       

      いっつも鹿児島の新鮮でおいしい海のもの山のもの土からのものそしてお肉、すべての食材をその味を活かしつつミシュランスターのその人柄と発想力、傑出した味覚と腕で毎回新しい鹿児島ならではのお料理を安価なコースとして提供してくださるのです

      まずは青年会議所の時もお世話になり、またこの鹿児島経済同友会を10年も牽引し続けてくださった玉川先輩からのあいさつを頂き、そして奥様のヨッシーさんからの今日のお料理に関する丁寧な説明があり...

         

      そのあとのお料理一つひとつがこれまったおいしいこと!! それと僕ちゃんおいしいバケット(パン)をいくついただいたか、もう数えられんくらいたくさん食べてしまいました

      そして新しく選任された津曲代表幹事から決意表明をいただいたりして、シェフの意気な計らいで特別なドルチェ(デザート)が出されたり

       

      それにしても2人の新旧代表幹事の話を聞いていると、さすがにジャンルを超えて大きく事業を経営されているだけあり政治経済にとどまらず、世界史、世界文化、音楽、スポーツどんなジャンルにおいても深くて面白いお話が聞けるし、実にアカデミックというかお二人の情報の圧倒的豊富さとものすごいインテリジェンスを感じてしまうのです

       

      そしてメインディッシュもドルチェも当たり前においしかったのですが、一番この夜に僕ちゃん的に感動したのが、このメインディッシュにも添えられていた「バルサミコ酢」の奥深さ...

      ヨッシーさんとシェフはお二人で前にイタリアのバルサミコ酢博物館にも行っておられ、当然のように詳しくていらっしゃったのですが、僕ちゃんが「バルサミコ酢って何でどうやってできてるんですか?」と原始的な質問したその答えにドギモを抜かれてしまいました

       

      まずバルサミコ酢はワインと同じブドウからできているということと、イタリアのエミリア・ロマーニャ州、モデナとレッジョエミリア、この地方で伝統的な製法で作られたもののみが伝統的なバルサミコ酢として格付けされているのだそうです、ワインと同じようにタルで熟成するのですが、一番最短のもので12年間、高級なものになると平気で100年間くらいの時間をかけてタルを5種類くらい移し替えつつ熟成しつつ香りをつけていくんですって?!

       

      つまり仕込んだ人が自分の人生でそのテイスティングすらできないくらい長い時間軸の世界観でつくられる職人技なのだそうで、当然お値段は高くなりますよね...「1滴で」日本円で100円くらいするものが沢山あるのだそうです、さすが世界に冠たる「イタリア料理」ですよね?!

      それにしてもこの会、いつ参加してもそれぞれの業界で活躍されている情報が豊かで独自の視点をちゃんと持っている面白い方々ばかりで、アッという間にこの夜も時間が過ぎてしまっていました

       

      この後もバルサミコ酢やワインのトリビア話や時事問題、そして「ラテン語」とはヨーロッパにおいて何だったんだろうとか、そしてそんな歴史と対比してこれからの日本そして鹿児島の話...実に勉強になるのです

       

      でもこの夜の玉川先輩の数々あった素晴らしい話の中、今回の世代交代では「まるでバルサミコ酢づくりのように」粘り強く時間をかけてでも熱意をもってこのポストに「どうしても津曲代表幹事を」と引き寄せたといわれる通り、今のこんな激動の時代こそ大きく普遍的な世界観を持ち、それに純粋に響き合える「この人ぞ」という後輩を見定め、ハートを熱くして説得し続け、最後にバトンを潔く託せる...

      そんな実はなかなか出来ないリレーを成し遂げたお二人なんだなぁと改めて感じる美味しい夜でした

      カテゴリ:社会・政治 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      2020年問題
      0

        今東京ではさかんにささやかれている「2020年問題」、これはたった今、2020年東京オリンピックへのインフラ投資などでバブル経済を迎えている東京でとても話題になっていることですが...

        超少子高齢化が国内で進む中、東京では3年後に控えた東京オリンピックに向かって様々なビッグプロジェクトが進み、全国的に労働者が慢性的に足りない状態が続いている中、かつての昭和39年東京オリンピックのインフラ完成直後と同じように東京のバブル経済がはじけて「大不景気」がやってくる...

        ということなのですが

        でも今からちょうど5年前のロンドンオリンピックでは、その開催後も経済はバブル的にはじける事もなく逆にオリンピックに向けて起業家や人材をしっかりと育てており、オリンピック開催後も失業率を上げるどころか逆に景気を挙げ、失業率も下げて見事にオリンピック開催を結果的にも「成熟した先進国」として見事に好機としましたよね?!

