温泉トライアル Vol.21「おカツの一日」
0

    この1月6日土曜日は昨年の末以来、僕ちゃんにとっても「決戦の日」として緊張して迎えた新年最初の週末なのでした

     

    というのも大好きな身内のラグビープレイヤー桑水流裕策選手所属のコカコーラレッドスパークスが日本最高峰のラグビートップリーグ残留を賭けての4チームでのノックアウトトーナメント(勝ち抜け戦)での初戦のNTTドコモレッドハリケーンズとの決戦の日だったのです

     

    まずは朝起き抜けの自家製スピ海ヨーグルトにルビーのフルグラとお手製のフルーツ酵素をかけて「カ2(勝つ)」そしてお昼ごはんには今年最初の双葉そばさんの「BI砲」こと「勝つ丼セット」を食べに出かけて、スカパーで生中継されるラグビー観戦にすぐさまもどったのでした

     

    この日の試合、コカコーラレッドスパークスファンにとってもNTTドコモレッドハリケーンズにとってもトップリーグからの自動降格を避けるために、まずは勝つことが必須だったのです

    それにしても壮絶な試合でした...今期13節すべての試合に先発し12試合のフル出場を果たしている裕くんこと桑水流裕策選手はこの日もフランカーとして、またまた80分間すごい気迫と知力とフィジカルを持ってフルタイムを相変わらずのものすごいモチベーションで戦っていました

      

    そして19-14でコカコーラレッドスパークスの勝利!! もちろんNTTドコモレッドハリケーンズも2016年に再度トップリーグに昇格しそのチームの中にはあの南アフリカ代表のナンバー8のホワイトリーもいれば今の15人制日本代表のファンデルベルト選手もいるし、ものすごいチームとしてトップリーグで活躍しているすごいチームなのです、つまり両チームとも背水の陣で望んだ重要な試合なのでした

     

    ということで手に汗をにぎったので、その夜はこの日初めての鹿児島市内小野3丁目の「お乃湯」に行ってみたのです 

     

    少し遅い時間帯だったのですが正面の第一駐車場は満杯、でもこのへんはさすが鹿児島市内の温泉施設もちゃんと対応は出来ていて、すぐそばの第二駐車場に楽々とめて、素晴らしい温泉につかる事ができました

    ここの男湯と女湯の仕切りにあるゴムの大木とその周りのポトスなどの素晴らしく手入れのゆきとどいていること!! またしてもサウナや露天風呂にも入らせていただき素晴らしいお湯を満喫させていただきながらたったの390円!!

     

    風呂上がりには大好きなコカコーラ社のリアルゴールドをいただいて、それなりに「きんごきんご(日本語:ツルンツルン)」になったお肌に自ら満足してーの、この後はさらに続いてきたる来週末のトップリーグの順位決定戦の「宗像サニックス」との九州ダービーへの勝利を祈願してそのまま「トン勝つ」を食べに向かったのです

     

    観光客向けではなく、絶対に鹿児島の方々に尋ねると多くの方々が「トンカツだったらここ!!」と答えるはずの「竹亭」さんの田上店

     

    お乃湯さんのすぐそばの鹿児島北インターからちびっと高速に乗って5分くらい走って鹿児島インターで降りるとすぐ到着出来るんですよぉ〜?!

    意外とこんな事にだけはシナプスが反応して気がまわる僕ちゃんのムダに賢い脳みそ...

