語り継ぐのは難しいから...
0

    また今年も鹿児島市内にとっても忘れられない、忘れてはならない6月18日が巡ってきました

    今から72年前、もう終戦が近かった昭和20年の6月17日の夜...

     

    23時過ぎから鹿児島市街地上空に現れた百数十機のボーイングB29爆撃機、そしてそれから投下された13万発ともいわれるまるで雨のような焼夷弾(ナパーム)が鹿児島市内中心部を火の海とし18日未明迄に焼き尽くしたのでした

    今から72年前6月17日の鹿児島市街地へのこの大空襲の中でも集中的に爆撃されて多くの方々が無念のうちに、この広場場通りでその命を終えた多くの御霊(みたま)にその慰霊の誠を捧げ楽しいの安らかならなことを願い、春成幸男さまが自費でこの地に建立された慰霊の碑、この場所で毎年6月18日に慰霊祭を行い、その戦争犠牲者のご家族や、今のこの地の在住の皆さまと一緒になおらい会を行うようになってすでに13年が過ぎました

     

    そして戦争体験者として13年前の第1回目から毎回このなおらい会にご出席いただいた方々も毎年数名ずつご逝去されています

     

    この会を開催させていただいて、自分なりに痛切に感じたこと...「戦争体験を語り継ぐべき」と戦争「未」体験者たちがいくら訴えても、当時を経験された方々にとっては、実は思い出したくもない悲痛な「トラウマ」でそんなに単純で簡単なことではないということです

     

    でももう一つわかったこと...それはそんなトラウマを抱えていた皆さんが唯一「語る」気持ちになれるのが、同じ悲痛な体験をされた人々と一緒な集まり、それを共有する場、そんな場だけがそんな場に成り得たんだなぁということでした

    つまりそんな語れる場は刻一刻となくなりつつあるということですよね?!

     

    もう戦後すでに72年が過ぎて、愛する家族7人を一夜一瞬にして失った20歳だった青年も92歳となられました

    春成幸男さん、もし僕自身がこの方と同じ体験をしていたならば絶対に人生をあきらめ失望のどん底から絶対に這い上がれなかったと確信するのです

     

    でも春成さんとこの人生で知り合うことができて、この方の言葉を聞ける機会を頂けたことは僕の人生においては間違いなく宝だと断言できるし、逆にいつも生きる勇気を頂いているのです

    すべてを達観されたとすら感じてしまう春成さんがいつも語られる「人の命は尊いのです」というこの言葉、僕のようなものにもものすごい言霊として体の芯に響き続けているし、この慰霊の会で出会えた方々の貴重な体験談も、どんな時代が来ようとも絶対に戦争は肯定できないという当たり前のことを、この6月18日の慰霊祭は毎回強く再確認させてくれます

     

    この6月18日が来ると72年前のその時と変わらず同じように、また灼熱の夏がすぐやってくるのです

    広場場通りでの最後の戦争体験者が1人もいなくなられる時代が来ても、生涯にこの春成さんとのご縁を頂いたことを心から感謝しながら自分が生きている限り、永遠の平和を胸に誓いつつこの「広場場通り戦災鎮魂慰霊の会」はライフワークとしてどんな形でも続けていきたいと心に誓うのです

    カテゴリ:社会・政治 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    「なんちゃら」じゃ議事録はムリやっどな?!
    0

      実は昨日は東京ステイで今日これからまた一度鹿児島に戻りまた明日は福岡に向かうところなのですが...

      一昨日、月曜日のお昼はまた「KAGOSHIMA Visitors' GUIDE」を運営するKIC鹿児島国際化推進協議会の理事会の日で、鹿児島市内のジェイドガーデンパレスで「割り勘昼食」をかねての理事会の日でした

       

      理事会の主たる議題は今年の10月3日火曜日の夜に開催予定の「かごしま語っ場ー(Katabbar)2017」の企画がメインで、食事後にかなり具体的な話で真剣な討議が順調に進んでいったのですが...

