100年目の第九
0

    先の10月7日日曜日の夜は今年の「鹿児島県民第九合唱団」の結団式の日でした!!

     

    実は僕ちゃんここ2年間この県民第九の合唱をサボっていたのですが、改めて今年また初心に返って再びこの「An die Freude:歓喜の歌」の合唱をしたいと思った理由が2つあるのです

    まず最初の理由は、今年が日本で初めてベートーベンのこの「第九交響曲」が演奏されてちょうど100年であるということ

     

    日本において「第九」が初演奏されたのは第一世界大戦真っ只中の1918年、当時の日本軍は青島(チンタオ)を攻略し5000人近くのドイツ人兵士を捕虜とし、そのうちの1000名が現在の徳島県鳴門市に作られた「坂東俘虜(ふりょ)収容所」に送られ、終戦までをすごしたのです

     

    この収容所の所長を務めた「松江豊寿(まつえ・とよひさ)」氏はすべての捕虜たちを「彼らも祖国のために命をかけて戦った人間である」として、人道に照らし彼らの人権も日本人と全く同じように尊重して現地の住民とここの捕虜ドイツ人の間の交流をも促進させたのでした

     

    その結果、このドイツ人捕虜の皆さんによって結成されたオーケストラによって1918年6月1日に鳴門市で日本で初めての第九演奏が行われたのです

     

    当然松江豊寿氏のその武士道精神はドイツ人をその孫の代に至るまで心を捉え、そしてその後100年を迎える鳴門市の人々とドイツ各地に帰った捕虜の末裔の方々との交流も3世代に渡り続いており、現在も両国の架け橋となっている...素晴らしい話ですよね

    そして2年サボった僕ちゃんが今年「鹿児島県民第九」に参加したいと思ったもう一つの理由は、ソリストの「平田由希」さん...数年前に亡くなられたお父様は、僕ちゃんの玉龍の一つ先輩(お父様は全国大会で何度も活躍している玉龍合唱部OBです)

     

    そして島津重富荘の立ち上がりのときからずーっと面倒をみてくださり、清川オーナーとともにまからずやのブライダルフラワーを育てていただいた方でした

     

    そうそう、この感じ!!この練習場に来ると絶対にスイッチが入ってしまうのです、2年あいて帰ってきてもみんなでカバーし合いながら第九を歌うことを心から愛する優しい心の人々に囲まれての真剣な練習...

     

    やっぱりたった7回目の僕ちゃんでも「この雰囲気で今年もあと2ヶ月をきったんだなぁ、年末ってそう遠くなくしてやってくるぞぉ!」って気分になるのです

    そしてなんといっても鹿児島県民第九が34年目の長きにわたって続けておられるのは、心から敬愛申し上げるこのお二人(左から2番目の女性「下野さん」と僕ちゃんのとなりの「田鍋さん」)のお二人が献身的にそして我慢強く合唱団のお世話をしてくださっているからに他ならないのです(一番左は2014年の時のテノールソリストの「高橋淳」氏です)

    これは日曜「大工」です、てか僕ちゃんより被写体としてT田くんのビンタの方が主役になってますね?! まあソリストが徳Dくんで僕ちゃんが合唱団の一員って感じでしょうか(このたとえはかえって意味わかんないですよね...)

     

    僕ちゃん、ほぼ口パク要員くらいにしかならなくても「枯れ木も山のにぎわい」って言いますものね?!

    それ「なり」に一生懸命100年目の「歓喜の歌」を鹿児島県民第九合唱団の一員として「平田由希」さんのバックでいつもの素敵な先輩たちに導いていただき頑張って歌いたいと思うのです

    カテゴリ:音楽 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    もしもピアノが弾けたなら
    0

      ちょっと時勢は前後してしまうのですが、8月10日金曜日の夜はまからずやもお仕事でとてもお世話になっていて、僕ちゃん自身大好きなスポット「マナーハウス島津重富荘」さんのイベントナイトの日でした

       

      この島津重富荘さんと深いご縁を持ち「ショパンパスポート」を持つ世界的ピアニスト「横山幸雄」さんのディナーリサイタルが開催され、約4年ぶりに横山さんの感動のショパンを聴かせていただきました

       

      横山幸雄さんはよくご存知の方も多いはずですが、1990年にショパン国際コンクール歴代の日本人最年少入賞、そして2010年にはポーランド政府から世界で100人の芸術家だけに贈られる「ショパンパスポート」を授与、さらに同年に「ショパンピアノソロ全166曲コンサート」さらに2011年には212曲を演奏しギネス世界記録に認定をされたのです

       

      その前、横山氏はあの辻井伸行さんの2009年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝の直前の炎の特訓の先生としても有名になりましたよね!

