久々の天文館ヤマハブラザースとのタッグマッチ
0

    みな僕ちゃんくらいのこんな歳になってくると若かった頃とはそれぞれに事情が違ってきたりして、なかなか夜の天文館に一緒に出かける機会はなくなってくるみたいなのですが...

     

    この夜は珍しく、20年前には毎晩お務めをするかのように天文館にくり出していた天文館ヤマハブラザーズの大社長将軍様としのちゃんの同級生コンビと3人して天文館の「海山(かいざん)」さんに出かけたのでした

    ここ海山さんのマスターも、それこそ僕ちゃんたちが鹿児島青年会議所(JC)の現役メンバーだった20年前の頃にはやはり天文館の居酒屋さんで修行をされており、毎晩9時に予約したはずの入店が会議が長引いて12時に遅れたすることばかりだったのにもかかわらず、嫌な顔一つせずにいつもその時間から夜中の3時くらいまでおいしいお食事をだしてくださっていた方なのです

     

    まあこの夜も出てくるものがなんでも本当に美味しいこと...そして僕ちゃんが委員長だった時に「先輩は俺だけを見捨てましたよね」と今でもあうたびに攻めてくる天文館ヤマハブラザーズのしのちゃん

     

    確かに僕ちゃんはあの時「しのちゃんは大丈夫やが」と見捨てた...いや「切り落とした」、うんにゃ「人身御供」、ちごた「いけにえ」...えーっと、まあいいでしょう、プロレスでも3本勝負の時に一本失うこともあるので

    でも困ったことに、最近は天文館ヤマハブラザーズは二人とも「山本小鉄」になってしまって「星野勘太郎」がいなくなってしまっているのです...これでは「ヤマハ一卵性双生児」ですよね

     

    このままでは僕ちゃんがリング上で交代のタッチをしたときに、一体「小鉄」と「勘太郎」のどっちにタッチしたのか解らなくなってしまうじゃなっすか、ねぇ?!

     

    この夜も懐かしいお話をさせていただいた福岡ご出身の奥様が、最後の締めにと僕ちゃんたち3人に手作りで超美味しい「だご汁」をサービスしてくださいました、本当に真心を込めて家族のようにお食事を提供してくださるこんなお店は本当に有り難いというか、宝だと感じるのです

     

    ところで僕ちゃん自身は、あの頃に戻りたいとか思うセンチなタイプではないのですが、「この二人あの頃はちゃんと区別がついたし、見かけはもちっと良かったよなぁ」とは思ってしまうのです(もちろん自分自身のことは棚に上げまくっての話ですが...)

     

     

    カテゴリ:モブログ | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    温泉トライアル Vol.4
    0

      久しぶりに記事はこのシリーズの記事を書きますが、実は鹿児島市内には50近くの温泉(鹿児島のばやい☞銭湯≒温泉)が点在し、たったの390円で思いついたときに気軽にいつでも温泉につかることができるのです

      ということでいっつも温泉を利用しながらもあったまってくつろぎすぎて、その後に記事を書くのを忘れてしまっていたのですが、久しぶりに最近ハマってるここ「かごっま温泉」のことを本当は他人にはあまりいっかせたくないんだけど(和訳:教えたくないんだけど)、あえて紹介させていただきます

      でもその前にせっかくなので、「かごっま温泉」の行きがけすぐそばのドルフィンポートの炙り番やさんで「やんにー」ランチを食べることにして...

      この日もまずは新鮮野菜サラダを死ぬほど(死なないけど)沢山食べて、からその後は鹿児島地元の絶品で安い鶏肉、豚肉、牛カルビを国内産ニンニクと、そしてキムチやスープ、食べ放題のごはんと一緒にいただいてと!! でもお勘定は2人前これでも、せいぜいほぼ3千円ていどなのです

      そして身体によくて美味しいものばかりをたらふく頂いてデザートを楽しんでコーヒー飲んだらそのまま車でぴゅーっと鹿児島市内山下町の鹿児島市役所からでも歩いて2分のところにあるここ「かごっま温泉」に向かってしまうのです

      ところでここ「かごっま温泉」さんはタオルさえあれば石けんもタダでかりられるし、さらに風呂の横には真っ白でミネラル豊富な「塩」が遣いたい放題でおいてあるのです(身体にすり込んで汗を絞り出すとお肌も綺麗に、そして気持ちもいいのです)、そして薬草湯もサウナもあるのです!!

