あんまい混んでよぉ?!
0

    もう開店して1年以上たったのですが、今ランチで改めてハマってるうちの近所の大黒町の「たんぱく室」さん

    なんだか最近また急にお客様がとても増えてきて、ランチの時に早めにいっても満員のことが多くなってきたのです

     

    それもそのはず、780円のランチの美味しさといい、その質・ボリュームといい実はものすごいコストパフォーマンスだからなのです

     

    最近、東京にしても鹿児島にしても多くのフードチェーン店のお食事の素材の味がしないことにはびっくりというかがっかりさせられ続けているのですが、若い働き手がどんどん減っていく今の日本の場合、同時にシェフや調理師の絶対数も減っていっているのは当たり前だし、そんな一方でフードチェーン店なんかが仕入れ価格を下げたりとスケールメリットを追っかけていくと、結局冷凍食品や保存料などに頼らないと難しくなっていくのは当然ですよねぇ...

     

    ここ「タンパク室」さんの美味しさの大きな要素2つ、まず取り放題サラダバーのこのお野菜は前にもこのブログ記事で書きましたが、鹿児島県の栗野岳の麓で有機農業にこだわりつづけておられる「園山農園」さんのお野菜であるということ

     

    そしてここの厨房の中にはこんな釜があり、こだわりのメニュー「サバの文化干し」「鶏のソテー」そして「ポークソテー」も焼き物はこの石釜でしっかりとマキの強火で焼いているということなのです

     

    そしてこれまたタンパク質とるのに最適な「ゆでタマゴ」もいつも食べ放題(でもマナーは守らなきゃね?!)

     

    つまりここ「タンパク室」さんのコンセプトは健全な身体づくりのためにも筋肉のもとになるタンパク質をちゃんとうまく摂取しましょう!! ということなのです

    こんなに良心的で愛情に満ちたお店が全国展開するフードチェーンの「チン」食材の金太郎あめ的お店を比べたりする事自体がおかしいよなぁ? と感じると同時に、やっぱり商売をするにおいてちゃんとしたお店はお客様に支持されてながーく残っていくということだよなぁ...と同じ商売人として改めて我が身を引き締める僕ちゃん

     

    でもあんまり人気が出て、お店が混みすぎて、なかなかここに入れなくなるのもやだから取材とか入らないでほしいなぁ、なんて全く自分勝手なことも考えちゃう複雑な気持ちの近隣住民の一人なのです

    カテゴリ:食べること | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Too much is "Never" good enough
    0

      な・なんと今日からもう10月ですね?! 9月の最終日週末は台風でせっかくのご家族との団らんを楽しみにしていた方々も、またご商売をされている皆様も台無しになっちゃった方々が多かったのではないでしょうか? うちの商売もそのパターンでしたぁ

       

      このブログは台風24号がまさに鹿児島に最接近しているその瞬間(日曜日のお昼)に書いたのですが...

      土曜のお昼は翌日には巨大台風24号がくるというニュースを気にしながらも、鹿児島は暑いくらいのとってもいい天気だったので、一応、非常事態下の夜ごはんの準備もかねて天文館の「そらのまちほいくえんのお総菜」におかずを買いにいったのでした

       

      ここの「そらのまちほいくえん」はまさに天文館のど真ん中に開設され、食育(食材・栄養・調理)にとことんこだわりながら夕食まで食べて帰れるつまり、この近所で働くおかあさんたちにとってはとっても安心でありがたい新機軸な保育園なのです

       

      そしてそんな保育園が子供達にも提供しているこだわりの食事をこうしてオサレなスポットとしてお惣菜としても売ってくれてるのです(内装など施行も内村建設さんです!!)

      そして僕ちゃんがランチを済ませた後で、御台所様と一緒に台風対策でここで夜の食材を買いそろえていると、なんとかつてKIC(鹿児島国際化推進協議会)の事務局を10年間も頑張ってくれていたバイリンガルのゆっこちゃん親子と遭遇!!