      新会員企業募集の案件に移ったとたんツルチェンコフ事務局長がこのポーズで「あんよ、こいに出たしの名簿であたっみらんか!(日本語:これに出席した人たちの名簿であたってみなさいよ!)」といつものデカくてデリカシーのない声で言いだしたのです

       

      ところがこのポーズが何を意味しているのかだれも理解出来る訳がなく、もうちょっと時間を取って話を聞いてみると

       

      このポーズはどうやら蝶ネクタイの事らしくて、要するに3年ほど前まで数年にわたって開催していたプロトコール(国際儀礼)トレーニングのためのドレスコード「フォーマル」のパーティの事を意味していたのですが、そのことがやっと伝わって、僕ちゃんが「そのポーズだけで皆に伝えるのは無理でしょ!?」って突っ込んで全員で大爆笑なのでした

      自慢の禿頭を光らせて、結局自分でも大爆笑してしまっているツルチェンコフY元事務総長

       

      そしてさらに報告事項の案件は進み...毎年ツルチェンコフ担当の「鹿児島中央警察署管内国際化対策連絡協議会」の総会報告となったら今度はツルちゃんは「警察なんちゃらかんちゃらの報告は別になかとよ!!」とほざいたのでした

       

      すかさず僕ちゃんが「なんちゃらかんちゃら..って報告事項のタイトルからしてフォーブスさんが議事録に何と書けばいいのかわからんでしょうが、まったく配慮も思慮もたりなぁーい!」とツッ込んだら会議録を記録していたフォーブスさんが机に頭を伏せて大爆笑...

       

      でもその後、根掘り葉掘り聴いてみたら色々報告内容もちゃんとあって、今度は真面目な窪田理事から「それをはじめからちゃんと普通に報告すればいいんでしょうが?!」とツッ込んでまた全員大爆笑だったのでした

      (一応会員企業さまが不安になるといけないので、断っておきますが会議はちゃんとメリハリ利かせて真面目に運営しておりますので...)

       

      そして、いつものダッチアカウント(割り勘)タァーイム!! 今回は僕ちゃんは先に千円だけ吉留社長に先に払ったらレジ前の攻防はここジェイドガーデンの吉留社長とツルチェンコフ常務の(義兄弟)二人の試合となったのです

       

      すると勘定が終わった後で、ツルちゃんがこの手を広げたポーズで真剣な顔をして吉留社長に向かって「おい! おいは60円よけいに払わされちょらせんけ?!(日本語:俺は60円多く払わされたんじゃないか?!)」と因縁を付けたのでした

      すると吉留社長がすぐさま説明をして、それが根も葉もない言いがかりだとすぐナットクさせられて、また大爆笑なのでした

       

      多分相手が僕ちゃんだったら絶対に上から目線で、ねじ伏せていたはずのツルチェンコフ四M氏...でもこの日は不得意なお金勘定の直接対決を避けて、会議中にツルちゃんのアバウトさを横からつつく作戦が大成功してちょっとだけ「してやったり」と優越感に浸った僕ちゃんなのでした

      カテゴリ:社会・政治 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      オッサン飛び越える日本伝統文化
      0

        ちょうど今から2年前の6月7日にこのブログ記事「情報醤油、っじゃなくてソースの違いがもたらすもの」でも書きましたが、多くのオッサン世代が知らない間に多くの日本の若者たちのコミュニケーションツールになっている「ニコニコ動画」(ええぇーっまさか知らない?!)

         

        2012年4月に第1回目が千葉の幕張メッセで開催され、この会場に集まったいわゆるリアル参加者だけでも13万人を超え、ニコニコ動画でのライブ参加者まで入れると40万人の参加者を超え、これに驚いた日本の政治屋さんたちも慌てて翌年から政党のPRブースをこの会場に作ったり、経済産業省をつうじて後援に割り込んだりと...(えっ、知らなかった?)

        今年も4月の末に2日間開催されたのですが、この「超会議」さらに進化し幕張メッセの1〜11とイベントホールを会場にリアル参加者は152,561人そしてネット参加者に至っては、な・なんと554万8583人の参加者...しかなかったと主催者の株式会社ドゥワンゴ側は発表しているのです

         

        つまりこの参加者たちにとっても情報トラフィック(情報をとる手段)はテレビとかラジオではなくなっている、僕ちゃんたちオッサンが「テレビや新聞に出てただろうが、ちゃんと社会勉強せい?!」とその口が言ってることが彼らから見るとどれだけ「情報弱者」に見えるんだろうなぁ...ちゅうことなのです

         

