相関わかっけ?

0

    先般、まからずや本店が比較的早く終了した夜にレイトショーで「スターウォーズ(THE RISE OF SKYWALKER:スカイウォーカーの夜明け)」を劇場で観てきました!!

     

    もちろん今回がエピソード9ということで、1977年(今から42年前)僕ちゃんが20歳の時にジョージルーカスが当初9作を作るとコミットした最終章の作品ですね

    この全9作の始まりは、ルーカスフィルムがエピソード4から作り始めて、いわゆるオリジナル3部作(4〜6)として、まず1983年までの7年間で3作作られました、もちろん僕ちゃんはリアルタイムで全作品をみさせていただいたのでその時代(ジェダイ?)背景もリアルに覚えているのです

     

    そして1999年から2005年までの7年間で作られたエピソード1から3はCG(コンピュータグラフィック)の進化で飛躍的に画像がリアルになり動画の面白さが激増しましたよね!

     

    そして何と言ってもこの9部作の中で最高の存在感を持っていた「ダースベーダー」誕生の秘話の面白さ、生まれながらにして最高のジェダイとしての可能性を持つアナキンスカイウォーカーの出生から暗黒面に落ちていく様子...

     

    これってまるで政治家さんたちが「世のため人のため」と言いつつポストに就き、権力や既得権益を手にした瞬間に心の闇がその人を支配して堕落していく今の政治屋さんたちの姿にもよーく似てますよね

     

    左がエピソード7「ラストジェダイ」そして8「フォースの覚醒」ここから主役がナゾの女性「レン」に変わりました、そして画面に出てくる人物も今の多様化社会を繁栄していろいろな人種の俳優達が出てきましたね

     

    2012年、ディズニーがルーカスフィルムを傘下に収めて2015年以降作られたのが後半3部作(エピソード7〜9)なのですが、僕ちゃん的にはこのディズニー傘下に入ってからのスターウォーズは前の6作に比べるとすこし「スターウォーズらしくないのかなぁ〜」なんて感じているのです

    今回の最終作は一応いままでのすべての相関が繋がるように色々なストーリーが繋がるのですが、それがすこしてんこ盛りすぎてちょっち解りにくいのかなぁ...

     

    と思いつつ、一番のナゾだった「レン」が誰の血縁なのかということは見終わって判明しても、全体の相関を理解しきらずに、結局ネットで調べて復習してから納得したのでした

    僕ちゃんが今までの生涯で一度だけフィギアを買ったことがあるのがこの「ダースベイダー」です

    この僕ちゃんの小さい映画の世界で圧倒的に最高の存在感を誇るキャラクターなのです

     

    とにかく、スターウォーズのような歴史的大作をその映像技術の進化とともに、自分自身の人生20歳から62歳になるまでリアルオンタイム(人生と同時進行)で観られたということはなぜかある意味とても幸せだったなぁと感じるのです



    トカゲじゃないのよゴジラは♪はっはぁ〜あん(^^♪

    0

      超忙しくなればなるほど、なぜか急に音楽を聴いたり、本を読みたくなったりする「逃避型」精神構造の僕ちゃん...でもそんなことって意外とありませんか?

       

      セミナーで高知に飛ぶ前日の夜は、前からずーっと観たかったハリウッド版「ゴジラ キングオブザモンスターズ」を観に行ってしまいました!!

      「マイケル ドハティ監督」、ということはX-MEN2とか同シリーズのアポカリプスとかブライアンシンガー監督とかともコラボをやっているその深い世界観、今回は間違いなく「日本の怪獣精神」を理解した上でこの神獣たちを描いてくれることだろうと期待していました

      7歳の頃(1964年)、初めてスクリーンで見たときに本当に衝撃を受けた「キングギドラ」の迫力と神秘性、そして何といってもかっこ良すぎるゴジラのあの最高迫力の雄叫び、そしてモスラの登場曲もオリジナルをちゃんと意識してくれているし...

