T.G.!! "He's still alive"
0

    幼馴染のしんちゃん先生からの大推薦があり、封切られて3日後には品川のImax劇場に見に行って、僕ちゃんも感動で大泣きしてしまった映画「ボヘミアンラプソティ」...いまだに地方でも大ヒットを続けているそうですが...

    実は僕ちゃんは今から41年前の20歳の時に、当時まだ高校生だった妹を連れて武道館でのクイーンのライブを観ました、そして2005年にはヴォーカルにポールロジャースを迎えた新制クイーンを福岡ヤフードームに観に行ったり

    それにしても全メンバーそっくりというか、特にギターのブライアンメイは当時の本人じゃないかというくらい似てましたね?!

     

    そして新宿コマ劇場の閉館前2004年に開催されたロックオペラライヴ「ウィウィルロックユー」では当時当時高校3年生の大学下見を兼ねて息子のたっくんと一緒にノリまくって...でも、なんだかんだ言っても45年くらい前の当時、クイーンはキャッチーすぎて女性や子供のロックだなぁ! なんて上から目線で思ってたりもしてたのですが、40年間やり続けるとレジェンドになるということですよね?!今になってこんな素晴らしい映画が大ヒットするなんて思ってもみませんでした

     

    そして、この「ボヘミアンラプソティ」の公開とほぼかぶさってというか、たった今劇場公開されている僕ちゃんにとってはむしろ絶対に見逃せないもう一本がこれでした

    僕ちゃんが10代のころから勝手に友人のような気持ちで約半世紀近くも聴いてきた「エリッククラプトン」のドキュメンタリー映画「12小節の人生」

     

    ところがこの映画を観ようと思ったら、九州では福岡でしか上映はなくまた東京でも3か所しか上映していないのです、ということで12月最後の東京出張を利用して、忘年会の前の時間で初めて訪れてみることとなったシネクイント渋谷に駆けつけたのでした

     

    羽田空港から「雅叙園」での忘年会の前に渋谷に直行し、センター街を入りロフトの前...てかここにシネコンがあったなんてこん時初めて気づいた僕ちゃんなのでした

     

    そして超感動したのが、このビルの7階の小さいシアターで上映ということで、たまたまエレベーターに乗り合わせた見た感じ齢80歳くらいのおじいちゃんが独り言で「やっとたどり着いた! 60年くらい前はこの辺で遊びまわってたんですぐわかると思ってたんだけど...」ってつぶやいたので、思わず「僕は40年くらい昔やっぱり同じでした」という話をして、エレベーター内での一瞬の会話で一気に距離が縮まったのでした

     

    エリックの写真はどれも見ても僕ちゃんにとってはなぜか勝手に身近な親友を観ている気分なのですが、それはまさにエリックのような天才でかつ完璧主義者を作り上げた、その波乱万丈というよりもっと壮絶な彼の人生があり、彼のギターの音色と独特のフレーズの素晴らしさとオリジナリティが生まれ続けてきたその人生とシンクロしながら彼のギターを聴いてきたからかもしれません

    どんな瞬間のどんなアドリブでもエリッククラプトンのギターは驚きと感動の連続なのです、映画の中でも僕ちゃん的には彼のアドリブの最高傑作だと疑わない「クロスロード」ライブ盤のアドリブは全フレーズ流されていました

     

    そしてサイケ時代のクリームの「ストレンジブルー(Strange Brew)」もレコード盤そのままでエリックのカッケーこと...もう鳥肌を何度も立てつつ(ちなみに僕ちゃん酉年ですから)何度も何度も泣きました

     

    僕ちゃんの宝の一つ、デレク&ドミノスのアルバム「レイラ」はどの曲をとっても名作ばかり、そしてエリックが姿を隠すようにして一番自由にギターを弾いていた感のある「ブラインドフェイス」も今聞いても素晴らしい曲ばかり...スティーヴウィンウッドのロンドンハイドパークでの「プレゼンスオブザロード」もまたまた涙にくれました

     

    数年前にこのスティーヴとのライヴも福岡で見たりしたのですが、ひょっとするとエリックはブラインドフェイス時代の環境や曲調が一番ギターをのびのびと弾きやすかったのかもしれませんね?