      ところでこれもスペシャルトリビアですが、この島津重富荘さんの会場「ピュール」で横山さんが弾かれるこの素敵な木目のフランス「プレイエル」社製のピアノはもちろんショパンが愛したピアノで、もともと横山幸雄さんがポーランドで弾いていたそのピアノを重富荘の清川オーナーが買い受けてヨーロッパからわざわざ運んできたものだそうです...すごいストーリーですよねぇ

        

      「西米良(にしめら)サーモンのドームにウニのムース グリーンアスパラのシャルロットをバジル風味で」..ってえぇっと、とにかく超美味しかったのですが、実はこの夜は僕ちゃんお食事の時間ギリギリに汗をかきかきバタバタ到着して、いきなりドリンクバーン(ヴァンクライバーンみたいに..)ってこぼして隣の女性にもご迷惑かけてしまいもう大変な迷惑ジジイなのでした(😓どーもさーせん)

       

      「スズキのエスキャロップ キャヴィアドーベルジーヌをプロヴァンス風で(真ん中)」ですっ?! 僕ちゃんが解るのはこの時期旬のお魚のスズキだということぐらいですが...💦そしてこれも夏ならではの超おいしかった「オクラとコンソメの冷製スープ」

       

      その後のメインのお肉料理は「天草ホロホロ鳥のロティ エシャロットとマディラのソース」..だそうで

      で・デセールは「巨峰のデクリネゾン メープルのシブースト」...だそうです💦とにかくメッチャンコすべてが美しく美味しくて、幸せな時間だったです、横山幸雄さんも真ん中のテーブルで一緒にこのコースを召し上がっておられましたが、その設定もとっても素敵ですよね

      こらじいさん!! 人のことを指差すんじゃねぇよ、ってな感じですが...横山さんのパフォーマンスはとにかく毎回圧倒的にスゴいのです

       

      そしてさらにこの写真の横山さんの右側のお二人、ここ重富荘さんのスタッフの加治木さんと長友さんはなんと今日本に14名しかいない「The Master Of Bridal Cordinater」なのです、つまり日本中で14人しかいないうちのお二人がここ島津重富荘さんにおられるということなのです...これもすごいことですよね?!(それに引き換え、あぁ僕ちゃんたら😢)

      この日のショパンの演奏全8曲(「マズルカOp.17-4」「ピアノ協奏曲第2番第2楽章」「ノクターン遺作」「革命のエチュード」「バラード第1番」「華麗なる大円舞曲」「幻想即興曲」「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」)もやっぱり恐ろしいほど素晴らしかったのですが、実は今回のこのプログラムは今回この重富荘さんでのお披露目が横山さんにとっても初めてのチャレンジで、ご自身で書き下ろされた「ピアノと朗読で辿るショパンの旅〜若き日の天才の旅立ち〜」の初演ご披露だったのです

       

      当然、単に曲だけの鑑賞というだけではなく、本当にショパンが生まれ育ったポーランドのドラスティックかつドラマチックな歴史に翻弄されながら、その時代に影響を受けながらそれぞれの曲をその時の感情で創り上げていったのだろうという...そんな情景が明確にイメージできるすんごいパフォーマンスでした

      僕ちゃんのようなピアノも弾けない素人でもすぐ理解できるのは、多分暗譜しなければ絶対に弾けないだろうと思われるショパンの旋律を、ご自身がポーランドでショパンの練習に明け暮れておられたそのパートナーともいえる「プレイエルピアノ」がある鹿児島の島津重富荘で新境地チャレンジの初演とする...

       

      これも重富荘の清川オーナーの英断があったからこそ実現したのだと感動しながら、それでもこんなふざけた集合写真になっちまう自分自身がとても頼もしい僕ちゃんなのでした(なんか脈絡変?!)

       

      ってか本当のこというと僕ちゃんショパンの名前は音楽の時間に習って日本語で知っていても、結構いい歳になるまでポーランド語でもフランス語でも同じ綴りの「Chopin」を「チョピン」って思い込んでいたような気がします(てへっ😅)

      カテゴリ:音楽 | 04:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      南西イタリアから北埠頭の日
      0

        今年のゴールデンウィークもついに終わってしまいましたね!! 期間中皆様はどんな風にお過ごしになられましたでしょうか?