       

      映画のエンドロールの時のBGMでは伊福部昭氏作曲の名曲であるゴジラのテーマをちゃんと使ってくれてるし、ただラドン(ハリウッド作怪獣の「ムートー」かもしれませんが..)は本当だったら阿蘇山から復活のはずでしょうが、さすがにそれは知らなかったのか...

       

      でも日本人がこれまで愛して育んできた「怪獣」たちにもその日本人の精神にもちゃんとリスペクトを払ってくれているなぁ、と感じれる今回の素晴らしいハリウッド版「ゴジラ」でした

      そして今までのトカゲの化け物みたいな姿や動きではなく「ゴジラ」元来の誕生の意図でもある放射能汚染の問題はじめ、人間の思い上がりによる自然破壊や生態系のバランス崩壊などに対する警告のメッセージもちゃんと組み込まれていましたね?!

       

      アメリカ人だってトランプみたいなモンスターばかりじゃないのだということを久しぶりに思い出しました

       

      本当にワクワクさせてくれた本来のゴジラ、そして今年3月にハリウッドで「ちゃんとしたゴジラを描け!」と叱咤をしたきた僕ちゃん(もちろんうそピョーン!!😱)

       

      結局、ゴジラは人間の味方...ではなく「マイケル ドハティ」監督によると地球の歴史の中で、ある時には「モスラ」が支配者でありまたある時代には「ラドン」が支配者、そしてある時には「キングギドラ」が地球上のすべての霊長類のキング(王)として君臨をしていたが、最終的には「ゴジラ」が地球上で最強で万物の支配者であり、人間もそれに隷属しているのだ! この映画にはそんなメッセージがこめられているのだと感じました

      これはアメリカのの中でも、この不滅の王である「ゴジラ」の映画に対して低い評価をしている批評家たちに対して(きちゃない言葉が使ってありますが...)素晴らしい怪獣映画作品であると主張をしているツイートですね?!

       

      いずれにしても、日本の怪獣文化をちゃんと理解・尊重し、今までのハリウッド版ゴジラのように巨大トカゲではない、ちゃんとした日本生まれの「ゴジラ」を大ヒットさせてくれた「マイケル ドハティ」監督はじめ、ハリウッド映画界にも感謝なのです

       

      さあ、そして海の日の祭日ですが、今日はこれから今度はJRを利用して前入りで山口・島根・鳥取とジャンパー後半戦に行ってまいりまっす!



      全部読んでのキャスティング

      0

        僕ちゃんがハマりまくって、結局文庫本51巻をすべて読んでしまった「居眠り磐音 江戸双紙(いねむりいわね えどぞうし)」

        今回映画化もされたということで早速観に行ってきたのですが...

        僕ちゃんなんかよりさらにこの51巻を何度も読み直している方もおられるということですが、僭越ながらこのキャスティングとストーリーで一部ちーと違う気がするなぁ...と思いながら鑑賞させていただきました

        後列の右から2番目が原作者の「佐伯泰英さん」ですね、すごい世界観をもって「サムライ」の世界を描いておられます

         

        まず主人公の坂崎磐音の松坂桃季さん、おこんさん木村文乃さんはばっちり素晴らしいのですが、磐音役はもっと「居眠り磐音」といわれるゆえんの「縁側で日向ぼっこをしている年寄り猫のよう...」の雰囲気や、飯を食らう時の一心不乱の集中力、そしてサムライならではの独立心と平常心をもっとメリハリを付けて演出して欲しかったと思うのです

        磐音がこんな形で切られてしまうというのも読者からするとあり得ない気がするのです😢

         

        松坂さんは左利きということなので、剣使いも「備前包平」刀身は2尺7寸(約87センチ☜扱いづらい長さなのです)の直心影流の圧倒的な強さをもっとハッキリとベタに誇張した方が面白いと感じました

        この佐伯泰英さん原作の時代小説「居眠り磐音 江戸双紙」と出会えて本当によかったなあと感じるのです

         