         

        つまりは今の東京を中心とする「2020年問題」は日本の経済的概念の柔軟性のなさというか相変わらずのその古く硬直化した尺度がバブルを生んではじけるという、相変わらずのオッサン感覚の古い価値観の「一過性効果」を生むイメージだけで騒がれている気がしてならないのです

        ロンドンオリンピックの開催に関してはこれから先の世界経済を見通して先々の時代に回収できなくなりそうな設備投資はほぼせずに、ソフト産業と人材の育成そしてリノベーション施設で開催するプロセスを2004年(開催決定直後・開催の8年前)からスタートしていったのです

         

        結果、イギリスではもちろん建設業や広告業などの一過性の経済効果もあったものの、素晴らしいのは開催地のロンドンだけに限らず、小売・飲食・宿泊業には間接的かつ「長期的」経済効果を残しているし、実際この2012年夏のオリンピックシーズンは人が混むのを嫌がり海外観光客などはオリンピックの期間は観光トップシーズンにも関わらずロンドンの観光客数は減っていたのです

        でも一番すごいのは、イギリスはこのロンドンオリンピック2012を機会に専門・科学・技術サービス業、そして事務管理サポート業、さらに製造業などにおいて新たな経済を創出し、過去役15年間で日本円に換算して約10兆円以上の生産額を創出し(そのうちオリンピックレガシーが50%ほど)、雇用数でも新たに80万人ほどを生み出しています

         

        そしてその波及効果分布はロンドンで全体の約50%ほど、スコットランドやウエストミッドランドのロンドンからいうと「遠隔地」でさえも1割近い経済効果を生み出し、このオリンピック開催をバネにして国の財政赤字を減らしてきているのです

        人口が日本の半分ほどのグレートブリテンに出来て日本人に出来ないなんてことは絶対にないはずですよね...一番危険なのは相変わらず従来のモノサシでしか投資価値や物事の価値を判断出来なかったり、イノベーティヴに新しい価値観を発見しようとしない日本人の悪い癖がいまだにはびこっていることで、そのことを証明しているが「2020年問題」という言葉を発してしまっていることだと確信するのです

         

        今の時代こそ前例や経験則だけではなく、距離と時間軸さえも超えた大きな世界観を持っての本質を見直す勇気と発想力、そして科学的なマーケティングとイノベーション実行力が日本にとってもどれだけ大切かということだと思うのです

        カテゴリ:社会・政治 | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        毒饅頭たべることなく武士であれ
        0

          都民ファーストの会が自民党に圧勝した2日の東京都議会選挙でしたが...

          本当に若い議員達が生まれて、新しい風が吹き始める瞬間だと感じつつ、楽天的不真面目オッサンである僕ちゃんからちょっとだけ「今の心配事」を吐露させていただくと

          本当に若くてはつらつとしていて、新しい事もチャレンジしてくれそうな議員たちの笑顔

           

          今の東京をはじめ日本の政治はすでに笑顔でいられる場合ではなくなっている局面が来てしまっているということも絶対に忘れないで政治に臨んでほしいのです

          だって日本国民は安倍政権前の民主党政権の政治家たちが政権を奪取した途端、その権力におぼれ政治家としての仕事を忘れて情けないほどに何もやらなかったかを身に染みて記憶していますものね...そしてそのことがこれまでの自民党の独壇場を生み出したのだということも選挙民として痛く反省しているのです

           

          いろいろなハードルが待ち受けているのは当たり前、それでも政治家が政治屋職業になじんでいってしまうことなく今の気持ちを忘れずに、信念をもって若さを武器に新しい発想で命がけで考え、主張し、命をはって東京都そしてひいてはこの国のシステムを次の時代仕様に進化させてほしいとそう心から思う、それだけなのです

          わからないコトがあるのや知らない事があるのは当たり前、でもじゃ今までやってきたやり方がこれからの時代にもベストかというのも絶対に違うのです、だからしがらみのない若さに都民の皆さんは「賭けてみた」のだと思うのです

           

          今までもらったことのない安定やお金を手にした瞬間に人は卑(いや)しくなったりするのが宗教を持たない日本人の「権力未経験者」の一番の弱点かもしれません、そしてもう一つの盲点は慣れてくればなれるほどに「人のために高邁な思想をもって頑張っているのだから、これくらいは自分も許されていいだろう」というダークサイドのささやきにどんどん心の指標がブレていったりして...

