60s'股関節可動域
0

    今年のお正月の2日の午後には、またまた会えるのを超楽しみにしていた娘達の家族が福岡から帰ってきてくれたのでした

     

    ご主人の裕策選手は今年も全員奮闘しながらも苦戦を強いられているコカコーラレッドスパークスのトップリーグ順位決定戦が6日にあるということで、元旦も2日の日も練習がありつつ、そんな忙しい中をぬって鹿児島のうちの実家の仏壇にも手を合わせてくださったりとたった一泊のとんぼ返りだったものの、久しぶりにちょっとだけお話も出来たりして本当に感謝なのでした

    ということで最近「にゃんこスター」のアンゴラ村長のモノマネがバッチリのグランチャと一緒に、正月には毎年必ずといっていいくらいきている南洲神社のこのフォトジェニックスポットでジャーンプ!!

    (どうでもいいけど、この写真撮った娘の腕、スゴくないですか?!)

     

    移動の途中にちょこっとだけ寄ったのですが、鹿児島の「西郷どん」たち西南戦争薩軍の猛者達2023名のお墓と西郷どんを祭った南洲神社も併設されているこの鹿児島人なら心静まるこの場所

    今年はこの場所にも間違いなく県外からの多くの方々が来てくださると確信するのですが、でもここに足を運ばれたら絶対にちょっとだけ足を止めて、この勝海舟のこの石碑の句を必ず読んでほしいと心からそう思うのです

     

    わずか齢49歳で亡くなった「西郷どん(せごどん)」がどんな信念を持ち続けた薩摩藩士だったのかすぐに理解出来ますよね...幕臣であった勝海舟が第三者としてそれをこの一句にしたためてくれているのです

     

    その碑に刻まれた言葉を噛みしめ毎回感動の涙するのですが、今回も60歳になっても不甲斐ない自分を反省しつつも、娘が撮影してくれたこの自らのジャンプ開脚(桜島のすそとほぼ同じ角度です)を見て「おいにはまだこんジャンプ力があったっど」ち自らを鼓舞するおいどんじゃっとです

    カテゴリ:趣味のスポーツ | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    早慶明中奇跡のエースリレー
    0

      実は2年以上前まで不定期ながら毎年開催されていた早稲田大学、慶応大学、明治大学、中央大学の4校の鹿児島在住のOBによるゴルフの対抗戦

       

      実は2年以上前(2015年7月26日)に最下位の屈辱を背負ったまま、主催をしなければならないはずの我がチーム慶応はその対抗戦開催からすこーしフェイドアウトしていたのです...

      なのにそーっとしておいてほしいのに、なぜか僕ちゃんがホールインワンをしたということをたまたま会ったときに早稲田の米盛キャプテンに伝えたら、その場でそのホールインワン記念として対抗戦をやろう! という訳の解らない流れとなり、信じられない事に今回は12月24日(日)クリスマスイヴの日に鹿児島市内の南国カンツリーでゴルフと夜にはその懇親会を開催するということになったのです

      この日も4校チーム各6名ずつ、それも「あまり上手くない人」だけが選ばれて出場する対抗戦なのです(よく意味がわからんでしょぅ?!)つまり露骨に勝ちにくるようなメンバー構成のチームには他のチームから一斉にクレームがつくのです

       

      この日は前半は風もなく、いつもの通り僕ちゃんは半袖ポロシャツでプレーしたのですが、後半はこの前後一週間のなかで唯一の土砂降りの日となったのです、どれだけこのメンバー普段の行いが悪いのでしょう...でもクリスマスイヴということなのかキャディーさんは赤いサンタウアのようなカッパを着ておられました

       

      この日のプレー中の合い言葉は自分でミスショットするたびに「ち・が・う・だろぉ!!」と大声で叫び、また全員で大笑い!!なんといっても今年の流行語大賞ですものね

       

      そしてクタクタよれよれになりながらも、みんなプレー後はここ南国カンツリーの温泉風呂でゆっくりとあったまって、夜は場所を移して中央駅そばのタイセイアネックスさんに集合