        そしてもし僕ちゃんが磐音の周りの登場人物のキャスティングで一番イメージが違ったのは「竹村武左衛門(たけむら ぶざえもん)」年中酒飲みでだらしなくて役にも立たないようなんだけど、なぜか「磐音の友人」(実は僕ちゃんこの手のキャラの人はとっても好きなんですよねぇ..)これは「古田新太」さん、もちょっと若いと「浅野忠信」さんだよなぁ、と思います

         

        磐音の許嫁(いいなずけ)で、白鶴太夫となる小林奈緒「芳根京子」さんもちょっとイメージが違うかなぁ..たぶんもっと凛として厳しさをうちに秘めた美女、例えば「笛木優子」さんかもなぁ?

          

        あとは今津屋吉右衛門「谷原章介」さん、おこんの父の金兵衛「中村梅雀」や奈緒の兄役の「柄本 佑(えもとたすく)」さん、そして宍戸文六「奥田瑛二」さん、有楽斎「柄本明」さんなんかバッチリストライクだし、さすがの演技力ですね

         

        でもこの原作はなんといってもものすごいボリュームだしそのストーリーの展開も練り込まれていてあまりにも凄すぎるので、映画の2時間だとやっぱ、この大作のさわりの部分くらいしかできないよなぁ..と思ってしまうのです

        そして自分のバイブルとしてもう一度、第一巻からこの「居眠り磐音」を読み直してみようかなぁと思っている今日この頃なのです



        ドリスがいた場所

        0

          1950年代から60年代にかけて女優としてそして歌手として大活躍した「ドリスデイ(97歳)」さんが13日カリフォルニアの自宅で亡くなったそうです

           

          昨年、お花の世界ネットワークの年次総会でモロッコ(北西アフリカ)のマラケシュに行かせていただいた際のブログでも書きましたが、うんと昔観た映画の中での彼女の歌声は僕ちゃんにとっても思い出深い大好きなハスキーボイスでした

           

          1922年生まれの彼女が出演して大ヒットしたアルフレッドヒッチコックの名作「A man who knew too much(知り過ぎていた男)」の映画の中で、家族旅行でやってきたマラケシュの街中で行方不明となった息子を捜すべく一生懸命歌った「ケ・セラ・セラ」のあの歌声...今聴いてもとっても素敵です

           

          かの映画の舞台となった「南の真珠」と呼ばれる街「マラケシュ」はもともとベルベル語で「神の国」という意味だそうですが、この世界遺産でもあるスーク(市場)の「ジャマエルフナ」の広場、そして下は何度入っても必ず迷子になってしまう世界一のスケールの城壁内側の迷路市場

           

          そんな迷路の中にあったドリスデイ主演の「A man who knew too much」の中で彼女達が食事をしたシーンの素敵なレストラン

          「ダールアッサラーム」(コーランにでてくる「天国」のことです)に向かう途中です

           

          つまり「神の国(マラケッシュ)」の中にある「天国(ダールアッサラーム)」...すごい名前のまさにパワースポットですよね?!

           

          1956年、僕ちゃんが生まれる1年前に公開されて大ヒットしたこのヒッチコック作品の舞台でもあるこのレストランの空間でその62年後にあの「ドリスデイ」の居た場所に行ったのだと思うその偶然だけで、勝手に彼女の遠い知り合い的な感傷に浸っているのです

           

          ああ、またモロッコ行きたいなぁ!!って言ってると、なぜかやっぱり「また」性転換しに行くのと言われてしまうのです



          10月出産だけどね

          0

            僕ちゃんの玉龍高校の同級生で世界を股にかけて(どんな風にかけているか知りませんが...)映画プロデュースの仕事をしている「前田浩子(こうこ)」さん、ついおとといで2年間にわたる地元紙、南日本新聞の連載「朝の文箱」が終わりましたが...(3月31日の紙面です)

            2年間、毎回「さすが浩子ちゃんやらいなぁ〜」と感心しつつそして興味深く読ませていただきました

             