    このエリックの得意そうな顔!!「Who do you think I'm riding with?(俺一体誰と一緒に乗ってると思う?!)」とサブタイトルのついたこの比較的最近のアルバム..もちろん今でも僕ちゃんの宝物の一枚です

     

    エリックの人生は有名なところだけでも、母親に捨てられ拒絶され、天才がブルーズの魅力に惹かれストイックにギターにのめり込み、当時のビートルズやストーンズとの接点ももちろんあり、なんといってもブルーズ界のマディウォーターズやB.B.kingにも認められつつも彼自身はどんどん孤独になり、かなわぬ恋に絶望し、薬物中毒から、アルコール依存症へと...そして堕落

     

    どん底のころのエリックのソロアルバム、でもこのアルバムも素晴らしい曲ばかりですが、この映画でエリックが言ってたのは、ボロボロになりながらも死ななかった理由は「死んだら酒が飲めなくなるから」だったそうです

    どん底にあったエリックがジミヘンドリックスの名曲「リトルウィング」を自分のアルバムに収録したたった1か月後にジミヘンがオーバードラッグで死亡、その事実に直面したエリックの一言が「どうして僕を一緒に連れて行ってくれなかったんだ」ですって...この言葉にまた僕ちゃんは画面に向いたままボロ泣き(T_T)

    でも皮肉なことにエリックはどん底に落ち込むたびに素晴らしい曲を世に送り出し続けていますよね!!

     

    そしてデュアンオールマンとの出会いと不滅の名曲「レイラ」の誕生、最愛の4歳の息子「コナー」君のニューヨークでのビルからの転落死、そして生まれた「ティアーズインヘヴン」この曲ではグラミーをいくつもとったし彼がヴォーカリストとして一段と有名になり、それから後は多くの方々に知られるようになりました

    いずれにしても、どんな形でも僕ちゃんは「ミスタースローハンド」エリッククラプトンが生きていてくれることが一番うれしいし、彼がやっと自分の居場所を見つけ出して笑顔で暮らしている今の姿を見れることが生涯のファンとしてその冥利に尽きるのです

    カテゴリ:ロックミュージック | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Queen Of Soul
    0

      ローリングストーン誌が「史上最高に偉大なシンガーのトップ」に選び、1987年には女性歌手として初めて「The Rock and Roll Hall of Fame(ロックの殿堂)」入りを果たしたまさに「ソウルの女王」アレサ・フランクリンが8月16日(アメリカ現地時間)午前に76歳で亡くなりました

      でも僕ちゃん的に完全にアレサフランクリンにハマってしまったのは、やっぱり1980年にリリースされたジョンランディス監督の映画「BLUES BROTHERS(ブルーズブラザーズ)」がきっかけでした

       

      アメリカに遊学中にこのベータマックスのビデオを手に入れて、その後DVDも買って、もう何百回観たか解んないくらい観たのですが...この中でアレサフランクリンが元ブルーズブラザーズのギタリストだった自分の旦那(なんとアレサの旦那さんがまたマット・ギター・マーフィーなんですよねぇ?!)がまたバンド復帰しようとするのにむかって歌いながら説教をする!!このシーンがどれだけトリハダものだったことでしょうか( `ー´)ノ

       

      ところでこの映画にはもんのすごいスターたちがキャスティングされていて、「ジョンリーフッカー」は普通にガチで出てましたがブルーズブラザーズのステージからの逃亡を手伝っているステージ上のMCは「Sir.キャブキャロウェイ」だし「チャカカーン」も「ジョーウォルシュ」もついでに「スピルバーグ」も出ちゃってるし...

       

      まさにブルーズとソウルのスターたちをさりげなく集結させたもんのスゴい映画でした、でもその中でもこのアレサが歌って踊る自分と旦那のマットと経営するカフェの中での説得シーンの歌「Think」のパフォーマンスは何回観てももんのすごいですよね?!

       

      2回と同じ歌い方はしない(出来ない?)と言われてきたこのアレサが旦那を「大人になりなさい」と言わんばかりに説得するド迫力のこの歌とダンスシーン、なぜだかとっても「超コワイけど包容力のある優しいかあちゃん」に感じるのは僕ちゃんだけでしょうか?

