火星(マーズ)ではなかったイタリアンヒーロー
0

    先月4月18日(アメリカ現地時間)に「人間発電所」のニックネームで日本のプロレス界でもジャイアント馬場さんの大親友としても有名だった「ブルーノ・サンマルチノ」氏が82歳でなくなったとのニュースが流れました

    僕ちゃんが小学校4年生の頃に初来日して、馬場さんと名勝負を繰り返していたのを本当に懐かしく思い出します(プロレスラーとして全盛期当時で身長182センチ体重120キロだったブルーノサンマルチノ氏)

     

    親友であったジャイアント馬場さんとはレスラーとしてデビューしたのが1年しかからわないこともあり(サンマルチノ氏は1959年、馬場氏は60年レスラーデビューです)馬場氏がアメリカでトレーニングサーキット(武者修行)をしていた1961年にアメリカで出会ってすぐに親しくなったのだそうです

     

    サンマルチノ氏自身はイタリア人、それが故アメリカのプロレスファン層にとても多いイタリア系アメリカ人から絶大なる支持を受けており、日本プロレスが分裂後もその人気を背景に親友である馬場氏の全日本プロレスのリングにだけ上がり続けた「人間発電所」ブルーノ・サンマルチノ選手だったのです、そしてイタリアンだったのに、彼の決めワザは「カナディアンバックブリーカー」でしたよね?!

    MSGというのはマジソンスクエアガーデンのことです、彼はWWWFチャンピオンとしてMSGのリングにあがり続けて「MSGの帝王」と呼ばれたのです

     

    日本に初来日した時に大きな馬場さんが窮屈そうに日本車に乗り込むのを見て自分自身のキャデラックを船で送ってジャイアント馬場さんにプレゼントした話はあまりにも有名なのですがその後、馬場さんはその心意気をかって生涯サンマルチノ氏がプレゼントしてくれたキャデラックの色・型を買い続けて乗っていたのです...涙が出るくらい素敵な話ですよね?!

     

    今の時代「ブルーノ」といえば、「ブルーノマーズ」ですが、プロレス界にもこんな素敵なイタリアーノがいたのです、きっと今頃は天国でまた馬場さんと再会を祝してあのニヒルな笑顔でチンチン(乾杯)していることでしょうね! 心よりご冥福をお祈りするのです

    カテゴリ:趣味のスポーツ | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    タモルデブルハシル
    0

      東京でのフラワードリーム2018の開催された4月の半ばくらいから、昼食時間がとれなかったりとかで結局ため食いするパターンがつづいて体重が2キロほど増えちまってました

       

      お昼ごはんが飛んでしまい、その次の食事を食べ始めると恐ろしい量を際限なく食べてしまう僕ちゃん...

        

      結果、ダイエットトライの回数だけはかなり自慢できるのですが、学習能力のなさがこれまた素晴らしく太ってはストイックに急な食事制限をしてみたり運動をしたりーので身体をいじめてしまうのです(何といってもM-styleですから)

      するとデブは数値的には減量の分母となるもとの体重値が大きいので意外とすぐウェイトは落ちた気になって、また調子に乗ってしまうとです、実際僕ちゃんのように体重ほぼ80キロの人にとっては2キログラムくらいは誤差の範囲ですもんねぇ...

       

      そしてまた食べてしまうと身体が大きくなって...

      そしたらまた走って筋活したりして、筋肉痛になって「でも幾つになってもやっぱり筋肉をつけなきゃならんよねぇ、だから動物性タンパク質を摂取せんないかんよねぇ」と言いながら、やんにー(焼き肉)と白ごはんおかわりして3杯をガッツリ食べてしまう

       

      体重をコントロールするために走る、というよりやっぱり僕ちゃんのばやいは「食べるために走っている」ような本末転倒スパイラルのようなきがしてならんとです悲しい

       

      カテゴリ:趣味のスポーツ | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      セブンズ アゲイン!!
      0

        先週末の6日〜8日は7人制ラグビー「セブンズ」の聖地の一つであり、まさに世界からチケット争奪戦の末に多くのサポーターたちも集まってくる「ホンコンセブンズ」が、香港島の中心街の丘の上に位置するホンコンスタジアムで開催されました

         

        この「セブンズ ラグビー」は娘ムコさんの「桑水流 裕策」選手が一昨年のリオオリンピックまで13年間にわたって日本代表を務めさせていただいた「世に存在するスポーツの中で最も過酷なフットボール」とも呼ばれる競技なのですが...

