Sir."Doo-Wup" Uchida
0

    日本のドゥワップ(Doo-Wup)の第一人者として君臨し続けていた「内田正人」さんが2月17日、享年82歳で亡くなられました

     

    「ドゥワップ」自体は僕ちゃんが生まれる7〜8年前の1950年頃からアフリカ系のアメリカ人たちによって教会で歌われていたゴスペルから派生して大ブームを迎えたスキャットコーラスとして日本だと1970年代中半くらいからシャネルズや山下達郎さんなんかでも聞き慣れているみなさんもとても多いと思うのですが...

    そのさらに前の時代、僕ちゃんが小学6年生だった1968年の5月から翌年にかけて大ヒットした「グッドナイトベイビー」といえば今の60歳くらいから上の方だと誰でも知っている「キングトーンズ」の代表名作ですよね

     

    実はこのキングトーンズはアメリカで生まれたのと時をほぼ同じくして1950年代の終わりから日本で活動を始めた筋金入りのドゥーワッパーたちで、しかも鹿児島のいちき串木野出身で鹿児島を中心に活躍されているドゥーワッパー「ジミー入枝(いりえだ)」さんはこのキングトーンズの内田正人さんが唯一受け入れた弟子なのです

    フジロックフェスの舞台で右が内田正人さん、左はジミー入枝さんですが、僕が本当に泣いてしまったこのステージを終えて鹿児島に帰ってきたジミーちゃんから直接お聞きした話...

    2005年からあのフジロックフェスティバルに「キングトーンズ featuring ジミー入枝」として3年間参加されたのですが、その前年2004年に内田さんは脳梗塞に倒れ、1年間のリハビリを経てこのステージに唯一の弟子のジミーちゃんと一緒に立たれ歌われたのです

     

    そのステージが終わると同時に内田さんは精根尽き果てて、ジミーちゃんがお姫様抱っこをしたままステージから楽屋までつれていく途中、クレージーケンバンドの楽屋があり、その前にリードヴォーカルの「横山剣」さんがたっておられ、そのジミーちゃんが抱いて通り過ぎる内田さんにずーっと最敬礼をされていたのだそうです...素晴らしい話ですよね?!

    あのクレージーケンバンドの横山剣さんもひたすらリスペクトをしていたのがキングトーンズのヴォーカルの内田正人さんだったのです

    その透き通るスカイテナーの内田さんの声は、今聞いても色あせることなくムードと色気に溢れてて美しすぎて涙が出ますよね

     

    日本のドゥワップのレジェンドとしていつまでも輝きを失うことのないであろう内田さんの「あの名曲」を聴きながら、魂の安らかならんことを祈りつつ、その直系の唯一の弟子でもあるジミーちゃんのドゥワップライブを一段と心待ちにしてしまう今日この頃なのです

    カテゴリ:音楽 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    ルーチンオジイ
    0

      月曜日の夜はまた東京ステイで嬉しいひとりメシのチャンスだったのですが...

      この日も持病の坐骨神経痛が結構イタイくせに、よかぶいごろの僕ちゃんはいつもの通り飛行機を降りると、ついついかならず真っ先にでて誰よりも早くタッタか歩いてしまう悲しい習性があり、なんの意味もないムリをしてしまったのです

      この日も鹿児島便は羽田空港第2ターミナルのチベットのような端っこに到着でモノレールまで超遠ぉーかったのでした

       

      んでもってホテルに着くころには右足がビリビリいたかったので、またしても夜ご飯は一番ホテルに近い、飾り気も愛想もなんにもない中国人だけで営業されていて全く気を遣わないシンクパークタワービル1階のこの「張家」さんに行ったのです

      いつもの通りカタコト日本語で「オノミモノワ?」と尋ねられたので「水でいいです」と答えると、これもまたいつもの通りになんの表情の変化もなく、すぐに大きな水のピッチャーを持ってきてくれました

       

      これまたいつものとおり料理名すらちゃんとおぼえていない「しゃきしゃきキャベツのあのなんとかとチャーハン」って注文して、料理が出てきて10分間もかからないくらいで両方とも完食して、そのままの足で同じフロアーにあるファミマに寄って、「いろはす」とシュークリームとチョコレートとかっぱえびせんを買ってホテルに帰ってきました(このキャベツにはけっこうな量のタカノツメがあえてあり、超ビリビリ辛いのです)でもなぜかハマるんですよねぇ...

