孤高のア太郎
0

    先日朝起きて部屋から出ると、目の前になにか見慣れない物体がものすごい存在感をもって現れました

    寝ぼけ眼(まなこ)をこすりながら見直すと、なんと14歳のネコの「ア太郎」ちゃんが、あられもないところに座っているではあーりませんか?!

    いつもトイレ掃除もちゃんとしてあげている僕ちゃんに向かって「なぁんだバカヤロー」的な視線を浴びせる「フテェ」態度のア太郎ちゃん...それにしてもネコってどうやってこんな場所に乗れてしまうのでしょう、きょうしょこうふしょうとかないんでしょうか?

     

    で僕ちゃんが背後に近づいてみると今度は「ぜったい押すなよ?!」的な表情で背後に気をくばるア太郎ちゃん、下から見上げるとこんな感じなのです、最近加齢のせいでバランスのいっそう悪い僕ちゃんだったらアッという間に下に転落して骨折だと思うのですが...

    それでいて、呼んでも近寄ってこなくて、自分が気が向いた時だけ勝手にひとのヒザに乗ってきてくつろいでいるのです

     

    まあいわゆる「ツンデレ」ってやつですよねこれ、でもネコはそこがまたカワいいんですよねぇ

    カテゴリ:ペット | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    また「メルビー」の季節
    0
      うちで家族として13年間一緒にいてくれてたキャバリア犬のメルビーちゃん、今年も2月28日は彼女が亡くなってちょうど4年たった5回忌だったのでした

      でも今年は2月中にどうしても行けなくて、3月1日になってからお参りしたのですが、なぜかメルビーちゃんの年忌でここを訪れるとき(まだ4回だけですが...)にはいつもとってもいい天気なのです

      「メルビーちゃん」が亡くなった時ここ鹿児島大学動物病院さんで荼毘(だび)に付していただき、そのままここの共同のお墓にいれていただきました

      ところで、こうして彼女の命日にこの場所を尋ねるときに毎回不思議なことが起きるのです...
       
      ここでお参りしていると、必ず可愛い動物たちがどこからともなく姿を現してくれるのです
      今年はうちのネコの「ア太郎ちゃん」とクリソツな白黒ブチのネコちゃんが寄ってきてくれて、僕ちゃんと御台所さまにわざわざ接触してきてすぐそのままいなくなりました

      一昨年はワンちゃんがいて昨年はなんとこの鹿児島大学の校内のこのスポット(墓標の左横のちっちゃい森)になんと野生の「ウリボー(イノシシの子)」が顔をのぞかせてくれたのです

      きっと天国でメルビーちゃんが僕ちゃんらにまた来年来てほしくて、いろんな趣向を凝らして地上の動物に乗り移ってコンタクトしてきてくれているのかもしれません
        
      そして毎年ここに来るとなぜか恒例の「条件反射」...ちょっとだけ開花のここの桃の木前での記念撮影、今年はメルビーが初めてここで会う「ミニーちゃん」も一緒に連れてこの木の前で撮影をさせていただきました(但し今年は工事中の重機がおいてあった関係でいつもとアングルが違うのですが...)

      そういえば僕ちゃんは5歳から約11年間、この鹿児島大学の附属学校に天文館そばのいづろ通りから毎日首から定期券を下げながら路面電車に30分間ほど揺られて通ったのでした

      あの当時小学生の頃の僕ちゃんらから観る鹿児島大学のおニイさんおネエさんたちは大きくて偉大な大人のみなさんでしたが、あれから早50年...気がつけば僕ちゃんは今輝いている大学生のおニイさんやおネエさんからみてシワ・シミだらけで髪の毛も乏しい「おジイさん」になってしまっているのです、でもそのはんせいきの間には多くの出会いや色々な別れがあり、そしてそんな中で僕ちゃん自身もみんなから支えられて生きてきているのです

      感慨深くそんなことを思いつつ、また来年もメルビーちゃんに会いにきてあの桃の木と一緒に青空の下で写真を撮れたらいいなぁ、とささやかなお願いをさせていただいたのでした
      カテゴリ:ペット | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      こらっ!「テヘペロッ」じゃねえだろがぁ (-_-;)
      0
        またまたしばらくちゃんとコミュニケーションできていなかった2人のうちのペットたち...先日僕ちゃんが城山観光ホテルから買ってきて食べるのを楽しみにしていた1個500円以上もする上等の菓子パンを、ネコのア太郎ちゃんがテーブルから引き落としてそれを2匹で食べる(あくまで容疑ですが...)連係プレーで一番おいしい上の部分だけ食べちゃって僕ちゃんから説教をされたばかりだったのです

