この宝の一枚で「リマインド」

0

    本当だったら、今ごろもう東京オリンピック2020は開会してたはずですよね?! 1年前の今頃は、これからワールドカップラグビーが秋にはやってきて、その次はオリンピックもやってきて...そして愛娘のご主人で「ファミリーの英雄」桑水流裕策(くわずるゆうさく)選手も、リオデジャネイロ大会に続いてまたオリンピアンとして日の丸を背負ってた...かもしれないのです

     

    ところで、僕ちゃんがラグビー界で一番好きな選手はもちろん「桑水流 裕策」選手ですが、その次に大好きでたまらない選手...

    裕策選手の肩に手をかけてタックルしているオールブラックスのセンターバック「ソニービルウィリアムス」選手、もともとラグビーリーグと呼ばれる13人制から15人制に移籍し、前回のリオデジャネイロオリンピックの7人制でもオールブラックスセブンズ(7人制のニュージーランド代表)として、そして昨秋のワールドカップでもオールブラックスとして出場しましたね

     

    そしてソニービルはこの写真の裕策キャプテンにタックルの直後にこの試合中にアキレス腱を痛めて途中欠場...つまり裕策キャプテンとこのリオオリンピックでの「2ショット」で写っているシーンのは、僕ちゃんにとってものすごいレアな価値があるということなのです

    前回のオリンピックは日本からいうと地球の真うら側で開催、実況がほぼすべて日本では真夜中だったので、ほとんどの方々はライブでは観ておられなかったと思うのですが...

     

    裕策キャプテン率いる「瀬川セブンズジャパン」は、15人制も未体験ゾーンの世界第4位でメダルまであと1歩でした...しかもこのソニービルを有する「無敵のオールブラックス」を初戦で破って

    去年のワールドカップでアイルランドやスコットランドのティアワンと呼ばれる国々に勝利を収めたのもラグビー史上、本当に信じられないほど凄いことなのです

     

    でも当たり前ですが、あのオールブラックスに勝利したことのある日本チームはリオオリンピックの時のセブンズジャパン以外に存在しないのです

     

    なぁんて4年前の夜中にライブでリオオリンピックでの快挙を天文館のパブリックビューで観てて、気が遠くなるような感動の涙を流してたことを昨日のことのように思い出しつつ、まだまだ来年のオリンピックのセブンズはじめジャパンラグビーの進化には期待をしているのです

    ということで、裕策選手はもちろん15人制のプロ選手としてコカコーラ所属での試合も続くのですが「ミスターセブンズ」(日本のマスメディアの皆さんが裕策選手のことをそう呼んで下さってます)は、1年後に延期になった「東京オリンピック2020+1」の開幕の日に合わせて、こんなプロジェクトも立ち上げてくれました!!

     

    ぜひよかったら、YouTubeで検索して登録して、若いラガーマンたちにも声をかけてあげてくださいね!!

    裕策さんが、とても解りやすくこのプロジェクトの3つの趣旨をとても解りやすく説明してくれてます、そして今度の月曜日27日は「ライブクワズル」もぜひご覧になってみて下さいね!!

    もともと僕ちゃんは7人制ラグビー「セブンズ」からラグビーファンとなり、ジャパンの瀬川ヘッドコーチの人としてのすごさや裕策選手の日本代表としての誇りに満ちたプレーからラグビーファンになった人間(いや、家畜だったかも...)です

     

    15人制とはまた違う全速力で走りながらの14分間のプレーでスピード感やリズム感がまた違ってて展開が早くて、スタジアムに行くとまるでお祭りレベルで超楽しいのが「セブンズ」です

    「この世で最も過酷なフットボール」と言われる7's(セブンズラグビー)、ぜひ皆さんも東京オリンピック前に予備知識を持ってみてはいかがでしょうか? また15人制とちがった競技として本当にマジ超面白いですよぉ!!

     

    そうそう原始的な情報ですが、ラグビーのワールドカップは15人制ですが、オリンピック競技としてのラグビーは15人制ではなく7s(Sevens「セブンズ」☜このルール解説、解りやすいですよ!7人制ラグビー)ですからね!!



    ゴルフの原風景

    0

      つい先日、WOWOWテレビで「女子ゴルフ黄金世代×WOWOWスペシャルマッチ2020」というライブ番組があり、今をときめくこの黄金世代の渋野日向子、勝みなみ、原恵英莉花、河本結、小祝さくら、大里桃子選手ら6名の超貴重な1日限りのスペシャルゴルフマッチを楽しみました

      医療従事者応援のチャリティーマッチということで、この企画も新機軸で素晴らしいですね!!