    それにしても8時すぎてからの到着なのに店内は順番待ちのもんのすごい人数、でもここはそのへんのオペレーションも実になれていらっしゃいますよねぇ?! すぐに順番待ち整理番号入りのメニューを渡されて、20分ほど待ってから席についたらすぐオーダーしてあったここで一番高価なメニュー「上ヒレカツ(1,400円)」が出てきましした

     

    天文館の「元祖 黒豚料理のあぢもり」さんはトップオブトップの別格の存在として、よくあるパターンですが観光客向けの情報誌やネットのアプリなどで出てきても地元の人からするとあんまり評価されていないお店なんかとまったく違って、鹿児島の人々が愛して日々食べている鹿児島の豚肉はまさにこんな場所で地元の方々むけに提供されているんだよなぁ!と痛感してしまうのです

     

    なにはともあれ今週末のラグビートップリーグの順位決定戦の九州ダービーで宗像サニックスに勝てる事を祈願しつつ、一日中「勝」手に「勝つ」ことにこだわって好きに「カツ」を食べまくった僕ちゃんなのでした

    カテゴリ:温泉 | 05:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    温泉トライアル Vol.20
    0

      気づいてみたら今年もあますところあと10日ほどになっちゃってますが、鹿児島は毎年の事ながら「今年もまだまだ残暑が厳しいなぁ」と思っていたら急に寒くなり、寒くなったら今度は極端に寒くなってそんで、12月のこの時期に「えぇーっもう今年も終わりかよ」...みたいな感じで今はちょっと前の気候がウソみたいにまさに真冬日が続いていますね?!(なんか子供の話みたいな文章ですねぇ..)

       

      この日もとても冷たい夜で、まずは夕食にどうしても食べたいもののイメージがあったのでした、ということで向かったのは天文館の電車通り沿いにある歴史あるビル「鹿児島中央ビル」さん

      天文館の「鹿児島中央ビル」の地下にあるここ「田中カレー」さん、ここのチキンカツカレーの大盛りを食べたいというイメージがこの日の午後4時くらいから頭にこびりついて離れなかったのでした

       

      それにしてもこのビル地下グルメタウンのラインアップは素晴らしいですよね?! 「味のとんかつ 丸一」喫茶の老舗「カフェドマノン」リーズナブルフレンチの草分け「ビストロアマ ファッソン」はじめこの田中カレーさんなど9店舗で食欲バラエティをすべてを網羅したようなこの店舗群!!

       

      でもって駐車場に車をとめて、まずはお食事の前にいつもお仕事でお世話になっているここの1階ホールのMstyleデザインのお花がちゃんとしてるかどうかチェックさせていただき(この日はビンデントスタイル クリスマスツリーのオブジェです)

      ここの手間のかかった美味しいカレー、チキンカツカレー大盛りとサラダをいただき、そしてこの後はここから車で約7〜8分で行ける鹿児島市下荒田3丁目の荒田八幡さまのすぐそばにある「温泉 錦湯(にしきゆ)」さんへと向かったのでした

      僕ちゃんは初めてでしたが、ここ「温泉 錦湯」さんも昔から泉質が素晴らしいと有名で常連客の方々がとても多いですものね?!

      創業100年だった昨年ににはリュアルオープンされ、駐車場も35台分あるのです

       

      洗い場も広々として、泉質は「塩化物泉」だそうですが、なんといっても上がった後も後々までずーっと身体の芯が暖かいままなのでした、もちろんこの綺麗なロッカーもちゃんと無料だし鍵もかかります

      今回も1時間以上もゆっくりと湯につかってまた出てサウナにも入って水風呂に使って、これを何度も繰り返した典型的なおじいちゃん僕ちゃんなのでした

       

      カレーはうまくて安いし、駐車場もタダだし、鹿児島市内だけでも温泉はすぐそばにいくつもあって選びたい放題で、こうして周回(しゅうかい)できてたったの390円だし、この夜はカレー風味のいい豚骨スープがしみでたかも知れません...こげん言ったらなんか、きっさねどなぁ(日本語訳は最寄りの鹿児島の方にお尋ねになってください)

       

      鹿児島ライフ、特にこんなサブイ冬場はマジなんつぁならんですよね?!