        ちなみに「今どきの若者は相撲なんかも見らんだろうなぁ〜」なんて言ってると、この「超会議」では大相撲もちゃんとこのニコニコ動画とはコラボしちゃってて、「ニコ動」ジェネレーションにとってはまた新機軸テイストでこの日本国技もすんごい親しまれているのです

        そしてNTTの協力で「歌舞伎」ともコラボしてここでは「中村獅童」さんとヴォーカロイドのアイドル「初音ミク」さん(この世には実在しないアイドルですからねぇ〜?!)との共演で「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」もこの会場で披露されたのです

          

        これはまさに日本の伝統文化をプロジェクションマッピングや音声技術はじめ、最新の映像技術やIOT技術、そしてインタラクティヴ(双方向)メディアを使ってかけ合わせてデザインすると、また新しい世代や、今までまったく歌舞伎に興味もなかった人々に対して新しい価値が生まれてくるという「イノベーティヴカルチャー」のお手本ですよね?!

        当然この歌舞伎のクライマックスになるとニコニコ動画でシェアして楽しんでいるとこんな風になる...

        これはこれで大勢でのシェア感バリバリで「超」面白くて楽しいのです!!

         

        こういうことでができるというのもその「シェア」する一つの形、それをできていない僕ちゃんらオッサン世代の方が取り残されていくとも言えると思うのです

         

        ニコ動が新機軸なのはくだらない意見や今流行の言葉で言うと「ディスる」(悪態をつく)意見が目立ちがちな中で、ちゃんと本質をついたコメントが意外とある、つまりこの画像の中でそのライブをシェアしているその瞬間にさまざまな視点を垣間みれるという意味で新しいメディアだといえるかも知れませんね?!

        ついでにこの「ニコニコ超会議」主催の株式会社ドゥワンゴさんは採算を度外視していることがこのイベントのコンセプトの一つにもなっており、昨年も4億近い赤字をだしつつ、でもそのこともちゃんと公式サイトでも公表されウリにされているのです、つまり今の時代はいろいろな新機軸の訴求の表現方もあるということですよね...

         

        違う視点からいうと、ニコニコ超会議はそれぐらいクオリティ高く盛りだくさんでイベントとしてはイノベーティヴだというのみならず従来の基準では考えられないくらい「超」おねうちだということなのです

         

        自分の常識を変える、一度壊してみる...オッサンにとっては難しいけど、実は新しい楽しみがそこに眠っているかもしれないといつも「ニコ動」&「ニコ生」を日々チェックする還暦僕ちゃんなのです

         

        カテゴリ:映画・芸能 | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        WC2019へジャパンラグビー始動
        0

          2020年の東京オリンピックは今でもよーく取りざたされるものの、最近スカパー以外のメディアでは取り上げられる機会が少なくなっている感のあるスポーツ「ラグビー」ですが...

           

          ちっと思い出していただくと東京オリンピックの前年の2019年には、アジア初開催の悲願の権利をやっと勝ち取ったチャレンジングイベント「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されるのです!!

          ということで、この日はその2019年の日本で開催のワールドカップに向けての「ジェイミージョセフ」ヘッドコーチ率いるジャパンラグビーのテストマッチ第1戦のルーマニア戦が熊本の「えがおスタジアム」で開催され、これを観戦してきました

           

          えがおスタジアムまでは熊本駅から豊肥線で30分弱くらい乗って「ひかりのもり」駅まで、そしてその駅前からシャトルバスでまた20分間くらいで到着したのですが、試合開始2時間前くらいなのにとにかくすんごい人の数なのです

             

          コカ・コーラ飲んでサンドイッチ食べてそれから会場内を歩いて、このテストマッチ限定のグッズをもらったり、そして裕策キャプテンとセブンズでリオで一緒に戦って、この15人制でも大活躍中の「福岡堅樹(けんき)」選手のパネル前で記念撮影して、ジャパングッズ買ったりして楽しくキックオフを待ちました!!

           

          ちなみにウイングで出場したこの福岡君は医者になるための勉強しながらおととしのロンドンでのワールドカップそして去年のリオオリンピックのセブンズ(7人制)でも日本代表として頑張っているんですよ?!

          さすがインテリゲンチャたちのスポーツですよね?!