        しかも新年4日には照国神社でお参りした際に神前に「あの2匹、ワルサをしませんように」とお願いをしたばかりだったのに今度は明らかにワンコのミニーちゃんの単独犯(これも容疑ですが...)で僕ちゃんが大切にとってあったちっちゃい粒あんのお饅頭を1個まるまる食べてしまったのです
         
        最初に「こらーっ!これは誰の仕業ねぇっ??」​と噛みちぎられたセロハン包みを見せながら尋問すると、「だんなぁ、あっしゃあ知りませんぜ、とんと見当もつかねぇや」的な表情を見せるミニーちゃん
         
        さらに僕ちゃんが「正直に言いなさい!! 一度だけはゆるしてあげるからぁ」と強く言うと...
        「バレやしたかぁ?! テヘペロッ!」てゴマかそうとするミニーちゃんに僕ちゃんが「一度目はとっくの前にすんでるだろうがぁ、はぁ〜ん?!」と追い打ちをかけると
        「てめぇ、そんな禁じ手はねえだろう?!」的な逆ギレの目をするミニーちゃん...

        なんだか最近この家での自分の序列を勘違いして僕ちゃんをナメてるような態度のミニーちゃん、御台所は別格として3匹の中ではまだ僕ちゃんが僅差でかろうじて立場トップでいるつもりなのですが、でも意外とうちの家の中でまったく独立的存在でだれにも媚びをうらないア太郎ちゃんがキャスティングヴォートを握っているのかもしれない、なんてこのバトルロイヤル戦的な混戦状態の中で、そうするとうちの3匹の中で最下位の可能性もあるじゃんなんて「ビリ」争いで意外とウカウカしていられないと感じる僕ちゃんなのです
        カテゴリ:ペット | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        引き出物「ア太郎ちゃん」
        0
          先日僕ちゃんがうちに帰ってくると、またまた気まぐれな「ネコのア太郎ちゃん」が見当たらなくなっていたのでした 

          よくあることなのですが、彼女が顔を見せるのは、ほぼお腹が空いてごはんを食べたいアピールをする時だけなのですが...僕ちゃんがソファにボテーンと座ってテレビを観ながらふと下を見ると

          ここにいました!! ネコって本当に狭い所とか大好きですよねぇ〜

          前日の結婚式のおみやげ袋の中にコンパクトに納まっているではあーりませんか?! 考えてみるとうちのたっくんが高校時代にもらってきたこの「ア太郎ちゃん」も、もうかれこれ生まれて13歳くらいだと思うのですが...

          調べてみたのですが、ネコちゃんの年齢を人の年齢に換算すると、ネコのぱやい最初の1年間つまり1歳になると人間の18歳に相当するのだそうです、そして飛び石で年齢を重ねて13歳だと人間の68歳ということで、「ア太郎ちゃん」一昨年僕ちゃんの年齢を超えていつの間にか僕ちゃんよりも10歳も年上となっていたのでした

          そしてあと3年もたつと人間の80歳に相当する年齢になるのだそうです
          「ア太郎ちゃん、あんたとてもワガママで自分勝手だけんどやっぱり長生きしてほしいのことよ!!」
          カテゴリ:ペット | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          GODZILLA@新宿
          0
            今回の東京ではおとといの夜に息子のたっくんと食事をすることもできたのですが、彼が仕事が終わってから新宿で待ち合わせてまず連れて行ってくれたのは身長108.2メートル、体重9万トンの最近ちょっと大きくなった「ゴジラ」のいる新宿歌舞伎町のホテルグレイスリービルでした

            相変わらず人が多くてにぎやかな「新宿」、だってJR新宿駅ってたしか一日の乗降客が150万人を超えていて日本一なんですものね...
             
            意外と知られていない事実?なのですが...この日本が誇るゴジラが出てきた映画はハリウッド版を含めて30を超えるのです
            そして一番最初の1954年に公開されたゴジラは身長50メートル、体重は2万トン、この設定での映画出演は15作品目までで1984年からは身長80メートル、体重5万トンと急に巨大化したのです

             
            さらにあの最高にカッケー「キングギドラ」と戦った「ゴジラVSキングギドラ」では身長100メートル体重6万トンにまで巨大化したのです...がなぜかその後の「ゴジラ2000」では当時活躍していた野球の松井秀喜選手にあやかって55メートルに縮んだのです

            まあ、それはそれとして久しぶりの6月の新宿の夜はゴジラが登場しているにも関わらず意外とクールで(涼しくて)とっても気持ちいいのでした
            カテゴリ:ペット | 05:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/10PAGES | >>