      ユッコちゃんは今はこのお若いお母様の後を継いで、鹿児島市内天文館繁華街のど真ん中の老舗ホテル「ホテルニューニシノ」の代表取締役社長さんとして本当にがんばっておられ、KIC(鹿児島国際化推進協議会)の10月5日(金)の「かごしま語っ場ー2018」にも参加してくださいます

       

      ちなみに一昨年はその「語っ場ー」ではゲストスピーカーとして、今の経営と事業から派生するボランティア活動などに関して、とっても面白くて意義深い話をしてくださいました

      お惣菜を売るにも食材のストーリーはもちろんですが、一番食べてほしいこどもたちやそのお母さん達にとって入りやすい、空間もスタッフもオサレだということは意外と大きい要素なんだなぁという気がするのです

       

      ということで、ガネ(鹿児島名物のかき揚げ)やら豚春雨やらとヘルシーなお惣菜を7種類ほど買わせていただき、もって帰って夜エルグでジム作業した後にいただいたのですが、気がつくとあまりにも美味しそうなものばかりだったので、二人で食べても全然食べきらないほどの量を買い込んでいて、残りはまたそのまま冷蔵庫で翌日のおかずとしたのでした

       

      それにしてもヘルシーなものでも、運動をしているといいつつ何でも食べ過ぎたらやっぱダメよねぇ〜😅

      カテゴリ:食べること | 07:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      ブッチャートリオ
      0

        9月27日は東京で花キューピットグループの役員会やら理事会などがあり、それが終わってから久々に全国からの理事さんたち6人で帰りがたまたま一緒になったので、そのままちょっとだけ遅めの夕食に出かけました

         

        この日東京はとっても気温が下がりセ氏18度くらいで気持ちよかったこともあり、北品川の日本フラワー会館から20分近く歩いて「五反田高架下」に肉を食べに行ったのでしたぁ!!

        お店は前回お邪魔して、お肉がとっても美味しくて安かった「ブッチャーNYCユナイテッド」!!

        ということでさっそく僕ちゃんが勝手に肉を頼みまくって皆でがっついたのですが...

         

        ふと気がつくとここでご一緒したメンバーは薩摩がゲンちゃんと僕ちゃん、そして柴田さんは長州藩(山口県)、7月にお世話になった梅原さんは土佐藩(高知県)ここであと肥前藩:佐賀が加わったらまさに明治の元勲「薩長土肥」となるのでしたが...そしてPCのスペシャリストでミュージシャンでもある清水さんは前橋藩(群馬)、そしてウルトラランの大学監督もされている戸田さんは小田原藩(神奈川県伊勢原市)

         

        なんだか東京にいるのにビミョーに東京の人がいない集まり、これがまた超楽しかったのでした(東京の人をディスってるんじゃあーりませんからね)!!

        そして僕ちゃん側の3人は動考えても対面から見ると多分..いや絶対に、暑苦しくてしょうがない感じの前橋・薩摩藩ブッチャートリオ...

        一方、向かい側のお三方は女性、アスリートと知的な方...(って清水さんゲンちゃん「失礼😅」)

         

        でもって帰りもみんなでワイワイとまた10分ほど歩いて大崎駅まで帰ったのですが、ずーっと真剣に議論した理事会の後のせいということもあり、よく笑って美味しく肉を食べてとっても楽しい夜でしたぁ

         

        この「五反田高架下」はまだ意外と知られていなくて、東京の木曜日の夜にも関わらずいい感じの混み賑わい具合で、メッチャ映えするオサレ空間でとってもいい感じなのです、薩摩のブッチャーもお勧めです

        カテゴリ:食べること | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        「映え」デストロイヤー
        0

          このブログ記事でもよく書きますが、最近とても多種多様で異年齢的な散らばりでさまざまな方々がワンストッブする堀江町の喫茶店「珈琲なぎさ」

           

          店名に「珈琲」がついているだけコーヒーはもちろん王道を行くので、水はもちろん豆にも焙煎にも、そして入れ方にもとてもこだわりを提供しつづけているのです...といいつつ僕ちゃんにはここのコーヒーは苦みが強くていつも「オレグラッセ(ミルクコーヒー的な)」か、最近は「アイスティ・マルコポーロ」をいただいたりしているのですが😅

          実は常連さん以外は意外と気づいてもいないのですが、ここの棚家具もものすごいアンティーク家具だし室内天井のあまりセンスよくみえないシャンデリアもなにげにウェッジウッドだったり、グラスもフランスのサンルイの1個数万円以上するものだったりとマジ「店主こだわり」のお店なのです...んが!!

