人をもって国となす
0

    今回初めて訪れてみたインドネシア...というかバリ島オンリー滞在のゆっくりステイ

    60歳になって再度、自分の今後の豚生とかを考えたりとするためにもいろいろな立ち止まりの機会をつくれたりするかなぁと、かつてジャカルタで3年間仕事で滞在していた経験をもつ玉龍同級生のトヨ徳田くんご夫妻に連れられて訪れたバリ島サヌールビーチでの数日間滞在なのでした

     

    今回はほぼ英語も通じない国、そしてあまり馴染みのないマレー人系の人々が多く、人口は世界で4番目に多く2億3,700万人、そして国として最大多数のイスラム教徒数(1億8千万人近い数でその約88%がモスリムです)を誇る国家への訪問ということでとても楽しみにして向かったのです

    でもこんな情報くらいまでは僕ちゃんも知識を持っていたのですが、今回徳田くんとも「兄弟」として親交のあるワヤンさんに教えていただいて、あらためてビックリしたのが実は僕ちゃんたちが滞在したバリ島はワヤンさん同様にその人口422万人の約9割がバリ・ヒンドゥー教なのです!!

    インドネシアは東南アジア南部に位置する共和制国家、赤道にまたがる東西に5,110kmと非常に長く世界最多の大小の島々(1万3,466)により構成される国なんです

     

    つまりバリ島は上の地図でもわかる通りそんな横長に形成されるインドネシアの島々の一つなのですが国としては圧倒的にモスリム(イスラム教徒)の国でありながら、ここバリ島だけはヒンドゥー教徒の方々が圧倒的に多い場所で約5千を超える寺社仏閣が存在するのだそうです

     

    よーく考えてみればバリ島にはものすごい数の独特の世界観と空気感を放つパワースポットとしてヒンドゥー寺院が多数存在しているし、街中のどんなところにもお参りをする場所と毎日のお供え物、そしてお祈りをする人々が常にいますものね?!

      

    これは2日目に訪れたウブド地区の「ネカ」アートミュージアムの入口とバリ島のほぼ「おへそ」的な山岳地帯にある今回訪問の中の最大のパワースポットだった「グヌンカウイ寺院」の見晴らし台の上からの風景

      

    徳田くんのこの施設の方との素晴らしい「ティンクリック(竹製楽器)」連弾演奏の後に、徳田くんに少しだけ習ってから適当にデタラメの歌詞をつけて歌いながらオリジナル演奏をする僕ちゃん、徳田君が「ヒンドゥーの神々を冒涜している!!」とさかんにほめてくれていました

     

    フツーにインドネシア語を話す徳田くんは、その見かけも自他認めるインドネシア人で、こうしてバティッック(インドネシア)等を着ていると完全に地元の方々からも現地人として見られないのです、そしてまた彼の人格のなせるワザで出会うインドネシア人とはみーんなお友達になっちゃうし...

      

    とにかく寺社仏閣はどこに行ってもまさに「パワースポット」そしてかつてアメリカで一瞬だけ勉強しかかったことのある「Sculpture(彫刻などのオブジェ)」類ってのも魂が宿っている気がするのです(ってか、これも完全に冒涜系行為ですよねぇ...)

     

    バリ島も多分にもれずインバウンドに優れた素晴らしい観光地なのですが、実は今回のこの旅で一番感動させられ、そして考えさせられたのは徳田くんが「兄弟」と言って譲らないワヤンさんとのこのふれあいの時間でした

    今回は僕らが到着する前日に自分のおじさまが亡くなり、その対応とお葬式の仕切り役で日程が変わりながらもずっと自家用車でアテンドして次男のブライアン君のお誕生会にまで僕らを招待してくれたこのワヤンさん、その正しく正直で誠実で愛に満ち溢れた優しくて強い心には本当に感動させられたのです

     

    ワヤンさんはおじいさまがヒンドゥーのお坊さんだったのですが小さい頃から貧乏で食べるに食べられない生活が続いて、家出同然でうちを飛び出し小学生の頃からデンパサール市場の住み込みで無給で働き始めてその後ホテルの仕事に転職、今は家業の農業もしたりしながらその日本語力と才覚を認められこうして色々な日本人の方々のガイドなどでも引っ張りだこなのですが...