           

          このルーマニア戦、なんと入場者数17,702人だったそうです、試合自体は33対21でジャパンが勝ったもののルーマニアのフォワードのフィジカルの強いこと!!うまくスクラムが組めずにジャパンはさんざん苦労しながらも勝利を呼び込みました

           

          そして気が付くとこのスタジアムで初めて会う周りの老若男女一緒になってジェイミージャパンを応援しながら声を掛け合ったり、叫んだりして完全にお友達状態になっていました、これがラグビー観戦のまたいいところなんですよねぇ〜!

           

          そして、いよいよ明日17日土曜日は14:00キックオフで静岡のエコパスタジアムでアイルランド代表との試合ですが、アイルランドは2019年のワールドカップでは同じ予選プール(グループ)Aで戦うことが決定しているし、過去7回戦ってジャパンが勝ったことのない超強豪チーム、特にモール(ボールが宙に浮いた状態での密集戦)の強さは驚異的だし世界ランキング4位の格上チーム...でもジャパンはおととしのワールドカップでもそして去年のリオのセブンズでもそんな壁を越えてきた実績を残してきてますものね!!

           

          でも余談ですが実は現在アイルランドチームはブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとしてのニュージーランド遠征で主力を欠いたチームということで、今回は勝つチャンスがあるのです

           

          なぜか、なんでだかアイルランド代表のユニフォームを持っている僕ちゃん...ずっと前にどうしてだかカンタベリーシップで買ってしまっていました(それにしても僕ちゃんが貧相にみえること...(^^;)

           

          でももちろんこの試合はテレビの前で、赤いジャパンユニフォームで「レッドアウト(全部赤く染める)」一色のジャパン応援のスタジアムの方々と一緒に応援をするに決まっている僕ちゃんなのです、それにしてもやっぱり英知とフィジカルのフットボール「ラグビー」観戦は気分が高まったまま一瞬も気が抜けずにアッという間に時間が過ぎるし、ラガーたちの正々堂々とした雄々しいプレーにはすんごい勇気と元気をもらえてしまうのです

           

          さあ、みなさんも一緒に赤いシャツ着てジャパンへの応援をよろしくお願いいたします!! って関係者でもねぇのにねぇ(^^ゞ

          カテゴリ:趣味のスポーツ | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          池袋な日
          0

            今回の東京ステイ一日目では、息子のたっくんのマンションにお邪魔して泊めてもらおうということで、僕ちゃんにしては珍しいパターンで羽田から直接池袋に向かったのでした

            今は東京住まいで仕事もバリバリしているたっくんなので、僕ちゃんが東京に行く機会は多いのですが、山手線の北側に多く生活圏のあるたっくんとは意外に会う機会も少なかったりするのです

              

            ということで、たっくんが仕事を終えてから池袋駅で夜8時過ぎに待ち合わせとなり空港から池袋に直行した僕ちゃんは若干時間合わせをすることとなったのでした

             

            これも初めてのパターンでしたが、時間調整のためにどうしようと思ってたら駅前はカラオケボックスだらけだったので、喫茶店代わりに、なにかスイーツでも食べながら足を延ばせる場所へと「ひとりカラオケ」をしましたが...この超でかいハニートースト、結局上半分だけ食べました

            池袋といえばつい先般春の東京六大学野球リーグで18年ぶりの優勝を果たし、彼らの「本拠地」池袋もこうしてお祝いムードがまだまだたくさん残っているのです

             

            そして8時過ぎに合流して、これまた不思議なコンセプトの「はしご食事」...超美味しかった和食の地下ベースのようなお店、の後はいつもの「アウトバック」2次会、でもこの夜は初めての池袋店でした

            ほぼ閉店近くまでいて、ちょうど60歳と30歳でいろんなことを話したりして...こんなにゆっくり話せたのは久しぶりの機会で楽しかったです

             

            泊めてもらったたっくんのマンションのすぐそばを走る都電荒川線、「大都会」東京の路面電車はまた超風情があっていいもんですなぁ...絶対に次の機会に乗ろうと思う僕ちゃんなのでした

             

            僕ちゃんも学生時代を含め6年間は東京に住んでいましたが、考えてみると東京でも行動範囲って渋谷などが圧倒的に多く限られていて、山手線の北側というのは数えるほどしか来ていないのだよなぁと、改めて自分自身の田舎者ぶりに気づいた僕ちゃん@池袋の日なのでした

            カテゴリ:モブログ | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/687PAGES | >>