          まさにこれが宗教心とかかフィロソフィの大切さを教育で学ぶ機会のほぼない日本人政治家の一番の弱点だと今の政治の現状を見ていて痛感してしまうのです

           

          結果を求められない年収2400万円とその政務調査費で美味しいものを食べ過ぎて、一年後に(僕ちゃんのお腹のように)醜くブクブクふとってみたり、自分たちが一番最前線で「大切で高度なコトを掌っている」と勘違いを始めたその瞬間から危険だということを今こそ心に刻んでほしいと思います、そして純粋なことに命を懸ける気持ちが萎えたならすぐに職業を変えてほしいと思うのです

           

          元の木阿弥(もくあみ)、あの時の民主党や今の自民党と同じ恥ずかしい勘違い政治屋として歴史に名を刻んでしまう危険性がいつも背中合わせの責任を背負っているということも絶対に忘れずに、日本のお手本でもある都政に勇気を持って失敗しながらチャレンジしてほしいと、「東京都民でもない」やかましい田舎のオッサンが脅す今日この頃なのです

          カテゴリ:社会・政治 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          世界はハラホレヒレハレ?
          0

            6月も今日で終わりですが現在、東京都議会選挙まっただ中ですね

            「加計学園」問題で大騒ぎの今の国会中継を見ていても、国政も日本最大の都市東京都政もいい歳こいた大人たちが、よくこんな本質を外れた内容の協議審議で国のかじ取りをしているもんだなぁ...と感じてしまうのは僕ちゃんだけなのでしょうか?

             

            この方々も職業間違ってませんかねぇ〜? 豊田さんは元厚生官僚だし多分女子プロレスとかに参加すれば「高学歴・キャリア官僚レスラー」として特殊な存在で早口とパンチだけでも成功するかもですよね?!

            それにしてもパワハラをする系の人たちほど表や人前にでた時の精彩のない事

             

            実に観ていて見苦しいというか、むしろもう一つのAKB総選挙の方がずっと面白いし、マイクの前でしゃべるメンバーたちのコメントにも魂がこもっていてちゃんと文章としてもなりたってましたね?!

            都議会議員選挙の応援演説で自衛隊の私物感覚でヤッチマッタこのかたも、発言や答弁を聞いていてもバランスを欠いているというか、とても防衛大臣という器ではないと少なからずの方々が感じていますよね...適正判断ももちろんですが「選挙民から観てどんな印象なのか?」という視点すら今の自民党にはないのか、それとも人材がいなさすぎるのか

             

            それにしても昨年からの政治シーンをちょこっと振り返ってみるだけで、国政・地方議会ともに大勢のさもしい政治屋さんたちが「人として」も恥ずかしいレベルの守銭奴活動の実態を暴露されちまったりと

             

            ただ、議員先生がたにすり寄ってそこで既得権益や融通を利かせてもらういわゆる「忖度」をさせたりする選挙民たちがそんなモンスターたちを育んでるともいえるのかもしれませんね

            僕ちゃんも忘れることだけは得意ですが、国内いろんなとこで露呈する彼らの恥ずかしい行動も、あまりに事件が多すぎてもう忘却の彼方に追いやられていそうで...みなさん覚えていますか? でも職業としての政治屋さんのポストだけは誰もやめないでそのまんま居座っていますよね

             

            トランプも北朝鮮も何をしでかすか解らない激変の世界・国内情勢のど真ん中だというのに、相変わらず国政を担う方々は(職と既得権益を失わないための)党離党欲にかられていて、やっぱりセコくておまけに政治家に一番必要なはずの「胆力」なんてどこにも見あたらなくて、それでもみなさんとにかくどんなことがあっても議員職にだけはしがみついておいて、議員地位の確保とお給料だけはほしい...みたいな感がずーっと見え隠れしてるし

             

            でも地方議員だって例えば東京都議員でいるだけで成功報酬でなくて年棒2400万円超えとかだと、きっとそんな環境のせいで長居していてスポイル(ダメ人間化)される人々も多いのだと思います

             

            恐ろしい政治屋さんがたはまだまだ沢山いますよね?! 東北の被災地をリアリティをもって把握できないこの勘違い恫喝ジイさん「今村幸三 前復興相」そして「がん患者は働かなければいい」発言をしていないとウソをつき翌日撤回してしまうナサケない「大西英男」衆議院議員、おまけに須藤元気氏の名前を勝手に使った推薦文で自分をほめたたえてしまっちゃってるし、ちなみに大西さんも元東京都江戸川区議会議長経験者...

