お盆の迎え花

0

    8月も今日で4日、今年は始まりから「コロナ」で明け暮れて目の前のことばかり気にしてなんだかアッという間にこのお盆の時期を迎えてしまった気がします

     

    ということで本当に有り難いことに、この状況下にも関わらず8月に入ってMstyleウェブサイトはじめ「お盆の迎え花」のお届け予約の受付が活況を呈しているのです(母の日に続き、またまた本当に有り難うございます、心から感謝です😑)

      

    山形屋メルチェはじめ店頭での商品、今年はこのコロナの環境によるところもあり、お供えのお花でも意外に華やかで明るい色をご指定されるお客さまが多いようです

     

    でもその気持ちもよく理解できるし、そもそも宗教的にはカソリックの葬儀の花の色以外はお花を限定する理由はほとんどないはずなのに売る側の都合や、日本では誰かが感じたことをさも根拠があるように言っているだけですからね...(仏壇にトゲのあるバラはダメだとか)

    そしてまた今年もメルチェではお墓参り用のフレッシュで種類豊富な束花も11日(火)から15日(土)までの5日間、山形屋1号館と2号館の間で特設で販売させていただきます(写真は昨年のメルチェの風景です)

      

    そして今年はMstyleマルヤガーデンズ店でもこのお店らしいスタイリッシュモダンなデザインのお盆をお迎えするオシャレなお花が好まれているようです

     

    うちもそうですが、最近は仏壇がないお家が多いせいもあるのか、お盆とはいえ床の間だとかではなく普通の生活空間にお花を飾ることが多い訳ですものね

      

    そして植物デザインラボ「mon hinoyouran+makarazuya」ではメッチャ夏でも持ちがいいと評判の日野洋蘭園さんのミディコチョウランはじめ、オサレなグリーンを多彩に利用してのこれまった超イケてるアレンジ、そしてそのまんまお墓に持って行って包装を外したらすぐ生け込むだけのお墓用の束花も販売させていただいております

     

    そしてMstyleのウェブサイトでは、お早めの注文だと担当の方でやり取りもできるので、ありがちな大量販売の同じデザインではなく「故人が好きだったヒマワリをメインに」とか「青い花を多めに」といったいわゆる「自分カスタマイズデザイン」もできちゃったりしてしまうので、これをうまくご利用していただくお客様も多いようです

     

    もちろんお花のことはなんも解らんという方も本当に簡単にお買い物できちゃいますからね!

    ということで、最近新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、スタッフたちも一生懸命頑張ってくれてるので、つい僕ちゃんもまるで社長さんみたいなこんな営業のブログをよくこうして書いてしまうのですが...

     

    でもぜひこのお盆には故人を思い出しつつお墓におまいりに行って、そしてお家にもお花を飾ってみてくださいね、心があらわれる感じでとても気持ちいいかもしれませんよ



    まいりました

    0

      KIC理事会が開催された翌日、7月31日ジェイドガーデンパレス閉館の日当日には、今度は皆が尊敬する「薩摩オゴジョ」杉木ねえさんを囲む「ばっばん会」が開催されたそうです

      杉木さんといえば先般、鹿児島市への高規格救急車購入費用の多額の寄付をされて7月10日には森市長から感謝状を受けられたばかりなのですが...その「ばっばん会」の現場からジェイドガーデンパレスの常務でもあるKIC事務局長のツルチェンコフ氏からLINE添付で写真が一枚送ってきました

       

      きっとこの歴史あるジェイドガーデンの建物へのお別れの哀愁に浸りつつ、気高く品格ある薩摩オゴジョの杉木ねえさんとともに、ジェイドガーデンの運営母体である蟾弾逎┘鵐拭璽廛薀ぅ困箸靴萄8紊療験に夢を膨らませるような凛とした姿が観れるのかっ?! と思いきや

      そんなセンチな期待を見事に裏切るこの素晴らしくイノベーティヴなマスク姿...

       

      さすが、鹿児島の名コース「高牧カントリークラブ」のクラブチャンピオン(しかも6回もチャンピオンになってます!!)だけあります、人格は別として、やっぱりその才能を心からリスペクトしてしまうのです

       

      この革新的なマスク利用法の発想をもつ「ある意味」天才策士としてのこのツルチェンコフ氏と「鹿児島の名門城主」の一人、吉留社長のジェイドガーデンパレス次の一手がますます楽しみになってきました



      再見(ジョイギン)

      0

        50年近くも鹿児島市民に愛され続けてきたジェイドガーデンパレスさんが、7月31日で閉館をされました

         

        このジェイドガーデンの吉留社長もKIC(鹿児島国際化推進協議会)の理事としてずっと頑張っていただいており、コロナ前は理事会も恒例で昼食付きでさせていただいていたので、7月30日のメモリアル理事会はリモートではなくちゃんと配慮をしつつのリアル会議でこのジェイドガーデン1階の翠園で開催されました

         

