だよねぇ〜やっぱねぇ〜
0

    たった今約1か月ぶりの東京ステイなのですが、今回も前回の上京の時同様に夏休み最中ということで飛行機内は赤ちゃんや子供が多くて、もんのすごいにぎやかなのでした

     

    そしてこの前週は東京はとても涼しかったと聞いていたのですが、昨日はやっぱり夏日のセ氏32度ということで、まっこて暑い中、鹿児島から飛んできて浜松町から大崎駅に向かったのでした

    そしていろいろとお仕事を片付けたりしながら、いつもの通り大好きなおひとり「孤独のグルメ」タイムとなったのですが

     

    この夜はまだ部屋でパソコンいじったりやることがあったので、とりあえず大崎のホテルの近場で済ませようと思いつつ、なぜだか鹿児島のとんかつと東京のフツーのとんかつ食べ比べてみたくなって、このとんかつ専門店に入ってみたのでした

     

    「おお〜いぃじゃないかぁ、キャベツ大盛だし、でもちょっとヒレカツちいさいかなぁ..」(ここは絶対に井之頭ゴロー風で..)、

     

    ってか、食べてみたらやっぱり当たり前だけど鹿児島のボリューミーでおいしいとんかつを食べなれている僕ちゃんにはサイズ小さいし、お肉がちと固いし、ランチにしてもちょっと物足りないかなぁ...でもソースはおいしかったです

     

    これ「麻丘めぐみ」さんの彼じゃないけど、撮影用に「左利き」になってるのバレバレだし(古すぎて50歳以下の方々には意味わからんですよね(^^ゞ)、そして日本フラワー会館へ向かう時にいつも歩いて渡る居木橋(いるきばし)の風景...

     

    鹿児島人だからというひいき目にみていることもあると思うのですが、やっぱりとんかつは鹿児島で食べるのが味もコストパフォーマンスも圧倒的に満足できるかなぁと感じて、鹿児島に帰ったらとりあえずまたすぐ「とんかつ」食べに行こうと思ってしまう「共食い」僕ちゃんなのです

     

    カテゴリ:食べること | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    サバビャン
    0

      最近僕ちゃんがお昼で意外とハマっている堀江町からすぐの大黒町のランチどころ「タンパク室」さん

       

      一年前はやっぱり超ハマってた「下やん亭」(☚僕ちゃんのジャケットが丁稚奉公にいったことがあるあの..)というトンカツやさんだったのですが、この場所に出来た一風変わったコンセプトと外見のお店なのです

       

      実は僕ちゃんもこの場で会って初めて知ったのですが、ここは鹿児島ドローンクラブの代表でもある上野さんが経営し自社のスポーツジムと連携しているランチ専門のお店なのです

       

      つまり筋肉を作るために必要なたんぱく質を低カロリーで効果的に採るための、具体的なメニューを売りにしているということです?!

       

      最初はそんなことを知らずに、ただ単に焼き魚を大好きで毎日でも食べられる僕ちゃん、ここは超美味しいサバの干物をなんと窯(かま)でこんがり焼いて出してくれるお店で、しかもオープンキッチンでもなく洋服が魚くさくならないので、この場所でオーナーの上野さんに会う前にも何度かお邪魔していたのです

        

      とにかくここのこの焼サバはおいしくて、骨なしで何も残さずに全部食べられるし、サラダもジュレもついてるし、ご飯もおいしくてお腹いっぱいになるし、気がつくと2日連続でここにきてしまうこともあるのです

      お肉のタンパク質も豆腐のたんぱく質もそしてこのお魚のたんぱく質も大好きですが、サバ焼だったら毎日でもオッケーな僕ちゃん、うちから歩いて3分もかからない大黒町のこの店はとてもありがたいちゅーことなのです

      カテゴリ:モブログ | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      日本の2017ラグビーシーズン到来
      0

        今まさに遠くアイルランドにて女子ラグビー(15人制)のワールドカップが開催されており、日本のサクラフィフティーンたちがその素晴らしいジャパンスピリットを見せてくれていますが

         