      このキャブとBBのシーンでもバックにはさりげなく「マーティンルーサーキングJr.」の写真がかけてありますが、今の時代こそ活動家の数が増えましたが、アレサはデビュー当時から人種やジェンダーでの差別とはずーっと戦ってきたいわゆるレジスタンスシンガーですものね?!

       

      アレサのお父さんは超有名な牧師でゴスペルシンガーそして実はキング氏とは親友でやはり公民権運動家だったそうです、そしてなんとSir.デュークエリントンも彼のもとに歌を聴きにきていたそうです

      アレサの「soul」が永遠に安らかならんことを願いつつ、最近観ていなかった映画ブルーズブラザーズの「ソウルの女王」アレサの「かあちゃんソウル」パフォーマンスをまたあらためてじっくり味わって観て聴きなおしてみようと思うのです

      カテゴリ:ロックミュージック | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      God & Reincarnation(神と生まれ変わり)...だのに
      0

        先般WOWOWテレビを見ていたら、エリッククラプトンとデレクトラックスの2007年のツアーライブ映像が流れいて、思わず「やったー!!」そのまま画面にくぎ付けになってしまいました

        「ミスタースローハンド」エリッククラプトン(右)は言わずと知れたキャリアのギタリストですが、この隣で赤いギブソンのSGモデルギターを弾く僕ちゃんの大好きな天才スチールギタリスト「デレクトラックス(39歳)」はその名前の「デレク」はクラプトンが1970年に結成したバント「デレクアンドドミノス」からとって名前を付けたギタリストなのです

         

        そしてこのステージのラストに演奏された曲はその「デレクアンドドミノス」の名曲「レイラ」だったのですが、このレイラは多くの方々がご存知の通り、エリッククラプトンが親友ジョージハリスンの奥様とのかなわぬ恋を歌った曲で7分ちょっとの曲がその半分くらいで転調をしピアノでのコーダ(独立した終結部分♪)に入っていきますよね?!

        そのピアノコーダに乗せて涙がでそうなくらいメロディアスなスチールギターを奏でているのが、その「レイラ」発表の一年後(1971年)に当時わずか24歳で事故死をしたオールマンブラザーズバンドのリーダー「デュアンオールマン」

         

        このステージでデレクトラックスの演奏と姿を観ていて思わずデュアンオールマンがこの世を去った時の姿でこの世にまた戻ってきたんじゃね?!と勘違いするほどすごい絵なのでした

        そんな感動の矢先、一昨日の新聞で今から47年前に亡くなったデュアンオールマンも愛用していたレスポールギターのメーカーであるそのアメリカの「ギブソン社」が「若者たちのロック離れ」で経営危機に陥っているという記事を読みました

         

        今からさかのぼること13年前の2005年には160万台販売していたギブソンエレキギターはその10年後の2015年には販売本数110万台まで落ち込んでしまい、負債総額が日本円で約550億円になってしまっているのだそうです

          

        僕ちゃんらの若い時代も時の流れや時代の変遷によって聴きたい音楽が変化したり飽きたりしつつ、ポップスからロックへそしてプログレッシブロックなどへ移り変わっていったように、今はヒップホップの全盛となっているのもある意味仕方がないのかもしれませんが...

         

        多分エリッククラプトンやデュアンオールマンもこうしてレジェンドとなり「かつてのスタイルの音楽」となっていくんだろうなぁ

        とオッさんにはちとさみしい気がする若者たちの「エレキギターばなれ」なのです

        カテゴリ:ロックミュージック | 03:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ねえさん、今でも大好きっスよ!!
        0

          僕ちゃんが珍しくテンションが落ちたり、逆にここ一発元気をだして行こう! と思ったときに必ず聴く一曲に「リンダロンシュタット」の歌う「Tumbling Dice(ダイスを転がせ)」という曲があるのです

           

          もちろん多くの方々がご存知かも知れませんが、この曲は言わずと知れたあのローリングストーンズの1972年のスマッシュヒットソングでミックジャガーとキースリチャーズの共作なのですが...実は意外と知られていないのは、この曲は当時ミックジャガーが付き合っていた「リンダロンシュタット」のことを歌った作品だということなのです

           

          ミックが彼女のことを小悪魔のように表現をすると、その歌詞の主語を自分自身に置き換えてすごい過激な内容でリンダは歌っているのですが...その歌詞内容は別として、ミックとキースが作った楽曲をリンダが歌ってる、そして短いけど超かっこいいイントロに続いてけだるく歩くようなリズムのギターリフのカッコよさ、そしてリンダ独特の肝の据わりながらも綺麗な声...もうたまらんテンションなのです!!