     

    ヒンドゥー教に裏打ちされた優しくも素晴らしい信念を持つ彼の一言動にはまさに「真」を本当に感じるし、まったく揺るがない軸を持つ生き方には感動させられる事ばかりなのでした

    台湾の李登輝総統もその昔に言われていましたが、この地球上で「宗教心」の概念がないというのが一番卑(いや)しくアブナいと多くの人々が言うのもとてもよーく解る気がするのです

     

    だから仏教徒といいながら僕ちゃんのようにユルユルの無宗教人はこの世界で圧倒的多数を誇る一神教信者たちから多いにバカにされたりもするのですが、これもまたある意味ダイバーシティ(社会多様性)の違う側面だからですよね

     

    インドネシアは国の標語は「多様性の中の統一」でイベントなどでもことあるごとにこれを国是として皆で唱和したりコメントするのだそうです

    いやぁ、世界はまだまだ僕ちゃんにとって未知で知らない事ばかりに満ちているということなのです

    カテゴリ:モブログ | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    お騒がせバカヤロー
    0

      2月10日の日曜日の午前に福岡国際空港から出国して、シンガポール航空にてシンガポール経由で、計10時間かかってインドネシアのバリ島まで到着した、鹿児島生まれだけど「自分の数代祖先は間違いなくインドネシア人」だと言い張る徳田くんご夫婦に連れられてやってきた御台所さまと僕ちゃんの4人...

      くたくたになりながらバリ島南部のデンパサール空港に到着したのは現地時間11日月曜日の午後7時半くらいでした

       

      ちなみにこの「大人の修学旅行」の写真用プレートはちょうど福岡空港を飛び立つところで、ボーディングブリッヂの途中にこんな趣向がこらしてありました!!(ということでみんな薄手の冬着のままでの撮影!!)

       

      ブロイラー状態の僕ちゃんにとってはまあまあ十分ラベルの機内食ではありましたが、さすがに英語圏を飛ぶ機とは違いその映画のラインアップが圧倒的にマレー人用のコンテンツが多くいまいち選べませんでした

       

      ということでいつも愛読の「佐伯泰英さん」の時代小説を読みながらほぼ無睡眠状態で、夜の8時前に日本とは1時間だけ時差のあるバリ島デンパサール空港に到着したのです

       

      そして手荷物もちゃんと受け取って、スムーズに全員入国出来て、徳田君が手配してくれていた地元の送迎の方にもあえて、そのままホテルに向かって大型車で向かうこと約30分...

       

      ホテルのチェックインカウンターで「ぼ・ぼ・僕ちゃんのパスポートが...」ないのです!!

      この後、インドネシア語が話せる徳田くんにアテンドをお願いしてそのまま、その車でまた30分間ドライブしてデンパサール空港まですぐとんぼ返りをしたのでした(・_・;)

      結局、徳田君に連れられて空港内のセキュリティに尋ね回ること約20分間、最後は再度パスポートコントロールの関門の内側に入りなおさねばならないということで、セキュリティ担当のインドネシア人男性と2人で再度税関を入りなおして出口そば関門担当のマレー人系の女性の方に名前を伝えると、彼女はにこっと笑って「ヨール・パスポルト(なまるとそう聞こえますよね?!)」と僕ちゃんの「落とし物」パスポートを手渡ししてくださいました(;^ω^)

       

      この待合所のところでこの次の日には「領事館に再発行に行かんといかんね?!」とまで覚悟していた徳田くんと送迎付き添いのインドネシア人の男性とが僕ちゃんが赤いパスポートを手にして出てきた瞬間に抱き合って喜んでくれてました

      まるで夕日のようなバリ島サヌールビーチの美しい朝焼け!!