        実はオリンピックで世界4位と史上最高成績をおさめた後、裕策選手を含みメンバーも一部入れ替わったり、また15人制ラグビーのトップリーグなど様々なシーズンとの重なりもあったりして昨2017年シーズンは前半は大学生中心のチームで戦わざるを得なかったりで、世界ランキングの上位15位までの「コアチーム」と呼ばれるワールドシリーズのグループからも落ちてしまっていたのです

        でもさすがなのです、今年はその先週のホンコン大会で準決勝・決勝のドイツとさながら王者の逆転劇で勝ちをおさめて、アジアチャンピオンに帰り咲いて今年のコアチームへと昇格を果たされたのです!!

         

        小澤 大(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)キャプテンを中心にリオで一緒に戦った坂井選手、合谷(ごうや)選手、そして裕策キャプテンとトップリーグで一緒のコカ・コーラレッドスパークス所属「ギャム」こと副島選手も昨シーズン後半から合流して勝ち始めて、やっぱみんなスゴかったです)

         

        これはリオオリンピック出場を決めた同じホンコンスタジアムでのアジアチャンピオンシップでの裕策キャプテンたちの勇姿!! 僕ちゃんもこのホンコンスタジアムで2日間、応援観戦していてリオオリンピック出場を決めたあの瞬間の感動を思い出して今でも涙が出てきます

         

        さあ、ほとんどの皆さんがご存知ないと思いますが、今年は7月には7人制ラグビー「セブンズ」のワールドカップがカリフォルニアのサンフランシスコのAT&Tパークで開催されるのです、そして何といっても来年2019年は15人制のラグビーワールドカップがアジアで初の開催となる日本大会、さらには2020年には東京オリンピック、つまり2020年東京オリンピックにはその一種目として「セブンズ」も東京で開催されるということなのです!!

        マジにチケットがとれない「ホンコンセブンズ」のスタジアムの様子、観客側からいうと15人制と違って2日間をまるでフェスティバルのようにコスプレしたり音楽もパフォーマンスもありで世界中からのみんなで楽しんでしまう夢のようなイベントなのです

         

        ここはひとつ、セブンズ(ラグビー)ジャパンもまたコアチームに戻って一年間世界最高峰のレベルでの経験を積んで東京オリンピックを迎える事ができる、ということでまたまた裕策キャプテンたちが残してくれた世界4位のレガシーをさらに更新をするステップを上がっていくのを期待しつつ、この「最も過酷なフットボール」ながらオサレで楽しいお祭りのような「セブンズ」にもご注目をいただきたいと思うのです

         

        ちなみに「ミスターセブンズ」桑水流 裕策選手は、リオオリンピック後は元々の所属であるコカコーラレッドスパークスのフランカーとして日本最高峰のトップリーグラグビーでバリバリ身体はって頑張ってますので、こちらもぜひぜひ今後も応援をよろしくお願いいたします!!

        ってか、ラグビー関係者でもないのにまたジャーマネってるし...

        カテゴリ:趣味のスポーツ | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        「運命を急速に変える象徴的な勝利」
        0

          僕ちゃんらの玉龍高校同級生の薩摩オゴジョの息子さんでプロテニスプレイヤーの「ダニエル太郎」選手がもんのすごいことをやってのけました!!

           

          アメリカ カリフォルニア州(インディアンウェルズ)現地時間3月11日BNPバリパオープンの男子シングル2回戦で元世界ランキング王者のあのノバク ジョコビッチをフルセットの戦いで破ったのです、ジョコビッチはこの大会で一昨年2016年を含み過去5回チャンピオンにもなっているのですが

          フィジカル(身体の強さ)の差などと闘争心の違いがモロに出るだけにやっぱり番狂わせが絶対に起きない競技「テニス」でなんと元世界ランキング1位の絶対王者「ジョコビッチ(セルビア)」を破ったということで、すぐ玉龍同級生LINEグループニュースとしてシェアされました、そしてATP(男子プロテニス協会)の公式サイトでも確認するとこの「ダニエル太郎」選手のプレーが大絶賛されているのです

           

          17歳でプロ入りして現在25歳、日本人が苦手といわれるクレーコートにもめっぽう強く、とにかく超安定感と粘りのあるストロークがモットーのプレースタイルで今回も負けたジョコビッチが試合終了後には大観衆に向かってダニエル太郎選手の事を讃えるほど精度の高いストロークを続けていましたね?!

          このアメリカ人と薩摩オゴジョのハーフの「ダニエル太郎」選手、実はうちの娘婿さんのラガーマン「桑水流 裕策」選手と同じリオデジャネイロオリンピックの日本代表のオリンピアンでもあるのです!!

