レトロフトの5周年なのッテ
0

    今から2週間ほど前、8月4日の夜は鹿児島市内名山町のイケてるスポットで最高の美味しさの有機野菜料理を提供し続けているカフェレストラン「森のかぞく」さんの5周年ということで、レトロフトノッテ(ノッテはイタリア語で「夜」のことだそうです)イベントにバタバタと駆けつけたのでした

    この日もこの前に約束があり、それを済ませてから駆けつけたら午後8時前だったのですが、もうこのレトロフトビルはその前もビル中もまさに大人も子供もまざっての「宴たけなわ状態」😳

     

    とにかくこのレトロフトチトセビルのオーナー永井さんご夫婦の世界観も素敵で素晴らしいし、ここのテナントさんたちも実に「百花繚乱」というか、それぞれが独自性も発信力もありつつそんなレトロフトのスペースをオサレに共有し、なおかつシナジー(相乗効果)の出し方を実に良く知る人材たちが集まっているなぁ...といっつも感動させられるのです

     

    そしてそんなオサレマインドの方々がされるイベントって絶対に子供も大人も男女関係なく心からその空間を楽しんでいるし、絶対にその場を支配・管理するような偉ぶった存在がないのに、すべての面でお互いを完全にフォローし合っている...それでいてさりげなくさまざまのディテール(細部)にオサレ心が散らばらしてあるし

     

    ちなみにこの夜このレトロフトビルの永井オーナーから教えられてすんごい感動したというか、なぁーるほどザ・ワールドだなぁと考えさせられたのは、こんな素敵なイベントを完成させるのにも「いまどきの若い人々はわざわざ集まって会議はしない」ということ...

     

    これってなんだか「ガッテン!」って感じですよね?! つまり我々の時代のオッサンたちが盛んに口にする「今の若者達はコミュニケーションがヘタで会話も少ないんだよ!」っていうのは実は間違いで、彼らこそ我々の時代のオッサンが持ち得ない「SNSを用いても上手に大人のコミュニケーションが出来る」術(すべ)を持っているということだと思うのです

     

    あれれ! 僕ちゃんも5月には似顔絵描いていただいたイラストレーターの江夏(こうか)潤一さんも「途中でギョウザ食べてビール飲まなきゃならない不思議なマラソン」で走ってるし?!

    ええっ! MCやってるのは浴衣に身を包んだデザイナーの砂田光紀さんだし...なんでやねん?!

     

    「若者達のSNSを媒体としてのコミュニケーション能力の高さ」...だって結果出来上がったこの目の前のイベントを観ると一目瞭然で、オジさんたちがよくやる「自分がやりたい形」のよくある今までの一方通行イベントではなく「みんなが楽しく関われて全員が楽しめる」本物の双方向コミュニケーション型イベントを完成させちゃってるからなのです

     

    僕ちゃんもここのキッサコミツタさんで超美味しい「そのやま農園特製のブルーベリーソースかけのカキ氷」もいただいてこの楽しい雰囲気のお裾分けをいただいて帰ってきました

    マラソン賞品も「森のかぞく」さんのお野菜、贈呈式でもそれを観ている周りのみんなは「いいなぁ〜羨ましい」の合唱でした

     

    「だからぁ、豊かさって絶対にお金だけではなくて本当の笑顔の数なノッテ!! と、またしてもどこからともなく言い聞かされたこの暑い夏の森のかぞくさんの5周年の夜なのでした

    カテゴリ:モブログ | 01:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    今年も「思い出すべき日」
    0

      今日、8月15日は日本にとって73周年目の「終戦の日」ですね

      毎年この日はお盆中ということで、それぞれのご家庭にとってはご先祖様がお家の仏壇に帰ってこられる日として家族で集まったりして多くの日本人にとっては「終戦の日」はテレビで式典を観ることだったりニュースとして知ることだったりの場合が多いかもしれませんね

      今年もまからずやで事務局をさせていただいている「広馬場通り戦災鎮魂慰霊の会」の今年の会報発送作業がやっとのことでお盆前ぎりぎりの10日に終了させていただいたのでした(例年より1週間ほど遅れてしまいました)

       

      今年の慰霊祭とそのなおらい会の様子は、今年も6月20日のこのブログ記事「わずか73年前」でも書かせていただいたのですが...