        そんな中いよいよ明日8月18日から、日本国内最高峰のラグビーリーグ「ジャパントップリーグ」が2017年今年の開幕を迎えます、そして鹿児島市でもまず9月2日(土曜日18時キックオフ)に公式戦が開催されます(NTTドコモレッドハリケーンズvsコカコーラレッドスパークス)

        またいよいよ今年の日本国内でのラグビーシーズンが始まるということです!!も・ちょー待ちかねたというかワクワクなのです

        もちろん僕ちゃんはトップリーグでは今年も九州本拠の唯一のトップリーグ所属チームであるコカコーラレッドスパークスのファンとして赤いレッドスパークジャージを着て応援する訳ですが...

        コカコーラレッドスパークス所属のリオオリンピックコンビ「フランカーの桑水流選手(日本代表キャップ3)とセンタースリークォーターバックのギャムこと副島選手」

         

        経験者でもなくそれほど詳しくもない僕ちゃんから見てラグビーほど肉体的限界を試されつつも頭脳は明晰でクールに判断が出来ないと勝てない競技はないと確信するのです、つまり最強のフィジカルとスピードを持ちつつなおかつ常に冷静沈着でなければ絶対に番狂わせも起きない競技、だからこそ霊長類最強の男達のゲームと呼ばれるのです

        コカコーラレッドスパークスの選手たちもそのパフォーマンス全員素晴らしいのですが、今回の鹿児島の試合でもぜひこの15人制サンウルブズンのメンバーでもある「ティモシーラファエレ」(日本代表キャップ5)選手の突破力にはご注目ですよぉ!!ちなみにこのプラックのユニフォームはセカンドユニフォームでコカコーラ自体の色「黒」をモチーフにしたものです

        そしてもう一人これは対戦するNTTドコモレッドハリケーンズの「ワーレンホワイトリー」選手、彼はあの南アフリカ代表選手でもあり、8月初めにスーパーラグビーの決勝戦で準優勝に輝いた南アフリカのライオンズのナンバー8でキャプテンでもあるすごい選手なのです

         

        最強のインテリゲンチャたちがクールにフルボディコンタクト(体当たり)の死闘を繰り広げる、それだけに一試合ごとにそれを観戦するのがたまらなく楽しみだし、日本国内のトップリーグが始まるとそれはまた週末ごとの試合やそれぞれの勇気溢れる迫力のプレーの一つひとつがとても楽しみなのです

         

        まずは鹿児島のみなさん!! 9月2日に鹿児島市内の鴨池陸上競技場での試合にぜひ足を運んでその肉弾戦の迫力を体験してみてください!! 今はそれぞれの反則などもちゃんと解説をしてくださるので僕ちゃんのようにボーッとしている人でもすごくわかりやすく観戦できますよ

        僕ちゃんのようなラグビー初心者のための情報「15人制ラグビーの15人のポジション」です!! 

         

        そんな日本最高峰の「インテリアスリート」たちがしのぎを削る最高のスポーツパフォーマンスを楽しまない手はないと思うのです

        さあ、みなさんもまずはラグビーの進化し続けるルールを一つずつ知りこのインテリファイター達に声援を送る感激を一緒にシェアしましょう!!(テレビだと毎週月曜日の夜にBS朝日「ラグビーウィークリー」、もしくはスカパーのスポーツチャンネル、あとはJスポーツオンデマンドのラグビーチャンネルだと試合がほぼみれます!)

         

        この最強の男たちの身体がぶつかり合う音、走り抜けるピッチの地響き! ルールさえ解ってくると絶対に超ハマりますよぉ〜!!

        カテゴリ:趣味のスポーツ | 05:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ブルーベリー昼
        0

          まからずや本店の前でのびのびと大きくなりつつ、ここんとこ最高に甘くて美味しい実を沢山付けてくれている鉢物ブルーベリーの木

           

          お昼の頃になると毎日だれかれとなくいろんな人がその実を積んでは食べているのですが...

          僕ちゃんも毎朝のヨーグルトに入れたり、店頭で話をしながら摘んで採ってその場で食べたりと(でもこの木自体は商品として売ってるハズだっちゅーの?!)