           

          前に東京で玉龍同級生で集まっていた時に太郎君のお母さんも来られていて携帯で本人と一度話しただけですが、ネイティヴとして話すスペイン語と英語同様に日本語も完璧で、その上にこれまた本当に礼儀正しい青年なんですよぉ

           

          もちろん見て解る通りイケメンで身長も190センチそして何といってもその恵まれたフィジカルと選手層の厚いスペインでずっとテニスをしてきたそのキャリアとお母さんゆずりの何事にも動じないおおらかさがテニスコートでいっつも垣間みれるのです

          彼もまたこれから世界を舞台にしてますます楽しみな鹿児島に縁のあるテニスプレイヤー「ダニエル太郎」選手、鹿児島の皆さんも応援をよろちくお願いしまっす!!

          カテゴリ:趣味のスポーツ | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          かごしまファンラン2018
          0

            一昨日は鹿児島市内の春の風物詩になってきた「かごしまマラソン2018」の日でした

            うちのすぐそば歩いて5分のドルフィンポートをスタート地点に1万人のフルマラソンランナーのみなさんと3千人を超えるファンラン(8.9km)のランナーのみなさんが鹿児島のとっても暑い新春の鹿児島市内を駆け抜けたのでした!!

            そして今年こそ後になって「走ればよかったぁ?!」と後悔したのは、今年のその「ファンラン」なのでした...

            娘の旦那様コカ・コーラレッドスパークスのプロラガー「桑水流 裕策」選手をゲストランナーとして招待いただいたのです

            普段はトップリーグラグビーでタックルするのにすごい形相とするどい目線で相手選手に突進する裕くんを応援していて見慣れているので、こんなにリラックスして走るのを観るのは初めてだし、せっかくだったら一緒に「しゃべりながら楽しく」ファンランまた走りたかったなぁ、と思ったのです

            秋口から年越しまでの冬に開催される日本ラグビー頂点としてのジャパントップリーグの公式戦でももちろん桑水流裕策選手の試合は全試合スカパーとインターネットTVで応援しているのですが

             

            僕ちゃんの中ではいまだに1年半前のリオデジャネイロオリンピックでのセブンズジャパンのキャプテンとして何度も感動の涙を流させてもらった「裕くん」の姿はいつ見ても力をもらえるのです

            あのダントツ世界最強オールブラックスのスーパープレイヤー「ソニービルウィリアス」とのブレイクダウン(タックルの後のボールの奪い合い)

             

            あのアムロちゃんの歌う「ヒーロー」の曲を聴いても、リオオリンピック直前のオーストラリア遠征でワラビーセブンズチームに勝ちながらも耳をそがれそうになって帰国するまで縫合手術も受けられず、そのため結局リオオリンピックでは裕くんのトレードマークとなったヘアバンド(実はセブンズの試合ではヘッドギアもしない主義だった裕くん...)のことや、南アフリカ戦では試合中前歯を2本もおりながら、キャプテンインタビューでもずっとそれを隠し続けたことなど、今でもいっつも録画を観ては日の丸を背負ってキャプテンとして雄々しく戦ってくれたさまざまなシーンがすぐフラッシュバックして今でもすぐ涙してしまう身内ながらそのプレースタイルと人柄の大ファンの僕ちゃんなのです(T_T)

             

            この前日(前夜祭)の日は鹿児島市内は大雨でしたが、かごしまマラソン当日は雲一つない晴日となり気温もセ氏25度くらいまで上がって逆にランナーの皆さんにとってはちょっときつかったですね?!

            ってか実はファンランはスタート直後はずーっと隊列をなす前の人々の横をごぼう抜きに抜けていかないとほとんど本気では走れないくらい混んでいるのです!

             

            優しい裕策君はこの本番前日には、おととし第一回目のこのファンランを59歳で48分15秒で「必死に」走った僕ちゃんにラインをくれて「実はお義父さんには負けないでおこうと、こっそり思っていたのですが、ファンサービスを理由に諦めます。笑」というメッセージまでくれました...(でも裕策選手はじめアスリートの方々はかるく30分切って走ると思いますが(;^ω^)

            同じく鹿児島出身でバレーボールのリオオリンピアンの迫田さおり選手、同じファンランのゲストランナーでした、綺麗だったですねぇ!

             

            ってか「地球上でもっとも過酷なフットボール」の日本代表としての出場経験がぶっちぎり日本ナンバー1で「ミスターセブンズ」とまで呼ばれる7'sラグビーのオリンピアンの日本代表キャプテンをして「負けないでおこうと」と言わしめる僕ちゃん(^^ゞ

             

            まるで嵐のような東京ステイの夜を一人で過ごしながら、勝手に「どうよ?!」ってな気持ちになって一人でホテルの部屋でニヤニヤしている不敵な僕ちゃんなのです

            カテゴリ:趣味のスポーツ | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/57PAGES | >>