       

      この番組見た方ならすぐ解ると思うのですが、超興味深くてワクワクしたのが、まず女子プロ選手たちがショットやパットをする前にどんなことを悩み考え、どんなメンタリティで1打ずつを展開するのかということがペアチームの会話で垣間見えたのです...これって絶対ゴルフやってる方なら興味ありますよね、だけども普段のトーナメントでは絶対にそれは集音していないから、僕ちゃんのようなアベレージゴルファーはそんなやり取りを聞く機会はほぼないのです

      そして素晴らしかったのが、この黄金世代がつい数年前までそうだったように、セルフバッグプレーをしてくれていたことです

       

      そもそもゴルフはこうやって自分でゴルフバッグを担いでやるのが基本ですよね、この日は雨だったのでショットの後もクラブなどを拭くのも自分、そしてショットの後のディボット(芝の穴)を始末するのも自分でやる、これも当たり前の姿ですよね

       

      もちろんプロトーナメントを戦う選手の場合はプロのキャディーの仕事も素晴らしく奥の深い「第二の」選手とも言える役目で、試合中は選手が唯一相談できる大切な存在であるのは当たり前ですが、彼女たちがこうしてセルフバッグでアマチュア時代を忘れずにやってくれていることが素晴らしいと思うのです(もちろん時節柄「接触」を控える意味が大きかったと思うのですが...)

      渋野日向子選手が命名したというこの勝みなみ選手とのチーム名「でいところにあるでいこんてーてーてー」素晴らしくキレのいい彼女のおふざけセンス!! 完全に負けました...彼女の故郷、岡山の方言で「台所に置いてある大根炊いといて」という意味だそうですが、関西とか九州人だったらなんとなく解りますよね

       

      それにしてもこんな奔放なネーミングを平気でできるし、このトップオブスイングの体幹の強さも驚異的で素晴らしいです!! 

      なんてそんな偉そうなコメントしてるかっちゅうと、実は僕ちゃんアメリカで2度目の大学生やってた頃、一番安いスポーツだったゴルフにハマってて、全然上手くはならないものの、カリフォルニアのいろんなコースをラウンドしたのです(これはアメリカ西海岸で最古のゴルフコース「オールドデルモンテ」での写真です)カリフォルニアのモントレーという場所にあります

       

      もちろんいっつもどんなときでも、みーんな自分でバッグかついでやるのがゴルフの原点だと感じました、そんな中で絶対にクラブを置き忘れたりすることのない工夫を覚えたり、帰国してからキャディさんの存在の有り難みも贅沢さもイヤというくらい知ったのです、いわんや、キャディにあたったり文句を言ったりなんて論外だと思うのです

      これもモントレーの行く途中にあるカリフォルニアの名コース「ハーフムーンベイ」ここはセルフカートでまわりましたが、素晴らしい景色のコースでした

       

      それにしても女子ゴルフの黄金世代もプラチナ世代も素晴らしいエンターティナーばかりで本当にこれからの女子ゴルフ界は楽しみになってきましたね!! そしてこのコロナを機会にして、プロゴルフ界のあり方などにもきっと変化が現れるのかもしれませんが、こんな素晴らしい選手たちがいれば、絶対にゴルフファンのみならず皆をずーっと楽しませてくれることでしょう!!



      「NPBの5倍以上」の意味

      0

        約18年ほど前から有り難いご縁をいただき、お付き合いさせていただいている「タック川本氏」

        MLB(メジャーリーグベースボール)チーム複数の経営経験に基づく講演やビジネスコンサルタントとしてアメリカと日本を股にかけて活躍されておられるお忙しい方なのですが、つい先日コロナお見舞いのお電話をいただき、その際に興味深いお話をいろいろと教えていただきました

        まずメジャーリーグベースボールは今年2020年は7月4日、つまりアメリカ合衆国独立記念日に開幕するのだそうです

         

        そしてなんといっても今回の新型コロナウィルスがMLBに与えた影響とはどういうもので、今後はどうなるのか? という興味深い質問をぶつけさせていただいたのですが...

        さすがメジャーリーグは約100億ドル(1兆円)市場のビジネスと言われるだけあり、そのガバナンス陣の決断と行動の早さというのは日本の野球界とはまったく違っててすごいのです(ちなみに日本の野球ビジネスNPBの規模は1800億円です)

         

        まず今回のコロナの経験を経て「ニューノーマル」(ポストコロナの世界)のイメージに基づくビジョンやスタンダードをMLB独自でしっかりイメージしながら具体的にこれをメジャーリーグ(30チーム)としてどう社会に位置づけ運営し、それを各球団としてブレイクダウン(具体的行動)していくのかまでを、すべて組み立てた上でこの7月4日を迎えることになっているのだそうです

         

        つまり政府がどうするかとか、他の業界がどうするのかを見ながら行動するのではなく、新型コロナウィルスの感染拡大と同時にメジャーリーグでは即座に独自での選手関係者たちのPCR検査体制への投資はじめニューノーマルへ向けてのビジョンと戦略を能動的につくり、行動メニューをスケジューリングして投資をしているのです

        なんだかんだ言っても、世界を牛耳ろうと考えるWASP(アングロサクソン系白人でプロテスタント)たちの経営者って、その独立心も開拓スピリットも生存力も、やっぱモーレツというかすごいですよねぇ...