         

        鹿児島市内での素晴らしかった「かごしま風と光とナポリ祭2018」が開催される直前4月30日(日曜日)の話、この日のお昼は数ヶ月ぶりに中央駅そば(鹿児島市鷹師1丁目)の「カンパーニャ」さんのイタリアンを食べに行ってきました(もちろんナポリ祭にも出店されて大盛況で長蛇の列をつくっておられました)

        ここのオーナーの米満さんご夫婦もお料理の腕はもちろんですが、お人柄もとっても素敵で、毎回感動のイタリアンをいただけるのです

        これは2年前の6月25日の写真ですが、愛娘の旦那様の桑水流 裕策選手がセブンズ(7人制ラグビー)日本代表チームのキャプテンとしてのオリンピック出場が決まって、忙しい合間をぬって鹿児島に帰ってきてくれた時にもここカンパーニャさんで食事をさせていただいたことも記憶に新しいのです

         

        ゴールデンウィーク直前のこの日も鹿児島ならではの食材を生かしたパスタやら絶品のマルゲリータやらまたまおなかいっぱいにいただいて、2年前のあのタイミングで裕策キャプテンが描いた壁のサインも思い出深くまた見させていただいたのでした...それにしてもこんな難しい顔で美味しいイタリアンを食べなくてもいいですよねぇ😊

        右側の下から2番目のラグビーボールをモチーフにしたサインが桑水流選手のサインです!!

         

        そしてこの夜はまからずや本店そばの北埠頭のカフェ「グッドネイバーズ」でのコジマサトコちゃんのライブ、なりブーおじいさんは楽しみにしてまからずやの花束を買って小脇に抱えて歩いてこの会場に向かったのでした

         

        外にはもう既に入場の列も出来ていて、サトコちゃんも入り口でちゃんと出迎えをしてくれていました

        そしていつもとっても素敵なサトコちゃんのご両親にもまたお会いできてお話も出来てとっても嬉しかったのでした

        コカリナユカちゃんの鳥の鳴き声のように透き通る演奏に超シュアーで美しくメリハリの利いたリズムを刻む白澤克実さんのパーカッション...1部は今までの楽曲作品で2部が新リリースの曲でまとめられていてさまざまな趣向もこらされていたりして、今回のライブもまたまたどの曲も超よかったです

        はい、これはかつて「ORANGE RANGE」に見いだされてコジマサトコちゃんが一緒にアメリカでデビューしたときのガールズ3ピースユニット「ソドップ」のベースのアヤノさんとドラムスのセイナちゃんと棚越しの不思議な3ショット

         

        ちゃんとこの場でアルバムも限定30個の七宝焼のバッヂも真っ先に買わせていただいてこれからもコジマサトコちゃんを応援していこうという気持ちもまた新たにした僕ちゃん

         

        鹿児島ならではの美味しいものを食べて、鹿児島ならではのイケてるスポットで薩摩オゴジョ「コジマサトコ」ちゃんのオリジナルミュージックを楽しめる!!なんつぁならんかったとです

         

        さあ、今週末はいよいよお花業界の最大のビッグイベント「母の日」ウィーク、まからずやもゴールデン「ウエディング」ウィークから今度は全店挙げて母の日体制、本当に有り難い事なのです

        カテゴリ:音楽 | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        コジマサトコ3rd Album「YOUR SONGS」
        0

          鹿児島を拠点に活躍するシンガーソングライター「コジマサトコ」ちゃんの3枚目のアルバム「YOUR SONGS」のリリースパーティが今月末30日月曜日(祝日)の夜18:30より鹿児島市内のイケてるカフェ「グッドネイバーズ(住吉町7-1)」にて開催されます

          そもそもサトコちゃんとの出会いは今から7年前2011年の秋だったと思います

          その後アンディ安藤氏のコーディネートで5年間にわたり一緒にお花の新機軸イベント「花を束ねる」を続けてきた仲間ですが、本来サトコちゃんは女性3ピースバンド「ソドップ」としてアメリカでもデビューしたこともあるミュージシャンなのです

          いつも実にそのまんまで飾らない素敵なコジマサトコちゃん、前回の2枚目のアルバム「Life」リリースの時にも同じグッドネイバーズで楽しくリリースライブを聴かせていただきましたが、今回もまたまたとっても素敵な空間グッドネイバーズでのパーティライブがとっても楽しみです

          次の月曜日(祝日)の夜はぜひこの鹿児島市内の南ふ頭のイケてるスポット「グッドネイバーズ」でコジマサトコちゃんの新しいアルバム「YOUR SONGS」のリリースパーティで素敵でオサレな方々と楽しい時間をぜひご一緒しませんかぁ?!

