なんでだろうぉ・なんでだろう♩
0

    ずっと前から気になっていて今回初めて見学できた「話題の」武雄市図書館

    つい先日の佐賀市での会議の後そのままちょっと西に30分ほど車で走り、やっと行って自分の目で見れたのでした...んが!

    一歩この「素敵な?」スポットに足を踏み入れた瞬間に、まず直感的に「これって絶対なんかが間違ってる?!」みたいな違和感がムラムラっと湧いてきてしまったのです...「この施設って誰が一番得して、誰が一番損しちゃってるんだろう」的な

     

    自分の故郷でもないのにどーにも納得できない「だまされた感(表現の言葉悪くてすんまへん...)」でも少なくとも何億かの初期費用と何億かの市民の税金を使って運営していて、この「文字の電子化」の時代に代官山とおなじスペースをすんごい無理して作ってしまってみたいな感じかなぁ...

    でもこれって一般市民的な感覚で普通に考えればそうなりますよね?

    単にデザインのよさとか、その施設の立派さとか書物の多さとか、学生さん達が沢山利用している風景とか、そんな目に見えることではなく、ここの場所だからこそのオリジナリティを関係なく何も考えずに代官山をここにコピペしちゃったってことかなぁ...

     

    ここの監視員みたいなオジちゃんもメッチャ怖そうな感じでまさに「監視」してて、リラックスして本を読んだりスタバのコーヒーを楽しんだりする姿とは完全にミスマッチしちゃってるしなぁ

     

    多分一番ソンする可能性が高いのは結果的には武雄市民、そして得したのは、とりあえず古本の在庫一掃とその「田舎にあり得ない」という話題性の到達率の利を得たTSUTAYAさんかなぁ?

     

    とにかく大切なことはこれからの時代、地方行政が市民の血税を使う時というのはフィージビリティスタディ(黒字実現可能性)をちゃんとして常に黒字経営の努力するのは当たり前で、「そもそも誰の何のために」という哲学を一貫してもち続けることと、最後は自分たちが保証人だというくらいの胆力を持ってやらなきゃいけないということではないでしょうか

     

    武雄市図書館すぐ横のこの「武雄神社」...天平3年(西暦735年)からの1300年近い歴史をもつこのスポットは、まさにほんまもんですね?!もちろんお参りもさせていただきました

     

    そして生き馬の目を抜くような早さで大きな資本をボールパスするように動かし、そこで瞬間の利益を創りだす大都会のビジネスモデルとコラボする時は「丸投げ」でリスクを背負わされるのは地元の住民になるのだということをちゃんと住民と共有して取り掛からなければいけないのかもしれません

     

    そう、人は「人のカネを集めて人のために使う」という時にとても無責任になるという法則を心に刻まないといけないと思うのです

    カテゴリ:社会・政治 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    100年目の第九
    0

      先の10月7日日曜日の夜は今年の「鹿児島県民第九合唱団」の結団式の日でした!!

       

      実は僕ちゃんここ2年間この県民第九の合唱をサボっていたのですが、改めて今年また初心に返って再びこの「An die Freude:歓喜の歌」の合唱をしたいと思った理由が2つあるのです

      まず最初の理由は、今年が日本で初めてベートーベンのこの「第九交響曲」が演奏されてちょうど100年であるということ

       

      日本において「第九」が初演奏されたのは第一世界大戦真っ只中の1918年、当時の日本軍は青島(チンタオ)を攻略し5000人近くのドイツ人兵士を捕虜とし、そのうちの1000名が現在の徳島県鳴門市に作られた「坂東俘虜(ふりょ)収容所」に送られ、終戦までをすごしたのです

       

      この収容所の所長を務めた「松江豊寿(まつえ・とよひさ)」氏はすべての捕虜たちを「彼らも祖国のために命をかけて戦った人間である」として、人道に照らし彼らの人権も日本人と全く同じように尊重して現地の住民とここの捕虜ドイツ人の間の交流をも促進させたのでした

       

      その結果、このドイツ人捕虜の皆さんによって結成されたオーケストラによって1918年6月1日に鳴門市で日本で初めての第九演奏が行われたのです

       