         

        日本の野球界、てか日本野球機構もトップは名誉職のお飾りで経営責任はないし、MLB(メジャーリーグベースボール)と比較すると単にスポーツビジネスのスケールというだけではなく社会の中のリーディングビジネスモデルとしての重要性とか、存在意義はやっぱり一見似ているようでまったく違うものなのかもしれませんね

         

        日本人の独立性やクリエイティビティや独創性...このコロナ戦争を後で振り返って「あれがいい機会になったんだよねぇ」と言えるようにできるといいですね!!



        母の日お早めにご利用ください!!

        0

          日本国に非常事態宣言がでてますます戦時中の疎開状況のようになってきました、皆さま大変でしょうがお元気でやりくりされてますかぁ?! 多分これは本当に各国とも見えない敵と戦っている世界戦争の戒厳令(マーシャルロー)状態と言えるかもしれませんね?!

           

          さて、そんな最中ながらもうすぐ今年もまた母の日がやってまいります!!

           

          さまざまな施設がクローズになったりしてますが、まからずやでは店頭にこられるお客様はもちろん、今年は簡単24時間ご予約の出来るネットmstyle-shop.com でも早めの予約受付を始めておりますので、どうぞお早めのご利用をよろしくお願いいたします(ウェブではクレジットカード、Amazonペイ、楽天ペイ、コンビニ決済も簡単にできます)

          本店では、新店舗開店もあわせて飛行機便などの物流が思うようにならなくとも、総力を挙げて母の日用の色々な花材も資材も今年も一生懸命の手配をさせていただいております😀

           

          山形屋メルチェ店は4月19日(日曜日)〜5月6日(木)のゴールデンウィークが終わるまでクローズとなりますが、母の日5月10日(日)の週末(木金土日)は特設販売もたーっくさんお花を並べますので、母の日直前の週末ぜひお早めにご利用くださると助かります

           

          マルヤガーデンズMstyle店はまた各店とそれぞれ違うデザインのお花を沢山そろえさせていただきます、マルヤガーデンズは当面10:30〜19:00の時短営業ですが、もちろん店頭でのご予約はすでにスタートしており皆さまの配達ご予約もご利用をお待ちしております! (現在地下食品売り場の階段横で特設販売を設けさせていただいております!!)

          そして5月7日(母の日直前週)オープンとなった新店舗 植物デザインラボ「mon hinoyouran+makarazuya」(鹿児島銀行本店ビル1階入口:金生町電車通り)にも全く異なるコンセプトの花商品が沢山並びますからねぇ!!

           

          こちら「mon」はインスタグラム mon.botanicaldesign ☜こちらでもご予約を承っており、有り難いことにすでに多数のご予約を承らせていただいております、こんな最中本当に有り難うございます😋🌹🌹🌹😋

          こちらもぜひともお早めのご利用をお待ち申し上げております

          本当に勝手なお願いばかりで申し訳ないと思いつつ、僕ちゃんも、たまに頑張ってくれているスタッフの役に立とうと思ってこんな宣伝したりするのです😋でも普通の会社だといわゆるトップセールスというのでしょうが、ほぼ制作戦力として役立たずの僕ちゃんのばやいはボトムセールスとかいうのでしょうか(でもこの英語表現実に直訳的で、意味わかんないですよねぇ)

           

          まあ、そんな僕ちゃんのことなんかおいといて大事なことは、母の日今年は5月10日(日)なので連休が明けてすぐやってまいります

          大変な最中のお願いばかりで本当に恐縮なのですが、ぜひ大切なお母様へのお花お忘れなく、お早めのご手配をぜひよろしくお願いいたします!!♥️



          古関裕而さん?!

          0

            3月30日から新たに始まったNHKの朝ドラ「エール」を何気なくテレビで見ていたのですが...

             

            第1話で1964年の東京オリンピックの入場行進曲の作曲者が7万3千人の大観衆の前で自分の作った曲をスタジアムで観るのに緊張するシーンをみてて初めて「あれぇ、これって?!」と気づいてしまったいまさら的な僕ちゃん

            そう、この主役は和製「スーザ(アメリカのマーチ王)」と呼ばれる「古関裕而(こせきゆうじ)」さんですね!!