            

          ここのメニューの中で「映えない」日本チャンピオンクラスのツートップ「中尾アイス(超美味しいアイスの上に小倉あんがトッピングしてある)」(左端)とここの川上オーナーイチオシだけんど僕ちゃんにとっては「ヒツジのこうもんさま」(はしたなくて失礼!!)にしか見えない「コーヒーゼリー」(てかこの2つは見た目ほぼ同じコンセプトですよね)

           

          ちなみに僕ちゃんのリクエストで作られた「中尾アイス」は今までSさんご夫婦、O2先輩、加藤さんらこの「中尾アイス史上」4人ご注文をしてくださったそうです(てかメニューにないし...)

          しかるに、ここの夜の定食(数限定)のこのサラダの気前の良さは世界最高クラスです!!

           

          まあ、わざとなのかあまのじゃくなのか知りませんが、その「こだわり」の本物さを全く伝えないというか、逆にそれを伝えるディテールの部分のデザインを見事に破壊しているというのか...

          ところで「破壊屋」といえば、日本プロレス界でも大スターだった「デストロイヤー」さんは昨年外国人叙勲で旭日双光章をもらわれていますよね?!

          先日はこの「なぎさ」でクリームソーダをオーダーしたらアイスとソーダを別々にだしてくれましたが、ぐちゃぐちゃにならなくて最後まで爽やかに冷たくいただけるということで、これがなかなかいいということに気づかされました

           

          オーナー川上さん(血液型B型だそうです...ほぼ関係ないと思いますが)なりの「映えすりゃなんでもありブーム」に対する反逆的潔(いさぎよ)さが本当にイケてるのかよく解りませんが、ここの多種多彩な常連客の皆さんはそれを気に入っていてあえてつべこべ言わないというか、面白がっているというのか...

          ここ「珈琲なぎさ」はそんなデストロイヤーママの存在をもって意外と不思議な空間魅力を持っているということなのかもしれません

          カテゴリ:食べること | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          ワイルドワンズじゃねーし
          0

            まからずやから歩いて3分の所にあった気軽なオステリア「アニカ」さん、シェフの馬場さんの腕はもちろんのこと人柄も素晴らしく大好きなスポットなのですが、このたび山形屋ベルグ広場のすぐ向かい側(中町ベルグ通りぞい)のビル2階に移転オープンされたのです

              

            電車通り前(いづろ電停)の山形屋1号館横の「中町ベルグ通り」のアーケードを入って、僕ちゃんの5番アイアンの飛距離くらいでしょうか?(150メートルくらい...意外と飛ばないのです)、ベルグ広場の斜め前の電車通りから来ると左手の酒舗「かごしま屋」さんのビルの2階に移転をされて営業をされていらっしゃるのですが

             

            この日はこのアニカさんでランチをいただこうと思い、この数日前にもこのアニカさんのことをLINEで情報交換していたM迫石材の前S社長にその場所を確認したのでした

            すると前迫S長は一見超面倒くさがりなのに、このアニカさんの店名を毎回必ず「オステリア 愛するアニタ」とわざわざ文字数を増やしながら記載してくるのです(☜ちなみにおヒマな方はこの赤文字の「愛するアニタ」をクリックして観てくださいね!)

             

            パスタ専門のこの「アニカ」さんメニューもさらにオーダーしやすく、飲み物、サラダやドルチェ(デザート)もセットのみではなくアラカルトでお安く設定されていました(相変わらず超オイスイーです!!)

             

            当たり前のことですが、やっぱり全国チェーンではなく、お料理を心から愛するアニキ「馬場シェフ」だからこそこんな美味しくて身体にもいい優しいお料理提供ができるのだと確信するのです

             

            ところで「アニタ」...じゃなくて、店名は「ANIKA(アニカ)」ですが←アルファベットでこれを後から読むと馬場シェフの奥様のお名前「アキナ」になるということで「アニカ」と命名しているのだそうです

             

            しかも面倒くさいことに、前迫社Cは知ってるのにまたシェフに確認したらしくLINEで僕ちゃんに「パスタ専門で、いすゞピアッツァはないそうです」ですって、んで僕ちゃんも「バスタ専門なので、いすゞのピアッツァは前からなかったですよ」と返信したりして😌

             

            まあ、M迫社長ももうおじいさんなので、同じ話を何度も繰りかえしたりするのもまた持ち味でしょうから、あまりしつこく言わずに僕ちゃんもそれに合わせて、丁寧にやり取りをしてあげようと思うじいさんにはやさしいじいさん「老老対話」の今日この頃なのです

            カテゴリ:食べること | 08:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
            | 1/64PAGES | >>