      小さい部屋でテレビをつけっぱなにしてシュークリーム食べながらこの好き勝手な日記(ブログ)を書きなぐる...この東京でのぐだぐだルーティン、なかなか好きなんですよねぇ...

       

      ってことですでに昨日、無事鹿児島に戻ってきて来週は上京お休み週でちょっとホッとしているおじいさんなのです

      カテゴリ:食べること | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      グローバル大先輩
      0

        JFTD花キューピットで13年間にわたっていろいろ教えていただいた山森顧問が昨年末に退職されたその慰労会が2月になって、やっと開催できたのでした

         

        つい先日2月8日に亡くなられた「堺屋太一」氏の元で当時の通産省の外郭団体「財団法人 アジアクラブ」で活躍されたのち、20年ほど前にJFTD花キューピットに入局されて以来、アジアフローリスト協会の担当をしていただき、その卓越した英語力と事務能力で活躍をされてきたすごい人材なのです

        この夜は今年夏に北京で開催される「世界花卉博覧会」の対応のために、JFTD花キューピットの国際プロジェクト委員会の新旧メンバーでの委員会に合わせてわざわざ山森大先輩(向こう側の席右から2番目)にお出向きいただき、ここ大崎の「日本海」での慰労会を開催させていただきました

        世界中を歩かれ、インドに関しては専門家として本も書かれておられる山森さんからは本当にいろいろなことを丁寧に教えていただき、またご指導をいただきました

         

        まだまだジムでランニングされたり、ちゃんと健康管理もされつつリテラシーも素晴らしい方なので、これからもますますご活躍されることと思いますが、国際プロジェクトの担当として頼りない僕ちゃん、山森顧問の爪の垢でもいただきその垢でも煎じ飲みつつもっともっと勉強して精進せんといかんちゅうことなのです

         

        山森先輩本当にありがとうございました!!

        カテゴリ:モブログ | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        セブンズジャパン@Kagoshima
        0

          昨日16日の土曜日は午前中は事務局をさせていただいている大先輩たちとの会「一木会」の決算監査をしていただき、午後一番から今度は鹿児島市内の与次郎ヶ浜の市民文化ホールで開催された講演会を聞きにおジャマさせていただいたのですが...

          その後、あまりにも桜島が美しすぎてついそばの海辺まで歩いてしまいました

           

          ってか、この日一番行きたかった場所はこの横の補助競技場だったのです、というのもこの一週間、2016年義息の桑水流裕策選手がキャプテンとしてリオオリンピックに出場した7人制ラグビー「セブンズ」の日本代表新チームがこの横の競技場で合宿をしていたのです

           

          裕策選手はオリンピックの後はもともと所属していた15人制のコカコーラレッドスパークスに戻り、ものすごいパフォーマンスをしつづけているのです、実は15人制でもエディジャパンのキャップ(日本代表)を3つ持っているんですよ!!

           

          ということで天気はよかったのですが、ちょっと風が強かったこの日、鹿児島県選抜との練習試合もあるということでここにやってきました

          今年は来月にはHSBCワールドラグビーセブンズシリーズのラウンド5.6としてアメリカネバダ州のラスベガスで開催されますが、このシリーズで日本以外の国々は東京オリンピックへの出場権を競い合っているということなのです...

           

          ああ、そういえばあの2015年11月の香港スタジアムでのリオオリンピック出場を決めた裕策キャプテンたちのあの試合は今でもはっきり脳裏に焼き付いています!!