      そして夜は明治大学OBの正(まさ)さんの経営するタイセイアネックスでの成績発表会を兼ねた懇親会、まあそれにしてもこの懇親会ほど全員一人ひとりが大声張り上げて、大笑いをする懇親会はないのです

       

      途中サプライズで法政大学OBの飯山くんがサンタクロースコスチュームで「早慶明の次は(中央ではなくて)法(法政大学)だし」と書かれたプラカードを背負って乱入してきたりして、そして各チーム舞台上でエクスキュースやら自慢話やら開き直りコメントがありーの

      素敵だったのは、このクリスマスイブの24日は大安吉日で明治OBの貴島さんがこの日の夜中(ゴルフの前の夜中)12時過ぎに入籍されたばかりということで奥様まで呼び出されてこの場で皆様にご披露されたのでした!!

       

      そして結果発表なのですが、この対抗戦では誰が優勝したとか全く関係なく(誰も興味がなく)、とにかくチームとして最下位にだけはなりたくない、というのが全員の気持ちなのです、その理由は二つあり、まず1位のチームは懇親会費がたったの2千円、2位が4千円、3位は6千円でビリの4位は8千円払わされる

      そしてもう一つはなんといっても「アレ」をさせられるのです、まあ「それ」は一番最後に写真でお見せするとして...

      最後の最後まで結果が分からないポイント制の対抗戦...結局、前々回大会で最下位だった中央大学がブッチギリの優勝で、本当に僅差で明治大学のビリが確定したのですが、そのビリ校判明の瞬間のみなの大歓声ったらもう大人げないというかえげつないというか(もちろん僕ちゃんもそのえげつない一人ですが)

      そしてみんながチームとして絶対に最下位にだけはなりたくないもう一つの理由...屈辱の高齢の儀式「土下座」タァーイム!!

       

      この日の懇親会だけ参加されたここの正社長も明治大学応援団OBの栫井さんもプレーには参加していないのに明治大学選手団と一緒に土下座させられちゃってるし(*_*)でも、この日結納を済ませたばかりのチーム明治の貴島さんだけはご夫婦で特別に土下座は免除され、主賓席に座っていただき記念写真なのでした

      この写真撮影の時が実に屈辱なのです...(明治大学OBチームのみなさん悲しい涙大変でしたねぇ〜っ)

      でももう一つの「ビックリ大事件」!!実はこの日の大会ですごかったのは、中央大学OBの今富さん(2列目左から2番目)がホールインワンを達成したのです(15番打ち上げのショートホール)!! その今富さんの貢献もあって中央大学はぶっちぎりの優勝だったのかもしれません

       

      ということでこの大会は次は最下位の明治大学の皆さんが企画をしつつ「なりブーホールインワン記念杯」からそのまま「今富さんホールインワン記念杯」として受け継がれてまた南国カントリーで開催を約束されているということで、ホールインワン記念杯でまたホールインワンが出て、エンドレスになりそうな勢いで奇跡のリレーになったということなのです

       

      でももう一つ不思議というか、最下位の明治大学チームの不運というか、なんとベストグロス(ハンデなしの一番いいスコアで回った人)を2人出しながらのビリということで...まあこの対抗戦は、努力してもやっぱり「人生楽ありゃ苦もあるさぁ♪」みたいなことをみんなして学ぶ場所でもあるっちゅうことなのかもしれません...あぁ、それにしても今回はビリでなくてよかったぁ

      カテゴリ:趣味のスポーツ | 05:06 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
      群れずに世界の頂点へ!!
      0

        大谷翔平選手がメジャーリーグのロスアンジェルスエンジェルスとのマイナー契約が決定しましたね!!

        とにかくメジャーチームというよりもともと日本企業だった「マリナーズ」やよく日本人選手相手にコーディネーターが紹介したがる「レンジャース」なんかのリーグ優勝にすら程遠いお荷物チームではなく、一応ワールドシリーズチャンピオンになったことのあるチームを選べて本当に良かったと思いました

         

        でもこれから一応2月のメジャー(1軍)入り決定までは気を抜けないわけですが...