      タダだからといって塩を持ち帰る人や石けんを持ち帰る人もいない、だからこそこんな奔放で性善説的な運営を今でも出来てしまうこと...こんなことや精神風土もある意味鹿児島の財産だとつくづく思うのです

      ちゃんと隣には広々とした駐車場もあり、1時間以内だとここの番台で無料になるコインも頂けるのです...

      「美味しいやんにー&温泉」鹿児島に住んでると当たり前に感じてしまうものの、これもやっぱ間違いなく鹿児島ライフの超ラッキーな財産の一つだと思うのです

      カテゴリ:モブログ | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      知っちょった? 787
      0

        ちょうど1年前の羽田空港からロンドンのヒースローに飛んだ時と、つい先月の成田空港からフンクフルトに飛んだ時のその道中でたまたまふと飛行機の窓から外を見た時、っていうかその翼を観たときに実は僕ちゃん二度見しながら「ギョッ!」と仰天したのでした

         

        皆さんは気づいていらっしゃいましたか?!

        こんな風に写真に撮ると、意外と解りにくいのですが、中型旅客機ボーイング787の飛行中の翼のしなり方(ソリ具合)がハンパないのです!! しゅ・主翼が まるで鳥が空中を滑走しているときの羽のように上方向にしなっているのです、飛んでる最中に肉眼で見るとマジびっくりしますよ!!

        主翼の形自体もまるでカービングナイフのようですよね?!(スムーズウイングテクノロジーというのだそうです)

         

        そもそもこのボーイング787は、LCC(ローコストキャリア)と呼ばれる格安航空券を提供するシステムの中で生まれた大型機と対照的な存在として開発されたのだそうで「今まで中継地での乗り継ぎをしないと届かなかった飛行距離を直行便にできないか」というその解決法として、その開発技術のうちの実質35%を日本の東レのや三菱重工などの超特殊な技術を持って、最終的にこの787はまったく従来の飛行機システムとは違う飛行物体になってるんです

        そして燃料効率は以前と比較して約20%良くなり、最長飛行距離は30%伸びた君なのだそうです...だから僕ちゃんがちょうど1年前に乗った羽田〜ロンドンの直行便みたいな路線も開設出来たんですね

         

        でも面白いのは離陸のときにフワッと浮くまでの距離が明らかに短くなった気がするのですが、重量は様々なイノベーションのおかげで搭載機能をうんと増やした分、同サイズの767機の160トンから200トン近くに増えているのです、さらに機内気圧が富士山の7合目から5合目程度に下がったので耳がツンとなるのもほとんど感じないはず、そしてもういっちょ! 飛行機の中では時間が経ってくると必ず咳き込む人々がおられますが、この787機は湿度管理も出来ているのでそれも本当になくなってますよね?!

         

        そしてもひとつトリビアは地上からの高さが従来の旅客機に比べるとずっと低くなってる、つまり地上で滑走する「タキシング」の際の揺れが全然少なくなっているのです(まだまだトリビアはあるのですが...)

        そんなすごい787とは知らずに今までやっぱりボーッとして乗ってた僕ちゃん...

         

        操縦かんから主翼や尾翼を動かすシステムも今までのケーブル式ではなくすべて「オール電化」されているのだそうです

        最初に登場したときに、まずリチウムバッテリーのトラブルで世に知れてしまい、どうも一般的にマイナスイメージからスタートしたのですが、実はそんなことよりもずーっとすごいハードルを超えながら予定よりも2年半も長くエンジニアたちの熱意と英知の結集をした後にこの787はデビューを果たしているのだそうです、超カッケーですよねぇ〜?!