      当然松江豊寿氏のその武士道精神はドイツ人をその孫の代に至るまで心を捉え、そしてその後100年を迎える鳴門市の人々とドイツ各地に帰った捕虜の末裔の方々との交流も3世代に渡り続いており、現在も両国の架け橋となっている...素晴らしい話ですよね

      そして2年サボった僕ちゃんが今年「鹿児島県民第九」に参加したいと思ったもう一つの理由は、ソリストの「平田由希」さん...数年前に亡くなられたお父様は、僕ちゃんの玉龍の一つ先輩(お父様は全国大会で何度も活躍している玉龍合唱部OBです)

       

      そして島津重富荘の立ち上がりのときからずーっと面倒をみてくださり、清川オーナーとともにまからずやのブライダルフラワーを育てていただいた方でした

       

      そうそう、この感じ!!この練習場に来ると絶対にスイッチが入ってしまうのです、2年あいて帰ってきてもみんなでカバーし合いながら第九を歌うことを心から愛する優しい心の人々に囲まれての真剣な練習...

       

      やっぱりたった7回目の僕ちゃんでも「この雰囲気で今年もあと2ヶ月をきったんだなぁ、年末ってそう遠くなくしてやってくるぞぉ!」って気分になるのです

      そしてなんといっても鹿児島県民第九が34年目の長きにわたって続けておられるのは、心から敬愛申し上げるこのお二人(左から2番目の女性「下野さん」と僕ちゃんのとなりの「田鍋さん」)のお二人が献身的にそして我慢強く合唱団のお世話をしてくださっているからに他ならないのです(一番左は2014年の時のテノールソリストの「高橋淳」氏です)

      これは日曜「大工」です、てか僕ちゃんより被写体としてT田くんのビンタの方が主役になってますね?! まあソリストが徳Dくんで僕ちゃんが合唱団の一員って感じでしょうか(このたとえはかえって意味わかんないですよね...)

       

      僕ちゃん、ほぼ口パク要員くらいにしかならなくても「枯れ木も山のにぎわい」って言いますものね?!

      それ「なり」に一生懸命100年目の「歓喜の歌」を鹿児島県民第九合唱団の一員として「平田由希」さんのバックでいつもの素敵な先輩たちに導いていただき頑張って歌いたいと思うのです

      カテゴリ:音楽 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      あちとはも秋(飽き)だぁ!
      0

        九州にも大きな傷跡を残しっていった月末台風24号・25号を境に10月になってすこーしだけ朝夕はいい感じで涼しくなったのですが、やっぱり鹿児島もまだまだ昼間は日が照ると暑いのです

         

        それにしても今年の台風は秋のイベント目白押しの週末タイミングをめがけてやってきますねぇ?!

        この日もランチをどこで食べようかと「ぼさと」してさまよっていて汗だっくになってしまいましたぁ

         

        でもってこの夜は玉龍高校の先輩でもあり、夫婦でお世話になっている先輩の受章のお祝い会があり、その前にシャワーを浴びて着替えてから城山ホテル鹿児島に登ったのでした、するとちょうど綺麗な夕焼けがぁ!!(ラッキー)

         

        そしておいしいお料理ととっても楽しい出しものもあったりして、楽しい時間を過ごさせていただき

         

        そのままこの城山の会場で一緒になったジノちゃん大社長将軍様と久々のトリオで、いつもお花でもお世話になっている天文館のソフィスティケイテッドスペース「ベージュ」さん系列の隣スペースのバー「プリュム」さんに向かったのでした

        ここでシノちゃんも合流して、久々の同級生コンビ同士でかつて「マブダチの交換をした」と言われた「カルテット」完成...ってか、ジノちゃん以外の左側3人が隣り合わせで座るともう10月だというのに、やっぱりその暑苦しいこと

         

        またまた同じパターンの昔話となって(「ジジイが集まると昔の懐古話のリピートになるの法則」)またまた大爆笑しながら大汗かいてしまったのでした

         

        暑すぎるのはもういい加減飽きてこりごりですが、でも冗談でもなんでも熱く語ることの出来る仲間達がいることはやっぱり宝だと思える歳になってきた今日この頃なのです

        それにしても今日10月8日になっても暑くて、まだなりブーはアイスカフェラッテと短パンごわんど!!