             

            この入場曲「オリンピックマーチ」も当時小学校3年生だった僕ちゃんですら、毎回聴くたびに心が躍ったし今聴いてもモチベーションが上がりまくる素晴らしい曲だと感じますよね?!

            そして、僕ちゃんの大好きな阪神タイガースの歌「六甲おろし」もこの古関裕而氏の作品です、この曲も歌っていて感極まってしまうほどテンション上がる曲ですよね! そして早稲田大学第一応援歌♪の「紺碧の空」☚おまけにコンバットマーチ付き!!

             

            大学時代に六大学野球を観ていて、早稲田大学のこの応援歌が神宮球場で歌われると、わぁ〜早稲田モメンタム(流れの傾き)がきたぁーっ!!って感じになったのを今でもよーく覚えています

            そして、僕ちゃんが若い頃この古関裕而さんが自らの楽曲をたまーに指揮するのを観ていた覚えもあるのですが、当時はこの方とその作品が結びつかずずいぶんと後になってからこの方の凄さを認識するようになったのです(それにしても今時の僕ちゃんらオッサンファツションと違って超オサレですねぇ...さすが呉服商の息子さん!!)

             

            2度目の東京オリンピックが近づいて、改めて前の大会の「オリンピックマーチ」を思い出す機会も増えたり、いっつも「六甲おろし」を口ずさんでたいり、聴いていてこんなに人の気持ちを奮い立たせたり、夢を持たせてあげられる曲をクリエイトできる人は一体どんな環境やどんな人々に囲まれてその才能を育んだのだろうと心底興味が湧いていたのですが...

             

            このNHKの朝ドラで古関裕而さんを取り上げたことは、こんな今の世情の中に、音楽はもとよりアートそしてスポーツが世の中にとってどれだけ必要なものなのかを我々日本人にきっと再認識させてくれるのは間違いないと思います!! 毎日の放映が楽しみなのです

             



            calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>
            まからずや本店花ラビリンス
            天文館の山之口本通りからもそれほど遠くない鹿児島市内堀江町..「こんなとこに花屋があったの?!」っていう場所に位置する「まからずや本店ビル」💐💐💐なんとここには月に約5万本以上の、それも今まで鹿児島ではみたことのない、そのボリューム、種類の数のお花があるのです。年間400件ほどを飾らせていただくMstyleのブライダルフラワーも実はここでデザインされていて、各支店のお花もすべてここから出荷されるのです。つまりここの正面の「おもーい」鉄の扉の入り口を開けたなら、そんな花々たちにであえるということなのです。ぜひ観たことのないお花畑のようなスタイリッシュな店内に遊びにこられませんか?! もちろん写真の撮影だってSNSだってO.K.ですよ!! 車も止められます。
            「植物デザインラボ mon」OPEN
            2020年5月、鹿児島市金生町の鹿児島銀行本店ビル「よかど鹿児島」1階入り口に、「植物デザインラボ mon hinoyouran+makarazuya」がオープンしました。お花をテーマにして全く新しい生活スタイルの中の価値を提案するショップです、いづろ天文館のエリアでお買い物の際にはぜひ気軽におたち寄りください。
            Original Wedding by Mstyle Flower
            ご結婚を控えていたり、あるいはそろそろ結婚を考えなきゃなぁ..と思っている皆様に、絶対に一度観ていただきたい「Mstyle.com」のブライダルフラワーのページ。 Mstyleでは毎年400件からのさまざまな雰囲気の会場装飾を一つひとつデザイナーたちがデッサンを起こし、それぞれのオリジナルのデザインでお花を飾らせていただいております。 ウェブサイト「Mstyle-shop.com」トップページの「ブライダル」から入ってそれぞれの会場のサムネイルをクリックすると超ビックリの数のこれまでのMstyleの素敵な会場装飾例データが観れますよ!! 必ずお好みの会場装飾、ブーケその他のフラワーアイテムが見つかります!! ぜひとも目の保養にでも「Mstyle.com」のブライダルページをご覧になって観てくださいね(^o^)丿
            山形屋店メルカート MERCE(メルチェ)
            山形屋の1号館1階(2号館側)にフローリストメルチェが移転し、「メルカートメルチェ」としてオープン営業しております。街の真ん中で色とりどりの珍しいお花達を取り揃えて皆様のご利用をお待ちしております、1本のお花のご利用でもどうぞお気軽にお声かけくださいませ。
            Mstyle「Stylish Modern」
            Mstyleマルヤガーデンズ店では、鹿児島のオシャレな方々のライフスタイルの一つのアイテムとしてお花やグリーンを提案できたらと考えております。インテリアの一つとして「生きた」お花をスタイリッシュに飾っていただきたい、またもちろん記念日やプレゼントにもMstyleのスタイリッシュモダンなお花のプレゼントをぜひご利用ください。
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座