        僕ちゃんが中学2年生の時に「エースレーン」ボーリング場として吉留社長のお父様がオープンしたこの建物、その時からこの道も何回通っただろう、そしてこの駐車場にも何度とめさせていただいたことでしょう

         

        実はこの前々日も御台所さまとここに早い昼食を食べにきたのですが、11時過ぎの時点で1時間半待ちということで、あきらめて帰ったのでした、それだけ鹿児島市民が愛して止まない最高の広東料理の味だということです

         

        ここの閉館がマスコミにでてから、ずーっと予約が満杯になり結局、閉館前の数週間は連日オープンと同時にすぐその日は終日満席状態となったそうです

         

        そしてツルチェンコフ事務局長もこの吉留社長の身内でこのジェイドガーデンパレスの常務取締役、ということでこの日は特別に無理を言ってKICとして予約を取っていただいたのでした

         

        この日もお店の外には長蛇の列、僕ちゃんらも昼食が終わり次第お決まりというかルーティンのワリカン合戦も気もそぞろに、すぐ席を空けて3階の事務所をお借りして理事会を開催しました

         

        この昼食の時に、隣に座られた吉留社長が、今まで僕ちゃんが食べたことのない「ニラとなんとかの汁麺」というのを食べておられたので、僕ちゃんが吉留社長に「ひよっとしてオーナー自らが食べるメニューが一番美味いのかもね?!」と言うと、吉留社長が「ちょっと食べてみますか?」と言って下さったのです

        でも僕ちゃんはすかさず、「いや必ず近いうちにまたジェイドが移転オープンするはずだから、そん時に食べさせてもらうからいらん」とお断りさせて頂きました

         

        実際、僕ちゃんはこんなに鹿児島市民が愛してやまない広東料理のお店が復活しないわけはないと絶対的に確信しているのです、そして何と言っても若い吉留社長がおり、ある意味「天才策士」ツルチェンコフも経営陣にいる...逆に次の展開がとても楽しみなのです

        コロナが少し収束してきたらぜひ、もともと吉留ファミリーには縁の深い天文館とかいづろエリアに出てきてほしい...実は今からその時を心待ちにしている僕ちゃんなのです



        元気に8月!

        0

          先般の大隅半島自前ツアー(僕ちゃんはゴートー・トラブルキャンペーンは登録しませんでした)で、鹿児島ならではの諏訪神社の並立鳥居神社でのことですが...

           

          この鹿児島県内で7〜8カ所だけに見られるらしい諏訪神社(鹿児島では「南方(みなみかた)神社」とも呼ばれます)の「並立神社」に関しては諸説あるらしいですが、どうやら薩摩の地場に昔からおられる神様と諏訪大明神といえども優劣をつけられない、という判断で薩摩ではこうして横並びにして鳥居を立てたという話もあるのだそうです、面白いですね?!

          ということで、せっかくの神社前だし、コロナでうだうだし続けてるこの邪気を自分「なり」にもどうにかしちゃろう!! みたいな感じで、得意の「開脚ジャンプ63」でやってみたのですが、今回は、短パンがすこしきつかったせいもあり、高さは意外とだせたものの「開脚の度合い」がイマイチ63歳のフツーレベルで全然ダメでした

           

          こうみえて帰宅部だったわりに、垂直跳びは高校時代73センチ飛んで(豚トンで?)ました!!

           

          「こんなレベルのジャンプじゃ世の中のコロナ戦争は吹き飛ばせんなぁ」と一人勝手な世界で的外れに力が入りつつ、新しい8月を気合いを入れて迎える僕ちゃんなのです



          大隅で空振り2つ

          0

            7月25日の土曜日は、御台所さまのお母様の3年忌を兼ねて、お駕籠の者(いわゆるアッシーです)として大好きな大隅半島へ行ってきました

             

            今回こそは地元なのにまだ鹿児島の秘境の一つでもある「雄川の滝(おがわのたき)」を南大隅町側からアクセスしたことがないという御台所さまも滝まで歩いて行く気満々ででかけたのでした、ということでまずは南海郵船フェリーで対岸の垂水港へ...

            もうベタすぎて古すぎて、今更ですが😅「タイタニック」ポーズですね?! 御台所さまが「ケっ!」みたいな感じで呆れながら撮影してくれましたが、ソーシャルディスタンスをしっかりとりながら遠巻きにしてた周りの方々が数人ニヤニヤしながらこの撮影の様子を眺めておられました

             

            そして鹿屋市内で一つ仕事を終わらせて、ドライブすること約40分くらいでしょうか?そのまま大根占のイケてる「花の木ファーム」さんのカフェで一休みするとこにしました

             

            実は御台所さまのご実家「錦江町(旧:田代町)」は、ここから車で10分もかからないくらいの所にあるのです

             

            ということで、ここで最高に美味しいアイスとホットコーヒーをゆっくり楽しんでから、豊かな大自然に囲まれた田代町に向かいました

            そしてちゃんと墓前にも手を合わせてから義理の兄ご夫婦と一緒に美味しいお食事もいただいて、すぐそばの雄川の滝に向かったのですが、先般の大豪雨で滝に向かう途中の道路が不通になっているということで結局、今回も残念ながら御台所さまのチャレンジは叶わなかったのです

            多分遠方からこられた風の県外ナンバーの車が4〜5台、この雄川ぞいを6キロほど登って行く入り口で途方にくれておられました😓せっかく来られたのでしょうに...