        僕ちゃん的に言うと絶対に目標にしてほしいのは、日本人先輩たちの行けなかった領域、メジャーのエンターティナーとして日本人のみならず、現地アメリカの人々にも夢と勇気を与えられるような本当の意味でのメジャーリーガーになってほしいということです

         

        まず囲みも日本人だけにしない事、そして大切なのは笑顔とカタコトで全然構わないので気の利いた英語でのコミュニケーション、そもそもベースボールは日本の野球とは全く異なりアメリカで生まれた国技であり、日本国内のプロ野球よりはるかに大きなスケールを持ったショーエンターティメントビジネスの世界であるということを心に刻み、まず日本人向けだけにカッコつけずに「自分自身の言葉で」取り巻きの日本人よりもチームメートや地元アメリカ人ファンとのコミュニケーションをとる努力(姿勢)を常に見せることですよね?!

         

        ディズニーランドから東に3キロくらいのところに位置する「エンゼルスタジアム・オブ・アナハイム」いっときディズニーの資本が入っていたこともあり「世界で最も楽しいボールパーク」の一つと言われています

         

        現地のチームメイトはもちろん、メジャーリーグという18か国世界超一流のアスリートたちのそれもうわばみの一番すごいところだけを集めたような選手たちが、自分の名前入りのチャンピオンリングを目指して死に物狂いのプレーで超人的な技とパワーを見せて人に夢と勇気を与える、そんなミッションを背負うメジャーリーガーとして記憶に残る舞台に立つ

         

        そこが一番肝心な意義のはずなのに、今までのメジャーに行ったほとんどの日本人プレーヤが、取り巻きに日本人を集めて、チームの勝ち負けそっちのけで日本メディアも日本人選手だけを追いかけ、プチ日本コミュニティをアメリカに持ち込み、常に日本人だけでつるむ...そんな「日本人向けだけの発信の場にメジャーリーグという場を利用するだけの選手」なんていくら記録だけ残しても世界の人々は記憶に残してくれないし、そもそもベースボールは個人競技ではないので、年俸は稼げてもメジャーリーグに来た意味はないと感じるのです

        我々だって逆の立場で考えてイメージしてみたら、同じようなふるまいを例えば日本の相撲界で外国人にされたらどんなだかすぐわかるはずなのに、こんな大切なところにしっかりとまともに対峙した日本人メジャーリーガーは今までにほとんどいなかったかもしれませんよね

         

        「プロだから実力さえあればそれがすべて」なんて極めて日本人的な狭い世界の美学にとどまらず、せっかくメジャーリーグにチャレンジするのであれば稼ぐお金の問題だけでなく、アメリカ本場はもちろん世界の人々の記憶に残る日本人プレーヤーになってほしいですものね

         

        これは「ドジャースタジアム」同じロスアンジェルスのチームとはいえ、エンゼルスのアナハイム球場とここは約50キロ以上離れています

         

        メジャーリーグは試合数も日本に比べて多く(レギュラーシーズンだけで162試合そのあとポストシーズンが最高で19試合)、転戦のための移動距離は西海岸チームだとシーズン中で5万キロをこえるし国内の東西でも3時間の時差があるのです、だからこの辺もまったく日本のプロ野球とは環境が違いタフさが求められるわけですものね...やっぱり日本人の感覚でいう「二刀流」は近代メジャーリーグの場合一応あきらめてピッチャーとして専念した方が、ケガをする確率や質のいいパフォーマンスを考慮するとベターな気がするのです

         

        それとぜひ努めて欲しいのは、オフになるとすぐ「い心地のいい」日本に里帰りするのではなく、オフにはほかの選手たち同様に地元のメセナイベントやめぐまれない環境のために施設にいる子供たちと一人でも多く触れて、彼らの希望の星になっていってほしい、つまり本場アメリカのアスリートの社会での存在意義を全うしていってほしいと心からそう思うのです

        「LIVE ANGELS」つまり天使たちに愛され、努力はもちろんのこと人気そして運気まで引き寄せて日本人だけにとってではないメジャーのスーパースターとして決してこの素敵な「笑顔」そしてファイトあふれる表情でアメリカ人をも鼓舞・魅了してほしいものです!!