       

      今年の会報内で春成幸男代表が書かれたとおり、今年の6月のこの慰霊祭には昨年の7月と12月にNHK全国放送で大変な反響を呼んだ企画「祖父が遺した戦争、米軍カメラマンのよみがえる記録」のその米軍カメラマンのお孫さんにあたられるハインリッヒ・スコットさんご一家がわざわざ駆けつけてくださったのです

      スコットさんも人の命は戦勝国も敗戦国も関係なく一つひとつ同じに尊いものだと解っているからこそ、こうして春成代表にも敬意をはらい、おじいさまからの縁を大切にしておられるのだと思うのです

       

      そして今回の会報送付の中には、全国の慰霊の会会員の皆様に加えて、このNHKの番組をみられて春成氏に直接お問い合わせをいただいた皆様10名ほども含まれていました

      「戦争」は過去の悲惨な事実としても、こうして時代が変わっていってもその事実から学んだ大切なことを時代を超えてもずーっとリレーをしていくことがどれだけ大切なのかは、戦争の勝利国でも敗戦国でも同じ貴重であることには違いないのかも知れません

       

      今年は自分の忙しさにかまけての会報の制作と発送遅れをお盆前にどうにか今年も終了することが出来て一息つきながら、また終戦の日を迎えてそんなことを改めて心の中で再確認をするのです

      カテゴリ:社会・政治 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      花で飾る今回のジャパンウィメンズオープンテニス2018
      0

        来月9月に広島市で開催される、日本テニス協会主催でWTA(Women's Tennis Association )公認の

        「ジャパンウィメンズオープンテニス2018」

         

        今年は花キューピットグループが冠(かんむり)スポンサーとなり「デコターフ サーフェス」などのコートを含む14面の「国際基準」テニス競技場として、リニュアルしたばかりの広島市の広島広域公園テニスコートで開催されることとなったのです!!

        正式名称はちょっと長いので通称「花キューピットオープン」(☜公式ウェブサイトを観てくださいね!!)として、すでに広島のTVを中心にビリーバンバンPRされておりチケット販売をしています!!

        平和と安らぎを象徴する「花」をこよなく愛する広島市民の皆様を代表され松井市長(真ん中)の熱意、そして日本テニス協会の畔柳(くろやなぎ)会長(左から2人目)の協力なバックアップもいただき、花キューピットグループとして冠スポンサーを引き受けたのです(右から2番目は㈳JFTDの澤田会長、そして右端は花キューピット蠅竜叛郤卍)

         

        ちなみにいらん情報ですが、三菱UFJ銀行の初代頭取で日本テニス協会の畔柳会長は昔っからの無類のプロレスファンだそうですよ!

        そしてもちろん花キューピット会員花店の広島ブロックの皆さんの献身的な協力はもちろん、花キューピットグループを挙げての「花と愛いっぱいの」盛り上げ作戦も計画しているのです

         

        試合内容の放映はWOWOWが9月10日(月)〜16日(日)の全試合を網羅、そして僕ちゃんがいっつも見逃したラグビーの試合を観ているインターネットTVのDAZN(ダゾン)でももちろん観れます

        実はこれ東京オリンピック2020の開催の為に東京有明テニスの森公園が改修工事にかかっているがために、地方都市の中で国際大会開催基準を満たすコートが広島市に出来たということで国内で東京と大阪など大都市でしか観られなかったWTA公認のテニスの国際大会がここに誘致されたんですよ

        つまり観客側からするとまさに千載一遇のチャンスとして地方都市で観ることが出来るテニスの国際大会ということで、また大都市圏での開催とは違って地域カラーや愛が見る側にも選手達にも身近く伝わる、そんな大会になることを期待しているのです

         

        チケットはもちろんウェブサイトでも買えるし、広島はちょっと遠いもんねぇ〜って方はぜひWOWOWもしくはDAZNTV(☜読めんくらい子音ばっかいのアルファベットじゃっど💦)で世界からの華ある女性テニスプレイヤーたちのコートでの熱戦をご覧になってくださいね!!

         

        もひとつ要らんトリビアだけど、女子テニスの海外選手って日本人選手とくらべるとみんなやっぱ「巨人クラスに」大きいですねぇ...でも日本勢にはぜひ頑張ってほしいです!!

