オーストラリア人気質っての?
0

    19日午後一番に鹿児島からスタートした今回のオーストラリアへの出張ですが、なんと総行程21時間かかってのオーストラリアのクイーンズランド州のゴールドコーストまでの移動でした

     

    まずは成田空港から南に向かって鹿児島を再び戻って超えて、9時間のって雨のシドニー空港に到着、気温は東京より少し涼しい18時くらいだったと思います、どうせ飛行機に乗ると寝られない僕ちゃんの唯一楽しみの映画は今回はあまり観たいのが見当たらなくて、結局ワンダーウーマンを観たあとはいつもの文庫本を読んで時間をつぶしたのでした

     

    そしてシドニー空港のラウンジで3時間近くつぶして、また北へ2時間ほどかかってブリスベンに向かうと今度は超いい天気でした

    でもこの辺になってくると、年老いた僕ちゃんの腰は固まってきてもうミイラ歩きになりそうなのを必死にこらえて空港をでて、ここブリスベン空港からまた車で1時間ちょっと(約70キロほど)移動してやっと今回の目的地「ゴールドコスト」に到着したのでした

     

    今回の大会の会場で宿泊先でもあるゴールドコースとのシーワールドリゾートにやっと到着すると、いい天気でじりじりと温度は上がってきてセ氏27度になっちゃってました

      

    ということで、チェックインの直後、軽い気持ちで近くのコンビニにお水でも買いに行こうと出かけて、結局1時間以上歩き回ったりしたあとお部屋で少しだけ腰のストレッチしたりすると、アッというまに夜のウェルカムパーティの時間となっちゃったのでした

    会場はホテルのプール沿いのこの場所、でもとっても風が心地よくてお料理もホスピタリティも最高で本当に楽しい「ドレスコード スマートカジュアル」パーティでしたぁ!!なぜかメインゲストテーブルに座ってしまっていた僕ちゃん、でもそんなことすら感じさせないさりげなくも素晴らしい心配りの彼らの飾らいスタイルなのです

      

    超誠実で明るくて、いつもクレバーな友人ゲーリーにも必ず僕ちゃんの故郷「鹿児島」へ遊びに来るように何度も念押しをしたのでした

    それにしてもいっつも感じるのはこの業界のオーストラリアの皆さんの屈託なくとってもおおらかで誠実な人々の心の大きさ!!

     

    かくして21時間熟成してミイラになりかかった僕ちゃんの身体は、オーストラリアの皆さんの温かくて最高のホスピタリティで再び普通の身体に戻ってこの夜は、僕ちゃんにはもったいないホテルのお部屋でぐっすりと睡眠負債を取り戻させていただいたのでした

     

    そしてこの次の日からはミッチリとのるで合宿のようなセミナーと懇親会に突入して行く僕ちゃん@ゴルドコーストなのでした

    カテゴリ:モブログ | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Go bound "Down Under"
    0

      実は今日からお花の仕事の関係でオーストラリア(ゴールドコースト)出張なのです

       

      このオーストラリア全土のお花の配達ネットワークの会社のカンファレンスは前にも一度経験したのですが、4日間の大会期間中スケジュール的にはけっこうタイトでハードなのですが、本当にセミナーなどの中身が充実しているし中身が超濃いぃーのです

      そして会場はゴールドコーストシーワールドのすぐそばのホテルだし、本当にフレンドリーなオーストラリアの素敵なお花やさんのみなさんや花業界の方々とお話しするのも本当に楽しみなのです

       

      そうそうオーストラリア、ニュージーランドといえば、同じ南半球で南アフリカそしてアルゼンチンと世界最強のラガーマンたちが活躍するスーパーラグビーの本拠地なのです、でも今回もお仕事なのでもちろんラグビー観戦の機会はもちろんないのですが

      前回の時には、なぜかウェルカムセレモニーのアボリジニーの子供達の演奏に引っ張りだされて一緒に打楽器を演奏させてもらっちゃったりなんかしちゃって本当に勉強も出来てメリハリのきいた充実した大会を経験させていただきました

      とはいえ10年ぶりくらいの今回のオーストラリアも完全にお仕事として大会やセミナーに出席するミッションということで、おまけに信じられない事になぜだか成田発でシドニー経由ブリスベン経由のゴールドコースト入り...というすごい時間のかかる非効率な経路だし、時差はほとんどないというものの、おじいさんの身体が持つかどうかがとても不安なのです

       

      まず鹿児島を出る前に、鹿児島空港のラウンジでしばらく食べられない鹿児島の味を楽しんで、羽田経由で今成田に着きました!! 関東地方は今日も雨模様でけっこう肌寒いです

       

      まあ、とにかく派遣されて行くからには行った分の元とそれ以上のことを絶対に取り返せるように、それ「なり」に頑張ってくるのことなのです!! では"Outback"に行って参るのことよ!