         

        「メジャーリーガーとして日本人のみならず愛された」という意味では短期間だけだったけど、素敵だったのはひょっとしたらサンフランシスコジャイアンツに席を置いた新庄選手くらいだったかもしれません、明るくて冗談好きで、自分の囲みをしてくれるプレスの人々には日本人も外人記者も関係なくコーヒーを準備したりと、チームメイトはもちろん結構アメリカ人にも好かれてましたものね?!

         

        「野球」とメジャーリーグベースボールは根本的に違う世界で、「メジャーリーグベースボール」は日本人ファンだけのためのものではなく、アメリカ全土の人々が信じられないテクニックや気迫そしてフィジカルに裏付けされた「おらがチーム」の最高のパフォーマンスに対し夢や希望を感じ受け取る本当の意味での「フランチャイズチーム」を応援する熱狂的なスポーツです

         

        大谷選手には日本人である事をとりあえず忘れて、アメリカ人になるくらいのつもりでロスアンゼルス地元の人々にもそしてチームメイトにも必要な選手として愛されるそんな選手になってほしいと、大人の事情で夢舞台へ5年間足止めを食らった大谷選手に対してその小さい頃からの夢を実現するのに心から期待をする、平成29年も終わりに近づく今日この頃なのです

        カテゴリ:趣味のスポーツ | 06:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        祝賀会本筋
        0

          僕ちゃんが大好きな鹿児島の経済会の大先輩たちと末席を汚させていたただいている月イチの歴史あるゴルフの会「一木会(いちもくかい)」

           

          その歴史はすでに60年にもおよぶまさに鹿児島県のゴルファーの先駆けの会としてスタートしたということで聞かされているのですが、その会の公式例会の中で初めての「エース」つまりホールインワンを僕ちゃんがさせていただいたということで、この11月2日はその例会と夜は気持ちいい海際のドルフィンポートのポルトカーサで祝賀会を開催していただきましたぁ!!

          このホールインワンは9月7日の大雨と雷雨の中で開催された例会で「やらかしてしまった」のですが、圧倒的に僕ちゃんより年上の先輩方が多いこの会、自分的にはほぼ祝賀会はなしで記念品だけをお配りしようとも思ったりしてたところ、本当にありがたいことに一緒にラウンドしていただいていた証人でもある田中先輩とそしてこれまた優しい春田先輩のお二人から「祝賀会をやるぞ」というご連絡をいただいたのでした

          MCまでやってくださった春田先輩の現場検証報告と有難いお祝いのお言葉をいただいた優しい高井大先輩

          そして超美味しかったフルコースのお料理...皆様に改めて御礼と記念品をお返しさせていただいたのでした

          これからまだお祝い会の予定がいくつかあるのですが、なんといってもこの会の例会で達成させていただいたということで、とりわけ嬉しいのでした

          この会の年に2度の定例懇親会には、すでに37年間も来ていただいているという「レジェンド」由布子バァ、じゃなくて...ねえさん

           

          そしてやはり僕ちゃんがこの会に参加させていただくようになってから10年ほどですが、その当時にすでにこの懇親会に僕ちゃんより先にこの会に来ていただいていた朱雀野(すさがの)さんにも来ていただきーので本当に楽しい祝賀会を開催していただきました

           

          ちなみに僕ちゃんに「この人やらかした本人」と指さしてくださっている春田先輩はなんとご自身は2度ホールインワンを達成しておられるのです

          そういえばあのホールインワンの瞬間を思い出してみると...いつもはたまーに間違っていいショットを打ってピンに寄っていくことがあると必ず僕ちゃんが言っていたセリフ「入るなよぉ〜!!」を言い忘れたよなぁということを思い出しました

           

          これからは、ショートホールでナイスショットが出た時には、またちゃんと忘れずに「こらぁ!入んなよぉ〜」と叫ぶようにしようと心に決めるこの僕ちゃんなのでした(...なぁんか、よかぶってて慇懃無礼な感じ悪いコメントですよねぇ)