            ちょうど先日3月27日にブレスリリースされましたが、浩子ちゃんプロデュースで細川徹監督の今年の10月公開の新作映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」のことも書いてありましたね?! この浩子ちゃんと細川監督のコンビ作品としては、直近の「オケ老人」そして2012年の「ぱいかじ南海作戦」に続いて3作目となります

            今回の細川「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」なんと主演はあの「孤独のグルメ」がアジアでも大ヒットしている松重豊さんと、その歳の離れた奥様役で北川景子さん

             

            僕ちゃんのような素人からするとある意味、意外な組み合わせのように感じたのですが、そこは業界で「キャスティングの天才」と言われる浩子ちゃんのこと、彼女の絶妙な感覚によるシナジーが出ることは間違いない作品だと確信するのです

             

            「令和」になって最初の前田浩子プロデュース作品としてまたまた今から半年先の公開が超楽しみなこの作品、さっそく原作の本を購入してまず予習をせんといかんとです!!



            calendar
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>
            まからずや本店花ラビリンス
            天文館の山之口本通りからもそれほど遠くない鹿児島市内堀江町..「こんなとこに花屋があったの?!」っていう場所に位置する「まからずや本店ビル」💐💐💐なんとここには月に約5万本以上の、それも今まで鹿児島ではみたことのない、そのボリューム、種類の数のお花があるのです。年間400件ほどを飾らせていただくMstyleのブライダルフラワーも実はここでデザインされていて、各支店のお花もすべてここから出荷されるのです。つまりここの正面の「おもーい」鉄の扉の入り口を開けたなら、そんな花々たちにであえるということなのです。ぜひ観たことのないお花畑のようなスタイリッシュな店内に遊びにこられませんか?! もちろん写真の撮影だってSNSだってO.K.ですよ!! 車も止められます。
            「植物デザインラボ mon」OPEN
            2020年5月、鹿児島市金生町の鹿児島銀行本店ビル「よかど鹿児島」1階入り口に、「植物デザインラボ mon hinoyouran+makarazuya」がオープンしました。お花をテーマにして全く新しい生活スタイルの中の価値を提案するショップです、いづろ天文館のエリアでお買い物の際にはぜひ気軽におたち寄りください。
            Original Wedding by Mstyle Flower
            ご結婚を控えていたり、あるいはそろそろ結婚を考えなきゃなぁ..と思っている皆様に、絶対に一度観ていただきたい「Mstyle.com」のブライダルフラワーのページ。 Mstyleでは毎年400件からのさまざまな雰囲気の会場装飾を一つひとつデザイナーたちがデッサンを起こし、それぞれのオリジナルのデザインでお花を飾らせていただいております。 ウェブサイト「Mstyle-shop.com」トップページの「ブライダル」から入ってそれぞれの会場のサムネイルをクリックすると超ビックリの数のこれまでのMstyleの素敵な会場装飾例データが観れますよ!! 必ずお好みの会場装飾、ブーケその他のフラワーアイテムが見つかります!! ぜひとも目の保養にでも「Mstyle.com」のブライダルページをご覧になって観てくださいね(^o^)丿
            山形屋店メルカート MERCE(メルチェ)
            山形屋の1号館1階(2号館側)にフローリストメルチェが移転し、「メルカートメルチェ」としてオープン営業しております。街の真ん中で色とりどりの珍しいお花達を取り揃えて皆様のご利用をお待ちしております、1本のお花のご利用でもどうぞお気軽にお声かけくださいませ。
            Mstyle「Stylish Modern」
            Mstyleマルヤガーデンズ店では、鹿児島のオシャレな方々のライフスタイルの一つのアイテムとしてお花やグリーンを提案できたらと考えております。インテリアの一つとして「生きた」お花をスタイリッシュに飾っていただきたい、またもちろん記念日やプレゼントにもMstyleのスタイリッシュモダンなお花のプレゼントをぜひご利用ください。
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座