      カテゴリ:モブログ | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      超難解の経営ジレンマ「泣き言」なんですが
      0

        意味の分からない国会の解散で選挙まっただ中、実は僕ちゃん明日から海外出張ということでで昨日、鹿児島市役所で不在者投票をすませてきたのです

         

        ところで「働き方改革」も渦中、最近経営をしていて感じる事...スタッフたちは一生懸命にチャレンジして効率性をも考えながらお客様の笑顔をみたい、という思いには一点のかげりもなく頑張ってくれているしそれは心から感謝しているのも確かなのですが

         

        この今の超少子高齢化社会の中で、買っていただき売り上げを創る大変さは元々もちろん当たり前のこととして、経営を取り巻く法規制や社会保険制度やこの国の税金制度など、経営者視点だと政府の方針はどんどん「スケール縮小経済時代」に反比例の「逆噴射政策」になってしまっているなぁとつくづく感じるのです

        そもそもの社会ルールのモデルが大企業基本の制度設定、そして何か裁判事となるとどんな人物でもその権利や主張の方がまさり、実質、無限責任をしょわされ世の中にさらされている中小零細の経営者たちは常にそのリアルリスクにさらされつつのストレスフル生活を強いられる、この経営環境(泣き言ですが😢)

         

        つまりそんなスタッフたちの気持ちと努力に経営者としてそれに報いたいという思いの接点を見いだすのが本当にガチガチに難しすぎる、しかも厚生労働省傘下の出先などはここぞとばかりにルール制定とシンクロして有名無実の事務作業をどんどん増やし企業の事務作業も増え続ける、つまり商売に集中する以前にコストが増え続けて...これでは今の日本国内における人を雇用する零細企業はそのマインドを削られるばかりの経営環境になってしまっているなぁとつくづく感じるのです(全国の中小零細企業の経営者の皆様、どうですか?!)

        多分今の日本政府の基本的な考え方は零細企業に対しては「高付加価値で収益性がある程度の規模を持つ産業でなければ人を雇う権利はないぞ、だから零細企業の経営者はその中で生きようとするならばそれを覚悟で勝手に商いをしろ」という意図の政策なのでしょうか?

         

        そんな実情を知ったとしても、あんなに庶民感覚から乖離(かいり)してしまった職業政治屋さんたちでは、「既得権益」や「忖度営業」での今の金づるを失ってまで日本の零細企業の将来を考えるなんて、そんな割の合わない「仕事(政治)」は絶対しないだろうし...

         

        まあとにかくこのままだと自分を筆頭に似たような形態で経営をしている仲間達の会社がバタバタと消えていったりする現象でも出てこないと多分商売人たちのための新しい経営環境へのイノベーションは起こってこないのかもしれません、つまり零細企業にとっては持久戦(我慢比べ)に突入ということなのでしょうか?

         

        でもそんな経営環境だから実際今、零細企業の廃業がとまらずに、しかもその44%が黒字のままの廃業となっている訳ですものね(倒産ではなく「自主廃業」ですよ?!)

        超少子高齢化の時代なので、一刻も速くルーティン事務などは人工知能とアンドロイド化で人件費を削るべきだとは思うのですが、接客もデザインも営業もした事ない、つまりそんな「付加価値を創り、人を笑顔にする仕事」の経験のない人々がそのセンスで考えつくる民間企業のための「働き方改革」、そのあり方ってどんなんなんでしょう?

         

        あと、政府はそんな「ムチ」と引き換えに「アメ」の発想でなんでもかんでも「助成金」を刹那的にバラまいていますが、そのこと自体が実は本当に創造力を発揮してほしい「新しい価値を創る」つまり経済的に豊かさを創りだす源( みなもと)の人々をスポイル(ダメにする)してしまう可能性が一番高いということを一時も早く実感するべきだと痛切に感じるのです、つまり助成金や補助金は「シャブ(覚せい剤)」と同じだという事なのです

         

        そんなことを理解して政策や政治行動で示さないと、中小零細の経営者モチベーションは突然下がり続け、この国の経済はアッという間に失速する危険をはらんでいると感じるのです、そして一度失速し始めると経済にふただひ浮力をつけ浮上するということがどれだけ難しいかというのは「飛行機のストール(失速)」と同じだと理解出来ますよね

         

        いや逆に、いっそもともとクレーマー優位のこの日本社会においては、急いで窓口やサービスは結局アンドロイドなどにさせて「サービスってこんな程度のもんなのよねぇ〜」って風に感覚の尺度を替えて割り切ってもらうしかなかったりするのでしょうか

         