       

      「夜明けの来ない朝はない」といいつつも、僕ちゃんのこんなお粗末行動で迷惑をかけてしまった徳田君ご夫妻、御台所様には当分の間、頭が上がらない...図らずも、こんな迷惑をおかけする形でスタートしてしまったこのバリ島ステイなのでした

      カテゴリ:モブログ | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      カバン持ちさんたちの報告会
      0

        2月1日は夕方から鹿児島市内の城山観光ホテルにて、昨年もまからずやにも来ていただいた鹿児島国際大学さんと鹿児島相互信用金庫(そうしん)さんのコラボ企画「社長の3日間のカバン持ち」の報告会・懇親会が開催されました

         

        まずは鹿児島国際大学の津曲学長からのご挨拶があり、大学生たちにとっての組織トップの「社長」と同行することを通して観る社会や組織の仕組み、仕事に接するモチベーションや社会的意義などを俯瞰(ふかん)してみてみることの意味などの説明がわかりやすく話されました

         

        そして続いてそうしんの稲葉理事長から「地域の大学」に期待することや、地域で人財を育ててその地域ならではの「仕事」ができる人材たちへの希望像、期待などをこれまた的確にわかりやすくこの事業のなりたちと合わせて説明をしていただきました

         

        この「社長の3日間のカバン持ち」はインターンシップでもなく職場体験学習でもなく、大小にかかわらずその組織トップ「社長」に3日間の間、ぴったり同行する企画ということで2011年の夏以来、鹿児島市内の毎年40近い企業や団体に現役の学生たちが派遣される、きわめて新機軸な事業なのです

         

        まからずやでも初年度をのぞくこれまで5年にわたってこの「社長の3日間のカバン持ち」(☚このブログでのこれまでの生徒さんたちの報告です)を体験・参加させていただいているのです

         

        この受け入れ社長側の体験感想発表でもそして稲葉理事長にも直接申し上げたのですがこの企画は間違いなくうちのような中小零細企業の社長さんに対して「しっかり社長業やってっか?」と襟を正させる意味もあるということなのです

        そしてこの日の体験発表ではまからずやの社長さんに3日間同行してくれた2年生の東福君も実に見事にその体験リポートを披露してくれました

         

        「社長のカバン持ち」ということはインターンシップや職場体験学習とは全く違うということを僕ちゃん自身よーく理解して、カバンこそ持っていないものの毎回そのまんまの社長の行動と姿を見てもらい、感じてもらう...何も足さない、何も引かない(シングルモルトウィスキーと同じですね?!)

        そしてその後は懇親会となったのですが、なんと幸運な事に僕ちゃんとうちに来てくれた東福君の席は、そうしんの稲葉理事長と津曲学園長のおとなりでしたぁ!!

         

        でも学生達にとっては緊張はするかもしれないけど、こんな席も絶対にこの企画でないと体験しえないシチュエーションですよね?!

        学生という立場で皆がそろってゾロゾロ行く同じパターンの道だけで体験できる事と、一人で勇気を持ってこんな場所に自分のみをおいてみることから得られる「視点と自分なりの確信」の差って、実はものすごいと思うのです

        そしてもう一つ、社長というポストは実は「とても孤独な最後の砦(とりで)」だと思うのですが、だからこそ何の損得関係ない学生というステータスの若者達には「無償の愛」を以て胸襟を開けたりするんだと確信します

         

        こんな素晴らしくて逆に勇気をもらえる「社長の3日間のカバン持ち」...つまりこれは新機軸で今の社会や組織進化などを実によく捉まえたものすごい画期的なコラボ企画だということなのです

         

        ところで鹿児島はなんと雪が降ったりして超サブイと北風の便りに聞きつつ、僕ちゃんは今実は初訪問で常夏のバリ島に滞在中なのです(^^ゞ自分ばっかい「さーせん!!」

        カテゴリ:趣味のスポーツ | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        「さあ楽しもう!!」と背中を押す季節
        0

          今年度も昨年から今年にかけて鹿児島市内の今村学園ライセンスアカデミーさんのパティシエ科と栄養士科のクラスの授業をさせていただきました、有り難い事にもうかれこれ20年以上授業を持たせていただいているのですが...

