こいも鹿児島の愛ラーメン
0

    今日から2月スタート!! とりあえず昨日の夜は鹿児島市内は曇り空でそれほど寒くはなかったものの、やっぱりこの冷えこみが厳しくなるシーズンにはラーメンが美味しいですよねぇ(ところで昨夜は鹿児島市内では曇り空で皆既日食は観れませんでしたが、みなさんの地域ではどうだったですか?)

     

    うちと同じ堀江町内で、まからずやから歩いてもほんの2分15秒くらいの所にある老舗のラーメン店「ほりえラーメン」さん

    ここも地元有名人を含む沢山の方々が愛しつづけている鹿児島の「一つの」ラーメンなのです

    「一つの」という表現はスゴく深ぁーい意味があって、鹿児島のラーメンの場合ほかの九州ラーメンとは一線を画すほど違う多彩すぎるほどのさまざまな味とルーツがあり、その証拠に鹿児島の人々に「鹿児島ラーメンはどこがお勧めですか?」と尋ねると、一人ひとりみんな答えがバラバラになるはずなのです

     

    ここ「ほりえラーメン」は鹿児島市内天文館にずーっと昔からある「のり一(のりいち)」ラーメンと起源がおなじだそうで、中細麺と醤油ベースの薄い透明系の薄味でいわゆる「とんこつラーメン」とも一線を画して全くちがう美味しさなのです

     

    行かれた事のある方ならご存知だと思うのですが、ここを一人で切り盛りされていらっしゃるこの優しいおばあちゃまの笑顔も大きな魅力の一つですよね?!

    「おにいちゃん、ニンニクは好きな?」と聞かれて「はい!」と答えると目の前でおろし金ごと直接スープにガバぁっと入れてくれます

     

    ところで前にもこのブログ記事でも何回か書きましたが、鹿児島は地政学的にもいくつかの特徴があり日本の歴史の中でブッチギリ600年以上も先んじて豚を食べてきた習慣があるのです、そこに1200年の頃にモルジブからの鰹節や、北から降りてきた昆布を利用したりする出汁(ダシ)の交差点としてスープをつくってきているので、「出汁の交差点」として九州の中でも完全にスープの作り方が繊細で奥深いのだそうです

     

    地元鹿児島の方々はよーく知ってる通り、豚の背ごし脂をむやみやたらに入れたりとかって絶対にしませんものね

    おばちゃんの手作りのここの大根の漬けものも美味しいったらありゃしなくて、もう食べ始めると全然とまらんとです

     

    この日も追加料金のない大盛りラーメンをいただき、おばあちゃんの好意でごはんもつけていただいてたったの400円だけだったのですが...これでいいんでしょうか? ずーっと昔はご主人が中心にご夫婦でここをされていたと思うのですが、多分この元気な明るいおばあちゃんも80台半ばのはずです

     

    こうして皆に喜ばれて、自分も笑顔で過ごせる「鹿児島のラーメン」を提供しながら頑張れる80台...素敵でカッコいい、さすが薩摩オゴジョの「ほりえラーメン」なのです

    カテゴリ:食べること | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    海沿いジプシー
    0

      この日はサブイ日曜日で、前日から御台所さまがお友達と会いに福岡に出向かれたので、一人でイソイソと出かけて山形屋さんにお買い物に寄った後そのまま日曜日お昼の名山堀にむかったのですが...

       

      当たり前ですが「うっかり八兵衛」で日曜日なので「森のかぞく」さんも「チカバノ食堂」さんも、じぇーんぶお休みでしたぁ(^-^;

      ていぅっか、日曜日のランチなんかあるかっ?! てなもんですよねぇ

      でもってそのまんま東に向かってお散歩がわりにランチを探して歩き回っていると、桜島がきれいに見えるマイアミ通りぞいにありましたぁ!! そうそうここ前から行ってみたいと思っていたのですが、うちのそばなのに、いっつも忘れてて...

       

      JCの後輩で「出汁の王国・鹿児島」プロジェクトの実行委員長でもあるインテリ料理人「山下大介」さんの経営する、さつま麺業さんのこの店「鹿児島本流 ラーメン 仏跳麺(ぶっちょうめん)」

       

      この貝柱とか海鮮の出汁もふんだんに用いたラーメン、超ウンマかったです!!