        でもこの日本社会で「雇用」と「貨幣経済」においても貢献しているのは、日本社会の中で数で99.7%を締めている中小零細企業の役割が大きいというのに、それにちゃんと向き合えないこの国の政府をはじめとして政治屋さんたちのリアル社会センスのなさにはまったくあきれてしまうのです

         

        結局このがんじがらめの経営環境のままだと、少人数でも人を雇用している世の経営者たちは、これから先どうやったらこの社会主義国「日本」の労働集約型の矛盾だらけの四面楚歌状態から抜け出せるのだろうかと考えてこんでしまうのは間違いないと感じるのです

        まあ、そうするとこれからの日本社会の究極の形って「国民皆起業家」をめざし経営者一人で営む小さな個人営業主のパラレルキャリア(複数職業を同時に持ち暮らす)の人々とあとは大企業との2極に分かれる、でも大企業もクリエイティビティを必要とされない多くの部署はアンドロイドたちで仕事がカバーされそして、役所もほとんど人は雇用せずにビッグデータと繋がったバーチャルプラットフォームになるといった社会形態となるのかなぁ...

         

        ええっ、でもこれよく考えたらエラソーな政治屋さんたちが言っている完全雇用率を挙げるとか、そんな話とはまったく別の流れ促進しているってことでねぇんですかねぇ、つまりワークシェアを浸透させるために数では99.7%を超える中小零細企業をさらに小さく砕いていこうという政策?!

          

        ところで、人口知能を用いてこの上の3つの要素で躍進的に経済成長ができるそうです、順番から言うと中小零細を経費と統治労力で疲弊させる前に、「超少子高齢化突入」の今これら3つの導入が急務で、税金を使いつつも生産性の薄い分野や、人が掌っているがゆえにイクイティ(機会の平等)を失っている分野を真っ先に改革をしなければならないと思うのです、それでなければ日本社会は車で例えると「居住性をよくしてエンジンを外して客だけ乗った動く事のない大型バス」になっちゃいますよね

         

        つまり日本の政策のポリシーは正しい「イクイティ(equity)」「機会の平等、努力する人・能力ある人が報われる」ではなく「イクオリティ(equality)」「結果の平等」の国になってるから「頑張ろう」と思う人々が報われなかったり、一方ではクレイマーも多いのではないでしょうか?

        とても理不尽な気持ちになるのは誰が踏ん張って経済的にこの国を支えていたり、それなりのレベルで雇用を支えているのかということを直視していない「きれいごとの政策」じゃないか?ということなのです

         

        やっぱり一番大切な本質とかを考える事なく、横並びや前例や人の意見やノイジーマイノリティの大きい声とかだけで世の中が扇動的・衆愚的に動いてしまいがちな「半社会主義国」日本の体制はこの未曾有の超高齢少子化時代にはどう考えてもまずいんでないんかと僕ちゃんにしては珍しく暗くなってしまうのです...

        こんな激変の時代に今のように議員たちの質や感覚がついていけずにバランスや「時」を欠く政策が展開されるのであれば、ひょっとしたらホリエモンや若手の起業家たちの大勢が言ってるとおり、セレモニー的で超効率悪くて時間のかかる既得権益代表者たちの「国会審議」ですら、今のシステムに替えて、ビッグデータで必要な議論点を「A.I.(人工知能)」でいっきに要約して国民に公開しスマホなどの端末で国民の意見集約と決定をしていく方がマジはるかに「民主的」つまり正しいイクイティを保ち超少子高齢化を「追い風」とできる国家への近道かもしれませんよぉ?!

         

        ひょっとして、そうなったら困る人々が、今この国のシステムの素案をつくってるんじゃないの?!

        それはそれでまたとても面倒な状況ですよね...僕ちゃんは国民としての義務として一応投票はすませましたが、こんな中の今週末の衆議院選挙の結果、その後の日本の中小零細企業の行く末ってどんなになるんでしょ?!

         

        新しく選ばれる衆議院のみなさん!! お金にならない仕事かもしれないけど、どうにか英知をふるって数では国内の99.7%を占める中小零細企業の経営者の気持ちも「忖度」していただきたいと思うのです

        カテゴリ:社会・政治 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        温泉トライアル Vol.18「ブタシャブDay」
        0

          先週末のお昼はまだまだ暑さが鹿児島を去りそうにない中、ひんやりとした冷蔵庫の中を眺めていたら、またしても頂きものの美味しそうな黒豚しゃぶしゃぶ肉とチルド室のレタスが目に飛び込み

          急きょ近くのハルタ(スーパー)に走ってキノコ類を買い込んで暑いさなかのお昼ごはんだというのにすぐ「ブタしゃぶレタス鍋」を仕立てたのでした

          写真ヘタクソではじめに入れたキノコ類も写ってないし(もちろん松茸は入ってませんが)、あまり美味しそうには見えへんですねぇ〜(でも実は超オイスイかったでっせぇ!!)