           

          いつも思うのは、教壇に立つということは実践に基づいた知識と世界観は当たり前ですが、事前準備もそして自分自身の集中力も多面的視点も必要で大変なことだよだなぁ、ということ

          例えばお花のデザインを「こう作って」「ああ作って」ということは誰でもできますが、そのデザインの「本質」やさらにそのデザインを生んだ歴史的背景などを含む「必然」を知り、そこからそれぞれの視点を広げてもらい、自分の表現方法として何かを引き出させる事、これが超難しいのです...でもそれが「教える」ということだとずーっ思い続けているのです

           

          また今年も最後の授業でほんの少しだけ学生の皆さん達が勇気がでるようにとメッセージをおくらせていただいたりしましたが、自分が彼らのようにこれから社会に出る立場だった頃は、先輩達を見ていておぼろげながら自分の5年後や10年後の姿のようなものをイメージできたりするもので、ある意味とても楽だった気がします

           

          この社会で「自由」であるということは、白いキャンバスに好きな絵を描きながらそれを売って自立をするようなものかもしれません、でもそれでその絵が売れなくて悩んだり苦しんだりしながら、たとえ不格好でもその道を自分なりに拓いていくことも「生きる」ということの本質だと思うのです

          昨日で今年度の担当のカリキュラムはすべて終了となり、あとは桜の季節を迎える前の卒業式が楽しみです

           

          みんな多いにチャレンジして転んでも笑いながら起き上がって、たった一度の人生を自分なりに充実させていって欲しいと、今年もまたそう願いつつ彼らを送り出す春がもうすぐやってきます

           

          といいつつその前に僕ちゃんは今日から福岡経由でちとインドネシアまで行ってきまっす!!

          カテゴリ:モブログ | 05:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          温泉トライアル Vol.23
          0

            「立春」とは名ばかりで、毎日信じられないほどサブイ風が吹きすさんでいる鹿児島市内ですが(ってか僕ちゃんには不似合いな、かしこまった手紙の冒頭文章のようですね)

             

            先週末の鹿児島市内温泉トライアルは久しぶりに僕ちゃんの胃袋が「腹一杯のパスタが欲しい!!」と叫んでおり、御台所様と満場一致決定で紫原の「イタリ庵 イルフィオーレ」さんでのランチとなりました

             

            ここの「中野リキ」シェフはKKB鹿児島放送さんの番組「かごとき」でレポーターもされたりしている笑顔もとっても素敵なイケメンさんなんです

            もちろんお料理の腕も素晴らしく、オープン当初から僕ちゃんらはよく利用させていただいていまっす

             

            この日もすんばらしい桜島と鹿児島市内の眺望とともに、僕ちゃんはいつものお気に入りの「海老のクリームソース」の大盛りのパスタセットをいただきました

            ここ「イル フィオーレ」さんの鹿児島市内西陵の自家農園産のフレッシュなお野菜サラダもいただいて

            このニンニクフレーバーが食欲をそそるクリームパスタを一気に食べてーの、そしてその食後この超サブイお昼13時過ぎに向かったのは前からやはり地元評判の高かった鹿児島市内三和町の「亀之湯」さん...

             

            って1時過ぎに到着してみたら、午後2時からの営業ということで急遽行き先をすぐソバの未体験温泉「郡元温泉(こおりもと)」に変更したのでした

             

            すぐ前が電車通りという銭湯は鹿児島市内でも珍しいかもしれませんね?! 鹿児島市電では「涙橋」電停前に位置する「郡元温泉」温泉

            ここの建物のテラスに立って見るこの市電が通り過ぎていく風景も珍しい感じでなかなかオツなんです!!

            もちろん湯質の効能も多種に渡り、飲料用の湯口もあるし僕ちゃんの使ってる横では低温のわき水のコーナーもあり、ペットボトルに何本も詰めてお持ち帰りする方もおられました

             

            お風呂も洗い場もサウナもとっても清潔で明るくて気持ちよかったです!! そして脱衣場も広いしロッカーも綺麗だし、ちゃんとセイカ食品のアイスもおいてあるし、飲み物のコカコーラだし!!

            この日は僕ちゃんの身体からガーリックと海老で仕込んだ豚の出汁がよく出て(って、なんかきっしゃねどなぁ汗)、逆に体内には温泉からの成分が入り込んで、極寒の中といいつつとってもポカポカといい気持ちなのでした

             

            もちろん料金は2人でも合わせていつでもどこでも鹿児島市内は780円(一人390円)!!

            寒ければ寒いほどやっぱり「温泉パラダイス」鹿児島市なのです

            カテゴリ:温泉 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/711PAGES | >>