      超サブいけどお天道様の下をけっこう歩き回ってから食べたので、ちょっと汗ばんでお外に出るとこれがまた気持ちイェーイなのでした

      どうです、薄くなった額の髪の中がちょっぴり汗ばんで(あんまいビンタは見らんでよかでね?!)だいぶ機嫌もなおって名山町でランチ探しで彷徨(さまよ)っているときに比べると顔つきがずっと穏やかになっているでしょう?

       

      「食べること」に関してはこれくらいわかりやすいスイッチを持つ単純な僕ちゃんなのです

      カテゴリ:食べること | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      宝山の後は絶対ここしかないっしょ?!
      0

        先般の徳田くんからお誘いをしてもらって感動体験したロシア国立モスクワバレー鑑賞の後は、一人だったので迷わずにそのまま名山町のレトロフトチトセビルの1階「農園食堂 森のかぞく」さんに小走りで(二足歩行です)向かったのでした

         

        公演が終わったのが、8時40分頃だったので急げばラストオーダーの9時にまにあうのです 

        ということで僕ちゃんが入店したのは8時50分くらいだったと思いますが、まだお客様が一杯だったのですが園山オーナーに無理を言ってカウンターのお一人様席で、誰にもジャマされずに美味しく最高クオリティの贅沢お野菜盛りだくさんの「夜の森のかぞくごはん」(飲み物・デザートまでついて2千円)をいただきました

         

        自家製(そのやま農園さん)で採れた無農薬お野菜をふんだんに使用した超ウンマイ「夜の森のかぞくごはん」

        僕ちゃんはここのお野菜ほど魅力的に美味しいお野菜を食べた事がありません!! 例えばここのニンジンのフライのこのおいしさといったら一体どうやったらこんなに甘く美味しく育つのでしょう、本当にニンジンの概念が完全に変わります

        人は(僕ちゃんのばやいは半分家畜系が入ってますが...)美味しいものを食べると幸せになれる、絶対にそう思うのです

         

        この夜は徳田くんのおかげさまで初めてのモスクワバレエの鑑賞をさせていただいた上に、こんなに美味しい「森かぞ」さんのディナーを心いくまで楽しませていただき、徳田くんにもそして風邪でダウンしていた御台所様に対してもなぜか一人祝着至極(しゅうちゃくしごく)な気分に浸った僕ちゃんなのでした

        カテゴリ:食べること | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        最年少のウエイターじゃなくてウェイトレス
        0

          親友のジノちゃんに教えてもらってから、うちの娘たちファミリーとも一緒に行ったりと、お酒を飲まない僕ちゃんにはやっぱり似合わないけど最近とっても気に入ってる鹿児島市内大竜町のイタリアン・ワインバー「Augurio(アウグーリオ)」さん

           

          この夜は珍しく、しばらくの入院後やっと全快して退院したばかりの本寿院さまをおつれてしてここにやってきたのでした

          そしてなんとこの夜は偶然にもジノちゃんご夫婦もたまたま店内で一緒になったのでした

           

          大竜町のこの辺りは僕ちゃんら玉龍高校OBたちにとっては、学校に近くて当時は路面電車も走ってたりしてとても思い出深いエリアなのですが、その後いったん少し住人が減って淋しくなってきたかなぁ...と思っていたらここアウグーリオさんはじめ近くにオサレなパン屋さんやスイーツやさんも出来てたりして、最近ちょっいといい感じのエリアになっているのです

          「さっさっ旦那たちどうぞはいっておくんなせい」的な雰囲気すら漂わせて、僕ちゃんらが席に着いたらちゃんとおしぼりを席まで持ってきてくれた、多分齢(よわい)2歳くらいの男の子(記事は間違っててジノちゃんの指摘で女の子だそうです😅)...(てか、この記事の最初の写真でついこの間迄こうしてママにだっこされてた子です!!)