           

          そもそもあのアメリカを代表するスーパーバンド「イーグルス」のグレンフライとドンヘンリーはこのリンダのバックバンドとして活躍していたんですよね?!

          それもこれも全部ひっくるめてオリジナルのローリングストーンズが演奏するこの曲はもちろんですが、僕ちゃん的にはリンダの声で歌われるこの歌詞だからこそすごいと感じるのです

           

          当時からまさに超スーパースターだったミックジャガーを相手に彼をダイス(サイコロ)のように手のひらで転がしてもてあそぶ、まるで「お金や地位がいくらあってもわたしの心は満たされないものなのよ」みたいに...

          でもどこまで生きてもいつまでも素敵な不良のままのミックもすごいし、この「Tumbling Dice」を歌うドイツ・イングランド・メキシコの血を引く、ねえさん「リンダ・ロンシュタット」(英語読みをすると「ロンスタッド」ですね)の奔放で自信に満ちた歌う姿のカッケーこと...

           

          彼女はスペイン語も話すバイリンガルなので、僕ちゃんねえさんのスパニッシュの歌詞だけのバラードの楽曲だけ入ったCDもむかーしに買っていて宝物にしています、そしてこれも有名な逸話ですが、初めてミックがリンダに会ったときに「君のバラードは素晴らしいけどロックが足りない」と言ったら即座にリンダが「あんたのロックにはバラードが足りない」と返したのだそうです...これもすごい話ですよね!!

           

          1946年生まれの彼女は2011年には音楽活動をやめて、今70歳になりパーキンソン病と戦っているそうですが、彼女のロック魂も永遠に不滅のものとして、いまだに相変わらず僕ちゃんの日常ではそのパワーの恩恵にあずかっているということなのです...やっぱりロックは永遠に不滅だということですね!!

          カテゴリ:ロックミュージック | 03:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          R&B&R界の竜馬
          0

            先日WOWOWチャンネルを観ていたら「Rock'n Roll Hall Of Fame2016」今年のロックンロールの殿堂の各賞授賞式をしていました

             

            そしてシカゴやディープパープルといったいろいろなレジェンドバンドなどが受賞をしながらライブ演奏をしていてとても懐かしかったのですが...

             

            とりわけ僕ちゃんもロックミュージックスピリットにひかれて遊学しながら住んでいた北カリフォルニアのサンフランシスコの地からブレイクしたこの人のこのスピーチには鳥肌が立ちっぱなしでした(◎_◎;)

             

            彼の場合、単に天才だというだけでなく、さまざまなジャンルのミュージシャンたちと「巡り合わせの星」を生まれ持っているとしか思えない「スティーヴミラー」...

             

            このアワードのステージでも大ヒット曲「ロッキンミー」を歌ってくれましたが、未だに彼の独特の声のまま高音もムリなく歌いつつギターも素晴らしかったのでした

              

            こんな人もいたのだと...シカゴブルーズの神様でもあるバディガイにもギターを習い、シスコを代表するバンドの一つ「グレイトフルデッド」のジェリーガルシアとも、スティーブミラーバンドの前にはボズ・スキャクグスとも一緒にバンドやってたことも有名ですよね

             

            「スティーヴミラー」の生き方を観ていると、スゴイと思うものやスタイルそして世界観を認めてそこに飛び込んでみるという「curiousity(好奇心)」やそんなアンテナを持つ人、そしてそこから自分自身の中に独特の世界感を作ってしまえる人...これがけっきょく生涯を幸せに生きてしまうタイプの人間なのではないかと感じてしまうのです

            やっぱりロックもブルーズもすごい、素晴らしいのです!!

            カテゴリ:ロックミュージック | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/16PAGES | >>