            そして「よそから借りてきた」民主主義的日本においてはひょっとすると「議員数が多いほど民意が汲める」というのは実は幻想かもしれませんね

             

            一時的な劇薬的対処療法かもしれませんが、本当に純粋なエリート意識のある方々を選抜するためにも、立候補前にまず基礎的試験をやったり地方議員候補もディベートを生放送でやるとか、あるいは逆に今の議員さん達には地域の各項目の数値目標設定をしてそれを達成するまでは、すこし「ふるいにかける」意味で今からしばらくは成功報酬制度か日当制でもいいのかもしれません

             

            もう一つは定年制があった方が絶対にいいと思うのですが...(今の時代、経験のメリットよりも既得権益や慣れ合いの方がずっとマイナスに働く時代になっていますもんね)

            やっぱり政治の世界には「人として」基本的な何かが欠けている人々が多く存在する印象があるのですが...

             

            それとこの緊縮財政の時代に至ってはワンイシュー(1つのテーマだけ)で政治の世界に就職しようという方にも遠慮していただいた方がいいのかもしれないですね

             

            あとどんな政治屋さんの話を聞いていても「何かをやります、実現します」という前に「おめえ、その財源どこから持ってくんのよ?! カネの調達はどうすんのよぉ?!」って言いたくなるのですが、とりわけ人口減少経済の中で既得権益と関係ない世界で必死に戦って仕事をしている方々はみんなそう思ってあきれているはずです

             

            国政にしても地方政治にしても、財源を稼ぐ創造力とかヤリクリするという感覚のあまりのなさと、ヒトから集めたカネを当てにした予算に「公債(未来からかりるヒトのカネ)」を加えて、ただただ議会に突っこまれないようにしてつかいきる(配分する)ことしか考えていないこの相変わらずの時代遅れのその感覚はどうにかしてほしいのですが...

             

            選挙権年齢も18歳に下がったものの、そもそも人生でチャレンジしたこともなければ、その精神やキャッシュフローのヤリクリ感覚のない人々が政治を職業としてやってること自体が「まやかし」にしか思えないというのが庶民感覚で、そんな中で誰を選べというのか選択肢がない中で、若者に限らず投票に行けという自体が、やっぱりどうしていいのか解らない気がするのです

            国も地方自治体も「1丁目1番地」で待った無しでメスを入れなきゃならないはずの「プライマリーバランス(基礎的財政収支)」をほとんどいじる事をせず、また総務省傘下で統治されている電波メディアもこれを放置しているということは、今をただ刹那に生きる大人のオッサンたちは無責任に「人口が減少していく未来のことなんか俺たちゃ、そん時はもう生きてないし知らんもんねぇ〜」と言ってるということなのでしょうか?
             
            未来から借りたお金を遣いちらかすのは簡単ですが、この縮小経済の中でまず「いの一番」に大切なのは「どうやってお金や新しい価値を生むのかを考える」こと、そして「その稼いだお金を誰に、何にどう効率よく投資し次のお金(価値)を生むことを考える」かということ、さらにその向うにある大切なことはそんな「やりくり、つまりマネージメントとチャレンジを通じてしか人材は育たないということ」を理解すること...これは数多くの経営者たちが言っている常識です

             

            それとも世界一の負債を抱えながらも平気で公債を発行し続けているということは、ひょっとすると安倍政権は近々「禁じ手仕掛け爆弾」のデノミネーションでも密かに考えているのでしょうか?


            航海に例えれば、どんどん水深が浅くなって岩場が多くなり天候が荒れてきている海でバブル期に建造した大型船での「アブナい岩場や浅瀬は見ないフリしての、とにかくとりあえず前進航行」が一番怖いことで無責任な行動だとわかっているからですよね...

            そして今の縮小経済の中「リアル」世間を生きている普通の人々ならば、これからの未来には「確実さ」は存在しないと肌身で知っているからなのです、そんな現況を直視せずに、チャレンジすらしようとしない・させないというのが最大級の「大人の罪」だと確信するのです

            そう考えていくと、本当の意味で世代や立場を超えて皆が結束して気持ちを一つにできるのは結局、世界がみんな一緒に「ハラホレヒレハレ(古っ!!)」ってデフォルト(債務不履行状態)して一度リセットされるのを待つしかない、ってこと?!
            その系の無責任さの方が最近の世界でのテロと同様に、とってもたち悪くてコワイと思うのですが...
            カテゴリ:社会・政治 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/83PAGES | >>