         

        まだまだ直射日光が暑いので、この日はまたまたドルフィンポートの「炙り番や」さんでコスパ最高のやんにー(焼き肉)ランチを食べて、一番好きなヴォアラコーヒーをいただきました!!暑さにまいって顔が鹿児島出身の「森進一」になってしまう今日この頃のなりブーなのです

         

        でも鹿児島のパターンだと、いっつも「暑い!暑い!」っていってるうちにもちっょとしたら秋のロマンチックな気候の季節がなくて、夏からいきなり冬になっちゃうんですよねぇ

        カテゴリ:モブログ | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        こわい東京?!
        0

          鹿児島の皆さんは台風25号は大丈夫でしたかぁ? そして全国の皆さん気をつけてくださいね

           

          ということで今週は出張がない週でとても嬉しかったのですが自分の手帳で数えてみると、今年もなんだかんだで1月から9月末の時点で東京だけで57日間も滞在している僕ちゃんなのですが、毎回東京にステイしていて実はいつもとてもおびえていること...

          それは東京という街はとても魅力的な反面、都市機能的に災害には超よわいというか、地震・雨・雪などの災害時に東京にいると、あっという間にとても恐ろしいことになってしまうということなのです

          まずホテルにも帰れなくなり(いわゆる一つの「出張者帰宅難民」というか..)、その場で完全に動けなくなること、そして一気に人が滞留してしまい、どこにいても水も食べ物もアッという間に足りなくなってしまって、にっちもさっちもいかなくなる危険性を普段から常に感じてしまうのです

           

          実は僕ちゃん、そんなことを2〜3回体験してみて、大都会ならではのこの系のストレスにめっぽう弱いのだと自ら感じました

           

          これってある意味「街の魅力」要素からいうと、とてもマイナスポイントで逆の見方をすると鹿児島のような地方都市にいるととても安全で安心だと感じてしまうのです

            

          もちろん鹿児島だって、「さくまじら」「新燃岳」や「薩摩硫黄島」が巨大な大さくばつをしたら...とかそのほかも活火山が幾つかあり、いつも地元の人は全然気にしてなくてもキー局マスコミがこぞって恐怖心をあおる報道をしていたにしても「そんときはそんとき(あんときはアントニオ猪木...)」で、むしろ人ごみでパニックになるのが自分的には一番イヤかなぁと思うからなのです

           

          鹿児島の人々は、さくじらまの結構大きなさつばくがあっても、「灰の掃除が大変だぁ」と文句言いながらもいたって平穏にそしていつも通り、温泉や涌き溢れ出る上質な超軟水と美味しい食材を楽しんででーんと自然を楽しんで生きているし

           

          鹿児島人だから感じる偏った視点だとは思うのですが、東京は色々な魅力に溢れながらも、まだまだ今年も東京ステイの日が沢山あり、実はいつもそんな不安感を感じながら東京ステイしている臆病僕ちゃんなのです...(こんなこと言われると東京在住の方からすると気分悪いですよねぇ)

           

          ということで東京の方々、ちっと人口バランスとるためにも何人か鹿児島に引っ越してこんね?!

          ほんのこて、よかぁとこごわんどぉ!!

          カテゴリ:モブログ | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          今日の「かごしま語っ場ー」中止のお知らせ
          0

            台風25号の接近のためやむなくとはいえ、せっかく3名のゲストスピーカーの皆さまにも準備していただき、また今年も定員をはるかに超える60名以上の参加登録もいただいていたのに「かごしま語っ場ー2018」が中止になってしまい申し訳ありません

            今このブログ記事を書いている午後2時の時点で、鹿児島市内は風もなく曇り空で明るいので、あまりリアリティがないのですが、間違いなくまだ台風は近づいている最中なので、皆さまも本当に気をつけてお過ごしくださいませ

             

            今年も本当に楽しみなゲストスピーカーの皆様に来ていただく予定だったので、また出来ればこの「語っ場ー2018」のリベンジをやりたいなぁ...とは思っているのですが

            それにしても立った今(午後14時10分)現在のまからずやから見えるこの青空、そして無風のお天気

             

            キー局はじめマスコミではもんのすごいことになってるはずのニュースが流れているというのに...どいうこと?!

            カテゴリ:趣味のスポーツ | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            | 1/735PAGES | >>