        カテゴリ:趣味のスポーツ | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ワイルドワンズじゃねーし
        0

          まからずやから歩いて3分の所にあった気軽なオステリア「アニカ」さん、シェフの馬場さんの腕はもちろんのこと人柄も素晴らしく大好きなスポットなのですが、このたび山形屋ベルグ広場のすぐ向かい側(中町ベルグ通りぞい)のビル2階に移転オープンされたのです

            

          電車通り前(いづろ電停)の山形屋1号館横の「中町ベルグ通り」のアーケードを入って、僕ちゃんの5番アイアンの飛距離くらいでしょうか?(150メートルくらい...意外と飛ばないのです)、ベルグ広場の斜め前の電車通りから来ると左手の酒舗「かごしま屋」さんのビルの2階に移転をされて営業をされていらっしゃるのですが

           

          この日はこのアニカさんでランチをいただこうと思い、この数日前にもこのアニカさんのことをLINEで情報交換していたM迫石材の前S社長にその場所を確認したのでした

          すると前迫S長は一見超面倒くさがりなのに、このアニカさんの店名を毎回必ず「オステリア 愛するアニタ」とわざわざ文字数を増やしながら記載してくるのです(☜ちなみにおヒマな方はこの赤文字の「愛するアニタ」をクリックして観てくださいね!)

           

          パスタ専門のこの「アニカ」さんメニューもさらにオーダーしやすく、飲み物、サラダやドルチェ(デザート)もセットのみではなくアラカルトでお安く設定されていました(相変わらず超オイスイーです!!)

           

          当たり前のことですが、やっぱり全国チェーンではなく、お料理を心から愛するアニキ「馬場シェフ」だからこそこんな美味しくて身体にもいい優しいお料理提供ができるのだと確信するのです

           

          ところで「アニタ」...じゃなくて、店名は「ANIKA(アニカ)」ですが←アルファベットでこれを後から読むと馬場シェフの奥様のお名前「アキナ」になるということで「アニカ」と命名しているのだそうです

           

          しかも面倒くさいことに、前迫社Cは知ってるのにまたシェフに確認したらしくLINEで僕ちゃんに「パスタ専門で、いすゞピアッツァはないそうです」ですって、んで僕ちゃんも「バスタ専門なので、いすゞのピアッツァは前からなかったですよ」と返信したりして😌

           

          まあ、M迫社長ももうおじいさんなので、同じ話を何度も繰りかえしたりするのもまた持ち味でしょうから、あまりしつこく言わずに僕ちゃんもそれに合わせて、丁寧にやり取りをしてあげようと思うじいさんにはやさしいじいさん「老老対話」の今日この頃なのです

          カテゴリ:食べること | 08:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
          肉といえば
          0

            昨年から複数回手術を受けながらも、本人の強い意志で鹿児島市内の上竜尾の山の上で一人暮らしをしているうちの本寿院さま、昭和8年生まれで21歳の時に生まれ育った東京都杉並区阿佐ヶ谷を離れ、鹿児島に嫁として嫁いできたのです

             

            終戦後それほどたたない昭和20年代「東京から鹿児島に移ってくる」ということは21歳の女性にとってどんなにか不安で切なかったことでしょうか? 僕ちゃんが今から36年前の20代半ばで「せーの」で単身アメリカに渡ったその何十倍と覚悟と独立心が必要だったはずですよね?!

             

            そんな母も鹿児島生活は64年たちもう85歳となりずいぶんと歳とって、恐ろしかった数十年前からすると「物理的には」ずいぶん小さくなってしまって気がするのですが...

            そんな満身創痍(まんしんそうい)のうちの本寿院さまですが、たまに外食に誘うと「肉を食べたい」といい、一緒に食べているとその結構な食べっぷりでこちらが嬉しくなってしまうほどです

             

            しかも「転ぶのが即骨折となり一番アブナいから」とアドバイスすると「私は今でも布団で寝ててその上げ下げも毎朝やってるから、足もヒザも全然大丈夫」と、その言葉通り歩くペースも御台所さまにいつも「歩くスピードに配慮がない」といわれる僕ちゃんとほぼ同じ速さなのです

             

            たまーに生きてる知人を「あん人はいつ亡くなったけ?」と妄想殺人をすることがあったりするものの、「あの85歳はありえんよねぇ」といつもおどろかされます

             

            そう、歳をとっても元気の秘訣はちゃんと動物性タンパク質として筋肉のもととなるお肉もちゃんと食べることですものね?! 

            さすが「昭和の逆篤姫」肉食系女子のうちの本寿院さまなのです

            カテゴリ:モブログ | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/730PAGES | >>