          カテゴリ:音楽 | 05:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
          2018ノイヤースコンツァルト
          0

            元旦の夜は今年もオーストリアのウィーンからの生中継での「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート(Das Neujahrskonzert) 」がNHKのEテレで生中継されましたね、なんと今では世界90カ国で中継され約4億人の方々がこれを毎年楽しまれるそうです

            今年タクトを振ったのはイタリア人の「リッカルド・ムーティ」氏、指揮者として今回が5回目のノイヤースコンツァルトになるのだそうですが、彼のこのウィーンフィルでの指揮は500回を数えるほどで、楽団メンバーとは一番気の知れたマエストロなのだそうです

             

            そして今年はやはりイタリア人のオペラ作曲家のロッシーニの没後150年でもあるのだそうで、同じイタリア人でもある彼に捧げる意味であの誰もが聴いた事のある「ウィリアムテル ギャロップ」(あの運動会かけっこの定番テーマソングです)も選曲の中に入ったのではということでした

            ところで今年もこのウィーンフィルの楽曲のほとんどを占めるシュトラウス家の人々の作品ですが、この2018年はこのファミリーとコンツァルト運営自体をもパトロンとしてサポートしてきていたハプスブルグ家の帝国が崩壊して100年になるのです

             

            ジノちゃんと2人で行った初めての海外旅行のウィーンでドナウ河で歌う(フリ)の19歳の僕ちゃん、関係ない話だけんどちなみにダウンジャケットは当時のお小遣いを全部はたいて買ったロジャーエガー(スイス製)...懐かしいっすねぇ〜、そんで右は同じウィーンにあるシュタインホーフ教会

             

            さらにウィーンを象徴する70もの様々な建造物(シュタインホーフ教会・ドナウ橋・郵便貯金局など)をデザイン建築したオットーワーグナー氏も1918年に逝去している、つまり今年はオーストリア(ウィーン)にとってはやはり特別な年で、そんな中で開催された今年のノイヤースコンツァルトだったのだそうです

            もちろん会場はウィーン学友協会(Wiener Musikverein :ヴィーナー・ムジークフェライン)大ホールの「グローサーザール」英語にするとGolden Hall ということですね?!

             

            それにしても美しいし、今回初めて知ったのですがこのグローサーザールは床下と天井裏には大きく空間がとってあり、これによって楽器の奏でる音を反響させているのだそうです

             

            今回は全16曲とそしてアンコール2曲はいつもの「美しき青きドナウ」とヨハンシュトラウス(父)の「ラデツキー行進曲」ですが、前半6曲が終わり休憩時間の最中になんとウィンフィル楽団長の「ダニエル・フロシャウワー」氏がこのグローサーザールを抜け出してNHK中継隊がいたすぐ隣のインペリアルホテルに駆けつけて中継で出演されていました!!

             

            今年のこのコンツァルトで飾られていたお花のテーマは「イタリアとの架け橋」だったそうですがこれも素晴らしかったですねぇ!!

            そしてまたまた素晴らしかった「南国のバラ」でのウィーン国立バレエ団のバレエダンス

             

            今回のバレエダンスがスタートしたスポットは、かのハプスブルグ家の最後の皇帝カール1世が1918年11月13日に皇帝退位の書面に署名することとなった「エッカルツアウ城」、もともとはハプスブルグ家の御狩り場だったそうです、そしてこのダンスの振り付けは今回はイタリア人の「ダビデ・ボンバナ」という方でした

            途中、コタツに入りながら御台所様とミニーちゃんの「イビキの即興合いの手」も入れられたりしながらすべての素晴らしすぎる演奏を聞き終わって感じたのは、やはり世界一のオーケストラメンバーたちのその血の中にはシュトラウス一家とウィンフィルの歴史に培われた「ウィンナワルツ」のDNAがしっかりと刻まれているということです

             

            このコンツァルトで聴かせてもらうワルツは少なくとも僕ちゃんがその昔、父から習ってふざけてたまーに歌ったりする昭和歌謡の「芸者ワルツ」とはまったく違う次元の音楽なんだなぁと、アホなくらい当たり前のコトを改めて痛感する、この新しい一年の始まりを告げるブンダバー(ワンダフル)なコンツァルトの夜なのでした

            カテゴリ:音楽 | 05:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/31PAGES | >>