           

          そして「こんな暑い時こそ温泉に行って水風呂にも浸かったりして身体のメンテをしよう!」と御台所様に詭弁をふるって説得し、前から「珈琲 なぎさ」仲間の加藤さんがイチオシの鹿児島市内伊敷8丁目の「大黒温泉」に初めて行ってみました

          そうそう14〜5年前に息子のたっくんが高校野球球児だった頃に、犬迫グラウンドに観戦に通っていたこの国道3号線沿いにこの看板を見ていたことを改めて思い出しました

          地下70メートルからくみ上げられているこのお湯は源泉掛け流しで加温も加水も全くしていない単純温泉「完全掛け流し」で、ここの温泉は「化粧いらず」と言われるほど保湿力と保温力が高いのだそうです

           

          お昼過ぎの暑い時間帯だった事もあり、瞬間的に貸し切り状態にもなったりしてまたまた広い湯船を独り占めぇ〜みたいなラグジュアリータイム...そして何度もお湯につかったりまた水風呂に入ってクールダウンしたりしたのでしたぁ

          お肌がムダにツルツルになった60歳、そして風呂上がりにはつめたぁーいコカコーラを飲んでリフレッシュしながら、まだまだ暑いお外に出ると、これはこれである意味「ブタしゃぶ完成」なのです

           

          横には鹿児島市内の大水源でもある美しくて涼しげな甲突川(注「こうとつがわ」ではありません)のほとりのススキが秋の訪れを告げていました...なんか超に合わない叙情的文章のパクリみたくなっちまいましたが

           

          早い話、もう少し暑さを我慢すると、鹿児島のあっちこっちに点在するこんな素敵な温泉がとても気持ちよく身体の芯を暖めてくれる季節がやってくるっちゅうことなのです!!

          カテゴリ:温泉 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          鬼の居ぬ間の
          0

            この夜はちょっと遅めに近所の喫茶「珈琲 なぎさ」におジャマしたのですが、お店の中は電気が煌々とついたまま店主が留守なのでした

             

            そして僕ちゃんが一応お店の裏側に回ってみたら、お店横の駐車場の暗がりから「中尾さん!!」と声をかけられ振り向くと、いつものここの常連メンバーの西山さんと前村さんがやはりここの店主の帰りを待っておられたのでした

            ということで、ここの店主の携帯に直接電話をして「早く帰ってこい」コールをした我々3人...

            3人ともここ「珈琲 なぎさ」で知り合った常連仲間ですが、店主の博子さんと同級生の前村さんもまたその担当税理士の西山さんも、そしてもちろん僕ちゃんもここ「なぎさ」では、各自に言いたい放題に言う言う!!まあ好き勝手、ワガママを言っているのです

             

            この夜も電気がつけたまま、連絡先の番号が入口に張り紙されたまま不在の店主は、実は彼女が昔から数十年間にわたって熱狂的ファンである「稲垣潤一」さんのコンサートに行っていたのですが...われわれ「勝手衆」3人の会話の中ではそのミュージシャンの名前もずーっとあの怖い怪談話をする「稲川淳二」さんにすり替わっているのです

            そうこうするうちにこの日、活動本拠地の京都から鹿児島に帰ってこられた「佳卓(よしたか)」さんがここ「なぎさ」にお母様と立ち寄られて...

             

            佳卓さん親子はとても優しいし上品で、素敵な方々なのですが、またしてもこの僕らのペースに巻き込まれてしまいーの

            店主の博子さんが着替えか、う◯ちかなんかでカウンターを外してるスキに、よしたかさんと僕ちゃんは「いまぞ!」とばかりに厨房の中に入ってこんな記念写真を撮っちまったりして

             

            当たり前だけど「佳卓」さんは身長も1メートル80センチ超えてるし、舞台の時の妖艶さとは全然別のイケメンで全くちがう方のようですよね?!(佳卓さんは芸能人なのでちゃんと肖像権の確認も一応してありますからね!!)

             

            まあ、こんなことくらいで怒りはしない薩摩おごじょの「博子」さんですが、佳卓さんを除くこの3人は今度は反撃されること、そしていじられること...(そんな言いながら、この夜も博子さんと佳卓さんから沢山美味しい頂きものをしてしまいました)

             

            でもここ「珈琲 なぎさ」には、そんな薩摩オゴジョ博子さんのサディスティックなところを求めてきている方も意外とおられるのかもわかりません

            店主がいろいろな所にこだわっているのにそれが伝わらないこの不思議なスポット、いろんな意味でここは「珈琲 なぎさ」というよりも店名は「やりたい放題喫茶 S-style」の方がしっくりくるかもわかりません、店名変えてうちのお店とアライアンス組むのはどうですかねぇ

            カテゴリ:モブログ | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/700PAGES | >>