           

          それはそれでこんなストーリーの木がお店の前にあるってえのもいいでしょ?! でも「これ売って」って言われたら今迄いただいてしまったブルーベーの身は返す事はできないし...

           

          そうそうブルーベリーと言えば、今の方々はほとんど知らないかもしれんけど僕ちゃんのとっても好きなファッツドミノがむかーし歌ってたポップスの名曲「ブルーベリーヒル」☜YouTubeで超珍しい方が歌っているのを発見してしまいました!!

           

          なんかこんな意外な偉い人がこんな歌をしかも英語で歌っているってとってもほんわかして嬉しくなるのは僕ちゃんだけでしょうか?

           

          お時間あるときにはぜひ堀江町のまからず屋本店の前の眦追賊,気鵑亮販機で飲み物でもかって、このブルーベリーの実でもかじりにきてくださいね!!(「この木買って!」って言いませんから)

          カテゴリ:モブログ | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          日本の終戦記念日に
          0

            アメリカと北朝鮮の間が大変な事になっているようですが、そんなおりに迎える今日の日本の終戦記念日

             

            とっても鈍感な僕がこのたったの15〜6年ほどの間ですが、心から尊敬し敬愛申し上げる「春成幸男」さんと知り合いその春成さんから、その背中で教えていただいていること、それはあまりにも想像を絶しており言葉でだれかに伝えるにはあまりにも重たく大きすぎるのですが...

            未来に残す戦争の記憶 県全域が標的になった〜鹿児島空襲〜」☜この動画で大戦体験者のお話を聞くと、鹿児島市内が終戦前にアメリカ軍が行った爆撃で鹿児島市内の地上がどんな断末魔の風景だったかがよーく理解出来るのです

             

            そしてそんな言葉にするのも恐ろしくてトラウマになっている状況をこうして語るみなさまに共通しているのが、けっして大げさでもなく淡々と達観されてそのままを語られているということなのです

             

            例えば戦争体験で焼夷弾(ナパーム)から逃げ回って九死に一生を得られた方々の体験で皆さんがおっしゃるのが「道の上を火が走る」という表現...数人の方々から僕らがまったく見た事もない地獄をそれぞれの言葉で語られたときにはじめて、そんな事が起きたのだとイメージできたのでした

             

            つまりは人間の経験は言葉や感覚的にもその表現やキャパシティを超えた経験は思い出したくもないし、めったなことでは言葉にもしたくないという思いがあるように思えてしょうがないのです

            戦争体験者のみなさまからすると「言葉」で表現してもその悲惨さ、驚がく、失望は決して伝わらないでしょう...と感じるのだと思えてならないのです

             

            実際、鹿児島市内はじめ日本中の街はすべて焼き尽くされ、まさに道ばたや川には人の死体が山となり、これを表現したのが「死屍累々(ししるいるい)」という表現ですよね

             

            春成さんがいつも言われる事は「人の命は尊い」という一言なのです...いつも春成さんの言葉だからこそものすごい重みを感じてしまうのです

             

            人間の歴史はいつも違うものたちとの戦いと小競り合いの歴史と言えるのかもしれませんが、「命は尊い」という言葉はすごい戦争がいいとか悪いとかを超えて、普遍的なことかもしれませんよね

            どんな人にも愛し、愛される家族や親族がいて、そして生まれてくるべき命を奪う権利はだれにもないということです

            日本の終戦記念日、それはアメリカにとっては勝利記念日でもある、そしてそれから92年経った今はそんな記憶を言葉としてでも伝えられる人々はどんどんいなくなってきている、そうして人それぞれの「命の尊さ」をいとも簡単に置き去りにしてしまう

             

            この日は必ずそんなことを一瞬でも思い返して、一言でも話してみたりするそんな貴重な日でもあるのだと思うのです

            どうです、たまには知ったような口をきくでしょう?! でもこんな事をちゃんと口にするのが平和のバトンリレーにおける僕らの世代の役割だと確信するからなのです

            カテゴリ:社会・政治 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/694PAGES | >>