      カテゴリ:温泉 | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      温泉トライアル Vol.19
      0

        今回は鹿児島市内からすこし飛び出して、市内から約30キロほど離れた霧島市隼人町姫城の日当山温泉郷の「日当山温泉 花の湯」さんに行ってきました

        と・その前にせっかく日当山までドライブする途中にランチはあのイタリアンがあるでねぇのぉ?!

        と思いついて御台所さまに進言したのが姶良市脇元(重富駅そば)の「シンパティコ」さん!!

          

        前にジノちゃんに教えてもらい、連れてきてもらいおいしかったので久しぶりに寄ってみました

        この日のランチセットはピザとパスタを一つずつ頼んだら、超おいしい上に結構なボリュームで食べきれないほどでした

         

        そして向かったこの日の温泉、日当山温泉郷の素晴らしいスポット「花の湯」さん!!

         

        お風呂場も広い上に超きれいで清潔、そして露天風呂も素晴らしいし駐車場も100台分あるし、休憩室やら本当に素晴らしい施設までも、ゆっくりとゆったり使えてたったの500円なのです

        1時間以上もあっち入り、こっち入りして神経痛、筋肉痛、関節炎などにもとても効能があるというナトリウム・炭酸水素塩泉のこのお湯の素晴らしさをたっぷり、ゆっくり満喫させていただきました

         

        そしてこの日、ここ日当山温泉(国分近郊エリア)に来たもう一つの目的はこのスポットでした

         

        「フルーツパーラー TAWAWA(タワワ)」さん、実はこの前日鹿児島のローカルTV局、MBC南日本放送さんの人気番組「どーんとかごしま」の再放送で、美味しそうなパフェをしっかり脳裏に焼き付けていたのです

        風呂上りのパフェ!! なんつあならん(日本語訳:なんとも言えないくらい素晴らしい)ですよね?!

         

        市内エリアだけではなく、県内にターゲットを広げると、もうまさに無尽蔵の財産とも言えてしまう温泉天国「鹿児島」なのです

        ということで実は今、東京でこれから大切な総会なのですが、それを終えたら午後からまたその温泉天国「鹿児島」に飛んで帰ってこの寒さの中、今夜もどっかうちの近所の温泉で温まろうと楽しみにしている僕ちゃんなのです

        カテゴリ:温泉 | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        温泉トライアル Vol.18「ブタシャブDay」
        0

          先週末のお昼はまだまだ暑さが鹿児島を去りそうにない中、ひんやりとした冷蔵庫の中を眺めていたら、またしても頂きものの美味しそうな黒豚しゃぶしゃぶ肉とチルド室のレタスが目に飛び込み

          急きょ近くのハルタ(スーパー)に走ってキノコ類を買い込んで暑いさなかのお昼ごはんだというのにすぐ「ブタしゃぶレタス鍋」を仕立てたのでした

          写真ヘタクソではじめに入れたキノコ類も写ってないし(もちろん松茸は入ってませんが)、あまり美味しそうには見えへんですねぇ〜(でも実は超オイスイかったでっせぇ!!)

           

          そして「こんな暑い時こそ温泉に行って水風呂にも浸かったりして身体のメンテをしよう!」と御台所様に詭弁をふるって説得し、前から「珈琲 なぎさ」仲間の加藤さんがイチオシの鹿児島市内伊敷8丁目の「大黒温泉」に初めて行ってみました

          そうそう14〜5年前に息子のたっくんが高校野球球児だった頃に、犬迫グラウンドに観戦に通っていたこの国道3号線沿いにこの看板を見ていたことを改めて思い出しました

          地下70メートルからくみ上げられているこのお湯は源泉掛け流しで加温も加水も全くしていない単純温泉「完全掛け流し」で、ここの温泉は「化粧いらず」と言われるほど保湿力と保温力が高いのだそうです

           

          お昼過ぎの暑い時間帯だった事もあり、瞬間的に貸し切り状態にもなったりしてまたまた広い湯船を独り占めぇ〜みたいなラグジュアリータイム...そして何度もお湯につかったりまた水風呂に入ってクールダウンしたりしたのでしたぁ