             

            となるとやっぱりもう一つどうしても行かなきゃならんスポットがあるのです、僕ちゃんらがすぐ気持ちを切り替えて向かったのは、鹿児島独特の「並立鳥居」を有するこの地元「南大隅町」の諏訪神社(南方神社)でした

            ちゃんとプロトコールに乗っ取って、正しく参拝させていただいて貴重なお写真もとらせていただいて、このまま今度は根占港側にでて、鹿児島までまたドライブして帰ったのです

             

            帰り途中、午後3時過ぎでしたが、この錦江町の神川にある、地元の方々の中では超名店として知られている「地魚料理 さんぺい」さんがこの時刻にしては珍しく「営業中」の札がででいたので、慌てて車をとめてお店に入ったのですが

             

            僕ちゃんたちが入るやいなや、ご主人が「ご免なさいねぇ!たった今、魚が全部売り切れて、何もなくなってしまったぁ」と言われて、今回も残念ながら、ここの有名なお料理にはありつけませんでした

             

            この「地魚料理 さんぺい」さんは、ご主人が美味しい魚が釣れた時だけ営業をされる、本当に美味しい店として地元では本当に名が知れているのですが、超ザンネン😢

             

            ということで、今回は「雄川の滝」と「地魚料理 さんぺい」の2つ空振り三振ということで、僕ちゃんにとって「またどうしても来なきゃいけない理由」がまだまだ残っちゃってる美しい大隅半島なのです



            calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>
            まからずや本店花ラビリンス
            天文館の山之口本通りからもそれほど遠くない鹿児島市内堀江町..「こんなとこに花屋があったの?!」っていう場所に位置する「まからずや本店ビル」💐💐💐なんとここには月に約5万本以上の、それも今まで鹿児島ではみたことのない、そのボリューム、種類の数のお花があるのです。年間400件ほどを飾らせていただくMstyleのブライダルフラワーも実はここでデザインされていて、各支店のお花もすべてここから出荷されるのです。つまりここの正面の「おもーい」鉄の扉の入り口を開けたなら、そんな花々たちにであえるということなのです。ぜひ観たことのないお花畑のようなスタイリッシュな店内に遊びにこられませんか?! もちろん写真の撮影だってSNSだってO.K.ですよ!! 車も止められます。
            「植物デザインラボ mon」OPEN
            2020年5月、鹿児島市金生町の鹿児島銀行本店ビル「よかど鹿児島」1階入り口に、「植物デザインラボ mon hinoyouran+makarazuya」がオープンしました。お花をテーマにして全く新しい生活スタイルの中の価値を提案するショップです、いづろ天文館のエリアでお買い物の際にはぜひ気軽におたち寄りください。
            Original Wedding by Mstyle Flower
            ご結婚を控えていたり、あるいはそろそろ結婚を考えなきゃなぁ..と思っている皆様に、絶対に一度観ていただきたい「Mstyle.com」のブライダルフラワーのページ。 Mstyleでは毎年400件からのさまざまな雰囲気の会場装飾を一つひとつデザイナーたちがデッサンを起こし、それぞれのオリジナルのデザインでお花を飾らせていただいております。 ウェブサイト「Mstyle-shop.com」トップページの「ブライダル」から入ってそれぞれの会場のサムネイルをクリックすると超ビックリの数のこれまでのMstyleの素敵な会場装飾例データが観れますよ!! 必ずお好みの会場装飾、ブーケその他のフラワーアイテムが見つかります!! ぜひとも目の保養にでも「Mstyle.com」のブライダルページをご覧になって観てくださいね(^o^)丿
            山形屋店メルカート MERCE(メルチェ)
            山形屋の1号館1階(2号館側)にフローリストメルチェが移転し、「メルカートメルチェ」としてオープン営業しております。街の真ん中で色とりどりの珍しいお花達を取り揃えて皆様のご利用をお待ちしております、1本のお花のご利用でもどうぞお気軽にお声かけくださいませ。
            Mstyle「Stylish Modern」
            Mstyleマルヤガーデンズ店では、鹿児島のオシャレな方々のライフスタイルの一つのアイテムとしてお花やグリーンを提案できたらと考えております。インテリアの一つとして「生きた」お花をスタイリッシュに飾っていただきたい、またもちろん記念日やプレゼントにもMstyleのスタイリッシュモダンなお花のプレゼントをぜひご利用ください。
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座