         

        ぜひ皆さんも一度この決してくじけずに壁に立ち向った日本人「ものづくり」職人魂の結集の賜物ともいえるすごいボーイング787をじっくり体感・観察してみてくださいね!!

         

        カテゴリ:モブログ | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        絵になる TOKYO
        0

          11月最終週は東京ステイでしたが、この寒さが深まりつつあるこの深秋のメトロポリタンシティ「東京」は、どの風景を切り取とってもとても素敵なのです

          ビル群の横、新幹線が駆け抜けるJR浜松町のプラットフォーム...まるでプロカメラマンが撮った写真のようでしょう?!

          そして夕暮れのサンバーストを背景にくっきりと映えるビル群...これはお気に入りの街「大井町」のホテルからの夕方5時すぎの風景

            

          朝が来て、なんとなく自分勝手にここの地になじんできた感のある朝のホテルからのバス通勤的な...

           

          そしていつも事務局が手配してくださる、古くから江戸に伝わる旬素材の健康的お昼のお弁当!!

          これがながーくておもたぁーい会議の中で唯一の息抜きというか、このお昼ご飯の時間がまるで砂漠でオアシスに到着した気分のような解放感と喜びなのです

          でもこれもすべて愛する郷土「鹿児島」という帰る場所があるからこそよその地の良さも足りないところも感じながら、大都会を体感しつつ、またそれを故郷をちゃんと観察し比較し自分がいちばん愛せて誇りが持てる「鹿児島」にしたいとそう感じるのです

           

          さあ、今日で11月も終わり!! 月末・月末・年末だぁ!! 飛行機の中を走りながらでも急いで鹿児島に帰んなきゃなんねぇだ!!

          あれぇ、昨日は夜中(よなが)までぇ東北と奈良の方と四国の方々とカラオケやっだら、変なナマリがついちまったんだぁ(*^^)v)

           

          カテゴリ:モブログ | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          美味しい幼馴染会
          0

            11月も後半にさしかかってというのに、とても暖かかったこの日は鹿児島大学附属幼稚園、小学校から一緒のいつもの仲良し4人組で島津ゴルフ倶楽部でのゴルフと懇親会でした

            とにかく小さい頃からずーっと一緒で、お互いを知りつくしていて、そして大人になってからもずーっと距離感は同じで、誰かがなにか困ったりするといつでも必ず助け合える、そんなとても大切な同級生同士なのです

            そしてこの夜はジノちゃん推薦の鹿児島市内下竜尾町の「augurio(アウグーリオ)」さん

            ワインバーということなのですが、お料理も一つひとつの素材もすんごく吟味されておられるのが伝わる超美味しさで、しかもボリュームもあり僕ちゃん超ストライクでした!!

            メインのチキンもドルチェも美味しくて、このメンバーだと話すこともありすぎて時間がいくらあっても足りないはずなのに、まるでお皿をなめたかのようにまで綺麗にすべて平らげてしまいました

            こんなに良心的な価格の上に、こんなに美味しいと当然満員ですよね!! ここはカウンターもとってもいい雰囲気なので多分お一人様で来ても全然オッケー(Oll Korrect)牧場ですね?!

            僕ちゃん的にとっても嬉しかったのは、赤ちゃんをおぶさりながら頑張って給仕してくださる奥様の素敵な姿!

            ここのご夫婦も奥様がもともと鹿児島の方でご主人は薩摩オゴジョに県外から連れてこられた、いわゆる鹿児島のナイスカップルのお見本のパターン(僕ちゃんの勝手な言い分です)だそうです

            こうして僕ちゃん達をお見送りしてくださるシェフと奥様の表情に実によくその人柄が現れておられますよね、そのお料理愛とホスピタリティそして真心が...また鹿児島市内のいいお店をジノちゃんから教えていただいたこの夜なのでした

            カテゴリ:モブログ | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/664PAGES | >>