           

          いいですよねぇこんな感じのリストランテも?! ほんのついこの間まではママ(シェフの奥様)にだっこされてたと思うのですが

            

          この夜はお任せコースみたいな、それでも超美味しくてとってもお得ですごいボリュームのお食事をいただいたのですが、あまりにも感動してまた食べる事だけに集中してしまい写真撮るの忘れてましたぁ...😅

           

          東京の青梅市ご出身のここのシェフのこの息子(正しくは娘さんですね)さんだけに、これは将来がとても楽しみだと思うのです

          そんなことを思いつつ美味しいお肉をいただきながらこのホスピタリティに感動でムダに顔に力が入ってしまっている僕ちゃん

          そして、たまーにホールの責任者としてちゃんと厳しい目をもってサービスに落ち度がないかどうかを確認して歩き回るこの責任感、多分彼(彼女)は世界最年少にして天才的なウェイター(正しくはウェイトレスということですね)、いやホール責任者だと感じるのです

           

          これから仏教徒の僕ちゃんには関係ないクリスマスや年末の忘年会などの機会もあるかと思います、みなさんもぜひここ大竜町の「Augurio(アウグーリオ)」さんのこの多分世界最年少のウェイター(ウェイトレス)さんのサービスで美味しいイタリアンを経験されてみてはいかがでしょうかぁ!!(くれぐれも僕ちゃんはお店の回し者でもなく、紹介料なんかもとってませんからねぇ!)

          カテゴリ:食べること | 09:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
          B.T.砲炸裂
          0

            この日はなぜか午前中からウルトラQ(級?)におなかが空いていて、もう11時を過ぎる頃にはお昼ごはんの僕ちゃんの頭の中には「あの」カツ丼のイメージしかなかったのでした

             

            ということで、すこし尻込みする御台所様にとり入りお昼の10分ほど前に向かったのはマルヤガーデンズ裏の「双葉そば」さん

            のれんをくぐると、まだお客は1組しかおらずに、大将もオバちゃんもまだそれほど忙しくもなく落ち着いていらっしゃいました

             

            僕ちゃんは御台所様がここに来ると名物の「カレーそば」を召し上がられる確率がかなり高く、この日もなにげなくそれを勧めたのですが、それにはちゃんと僕ちゃん「なりの」戦略プランAが仕込まれていたのでした...

             

            その戦略とは一緒に来る人が「カレーそば」を食べてくれると、僕ちゃんのカツ丼の付け合わせのソバも普通のソバではなく「カレーそば」になる可能性がかなり高くなるのです(「戦略」という言葉の定義を誤っている気もしますが)

            この日も案の定、大将が「ソバはどけんすんな、一緒にしちゃろかい?!(どうするソバは同じ(カレー味に)してあげようか?!」と言ってくださったのです

             

            大将もオバちゃんもまだ上機嫌だし、戦略がまんまと功を奏してこの日の僕ちゃんのカツ丼の付け合わせは、なんとカレーそばになったのでした!!(ラッキー)

             

            これはカレーソバだけに、まさに最強のB.I.砲(馬場&猪木)とはすこし趣が違う最強コンビ、ジャイアント馬場さんとタイガージェットシンの夢のタッグコンビだと言えるのかもしれません

            しかも御台所様はこのボリューム一杯のカレーソバの麺を食べきらずに、途中から僕ちゃんにタッチ(交代)を頼みででこられ、この後呉服町5番地から堀江町5番地まで歩いて約5分の道のりの僕ちゃんのおなかの重たい事...

             

            ところで、途中入り口のドアの外側から店内をしばらく観察する方がおられるなぁ、と思っていたらここの主とも言える大常連客の野崎先輩ご夫婦でいらっしゃいました、そして御大の野崎先輩が入店されるとこの店内はまた野崎先輩を主として風が吹き始めるのです...なんかいいですよねぇこんな客と一体感のある昔気質のお店

             

            そして安くで速くて間違いなくおなか一杯に食べられる事!! これはとても大切な事だと思うのです

            そんなこんなで僕ちゃん達が中学生の頃からお世話になっているここ「双葉そば」さんの大将とオバちゃんコンビのホスピタリティはB.I.砲もB.T.砲もやっぱりかなわないのかも知れません

            カテゴリ:食べること | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/61PAGES | >>