          お肌がムダにツルツルになった60歳、そして風呂上がりにはつめたぁーいコカコーラを飲んでリフレッシュしながら、まだまだ暑いお外に出ると、これはこれである意味「ブタしゃぶ完成」なのです

           

          横には鹿児島市内の大水源でもある美しくて涼しげな甲突川(注「こうとつがわ」ではありません)のほとりのススキが秋の訪れを告げていました...なんか超に合わない叙情的文章のパクリみたくなっちまいましたが

           

          早い話、もう少し暑さを我慢すると、鹿児島のあっちこっちに点在するこんな素敵な温泉がとても気持ちよく身体の芯を暖めてくれる季節がやってくるっちゅうことなのです!!

          カテゴリ:温泉 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          温泉トライアル Vol.17
          0

            この夜は御台所様がお出かけということで、久々に一人での鹿児島市内の夕食とセットの温泉トライアルに出かけたのでした

             

            まずはピューッと3分ほど車で走って名山町のレトロフトチトセビル1階の超人気店の「農園食堂 森のかぞく」さんに向かい、隣のコインパーキング横のお外からほぼ満員状態の店内の園山オーナーさんに向かって「席空いてますか?」サインを送ると、すぐさまオッケーのサインがかえってきたのでした(実にラッキーなのでした)

            実はこの「森のかぞく」の園山さんとうちは親戚関係になるのですが、この夜はまたそのご親戚の皆さまのお祝いで店内はとても明るくて素敵な雰囲気で一杯なのでした

             

            そしてカウンターでいついただいても超美味しい鹿児島の栗野岳の「園山農園」さんのお野菜たっぷりのお食事を美味しくたっぷりと、そして親戚のみなさんに対しても粗相のないように、自分「なり」の最高レベルでお行儀よくいただいて、ご挨拶をさせていただき先に失礼をさせていただきました

             

            そして向かったのが、前からずーっと気になっていた温泉...ここ鹿児島市内の城山の登り口を右に折れた線路沿いの、鹿児島市内でも知る人ぞ知る名泉「湯乃山温泉」でした

            と言いつつも僕ちゃん自身ここに来てみたのも初めてダッタのですが、レトロフトビルのある名山町から車だとせいぜい2〜3分くらいでしょうか、以前からいろいろな方々がここの保温性の高いヌルヌル感のすごいお湯は素晴らしいと行っておられるのをよく聞いていたのでした

             

            そして別棟の受付でオジちゃんに入湯料500円(鹿児島市内では珍しく390円より高いのです)を支払い、貴重品をそこで預けて一番手前の男湯に入ってみてびっくり

            湯船の所には洗い場用のカラン(水道蛇口)もシャワーもそして電気もないのです(明かりは外にある蛍光灯の明かりです)

             

            僕ちゃんと入れ替わりにちっちゃい子連れのおとうさんがちょうど出られて、もう1人先客の方がおられましたが、その方も先に出られたらこの湯船は僕ちゃんの独占状態になったのでした

             

            そしてすぐ解ったのが、そのお湯の素晴らしい事!! さすが50年間地元の方々に愛されてきた名泉だけあり、匂いがなくトロットロのお湯が還暦のじいさんのお肌に浸透していくのが感じられるほど気持ちいいお湯なのでした

             

            ここは(他にも家族湯的な部屋も幾つかあるらしいのですが)カランがないし上がり湯もないので、頭を洗ったり、身体を洗ったりという機能面では「銭湯」という範疇ではないのかも知れませんが、間違いなく素晴らしい温泉です...こんな何気ない素晴らしいお湯につかれるスポットが鹿児島市内の街中にある、やっぱ鹿児島市は相変わらずすごい「温泉天国」なのです

            カテゴリ:温泉 | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/5PAGES | >>