          ところで今、朝の6時35分、このブログを福岡空港のラウンジで書いてますが、これから朝一便にのって東京へ移動で今日はまた一日、不得意な会議なのです( ˘•ω•˘ )

          カテゴリ:趣味のスポーツ | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          多分、次は120歳だな
          0

            先般、鹿児島市内はカミナリが鳴り響き、何度も集中的に大雨が降った9月7日は2ヶ月ぶりに開催された鹿児島市内の南国カントリークラブで一木会ゴルフの日

             

            当初参加予定者は6名で2組でのコンペ競技予定だったのですが、当日ゴルフ場に来てみると大好きな田中先輩と僕ちゃんの2人だけの参加になってしまっていました...

            天気予報は崩れる予定でも、とりあえず青空も覗いているし、このパターンだと前にも一度こんな天候のときにやったことがあり当然、田中先輩と「では2人で大会やりましょうか?!」ということになったのでした

            田中先輩は僕ちゃんより一まわり以上もお歳上でいらっしゃいますが昔から健脚でいらして、絶対にプレー中にカートには乗られない方、そして僕ちゃんもここ5年間はゴルフのときに絶対にカートには乗らない主義、ということでちゃんとキャディーにも就いてもらってのプレーでやってきたアウト5番のちょっと打ち下ろしのショートホール

             

            123ヤードと言われて、8番アイアンで打った僕ちゃんの打球はいい感じですこーしドロー(右から左へ流れる回転)がかかり「ポン」とグリーン上ピンの40センチほど右手前に落ちたのでした

             

            すると、なんということでしょう?!(これはビフォアアフター風では物足りないので「フォルテシモ」でお願いします)そのまま「入ったりして・入るかも・はいったぁー」の声と同時に、ボールはそのままカップに吸い込まれてしまったではありませんかっ!!

            つまり世に言う「ホールインワン」ちゅうやつをやらかしてしまったのでした!!(その直後のティーグラウンドでの記念写真です)

             

            18歳のときに生まれて初めてゴルフの練習に連れて行かれ、なんとなーくだらだらと42年間やってきたゴルフ、60歳にして初めて体験した「エース(ホールインワン)」でした

             

            実は僕ちゃんイーグル(1ホールで-2打)はもう30年以上も前に2回ほど経験があるのですが、その2回とも短いミドルホールをワンオンしての経験だったので、それに比べると「ホールインワンはいつ出てもおかしくないかも」的な感覚が不思議と持ってた気がするのです...やっちまっても意外と淡々とした感覚でした、でもやっぱりうれしい!!

            ティーグラウンドで一緒にボールの動き一部始終を観ておられた田中先輩が「おめでとう、私は同伴競技者のホールインワンは人生で2度目だ、いや本当におめでとうございます!!」と本当に心から祝福してくださったのでした

             

            そして雷雨がすごかったこの日、この後も僕ちゃんが何度も田中先輩に「ホールインワン成立しなくても別に僕は構いませんので、もうカミナリも雨もすごいのでプレーをやめましょう」とお声掛けをしたにも関わらず、優しい田中先輩がこの時だけは「いやー絶対18ホール行けるって! 最後までやりましょう」とずーっと言い続けてくださり、途中数十分のカミナリ避難もありながらもそのまま18ホールをまわりり遂げることができたのでした

            もう雨でスコアカードもびちょびちょボロボロになって、このとき記念撮影したケータイもいっときおかしくなったりして大変でした

             

            でも歴史的なゴルフの名手「ベンホーガン」の言葉で「限りなくピンに近いワンオンはナイスプレーだが、そのまま入ってしまうとこれは単なる事故(偶然)になってしまう」という名言があるのだそうです

             

            ということで、この日の帰りはまた一段と気をつけて安全運転で鹿児島市内の南国カントリークラブから帰った還暦ゴルファーなのでした

             

            ちなみに、この日うちの御台所様にご一報申し上げたら「へぇ〜あっそうね」と一言、本寿院さまは「それは新聞には載るのね?」とある意味お二人ともその器の大きさを証明するようなすごいレスポンスだったのでした...

            カテゴリ:趣味のスポーツ | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/56PAGES | >>