           

          さあ、また今年の15人制「一生に一度」の日本でのラグビーワールドカップ、そして来年の東京オリンピック2020の「セブンズ」でも日本中に感動を呼び起こす、あの瞬間をまた一人でも多くの方々と共有したいなぁ、と心からそう思うのです

          そして今回が6回目となるこの「おいしい肉」「身体に最高の温泉」「最高のピッチとトレーニング環境」を誇る鹿児島合宿の成果がきっと出ますようにと心から願うのです!! 本当の意味での心と身体のバランスを育てられるラグビーチームプレースピリットを通じて日本におけるラグビー文化も益々広がりつづけ、子供や若者達をはじめ老若男女の心を鼓舞できるような、そんな風が起きるといいなあと思う今日この頃なのです

           

          ところでこの日の練習試合の結果...当たり前というか、さすがというか「セブンズチャパン」チームは1点も失点することなく「ちんがらっ対ゼロ」でけっこう強い鹿児島選抜にまったくスキを与えることがありませんでした

          カテゴリ:趣味のスポーツ | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          カムチャギヤ!! マシッソヨォ! 宇宿(うすき)
          0

            2月11日の「建国記念の日」は前にリコールがかかって取り替えが必要な部品がある僕ちゃんの車を持っていく予約が入れてあり、鹿児島市内宇宿町に向かったのですが、ちょうど午後1時の予約だったのでその取り替えを待つ間に一人ランチをすることになったのでした(ラッキー!!)

            取り替え作業で約1時間ほどかかるということも聞いていたのでこの宇宿のまちを歩いて食べる場所も探そうと考えたのです

             

            ということで、つい先日鹿児島のローカルテレビ局でこの市電「脇田電停」路線わきの狭いストリートのことを知り、ここも歩いてみたのですが、なんだかブラタモリ的な雰囲気の一人探検みたいな感じで、とても面白かったです!

             

            電停のこの階段のところ...これひょっとして僕ちゃんたちが幼稚園から小学校まで8年間いづろ電停から中郡電停まで乗ってた昔のころの「防波堤」の跡じゃないんかなぁ? 

            ついでに、たしかあの頃は市電の大人料金は一人15円だったと思います(昭和40年迄)

            そして「鹿児島えびす神明神社」にもちゃんとお参りしました! ここは19世紀の前半に漁業の守り神である「えびす」さまの神をお祭りしてその後、商売繁盛や福徳円満の神としても信仰されるようになったのだそうです、つまりやっぱりその当初この辺は海ぎわだったということですよね

             

            「鹿児島えびす神明神社」でお参りをすませてから、その並びに発見したこの「韓国料理」テイクアウトのお店「韓国むら」というお店を覗いてみたのでした

             

            すると店内には数席ほどのイートインスペースもあり、また見るからに美味しそうなメニューが並んでいるのです

             

            結局スンドゥブスープセット(600円)をいただいたのですが、もうなんつあならんくらい美味しいし、それでたったの600円で大満足なのです

             

            こうやってスープカレーのようにしてごはんをスープに浸して食べたら...もううんまいのなんのって!!

             

            帰り際に「本当に美味しかったです!!ごちそうさま」のコメントを伝えて営業時間などをお尋ねしたら、素敵な笑顔で「ニチヨがオヤスミです」と教えて下さいました...多分、韓国の方なのでしょうね(日本人と同じ肌の色されていたのでパプアニューギニアとかジンバブエの方ではないと思います)

             

            こうして普段、自家用車で通り過ぎていても改めて歩いてみるとまだまだ鹿児島市内でも未知の素敵なスポットがいっぱいあるんでしょうねぇ! このスンドゥブスープはもちろん、またここの他のメニューも絶対トライしてみたいと思います

            ということで、週末だけ鹿児島で過ごしてエナジーチャージしたのですが明日はまた朝から東京で会議連発なので、また今日のうちに✈️東京へ移動です💦

            カテゴリ:食べること | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/750PAGES | >>